meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 野球 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > 野球


    巨人・岡本、待ってました!自身最遅56打席目で今季1号!チームの連続試合3得点以下も「12」で止まる

     ◇セ・リーグ 巨人9ー0広島(2021年4月11日 マツダ)  待ちに待った一発が飛び出した。巨人不動の4番・岡本和真内野手(24)が11日、広島…
    (出典:スポニチアネックス)


    岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 - )は、奈良県五條市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 3歳の時から8歳年上の兄とのキャッチボールで野球に親しみ、五條市立北宇智小学校1年生から軟式野球チーム「カインド」で投手兼内野手として野球を始める。野手
    44キロバイト (5,531 語) - 2021年4月4日 (日) 13:45


    岡本選手の遅いホームランでしたけどチームも勝って良かったですね😃
    これからも頑張ってください⚾️

    【巨人・岡本、待ってました!自身最遅56打席目で今季1号!チームの連続試合3得点以下も「12」で止まる】の続きを読む


    バドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め全国大
    139キロバイト (19,417 語) - 2021年4月11日 (日) 10:14



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    大谷選手の打率は3割近くで、まあまあって所ですけどチームが大敗したのは残念ですね😨
    今後も頑張ってください⚾️

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/04/11(日) 14:28:22.53

    2021年04月11日 14:07野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/04/11/kiji/20210411s00001007307000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     【ア・リーグ エンゼルス1―15ブルージェイズ ( 2021年4月10日 フロリダ州ダンイーデン )】 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は10日(日本時間11日)、敵地フロリダ州ダンイーデンでのブルージェイズ戦に「2番・DH」として先発出場。4試合連続安打となる右翼線三塁打を放つなど4打数1安打で、打率は3割を切って・294となった。チームは1―15で大敗した。

     雨天のため試合開始が2時間40分遅れて迎えた初回1死からの第1打席。大谷は集中力を切らすことなく、ブ軍先発の左腕・マッツの外角変化球にタイミングを崩されながらもミートした。打球は右翼ライン際に落ち、俊足を飛ばして三塁を陥れて6日(同7日)のアストロズから続く連続試合安打を4に伸ばした。

     3回1死一塁からの第2打席は見逃し三振、5回2死一塁からの第3打席はニゴロ、左腕・ミローンと対戦した8回1死からの第4打席は空振り三振に倒れた。


    【【MLB】エンゼルス・大谷翔平 俊足生かした右翼線三塁打で4試合連続安打!4打数1安打で打率・294、チームは1-15で大敗】の続きを読む


    DeNA > 横浜DeNAベイスターズ 横浜DeNAベイスターズ(よこはま ディー・エヌ・エー ベイスターズ、英語: Yokohama DeNA BayStars)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。略称は「横浜」「DeNA」。 神奈川県を保護地域とし、同県横浜市中区にある横浜スタ
    236キロバイト (34,143 語) - 2021年4月8日 (木) 01:56



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    コロナウイルスの影響でDeNAも赤字ですか😱
    奇跡的に経営難から乗り越えられれば良いですけど😞

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/04/06(火) 06:54:35.23 ID:CAP_USER9.net

    プロ野球が開幕した。首都圏では、政府による緊急事態宣言が解除されたが、まだ新型コロナウイルスの収束とはいかず、スタジアムの観客の入場数も広島、楽天、日ハムは定員の50%、他の9球団も上限を1万人に制限され、各球団共に経営的には苦しいスタートとなっている。プロ野球界は、新型コロナによる経営危機をどう乗り切るのか。ウイズコロナの時代からポストコロナの時代へ。エンターテインメントビジネスが窮地の時代に球団社長の交代を決めた横浜DeNAの経営戦略に迫った。

    観客動員は約5分の1…売り上げ収益は前年比42.4%減
     ハマスタに花火が上がった。
     3月30日の本拠地開幕戦。高揚感が演出されたが、まだ通常のスタジアムの光景が戻ってきたとは言えない。観客数は制限。ファンはマスクの着用を義務づけられ、大声を出しての応援自粛を求められる。それでも横浜DeNAは大声を出せない中での新たな楽しみ方を浸透させようと「YOKOHAMA CLAP」という拍手による新しい応援スタイルを始めた。
     開幕直前に副社長から球団社長就任が発表された38歳の木村洋太社長は、「コロナ禍の厳しい状況ではあるが失敗をおそれずに前向きに次々と新しい挑戦をしたい。野球でもビジネスでもお客さんをいい意味で裏切り新しい取り組みをしていきたい」と言う。
     2020年は何もかもが想定外の1年だった。感染が拡大した新型コロナウイルスの影響で開幕は6月にずれ込み、当初は無観客開催。その後、予防対策を徹底しての有観客となったが、人数は制限され。2012年以来、8年連続で観客動員を右肩上りに伸ばして2019年には約2倍にまで増えた横浜DeNAの観客動員は5分の1程度に落ち込んだ。前年が228万3524人で昨年は46万7700人である。
     経営打撃はどれくらいだったのだろうか。
     2月に発表されたDeNA本体の第3四半期決算によるとスポーツ事業の売り上げ収益は108億6100万円となっている。前年比の42.4%減。DeNAはスポーツ事業としてBリーグの川崎ブレイブサンダースなどを保有しているため、この数字は、ベイスターズ単体のものではないが、「大枠でベイスターズの数字と考えてもらっていい」(木村社長)とのこと。 
     売り上げが大幅に減ったことでスポーツ事業のセグメント損失は、14億9500万円となった。つまり約15億円の赤字である。昨年は、約37億円の黒字決算だったことを考えると、新型コロナの影響で儲けが上下合わせて52億円も飛んでいったことになる。
     ある程度の危機は想定してリスク管理はしていたという。
    「過去にも大震災などがあり、ある程度の危機管理はありました。でもそれは短期間の想定。ここまで長い期間影響を受ける想定はできていなかった」と木村社長。
     スポーツビジネスの収入の柱は、チケット代、スポンサー収入、放映権料、飲食、グッズなどのマーチャンダイズの売り上げの4本である。その中でも大きな割合を占めるチケット・グッズ・飲食に直結する観客動員が約5分の1に落ち込んだのに、全体の減収を約半分に抑え込めたのはなぜなのか。相当な企業努力が必要だったはずだ。



