関東大学オールスターゲーム(かんとうだいがくオールスターゲーム、英語: Kanto University All-Star Game)は、関東ラグビーフットボール協会の主催で秩父宮ラグビー場にて開催されている関東大学ラグビーのオールスターゲームである。 2013年から開催している。なお2015年ま
7キロバイト (556 語) - 2022年6月2日 (木) 16:16

(出典 i.ytimg.com)


ラグビーで関東大学オールスターが3年ぶりに開催ですか😳
対抗戦勝利おめでとうございます🎉
お疲れ様でした🏈

1 征夷大将軍 ★ :2022/07/04(月) 00:03:32.28
7月3日の秩父宮に、午前中から若い歓声がこだまする。第10回関東大学オールスターゲーム2022が、3年ぶりに開催され、いつもの大学ラグビーファンとは違った観客がスタンドを埋めた。観衆は3421。大学OBよりも、同じ部員やともに学ぶ大学生達の姿が多かった。とりとなったメインゲーム「リーグ戦選抜vs対抗戦選抜」は、対抗戦42-38リーグ戦に。通算勝敗は全8戦で対抗戦5勝、リーグ戦3勝となった。

 2020第8回、2021第9回はウイルス蔓延のために2年連続で大会が中止された。3年ぶりの開催はつまり、現4年生が1年生の時に催されて以来ということになる。それでも、大会の雰囲気は変わらなかった。観戦の安全を考えて、仲間の活躍を後押しするための応援ボードが数多く掲げられた。対抗戦選抜主将の明大WTB石田吉平は「応援の文字が一番に目に入って来た。仲間の気持ちがうれしかった」と入場時の気持ちを振り返った。

 ふだんは他チームで戦うライバル同士、高度な組織プレーは望めないが、選手達個々の思い切ったプレーが目を引いた。

 たとえば、リーグ戦のパワフルタンク、日大HO井上風雅が、対抗戦の盟主・帝京大NO8奥井章仁が密集の中で真っ向やり合う。所属グループが違う上、通常はお互いにチームの突破役を担うために見られないマッチアップも楽しい。試合は対抗戦選抜が後半に突き放しまで競り合い、42-38でリーグ戦選抜を倒した。

 午前中からは「東京学芸大vs茨城大」「医歯薬リーグ選抜vs理工系リーグ選抜」「リーグ戦2部選抜vs対抗戦B選抜」「女子対抗戦選抜vs女子リーグ戦選抜」の4試合がセブンズで行なわれ、それぞれに聖地・秩父宮ラグビー場の感触を噛み締めた。

 東京学芸大の安達航洋(3年)は、高3時に桐蔭学園で全国優勝を遂げた主力LO(190センチ、100キロ)。かつて高校日本一チームのボール支配を支えた、相変わらずの空中戦の強さを見せてくれた。

「キックオフは変わらずキープができるようにがんばっていて、高校時代は課題だったディフェンスを、今は練習で意識しています」(安達)

BASEBALL MAGAZINE
7/3
https://rugby-rp.com/2022/07/03/domestic/86169




2 名無しさん@恐縮です :2022/07/04(月) 00:03:56.05
エリーナリグピー

3 名無しさん@恐縮です :2022/07/04(月) 00:05:14.97
アメフトやれよ🏈

4 名無しさん@恐縮です :2022/07/04(月) 00:08:13.11
太陽光利権でボロ儲けしてる草加学会が原発再稼働を認める筈がない

庶民の電気料金が上がっても、停電になっても関係無い😊



(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)