meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 音楽 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 音楽


    アンドリューウェザオール (Andrew Weatherall、1963年4月6日 - 2020年2月17日) は、イギリスのDJ、プロデューサー、テクノミュージシャン。 ウィンザー出身。サッカー雑誌の編集者として音楽コーナーを担当したことからキャリアをスタートさせたウェザオール
    4キロバイト (378 語) - 2020年2月17日 (月) 14:45



    (出典 pbs.twimg.com)


    残念ですね…
    ご冥福をお祈りいたします…

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/02/18(火) 01:19:48 ID:/mF3hSEL9.net

    文 /
    Resident Advisor
    掲載日 /
    Mon / 17 Feb 2020 / 11:38 PM
    カテゴリー /
    Magazine News


    イギリスの伝説的なDJ / プロデューサーが、2月17日にこの世を去った。


    (出典 jp.residentadvisor.net)


    Andrew Weatherallが死去した。

    イギリス出身の高名なDJ / プロデューサーである彼は、現地時間の本日2月17日(月)の午前中、ロンドンのウィップス・クロス大学病院で息を引き取った。Weatherallのマネジメントによると、彼は肺塞栓症のため、「とっさに、安らかに亡くなった」とのことだ。

    Weatherallのマネジメントは、先ほど以下のステートメントをシェアした。

    「非常に残念ではありますが、著名DJ / ミュージシャンのAndrew Weatherallは、本日2020年2月17日月曜日の早朝に、ロンドンのウィップス・クロス病院で息を引き取りました。死因は肺塞栓症でした。病院で治療を受けていましたが、残念ながら血栓が心臓まで到達してしまいました。彼はとっさに、安らかに亡くなった。彼のご家族とご友人の皆さんは彼の死を深く悲しんでおり、気持ちを整理するのに時間がかかっています。」


    Weatherallは80年代後期ロンドンのアシッドハウスシーンにおける重要人物の1人であり、Danny RamplingのパーティーShoomのメンバー、Boy's Ownコレクティブのメンバーとして、そしてDJ、プロデューサー、ジャーナリストとして活動していた。Primal Screamの1991年のアルバム『Screamadelica』や、Beth Orton、My Bloody Valentineといったアクトのプロデューサーとしても広く知られ、The Sabres of ParadiseやTwo Lone Swordsmenといった重要グループのメンバーでもあった。最近では、Sean Johnstonと共にパーティーA Love From Outer Spaceを運営していた。

    Weatherallは近日、Byrd OutからのEP「Unknown Plunderer / End Times Sound」を含む新作のリリースを控えていた。また、彼は今年、inner city electronicやHoughton、Love International、GALAなど、数多くのフェスティバルやイベントに出演予定だった。

    https://jp.residentadvisor.net/news/71992


    【アンドリュー・ウェザオールが56歳で死去】の続きを読む


    槇原 敬之(まきはら のりゆき、1969年(昭和44年)5月18日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家。 現在の所属レコード会社(レコードレーベル)はBuppuレーベル。公式ファンクラブは「Smile Dog」。身長176cm。独身。血液型はO型。
    38キロバイト (3,978 語) - 2020年2月16日 (日) 18:29



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    逮捕されると一生ダメにしてしまいますからね…
    残念です…

    1 峠 ★ :2020/02/18(火) 00:23:19 ID:CAP_USER.net

     「もう、『なんでやねん!』という気持ちでいっぱいです。薬なんて、とうの昔にやめていると思っていました。
    最近も薬をやっている様子なんてまったくなかったですし、よく『一度やったらやめられない』という話を聞いても
    『そんなことはないよ。だって息子は実際にやめたんだから』と思っていたくらいです」

     泣きださんばかりの表情でそう語るのは、槇原敬之容疑者(50)の父・博之さん(79)だ。

     2月13日に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された槇原容疑者。’99年にも同様の罪で逮捕されており、
    その際に彼は直筆のコメントでファンや関係者に次のように謝罪していた。

     《今後は、絶対にこの様な事を起こさないことを、堅くお約束いたします》

     前回の逮捕から、長い時間がたった。その間、「息子は薬を断ち切っている」と心から信じていたという博之さん。
    2度目となる息子の“まさかの裏切り”に、憔悴している様子だった――。

