meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 音楽(35ページ目) | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 音楽


    ボンジョヴィ(Bon Jovi)は、アメリカ合衆国出身のロック・バンド。 全米を代表するハードロック・グループの一つ。デビュー早々から成功を収め、特に3rdアルバム『Slippery When Wet』が1000万枚を超える大ヒットを飛ばして以降、世界的な知名度を誇っている。2018年『ロックの
    74キロバイト (6,827 語) - 2019年12月5日 (木) 18:54



    (出典 pbs.twimg.com)


    大事なメンバーが脱退されてしまって寂しいし、残念ですよね…
    戻ってほしいと思いますよね…

    1 湛然 ★ :2019/12/11(水) 23:02:36.45

    2019.12.11 水曜日NME Japan
    ジョン・ボン・ジョヴィ、リッチー・サンボラの不在を今も寂しく思っていると語る
    https://nme-jp.com/news/83001/

    Photo: GETTY

    (出典 nme-jp.com)



    ボン・ジョヴィのフロントマンであるジョン・ボン・ジョヴィは2013年に経験した元ギタリストであるリッチー・サンボラの脱退を振り返り、リッチー・サンボラのことを今も寂しく思っていると語っている。

    物質依存症に苦しんでいたことで知られるリッチー・サンボラは2013年に行っていた「ビコーズ・ウィー・キャン」ツアーの途中でバンドを脱退している。ジョン・ボン・ジョヴィは彼の脱退後も同ツアーを続行して、現在までバンドとしての活動を続けている。

    今回、ジョン・ボン・ジョヴィは『ポールスター』誌のインタヴューに応じて、リッチー・サンボラが脱退した当時を次のように振り返っている。「ティコ(・トーレス/ドラマー)やデヴィッド(・ブライアン/キーボーディスト)や俺にとって、リッチーが抱えていた問題のために(バンドとして)立ち止まってしまうのは不公平だと感じたんだ」と彼は当時について語っている。

    「(バンドを解散させる)そんなつもりはなかったからね。バンドの名前はボン・ジョヴィなわけでさ。他の何物でもないんだ。ヴァン・ヘイレンやU2のように、ギタリストに依拠しているようなバンドではないからね。大切なのは楽曲であり、(バンド名は)僕のことを示しているんだ。僕らにはそういう認識があったんだよ」

    一方、ジョン・ボン・ジョヴィは今でもリッチー・サンボラのことを寂しく思っているとしして次のように語っている。

    「彼がそばにいてくれたらと思うよ。僕らは恐るべし2人組だったんだからさ」とジョン・ボン・ジョヴィは語っている。「僕らは魔法のような歌声の持ち主で、彼は本当に素晴らしい人だったんだ。けど、彼の選択が彼自身を迷わせてしまったんだよ」

    現在57歳のジョン・ボン・ジョヴィは続けて、リッチー・サンボラが抜けたことでバンドにはさらなる重圧がかかることになったとも語っており。、それを乗り越えるのは容易なことではなかったと語っている。

    「リッチーが崩れてしまうなんて思ってもいなかったから、仕事にかなり支障が出たよ」と彼は語っている。「その後で、僕らは見事に乗り越えることができたんだ。とてもよかったと思う、本当にね。良かったっていう言葉じゃ足りないくらいさ」

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【ジョン・ボン・ジョヴィはリッチー・サンボラの脱退で…】の続きを読む


    氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の歌手(ジャンルは主に演歌・歌謡曲)である。 本名:山田 清志(やまだ きよし)。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。現代調ポップス系の楽曲を
    42キロバイト (2,554 語) - 2019年12月16日 (月) 01:06



    (出典 img.guideme.jp)


    X'masが近づいていますね。
    氷川氏のライブ盛り上がりそうですね。

    1 バグダッドの夜食 ★ :2019/12/12(木) 20:12:30.93 ID:nNNlG1U49.net

     
     司会の代読が終わると、氷川は日本語訳した「ボヘミアン・ラプソディ」を熱唱。この公演で初歌唱となる同曲は、湯川氏による訳詞と氷川の圧倒的な歌唱力と表現力、そして普遍的な楽曲の魅力が重なり、観客を圧倒。まるでオペラを見ているかのようなドラマチックなパフォーマンスに、客席からは割れんばかりの拍手が沸き起こった。

