meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 音楽 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 音楽


    Taka(タカ、1988年4月17日 - )は、日本のシンガーソングライター、ミュージシャン。 ロックバンド・ONE OK ROCKのボーカル。本名および旧名義は森内貴寛(もりうち たかひろ)。東京都出身。血液型はA型。身長168cm。株式会社10969所属。
    23キロバイト (2,468 語) - 2022年5月16日 (月) 22:47

    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    Taka氏が出禁覚悟で大型フェスで暴れるのですか😳
    トラブルにならなければ大丈夫だと思いますけどね🎶

    1 muffin ★ :2022/06/29(水) 17:50:43.77
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/29/kiji/20220629s00041000312000c.html

     ロックバンド「ONE OK ROCK」のTaka(34)が23日、自身のインスタグラムでライブ放送を配信。出演予定の音楽フェスでの意気込みを語り、観客を「煽るよ」などと発言する場面があった。

     現在、バンドは8月に「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」と「SUMMER SONIC 2022」、9月にはロックバンド「WANIMA」主催の「1CHANCE FESTIVAL 2022」に出演予定。Takaは「聞いたら、サマソニとかもイス(席)なんだって。正直“なんだ、クソつまんねぇな”って思ったのよ。声出せねぇし、イスだし、どうすんだよと。せっかく爆発して、久々のライブをワーッて行きたくて」と、率直な思いを語った。

     19日に開催された格闘技イベント「THE MATCH 2022」の那須川天心VS武尊を観戦したといい「思ったんですよ。気持ちが心から湧き出ちゃってるわけじゃん。だから、会場もめっちゃうるさかったし“そういうライブすりゃいいんでしょ?”って思った」と感銘を受けたそう。「心から出ちゃえば、誰の責任でもないよね。マスクもしてるんだし」と、ライブでの「声出し」について触れた。

     「とにかく、俺は煽るよ。俺は煽るけど、みんなは反対の意味だと思って。俺は普通にライブやりたいから。たぶん“歌って!”とか言っちゃうと思うし、テンション上がりすぎて“暴れろ”とか言っちゃうかもしれない。言わせといて、それは。しょうがねぇじゃん、ロックバンドなんだから」と、宣言。

     また「今後“サマソニ、ロッキンジャパン出禁です”と言われたら、覚悟決めてそのつもりでやります」といい「“ふざけんな”って思う人いるかもしれない。それはもう先に謝っとく。ごめん。だから、君たちがルールを守ってくれれば、俺はお前らを信じて煽る。だから、俺は言う、という感じで行こうかなと思っています。怒られるだろうな。でも、しょうがないよね。だってもう2年も3年も我慢したんだもん。言うぐらい許してよ」とも。

     Takaは「ロックフェスに観に来るヤツは、ある程度の覚悟を決めて来てんだろ。もちろんルールは守るべきだと思うんだけど。俺は、みんながそのルールをわかって来てると思ってるから、俺はそれを信じて、暴れさせていただきますっていうだけ」と、自身のスタンスについて語った。

     その後、視聴者から「はしゃがないロックなんてつまんないよね」というコメントが届くと「そうでしょ!俺はそう思うんだよ」と笑顔。また「それでクラスターになったら責任取れるんですか?」という投稿には「だからさ、説明してんじゃん今。クラスターになったら、誰も責任は取れないよ。でも、そういう風に、楽しくしようって言ってんの。頭悪ぃなお前」と、反論していた。

    ★1:2022/06/28(火) 18:03:25.3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1656407005/

    【ワンオクTaka、大型フェスで観客の声出し「俺は煽るよ」“出禁覚悟”で「暴れさせていただきます」「ロックバンドなんだから」】の続きを読む


    『藤あや子、35年前の“上京1年目ショット”が初々しすぎ 「ずっと綺麗」「変わらない美しさ」』についてTwitterの反応


    藤あや子、35年前の“上京1年目ショット”が初々しすぎ 「ずっと綺麗」「変わらない美しさ」
     演歌歌手の藤あや子さんが6月21日、歌手生活35周年を迎えたことをInstagramで報告。デビュー当時の初々しい写真を公開しており、ファンからは…
    (出典:ねとらぼ)


