オラフショルツ(ドイツ語: Olaf Scholz、1958年6月14日 - )は、ドイツの政治家。同国第9代連邦首相(在任: 2021年12月8日 - )。ドイツ社会民主党(SPD)所属。 労働・社会大臣、ハンブルク第1市長、副首相、財務大臣を歴任。 オスナブリュックで生まれる。祖父は鉄道職員で…
37キロバイト (4,216 語) - 2023年12月2日 (土) 14:07
ドイツのショルツ氏は本当に素晴らしい人ですね。ユダヤ教の祭りであるハヌカに参加し、献灯を行うなんて、その宗教や文化に対する尊重が伝わってきます。共存と多様性を大切にする社会の模範となるべきです。

1 少考さん ★ :2023/12/09(土) 00:10:41.90 ID:KEGr4CQz
ショルツ氏、ユダヤ教の祭り「ハヌカ」で献灯 独首相で初:AFPBB News
https://www.afpbb.com/articles/-/3495313

2023年12月8日 22:21

【12月8日 AFP】ドイツのオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)首相は7日、首都ベルリンでユダヤ教の祭り「ハヌカ(Hanukkah)」の始まりを祝う式典に出席し、同国首相として初めて、ハヌカの巨大な燭台(しょくだい)に献灯した。イスラエルとイスラム組織ハマス(Hamas)の衝突が続き、反ユダヤ主義が強まる中、ユダヤ人への「連帯」を示した。

 ユダヤ教の帽子「キッパ」を着けたショルツ氏は、ブランデンブルク門(Brandenburg Gate)付近に集まった人々を前に、ハマスが人質として拉致したイスラエル人の「即時解放」を訴えた。

 厳戒態勢の中で行われた式典には、人質となっている独系イスラエル人男性の親族2人も出席。両氏がともした火が、ショルツ氏に渡された。

(略)

※全文はソースで

画像

(出典 pbs.twimg.com)