    ■ジャンルの隔たりはいらない 次のステップに行くためにいろいろな作品を歌っていきたい

     その後もTM NETWORKの木根尚登が手がけた「Hug」やGReeeeNによる「碧し」などのポップスを披露。アンコールでは、自らの思いが詰まった「歌は我が命」などを歌い、最後は今年リリースしたシングル「大丈夫」を会場と一体になって歌い、大団円を迎えた。

     終演後、取材に応じた氷川は「ボヘミアン・ラプソディ」について、「映画を観たときにすごく感動して。フレディの人生とか、華やかな世界だけど、どこか孤独感とかさみしさがあったり。そういうものを感じられて。フレディの気持ちを感じながら、日本語で日本の方に届けたいなと思って、湯川先生に訳していただきました。自分の心にバーンと入ってきました。命にしみ込んだというか。オペラの部分も大変だったんですけど、なんとか歌えたかなと。いつか商品化したいですね」と思いを語った。

    写真20枚など詳細はリンク先をご覧ください。

    氷川きよし、Xmasライブで衣装8変化 「ボヘミアン・ラプソディ」日本語カバーで観客圧倒
    https://www.oricon.co.jp/news/2150823/full/
    ORICON NEWS 2019-12-12 20:00

    ■『氷川きよしスペシャルコンサート2019 きよしこの夜 Vol.19』セットリスト
    01. それぞれの花のように
    02. 天地人
    03. 最上の船頭
    04. ちょいときまぐれ渡り鳥
    05. 花の渡り鳥
    06. 越後の雪次郎
    07. 大井追っかけ音次郎
    08. 箱根八里の半次郎
    09. きよしの令和音頭
    10. きよしの数え唄
    11. きよしのソーラン節
    12. きよしのズンドコ節
    13. 一剣
    14. 浪曲一代
    15. 玄海竜虎伝
    16. 男の絶唱
    17. 白雲の城
    18. 確信
    19. 限界突破×サバイバー
    20. かなしみのマーメイド
    21. 恋初めし
    22. ボヘミアン・ラプソディ
    23. 8番目の虹の色
    24. hug
    25. 碧し
    26. あなたがいるから
    【アンコール】
    27. 歌は我が命
    28. COME ON
    29. 大丈夫


    関連スレ

    【芸能】氷川きよし(42)初告白「男らしく生きてって言われると、自*たくなっちゃうから…」演歌の様式美に収まらない性分 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576083809/

    【確信】氷川きよし(42)「浜崎あゆみ(41)ソックリジャケ写」で見えた“ライバル心”と“憧れ” ※両者画像あり
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575899139/


    ★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

    【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★245
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575901086/
    ・悪意のあるスレッド
    ・誤解を招くスレッド
    ・ほぼ同じ話題の重複スレッド
    ・政治や災害それ自体のスレッド
    など、お気軽にご報告ください。
    スレッド検索にこちらもご活用ください。
    http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%A9+%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91+%E4%B8%8D%E4%BA%BA%E6%B0%97&ita=8


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【氷川きよし、Xmasライブで衣装8変化】の続きを読む


    3つのグラミー賞を受賞している。(12回ノミネート)主な略称は「RHCP」や「The Chili Peppers」、日本でのみ「レッチリ」など。2012年にロックの殿堂入り。2019年現在、オリジナル・アルバムを11枚、ベスト・アルバムを2枚発表している。ウォール・ストリート・ジャ
    59キロバイト (6,007 語) - 2019年12月16日 (月) 00:59



    (出典 pbs.twimg.com)


    レッチリに復帰は良かったですね。
    新たなる気持ちで頑張って下さい。

    【ジョンフルシアンテがレッチリに復帰】の続きを読む


    lute株式会社(ルーテ)は、かつてInstagram向けの音楽動画配信サービス「lute」などを運営していた企業。 エイベックスグループに在籍していた五十嵐弘彦が、2016年にYouTubeにて音楽動画サービスを立ち上げ、2017年にエイベックスグループの社内ベンチャーとして法人へ改組。法人化後
    5キロバイト (389 語) - 2019年12月12日 (木) 09:35



    (出典 ay-yk.com)


