『昭和のマストアイテム『テレホンカード』 実用目的以外に高まる“収集”ニーズ 購入者9割は男性』についてTwitterの反応


昭和のマストアイテム『テレホンカード』 実用目的以外に高まる“収集”ニーズ 購入者9割は男性
 携帯電話が普及するまで、駅や学校には必ずと言っていいほど公衆電話が設置されていました。1980年代にはプリペイド式の「テレホンカード」も広く普及し…
(出典:ラジトピ ラジオ関西トピックス)


テレホンカードとは、公衆電話で使用できるプリペイドカードである。日本で発売・流通し利用ができるものはテレカと呼ばれることが多いが、これはNTTカードソリューションの登録商標である。本項では、特筆がない限り、日本電信電話公社および後継企業のNTT東日本・NTT西日本が発行するテレホンカードについて述べる。また、公衆電話も参照。
31キロバイト (4,572 語) - 2022年2月20日 (日) 03:50


今はスマホなどの普及でテレホンカードは忘れ去られる状況かもですけどアイドルなどのデザインでプレミアが付く目的で購入も少なくない様ですからね💳️




(出典 @HaadfS)
(出典 @koyama_yoni)
(出典 @SDai0210)
(出典 @misato_qp)
(出典 @ueyamauechi)
(出典 @chobaydayodayo1)
(出典 @NSw_and_PSV_ita)
(出典 @AshGreyLynx)
(出典 @hopepxl)
(出典 @Kuro_Neko_Tan)