     ’69年5月、大阪府高槻市に生まれた槇原容疑者。父の博之さんは電器店を営んでいたが、
    一人息子の才能開花のためにサポートを惜しまなかったという。

     「槇原くんは5歳のころ、保育園の先生の影響でピアノを習い始めました。当時、男の子で音楽をやっているなんて彼ぐらい。
    でもお父さんは、誰よりも彼のことを応援していました。仕事が忙しいのに、よくコンサートに連れていったりしていてね。
    小学校のときには、彼が『家族で(ピアニストの)リチャード・クレイダーマンの演奏会に行ってきたんだ!』と
    うれしそうに言っていたのを覚えています」(地元住民)

     中学に入ると、友人とポップス同好会を作った槇原容疑者。次第に一目置かれる存在となっていったが、
    その陰にも父の応援があったようだ。

     「彼の家には、高価なオーディオがそろえられていました。それに、20万円以上するキーボードも。
    音楽にのめり込んでいく一人息子に、お父さんがプレゼントしてくれたのでしょう。おかげで、槇原くんはどんどんうまくなっていきました。
    当時はびっくりするぐらいまじめなコでね。生徒会の選挙にも立候補するほどだったのですが……」(別の地元住民)

     そんな親子の夢がかない、’90年にデビューを果たす。翌年に『どんなときも。』が発売されると、ミリオンセラーを記録。
    誰もが知るアーティストとなっていった。だが人気絶頂の’99年、覚せい剤取締法違反で逮捕。
    そして今回、2度目の逮捕となったのだ。

     今年、槇原容疑者はさまざまな企画に乗り出していた。デビュー30周年の特設サイトを開設し、コンサートツアーの開催も決定。
    昨年10月には“30周年記念第一弾”と銘打ち、初のカバー曲のベストアルバムもリリースしていた。
    博之さんはいま、槇原容疑者への“深い失望”に打ちひしがれている。

     「親と子ですからね。何か言葉にしなくても、それ(薬をやめること)はお互い気持ちで伝わっていると思っていました。
    実際、その後は順調にいっていると思っていました。ただ、今回で2回目。もう、息子の人生は終わりだと思います。
    私らも、ここには住んでいられなくなりそうです……」

     “一家離散の危機”に無念の思いを明*博之さんは現在、79歳。5年前には大腸がんを患ったという。
    それだけに、逮捕の一報はことさらこたえただろう――。

    槇原敬之

    (出典 img.jisin.jp)

    あどけない幼少期の槇原容疑者。

    (出典 img.jisin.jp)

    幼少期から音楽の才能はピカイチだった。

    (出典 img.jisin.jp)

    15年の24時間テレビにも出演した槙原容疑者。

    (出典 img.jisin.jp)


    ソース 女性自身 02/18 00:00
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1832023/


    【槇原敬之逮捕で一家離散へ…】の続きを読む


    Perfume(パフューム)は、中田ヤスタカがプロデュースする広島県出身の3人組テクノポップユニット。ダンスと舞台演出に特徴がある。アミューズ所属。レコードレーベルはPerfume Records / ユニバーサルJ。公式ファンクラブは「P.T.A.」。 愛称は公式サイト、PV、歌詞カードで使用され
    199キロバイト (21,791 語) - 2020年2月15日 (土) 15:52



    (出典 blog-imgs-129.fc2.com)


    東京ドーム含めてドームツアーも良いですね。
    頑張ってください。

    1 チミル ★ :2020/02/16(日) 15:03:13 ID:MJ2/TEte9.net

    Perfumeが、【Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome】東京ドーム公演の模様をWOWOWで放送することが決定した。

    2020年に結成20周年、メジャーデビュー15周年という節目の年を迎えたPerfume。2019年9月にリリースしたベストアルバム『Perfume The Best“P Cubed”』は発売初週だけで約10万枚の売り上げを記録した。

    そんなヒットアルバムを携え2月に展開される【Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome】から、東京ドームで行なわれるライブの模様をWOWOWで放送することが決定した。

    WOWOWでは、Perfume結成20年&メジャーデビュー15周年のスペシャル企画として、同公演の放送に加えてミュージックビデオ集など関連番組を多数放送予定となっている。

    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
    番組情報等詳しくは下記からお願いしまぁす

    ビルボードジャパン 2020/02/16 15:00
    http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/85013


    (出典 www.billboard-japan.com)


    【Perfume『8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome』東京公演放送決定】の続きを読む


