meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> スポーツ | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ: スポーツ


    前園 真聖(まえぞの まさきよ、1973年10月29日 - )は、鹿児島県薩摩郡東郷町(現・薩摩川内市)出身の元サッカー選手、サッカー解説者、タレント。所属するマネジメント事務所はサニーサイドアップ、ジャパンエフエムネットワーク。元日本代表。長年Jリーグを担当している英国人記者は全盛期の前園をジョージ・ベストに例えた。
    53キロバイト (5,979 語) - 2020年11月1日 (日) 03:34



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    マラドーナ氏になりきりって前園氏もマラドーナ氏に愛着があったのですね…
    マラドーナ氏のご冥福をお祈りいたします…

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/11/26(木) 10:52:35.19

    11/26(木) 10:30
    デイリースポーツ

    前園真聖氏が追悼「マラドーナになりきり、何度も繰り返し練習した」
     前園真聖
     元サッカー日本代表で横浜F、東京Vなどでプレー、96年アトランタ五輪代表主将としてブラジル五輪代表撃破に貢献したMF前園真聖が26日、自身のブログを更新。死去した元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ氏を追悼した。

     「小学生の頃にサッカーを始めて馴染みのサッカーショップに通い、スパイクやユニフォームを見るより楽しみだったのは、お店にたくさん置いてある海外の試合のVHSビデオを借りること たくさんある海外の試合やプレーヤーの中で圧倒的に僕の心を動かしたのは ディエゴ・マラドーナだった」と書き出した。

     そのプレーを「足に吸い付くようなコントロールで、他の選手とはまったく違う緩急をつけたステップで相手を抜き去るドリブルに魅了されました」と解説し、「そこから毎日マラドーナになりきり、何度も何度も繰り返し1人で練習しました 僕がドリブルを武器に自分のプレースタイルを確立できたのはマラドーナがいたからです」と自らのプレーの原点となったことを明かしている。

     「マラドーナのプレーは目を閉じればはっきりと思い描くことができます。だから僕の心の中ではいつでもマラドーナと逢えることができます あなたに出逢えたことに感謝です ありがとう マラドーナ…」とつづった。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=513&q=90&exp=10800&pri=l

    https://news.yahoo.co.jp/articles/447d4c0dbbcc0e1a852c70be5134079468d0fbad


    【【サッカー】前園真聖氏が追悼「マラドーナになりきり、何度も繰り返し練習した」】の続きを読む


    朝倉 未来(あさくら みくる、1992年7月15日 - )は、日本の男性総合格闘家、YouTuber、スポーツインストラクター。愛知県豊橋市出身。トライフォース赤坂所属。弟は総合格闘家の朝倉海。元THE OUTSIDER二階級(60-65kg級・65-70kg級)王者。空手二段、禅道会三段、ブラジリアン柔術紫帯。
    36キロバイト (4,168 語) - 2020年11月25日 (水) 05:04



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    試合では朝倉選手は負けたけど勝負的には勝っているのですね…?
    朝倉選手の強がりかもですけど…

    1 Anonymous ★ :2020/11/24(火) 14:24:50.58

    RIZIN25を終えて

    (出典 Youtube)


    12:38~
    朝倉未来「まあでも本当に勝ったら称えられて負けたらすごい非難されてというのが格闘技。それが面白いところですよね。俺は全部受け止めますよ、もちろん。
    シンプルに爽快な気分よ、喧嘩とかで負けたらこうなるんだなっていう、すごい爽快な気分。だけど失神とかさせられたわけじゃないじゃん。だから俺試合で負けたけど勝負では勝ったと思ってるから。生物的には勝ってるじゃんだって。あともう1ラウンド出来たの?って話だし」
    「でもその勝負で戦ってるんで俺の負けなんですけどね。あの日は斎藤選手が強かった。…本当に面白いなー格闘技、あんな強い選手がいたんだ、っていう。分析材料がなかったんですよね、試合数とかなくて。今回の試合で分析できたんで楽しみっすね次が」



    (出典 Youtube)

    0:36~
    朝倉未来「なんか勝ったときより嬉しかったんですよね。なんでだろうね。挑戦者側に回れる楽さもあるし、負けてみたいと思ってたんで最近」



    (出典 Youtube)