    残念ですね…
    収入減の原因を掴めば良くなったかもですけど…

    1 ばーど ★ :2019/12/11(水) 16:55:59 ID:2PZJGgfs9.net

    音楽メディア「lute」としてYouTubeやInstagramを用いたメディア事業を手がけていたlute株式会社が12月4日、東京地裁から破産開始決定を受けた。

    負債総額は債権者89名に対して約3億1000万円にのぼると、東京商工リサーチが報じている。
    .
    SNSを活用した「分散型メディア」を志向

    lute株式会社は五十嵐弘彦さんを代表取締役とし、エイベックスの社内ベンチャーとして2016年に創業。2017年8月にスピンオフし、独立。

    アーティストマネジメントのほか、InstagramやYouTubeでの動画コンテンツを主軸とし、「サブミッションメディア」や「分散型メディア」を謳い、多数のミュージックビデオやドキュメンタリー映像等を制作。

    2018年8月13日には、アイ・マーキュリーキャピタル、アトス・インターナショナル、TLMの3社から約8,000万円の資金調達が実施されたことも報じられていた。

    扱う音楽はノンジャンルではあるものの、特に国内の気鋭ヒップホップアーティストとのコラボレーションが評価されており、「lute」での紹介をきっかけに知名度を伸ばすアーティストやラッパーも少なくなかった。

    なお、関係者らによると社内でトラブルを抱え、代表の五十嵐弘彦さんには連絡がとれない状態が続いているという。

    12/11(水) 15:01
    KAI-YOU.net
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00010001-kaiyou-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【音楽メディア「lute」破産申請】の続きを読む


    ピエール瀧ピエール たき、Pierre Taki、本名: 正則〈たき まさのり〉、1967年4月8日 - )は、日本のミュージシャン、マルチタレント、俳優、声優。テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバー。身長179cm。血液型AB型。 2019年の1年間限定で、電気グルーヴの活動においての芸名をウ
    60キロバイト (7,512 語) - 2019年12月15日 (日) 11:57



    (出典 bunshun.jp)


    瀧氏の影響は大きいのですね…
    早く問題解決になってほしいです…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/16(月) 01:02:16.28 ID:3pq5UaUH9.net

    公開中の映画「宮本から君へ」(真利子哲也監督)の製作会社「スターサンズ」(河村光庸代表)が、出演者の不祥事を理由に文化庁所管の独立行政法人「日本芸術文化振興会(芸文振)が同作への助成金交付を取り消したのは違憲、違法であるとして、芸文振に不交付決定の取り消しを求めて近く、東京地裁に提訴する意向だと各スポーツ紙が報じた。

    各紙によると、同社に対しては今年3月に助成金1000万円の交付が内定。その後、出演者のピエール瀧が*取締法違反容疑で逮捕され、4月に芸文振から瀧の出演シーンの編集を打診されたが、同社は拒否したという。

    そして、7月に瀧の有罪が確定すると、「公益性の観点から適当ではない」と不交付を通知されたというのだ。9月に、芸文振は「公益性」の観点から交付を取り消せるよう要綱を改定した。

    しかし同社は、「映画表現にとって重要な配役を理由とした不交付は、憲法21条が保障する表現の自由の侵害に当たる」と主張している。今後、法廷で争われることになりそうだが、どうやら、瀧の事件がうまく利用されたのでは、という見方もあるようだ。

    スター社の代表を務める河村氏といえば、6月に公開された映画『新聞記者』のプロデューサーを務め、同作を当てた。『新聞記者』といえば、菅義偉官房長官の会見で毎回激しいバトルを繰り広げる、東京新聞・望月衣塑子記者の著書が原案で、作風は明らかに反体制。『新聞記者』がヒットしてしまったため、国の機関である芸文振が助成金を交付しないと決断したとも言われている」(永田町関係者)

    河村氏は現在公開中の望月記者のドキュメント映画「i?新聞記者ドキュメント?」もプロデュースし話題に。法廷でそのあたりの事情も暴露されるか注目される。

    http://dailynewsonline.jp/article/2118030/
    2019.12.15 18:00 リアルライブ


    (出典 news.nifty.com)


    【ピエール瀧の事件で、映画の助成金取り消し…】の続きを読む

    このページのトップヘ