    「試合数が減ったにもかかわらずスポンサーの皆様と放送局関係の放映権料を満額いただけたことが要因です。地域へのベイスターズの貢献を評価していただきコンテンツ価値を認めていただけました。今季も引き続きスポンサーの皆様の支援をいただくための努力をしていかねばなりませんし、さらにファンの方々との接点を強く持つことが重要になってきます」
     木村社長が存続の危機までに至らなかった事情をこう明*。
    「コミュニティボールパーク」化構想を提唱。ファンとの密接な関係を保つために様々な施策を打ち出してきた。特に2017年からは、これらの活動をスタジアム周辺から横浜地域全体に発展させた「横浜スポーツタウン構想」をスタートし地域貢献に寄与してきた。それらの活動と実績が評価され、横浜において確立したブランド力が生きたのである。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bb0e3416f9b911aaabc9a54fcdd8d395c2cfd3a4
    4/6(火) 6:33配信


    【【野球】約15億円の赤字転落…横浜DeNAはプロ野球界を襲う新型コロナ禍の経営危機をどう乗り越えるのか?】の続きを読む


    DeNA > 横浜DeNAベイスターズ 横浜DeNAベイスターズ(よこはま ディー・エヌ・エー ベイスターズ、英語: Yokohama DeNA BayStars)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。略称は「横浜」「DeNA」。 神奈川県を保護地域とし、同県横浜市中区にある横浜スタ
    236キロバイト (34,143 語) - 2021年4月8日 (木) 01:56



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    コロナウイルスの影響でDeNAも赤字ですか😱
    奇跡的に経営難から乗り越えられれば良いですけど😞

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/04/06(火) 06:54:35.23 ID:CAP_USER9.net

    プロ野球が開幕した。首都圏では、政府による緊急事態宣言が解除されたが、まだ新型コロナウイルスの収束とはいかず、スタジアムの観客の入場数も広島、楽天、日ハムは定員の50%、他の9球団も上限を1万人に制限され、各球団共に経営的には苦しいスタートとなっている。プロ野球界は、新型コロナによる経営危機をどう乗り切るのか。ウイズコロナの時代からポストコロナの時代へ。エンターテインメントビジネスが窮地の時代に球団社長の交代を決めた横浜DeNAの経営戦略に迫った。

    観客動員は約5分の1…売り上げ収益は前年比42.4%減
     ハマスタに花火が上がった。
     3月30日の本拠地開幕戦。高揚感が演出されたが、まだ通常のスタジアムの光景が戻ってきたとは言えない。観客数は制限。ファンはマスクの着用を義務づけられ、大声を出しての応援自粛を求められる。それでも横浜DeNAは大声を出せない中での新たな楽しみ方を浸透させようと「YOKOHAMA CLAP」という拍手による新しい応援スタイルを始めた。
     開幕直前に副社長から球団社長就任が発表された38歳の木村洋太社長は、「コロナ禍の厳しい状況ではあるが失敗をおそれずに前向きに次々と新しい挑戦をしたい。野球でもビジネスでもお客さんをいい意味で裏切り新しい取り組みをしていきたい」と言う。
     2020年は何もかもが想定外の1年だった。感染が拡大した新型コロナウイルスの影響で開幕は6月にずれ込み、当初は無観客開催。その後、予防対策を徹底しての有観客となったが、人数は制限され。2012年以来、8年連続で観客動員を右肩上りに伸ばして2019年には約2倍にまで増えた横浜DeNAの観客動員は5分の1程度に落ち込んだ。前年が228万3524人で昨年は46万7700人である。
     経営打撃はどれくらいだったのだろうか。
     2月に発表されたDeNA本体の第3四半期決算によるとスポーツ事業の売り上げ収益は108億6100万円となっている。前年比の42.4%減。DeNAはスポーツ事業としてBリーグの川崎ブレイブサンダースなどを保有しているため、この数字は、ベイスターズ単体のものではないが、「大枠でベイスターズの数字と考えてもらっていい」(木村社長)とのこと。 
     売り上げが大幅に減ったことでスポーツ事業のセグメント損失は、14億9500万円となった。つまり約15億円の赤字である。昨年は、約37億円の黒字決算だったことを考えると、新型コロナの影響で儲けが上下合わせて52億円も飛んでいったことになる。
     ある程度の危機は想定してリスク管理はしていたという。
    「過去にも大震災などがあり、ある程度の危機管理はありました。でもそれは短期間の想定。ここまで長い期間影響を受ける想定はできていなかった」と木村社長。
     スポーツビジネスの収入の柱は、チケット代、スポンサー収入、放映権料、飲食、グッズなどのマーチャンダイズの売り上げの4本である。その中でも大きな割合を占めるチケット・グッズ・飲食に直結する観客動員が約5分の1に落ち込んだのに、全体の減収を約半分に抑え込めたのはなぜなのか。相当な企業努力が必要だったはずだ。