    8:29~
    朝倉未来「試合前めちゃくちゃ俺言うじゃないですか、ボコボコにするとか、だからもうすごいアンチが歓喜してると思うんですよね、今回の俺の負けで。でもまぁここぞとばかりに言ってもらっていいし、言ってることと違うじゃねぇかとかね、雑魚じゃねぇかとか、そういうのは全然大いに受け付けてますんで」



    (出典 Youtube)

    9:45~
    朝倉未来「保守的になってたら今回の試合受けてないでしょ、っていう話で。言ったら斎藤選手も無名な選手だったじゃん正直。強いけど無名な選手で、俺にはメリットがなんもなかったんで。でもまぁ格闘技はどっちが強いかとかの問題だと思ってるから受けました、今回は」


    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1606135538/


    【【路上の伝説】朝倉未来 「試合で負けたけど勝負では勝った」「生物的には勝ってる」「最近負けてみたいと思ってた」】の続きを読む


    ディエゴ・アルマンド・マラドーナ(スペイン語: Diego Armando Maradona, 1960年10月30日 - 2020年11月25日)は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州ラヌース出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワードまたはミッドフィールダー。
    77キロバイト (10,035 語) - 2020年11月28日 (土) 04:26



    (出典 blog-imgs-30.fc2.com)


    マラドーナ氏はサッカー界で偉大だったけど謝罪しないなどスポーツマンシップがなかった事ですか…
    残念ですね…
    ご冥福をお祈りいたします…

    【【悲報】マラドーナさん、サッカー界の両津勘吉だった。ハンドを「神の手が当たっただけ」と主張】の続きを読む


    AFCチャンピオンズリーグ (ACLリーグからのリダイレクト)
    League)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主管し、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。略称はACL。 大抵は年度を付加して“AFCチャンピオンズリーグ [年度]”(英: AFC CHAMPIONS LEAGUE
    56キロバイト (4,212 語) - 2020年11月15日 (日) 00:49



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    FC東京は黒星ですか…
    残念ですね…
    次の試合から頑張ってください!

    1 久太郎 ★ :2020/11/24(火) 20:56:02.37

    AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は24日にグループFの第3節が行われ、FC東京は上海申花(中国)と対戦した。

    ACL|FC東京 vs 上海申花|結果・スタッツ

    新型コロナウイルスの影響で2月から中断が続いていたACL。今年度の大会はカタールでの集中開催となった。日本勢の再開初戦は、これまで1勝1分けで2位につけるFC東京と1勝1敗で3位の上海申花による一戦。幸先の良いリスタートを切りたいFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラや永井謙佑、レアンドロらを先発で送り出している。

    試合は序盤からFC東京が支配率を高めていき14分にはボックス内中央のレアンドロがシュートを浴びせたが、ここは上海申花DFがブロック。その後も相手を押し込み続けるFC東京だったが、なかなか得点を奪うには至らない。

    前半終了間際にはボックス手前左のFKからステファーヌ・エムビアにフリーでヘディングシュートを許したもののオフサイドの判定。スコアが動かないまま折り返しを迎える。

    後半に入ると上海申花が盛り返して中盤での争いが激化していくものの、それでもFC東京が比較的優位に運ぶ。最前線のD・オリヴェイラがファウルで止められるシーンが増えて幾度か相手陣内でFKを獲得する。しかし、簡単には得点に結びつかない。

    互いに選手を入れ替えて打開を図る中、先にスコアを動かしたのは耐え続けた上海申花だった。70分、ピッチ中央付近で上海申花がFKを獲得し、ボックス内にボールが蹴り込まれる。抜け出そうとした相手を中村帆高が倒してしまったとしてPKの判定が下されると、キッカーのユー・ハンチャオが落ち着いて沈めた。

    失点後も攻勢を保つFC東京だったが、最後までゴールをこじ開けることができずに試合が終了。アジアの舞台において日本勢として今シーズン初の敗北を喫することとなった。27日のグループステージ折り返しとなる第4節で再び上海申花と相まみえるFC東京は、リベンジを果たすことができるのだろうか。

