【ボタンヅル】ボタンに似た葉、白い「がく」


和名は、葉の様子がボタン(牡丹)に似、つる性であることからついた。 葉は1回3出複葉。 花後、花柱が羽毛状に長く伸びる。 日本では、本州、四国、九州に分布し、山野の日当たりのよい草原や林縁などで、低木林や他の草などにからんで生育する。世界では、朝鮮、中国の暖帯から温帯にかけて分布する。 コボタンヅル Clematis…
3キロバイト (335 語) - 2021年9月23日 (木) 22:23


ボタンに似た葉と白いがくでボタンヅルですか😳
見てみたいですね💡