    「試合数が減ったにもかかわらずスポンサーの皆様と放送局関係の放映権料を満額いただけたことが要因です。地域へのベイスターズの貢献を評価していただきコンテンツ価値を認めていただけました。今季も引き続きスポンサーの皆様の支援をいただくための努力をしていかねばなりませんし、さらにファンの方々との接点を強く持つことが重要になってきます」
     木村社長が存続の危機までに至らなかった事情をこう明*。
    「コミュニティボールパーク」化構想を提唱。ファンとの密接な関係を保つために様々な施策を打ち出してきた。特に2017年からは、これらの活動をスタジアム周辺から横浜地域全体に発展させた「横浜スポーツタウン構想」をスタートし地域貢献に寄与してきた。それらの活動と実績が評価され、横浜において確立したブランド力が生きたのである。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bb0e3416f9b911aaabc9a54fcdd8d395c2cfd3a4
    4/6(火) 6:33配信


    【【野球】約15億円の赤字転落…横浜DeNAはプロ野球界を襲う新型コロナ禍の経営危機をどう乗り越えるのか?】の続きを読む


    東日本国際大学(ひがしにっぽんこくさいだいがく、英語: Higashi Nippon International University)は、福島県いわき市平鎌田字寿金沢37に本部を置く日本の私立大学である。1995年に設置された。大学の略称は東日国際大いわき
    13キロバイト (1,668 語) - 2021年4月10日 (土) 13:51



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    発熱の部員が居るのに予定通り宮城に遠征は酷じゃないですかね😨
    体調が悪化したら学校側の責任になりますし😓

    1 愛の戦士 ★ :2021/04/11(日) 07:05:28.40

    読売新聞 4/10(土) 13:18

     42人が新型コロナウイルスに感染するクラスター(感染集団)が起きた東日本国際大硬式野球部(福島県いわき市)の部員が9日、読売新聞の取材に応じ、3月下旬の時点で既に体調不良者が出ていたと証言した。3月29~31日の日程で宮城県への遠征も行われ、その途中でも数人が体調を崩して宿舎の部屋で待機するよう指示されたという。大学側は取材に対し「事実関係を調査中」としている。

     証言によると、遅くとも3月下旬頃には、発熱や吐き気を訴える部員が複数人出ていたが、感染拡大で県が独自の緊急事態宣言を出していた宮城県への遠征が予定通り行われることになり、「本当に行くのか」と不安に感じたという。

     また、今月4日に最初の感染が判明する前は、体調を崩した選手に対し、市内の医院を受診するよう指示が出たという。医院では肺のレントゲン撮影は行われたが、PCR検査は実施されなかったという。

     42人の感染者のうち、学生寮に住む部員が40人を占めていて、共用スペースの食堂で朝晩の食事をとっていた。6日の同大の記者会見で、福迫昌之・野球部長は「30人ずつに分けて食事をしていた」と説明していたが、部員によると、検温役のコーチらを待たせてはいけないと、多くの部員が食事時間として設定されていた約90分の前半に集中して食堂を訪れていたという。

     「密」を避けようと、遅めに来た部員がコーチから注意をされる姿を目にしたこともあったという。

     大学側は、感染防止策として、大人数で集まる際のマスク着用や、練習場への消毒液設置などの対策を取ってきたが、一連の経緯を証言したこの部員は「対策をしていないわけではなかったが、所々で正しいものではなかったと思う」と振り返った。

            ◇

     同大野球部が所属する南東北大学野球リーグは10日に開幕するが、第2週(17、18日)まで同大の欠場が決まっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/48c927a51846fde3aac66134e22f9a2b4e37a9f9
    東日本国際大野球部が学生寮として利用している、いわき市内のマンション

    (出典 i.imgur.com)


    【野球部員「本当に行くのか」…発熱訴える部員いたのに「宣言」下の宮城へ遠征】の続きを読む

    このページのトップヘ