東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部のサムネイル
東京大学大学院農学生命研究科応用生命化学専攻、応用生命工学専攻 ^ 東京大学農学部 応用生物学専修・緑地環境学専修 ^ a b 森林科学専攻 東京大学大学院農学生命科学研究科 ^ 東京大学農学部大学院農学生命科学研究科 水圏生物科学 ^ 東大・応用動物科学専攻 ^ 東京大学農学部応用生命科学課程生物素材化学専修…
22キロバイト (2,407 語) - 2023年12月12日 (火) 23:00
男性ホルモンの影響ってやっぱり大きいんですね。メダカの行動も確かに影響を受けるということがわかりました。面白い研究ですね。

1 すらいむ ★ :2024/05/28(火) 23:37:26.87 ID:ynT1vli3
求愛するか、攻撃するか ――男性ホルモンの働きが弱まると、メダカのオスは判断を誤る――

発表のポイント
 男性ホルモンの作用を細胞に伝える2種類のタンパク質のいずれかを働かなくしたメダカのオスは、他のオスに求愛したり、メスに攻撃したりするようになりました。
 通常のオスが相手の性別に応じて求愛するか攻撃するかを適切に判断できるのは、男性ホルモンがこれらのタンパク質を介して働くからだと考えられます。
 脊椎動物のオスは出会った相手に求愛するか攻撃するかをどのように判断しているのか、という長年の問いに答える大きな手がかりが得られました。

発表概要

 どの動物でも、成熟したオスは通常、メスに出会うと求愛し、他のオスに出会うと攻撃を仕掛けます。
 今回、東京大学大学院農学生命科学研究科の大久保範聡教授と西池雄志大学院生の研究グループは、男性ホルモンの作用を細胞に伝えるAraというタンパク質を働かなくしたメダカのオスが、他のオスに対してほとんど攻撃せず、そのかわりに盛んに求愛することを見出しました。
 また、男性ホルモンの作用を細胞に伝える別のタンパク質Arbを働かなくしたメダカのオスは、メスに対してあまり求愛せず、攻撃してしまうことも見出しました。
 AraとArbのどちらが働かなくなったメダカのオスも、相手の性別を正しく認識でき、メスへの性指向も保持しているにも関わらず、通常のオスとは違う判断をしてしまうことも分かりました。
 通常のオスでは、男性ホルモンがAraとArbを介して働くことで、出会った相手の性別に応じて求愛と攻撃のどちらか一方のみを適切に選択することが可能となっていると考えられます。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

東京大学
https://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/topics_20240527-1.html




2 名無しのひみつ :2024/05/29(水) 01:38:11.25 ID:X8WuQPos
LGBTは障害だったのか

3 名無しのひみつ :2024/05/29(水) 08:31:34.19 ID:+w/dE1fa
頭おかしいってことか

4 名無しのひみつ :2024/05/29(水) 09:02:29.84 ID:ElPfRBx3
Twitter(現エックス)によくいる、想像されたフェミを攻撃する男さん、医師にもよくいるが、やはり強靭だったんだな

5 名無しのひみつ :2024/05/29(水) 14:41:48.32 ID:ZsuobXH6
武家に定着していた衆道はどうなるんだ

6 名無しのひみつ :2024/05/29(水) 22:30:03.89 ID:yfzOP4/e
母親が妊娠初期にストレスを被るとって統計的と関係はどうよ

7 名無しのひみつ :2024/05/30(木) 07:10:26.16 ID:Vv0VOCOJ
すぐに人間に適用しようとするアホどもがおるなw