    あや子(ふじ あやこ、1961年5月10日 - )は、日本の演歌歌手、作詞家、作曲家。バーニングプロダクション所属。 1961年(昭和36年)、秋田県仙北郡角館町(現在の仙北市)に生まれた。小学4年生の時から民謡を習い、高校卒業後には就職したものの、職を変えながら民謡歌手として地元で活動してい
    29キロバイト (1,648 語) - 2022年4月18日 (月) 04:27


    あや子氏の上京1年目ショットですか😳
    若々しい感じですね✨
    これからも頑張ってください🎤

    【藤あや子、35年前の“上京1年目ショット”が初々しすぎ 「ずっと綺麗」「変わらない美しさ」】の続きを読む


    中森 明菜(なかもり あきな、1965年(昭和40年)7月13日 - )は、日本の歌手、女優。本名同じ。1982年5月1日デビュー。1980年代を代表する女性アイドル歌手であり、数多くのヒットナンバーを世に送った。アイドルの当たり年と言われた1982年のデビューで、「花の82年組」の1人であった。
    117キロバイト (14,488 語) - 2022年6月21日 (火) 12:08

    (出典 popsokuhou.com)


    明菜氏は最近も活動していると思ったけど🤔
    また活動再開すれば良いですね🎤
    期待します🎶

    1 muffin ★ :2022/06/25(土) 17:45:39.52
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/06251700/

    音楽番組の視聴率がさえない。6月17日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日)は世帯4.5%(個人2.9%)。だが、もしも出演したら視聴率の大幅アップが確実視されるアーチストがいる。2017年12月のディナーショーを最後に活動休止中の中森明菜(56)だ。明菜は今、どうしているのだろう。

    明菜は2017年12月にクリスマスのディナーショーを全国14都市で行った後、公の場に姿を見せていない。どうして消えたのか。

    「帯状疱疹のためです。まだ治りきっていません」(音楽関係者)

    最近は予防ワクチンの接種を呼び掛けるCMも流れている帯状疱疹は、水ぼうそうと同じウイルスで起こる皮膚の病気。症状には個人差があるが、水ぶくれを伴う赤い発疹が帯状に現れ、徐々に痛みが強くなる。80歳までに約3人に1人が発症すると言われるから、珍しい病気ではないものの、治るまでに時間がかかる人もいる。

    明菜も最初に発症したのは12年前の2010年。そのまま活動を休止した。症状が治まった2014年に1度は活動を再開し、この年のNHK紅白歌合戦にサプライズゲストとして出演したものの、3年後に再発した。

    「完全に治ったら活動を再開しますよ。ほかに歌わない理由はありませんから」(同・音楽関係者)

    「完全に治ったら」というのが明菜らしさ。関係者たちは明菜の気質について「完璧主義者」と口を揃える。例えばバックバンドの音が少しでも狂うことを嫌う。もちろん自分の歌声もベストの状態を目指す。

    中略

    明菜には「コンサートやディナーショーには必ず行く」というコアなファンが多い。だが、ここにきて広く人気が高まり、カムバックを望む声が強くなっている。

    NHKは「中森明菜 スペシャル・ライブ1989 リマスター版」を7月9日午後4時半から放送する。この放送にも歓迎ムードが高まっている。当初は6月19日に放送する予定だったものの、石川・能登地方を震源地とする地震の発生により延期された。

    明菜熱の高まりについて前出のレコード業界関係者は、「再評価は全く不思議ではないし、懐古趣味でもない」と言い切る。

    「シンガーとしての1980年代ナンバーワンアイドルは文句なしに明菜さんですから」(同・レコード業界関係者)

    確かに、1982年5月にデビューした明菜は3年後の1985年には「ミ・アモーレ〔Meu amor é…〕」で日本レコード大賞を受賞した。翌1986年も「DESIRE -情熱-」で同賞を受賞した。

    2年連続の栄冠。こんなアイドル、ほかにいない。

    「そもそも歌がうまいうえ、表現力が並外れています。声もいい」(芸能ジャーナリスト・渡邉裕二氏)