    ■試合結果
    FC東京 0-1 上海申花

    ■得点者
    FC東京:なし
    上海申花:ユー・ハンチャオ(72分)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e51c6f6cde5826fad132329e465bbd5a93a8d9c4

    ACLグループリーグ順位
    https://www.jleague.jp/standings/acl/


    【【サッカー】ACL第3節 FC東京、上海申花に終始優勢もPKから失点…ACL再開初戦、Jリーグ勢としては今季初黒星】の続きを読む


    楽天 > ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸ヴィッセルこうべ、Vissel Kobe)は、日本の兵庫県神戸市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1966年創部の川崎製鉄水島サッカー部(1987年に川崎製鉄サッカー部に改称)が前身となり、1997年に
    102キロバイト (9,390 語) - 2020年9月24日 (木) 03:34



    (出典 f.image.geki.jp)


    神戸強いですね❗️
    優勝目指して頑張ってください❗️

    1 久太郎 ★ :2020/11/25(水) 20:54:33.03

    [11.25 ACL第3節 広州1-3神戸]

     AFCチャンピオンズリーグのグループG第3節が行われ、ヴィッセル神戸が広州恒大(中国)を3-1で下した。勝ち点を6に伸ばした神戸は、グループリーグ突破が決定した。次戦は中2日、28日に再び広州と対戦する。

     新型コロナウイルスの影響で中断していたACLだが、東地区のグループリーグはカタールで集中開催することで再開。ただ神戸が戦うグループGは、マレーシアのジョホールが渡航制限のために出場を辞退。そのため、すでに消化している試合も無効扱いとなった。

     よって、グループGは神戸、広州恒大、水原三星(韓国)の3チームで開催。上位2クラブがグループリーグを突破するため、第2節で水原を下している神戸は、この日の第3節の広州戦に勝利すれば、早々と決勝トーナメント進出を決めることになっていた。

     タレント豊富な広州は、ブラジル出身選手が多数在籍。しかしFWエウケソンやFWアロイジオが中国国籍を獲得したため、多くの外国出身選手がメンバー入り。一方の神戸は外国籍選手では規約上、DFトーマス・フェルマーレン、MFアンドレス・イニエスタ、FWドウグラスのみとなっている。

     ただ試合早々、広州は主将DFジャン・リンポンが負傷。前半10分でいきなり交代カードを切ることになる。そして同28分にアロイジオが角度のない所から打ったシュートがポストを叩くなど決めきれずにいると、落ち着いたパス回しで崩しにかかる神戸にペースが移っていく。

     すると前半終了間際の44分、DF西大伍のサイドチェンジからFW古橋亨梧がスルーすると、左サイドのイニエスタに渡る。イニエスタは縦の仕掛けからマイナスに折り返すと、古橋が右足で押し込む。神戸が誇るホットラインが開通し、神戸が1点をリードして前半を折り返す。

     ビハインドの広州は後半から3人を交代。15年ACL得点王のMFリカルド・グラルなど強力な選手をピッチに送り込む。すると後半1分のピンチはDF山川哲史がライン上で頭でかき出して難を逃れたが、同10分、左CKをクリアに行った山川のヘディングがゴール方向に飛んでしまう。カバーに入った古橋も防ぎきれずに、同点弾になってしまう。

     ただここで神戸は慌てなかった。後半20分の古橋のアーリークロスから迎えたFW藤本憲明の決定機はミスキックで決めきることが出来なかったが、同29分、藤本に代わって投入されていたFWドウグラスが裏に抜けてドリブルでエリア内に侵入。左足で流石の決定力を見せつけ、勝ち越しに成功した。

     後半37分にはCKの流れからゴールネットを揺らされたかに思えたが、オフサイド判定で命拾い。逆に同39分、ドウグラスのパスをエリア内で受けたイニエスタが、最初のシュートはDFの網にかかったが、こぼれ球を蹴り込んで勝利を決定づける。J1リーグでは5連敗と絶不調で出国することになった神戸だが、アジア王者に向け、貴重な白星をあげた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c60616b05905f7a382ebb209c24c22014811bfb9


    【【サッカー】ACL第3節 イニエスタ躍動1G1A!リーグの不調関係なし!!神戸が広州恒大撃破でグループリーグ突破!!】の続きを読む

    このページのトップヘ