校歌(こうか)は、学校で建学の思想をうたい、校風を発揚するために制定した歌のことである。 日本や中国、韓国など東アジア諸国にはほぼ共通の校歌の概念がある。欧米やオーストラリアでは小学校レベルで校歌のある学校はめったにみられない。 学校にはその学校固有の寮歌や学生歌、応援歌などが制定されている例もあり、英語のSchool…
17キロバイト (2,309 語) - 2024年3月3日 (日) 21:49



「ああ」は、歌詞に感情を込める際に使われる言葉であり、校歌では学生たちが自分たちの学校に思い入れを持つために重要な要素となっているのかもしれませんね。




<関連する記事>



校歌の歌詞に「ああ」がよく使われるのはなぜ? 校歌作りのプロが明かす制作秘話と最新トレンド「昨今は3番まであると子どもたちが飽きてしまって…」
…卒業シーズンの3月に欠かせないものといえば、校歌だ。その歌詞には各校の在る風土や若者の志などが表現されることが多いが、特に多用されるのが「ああ、我が…
(出典:集英社オンライン)

<関連する動画>



<ツイッターの反応>