    全文はソースをご覧ください

    【【歌手】中森明菜は今、どうしているのか】の続きを読む


    松浦 勝人(まつうら まさと、1964年10月1日 - )は、日本の音楽プロデューサー、実業家。エイベックス株式会社代表取締役会長、元CEO。通称:Max Matsuura(マックス・マツウラ)。 神奈川県横浜市港南区出身。血液型O型。 1988年4月 エイベックス・ディー・ディー株式会社 (現:エイベックス株式会社)
    16キロバイト (2,101 語) - 2022年6月22日 (水) 23:57

    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    松浦会長が本当に女性軽視をしていなければ良いですけどね😓

    1 ひかり ★ :2022/06/23(木) 23:10:19.69
     エイベックスの松浦勝人会長(57)が23日に自身のYouTubeチャンネル「松浦勝人【max matsuura】」で生配信を行い、週刊誌の報道に疑問を投げかけた。

     松浦会長は19日に生放送を配信した際、視聴者からの質問に答えながら本音トーク。そこで行った女性タレントや女優への発言が「暴言である」と一部週刊誌のWEB記事で取り上げられた。この件について、松浦会長は「あの発言によって、もしも本当に傷ついてるのだとしたら、俺は謝ります。それは、本当に申し訳なかった」と、女性タレントらに謝罪する。

     しかし「あの動画をよく見てもらいたいの。あれは、みんなのコメントに正直に答えたから、こうなったんだよ。ああいうのが『切り取り』って言うのよ。自分たちの都合のいいことしか書いてないのよ。あれだけ見た人は、ああ思うに決まってんじゃん」と、一部が抜粋されたことに疑問を投げかける場面もあった。

     「自分の感想、こちらから見た景色を言っただけですよ。俺は女性軽視なんかしてないですよ」といい「週刊誌は関係ないでしょ。言った人と俺の問題でしょ?本当にそうなら謝るよ」とも、語っていた。

    スポニチ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/90a5c71f0a147ddf84c43a816a876285ce591919

    【エイベックス・松浦会長、週刊誌報道受け持論「ああいうのが『切り取り』。女性軽視なんかしてない」】の続きを読む


    YUKI(ユキ、1972年〈昭和47年〉2月17日 - )は、日本の歌手。JUDY AND MARYボーカリスト。北海道函館市出身。血液型はA型。本名は倉持有希(くらもち ゆき)、旧姓は磯谷(いそや)。1990年代前半より、J-POPという分野において、女性ボーカルによるバンド表現の進化発展に大
    71キロバイト (7,349 語) - 2022年5月31日 (火) 15:04

    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    ジュデマリ解散後のYUKI氏の苦労を語ったのですか😳
    欲望もあるでしょうね😓
    これからも頑張ってください🎤

    1 muffin ★ :2022/06/18(土) 17:58:25.98
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/06/18/kiji/20220618s00041000318000c.html
    2022年6月18日 14:55

    歌手のYUKI(50)が17日、ニッポン放送「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」(後10・00)にゲスト出演。ロックバンド「JUDY AND MARY」解散後の苦労について語った。

    YUKIについてパーソナリティーの松任谷由実が「センスがいいよね」「それでポジティブだよね」などと称賛。「作為がないところがいいよね」とも話すと、YUKIは「作為だらけなんですよ」と笑ってみせた。

    松任谷が「こう見えたいとか、こう見せたいとかいうのがない」と続けると、YUKIは「今凄くいいこと言ってくださったんですけど、JUDY AND MARYを解散して、ソロデビューした時は、オルタナティブロックが凄い好きだったんで、それをやりたかったんですね」と意外な告白。「ずっとJUDY AND MARYってキーが高かったんですけど、低いのが歌いたかったんですよね。だから最初ソロデビューの時は一番歌ったことのないような低いキーでいきたいとか、こう見えたい、ああ見えたいばっかりでした。20年前は」と振り返った。

     松任谷が「それはしょうがないかもね。イメージ作りをしていかないといけない時期だから」と語ると、YUKIは「2、3年は大変。どういうふうに自分が一人でやっていけば。こういうのやりたいけど、こういうの聞きたいかなとかちょっと分からなくなりますよね。試行錯誤でしたずっとね」と説明した。


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    【【ラジオ】元ジュデマリ・YUKIが告白「JUDY AND MARY」解散後は試行錯誤「オルタナティブロックやりたかった」「低いのが歌いたかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