    中村正人(なかむら まさと、別名:マサ、1958年10月1日 - )は日本のミュージシャン、音楽プロデューサー、俳優。DREAMS COME TRUEのリーダーでベーシスト。東京都調布市出身。妻は元HIGH and MIGHTY COLORのマーキーこと中村麻紀。
    13キロバイト (1,467 語) - 2019年12月5日 (木) 15:22



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    森氏と一緒に行った男性の影響で中村氏も巻き込まれた感じですね…
    早く解決出来れば良いですね❗️

    1 ひかり ★ :2020/02/13(Thu) 13:31:19 ID:4zR89vSN9.net

     DREAMS COME TRUEの中村正人が13日、ブログを更新し、モデルの森星がドリカムのコンサートに一緒に行った男性の行いのせいで“出禁処分”になったとされる
    一部報道について、記事中に出てくる関係者の存在は「確認できませんでした」と記し、記事内容についても「事実ではありません」と明記。森星へ「傷つけ、ご迷惑をおかけしてしまったことを
    お詫び申し上げます」とつづった。

     中村はこの記事について「当方マネージメントでこの記事について調査した結果、記事の根拠となる内容の発言をした『レコード会社関係者』と『イベント運営スタッフ』の存在は
    確認できませんでした」と記した。

     また記事中にある、森が怒られたとされる部分や、スタッフがカミナリを落としたとされる部分などについても「事実ではありません」とした。

     また、森星についても「このことにより、森星様を傷つけ、ご迷惑をおかけしてしまったことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200213-00000067-dal-ent

    森星が憧れのドリカムツアーで“出禁処分”、原因になった話題の「宇宙人男」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200212-00017159-jprime-ent


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 portal.st-img.jp)


    【ドリカム中村、ブログで森星に謝罪】の続きを読む


    BAND-MAID(バンドメイド)は、日本の女性ロックバンド。国内のマネジメントはプラチナム・パスポート。レーベルはRevolver records。世界的なプロモーションはユナイテッド・タレント・エージェンシーが行いライブ・ネイションと提携。略称はバンメ。
    39キロバイト (3,754 語) - 2020年2月15日 (土) 03:13



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    来年の2月は日本武道館ですか。
    最高の会場ですからね。
    全米ビルボードチャート入りは凄いですね。
    これからを期待します。

    1 シャチ ★ :2020/02/14(金) 21:16:11 ID:AjSRJOIW9.net

     メイドによる5人組バンド「BAND―MAID」が14日、東京・LINE CUBE SHIBUYAで単独ツアー「WORLD DOMINATION TOUR【進化】」最終公演を行い、来年2月11日に初の日本武道館公演を行うことを発表した。ギターのKANAMIは「ご主人様、お嬢様の夢でもあり、私たちの夢。記憶に残る1日に」と1年後を心待ちにした。

     昨年9月から米国3都市5公演、同10月から全国18都市(19公演)を巡ってきた。18年から「宣告」「侵略」「激動」と掲げ、この日は最新アルバム「CONQUEROR(カンカラー)」収録曲を中心に、最終テーマとなる「進化」を自負する姿をファンに届けた。

     秋葉原のメイド喫茶で働いていた小鳩ミクを中心に13年7月に結成したバンド。衣装はメイド服、ライブは「お給仕」、観客は「ご主人様」「お嬢様」と日本独自の文化を取り入れて活動。16年からは毎年、海外ツアーを行ってきた。アルバムは、デヴィッド・ボウイらを手がけたプロデューサーのトニー・ヴィスコンティ氏が、自ら志願する形で参加。発売前の昨年11月27日には米バンド「Guns N’ Roses」ほか、日本では「ONE OK ROCK」らを手がける世界3大エージェンシーと言われる「United Talent Agency」との契約も決まった。

     昨年12月には、アルバムが米ビルボードチャート「World Albums」11位など、3部門でランクインする“快挙”で話題を集めた。目標は「世界征服」と掲げる5人。「人間と鳩のハーフ」をキャラクターにするギター&ボーカルの小鳩ミクは「結成当初から、世界中で知らない人がいない『世界征服』を掲げているっぽ。そこに近づくべく、しっかり“お給仕(ライブ)”したいっぽ」と武道館公演を経た“進化”への意気込み。将来的な米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでの公演への夢も語った。


    2/14(金) 21:00配信スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-02140170-sph-ent
    画像 (左から)MISA、AKANE、小鳩ミク、SAIKI、KANAMI

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【メイド5人組バンド「BAND―MAID」、来年2月に初の日本武道館】の続きを読む

    このページのトップヘ