meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> サッカー | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー


    ドイツにおけるサッカー・ブンデスリーガ(ドイツ語: Fußball-Bundesliga フースバル・ブンデスリーガ、サッカー連邦リーグ)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグである。 1部と2部はDFL(Deutsche
    42キロバイト (2,014 語) - 2020年10月9日 (金) 17:41



    (出典 s.yimg.jp)


    ブンデスリーガに出場の日本人選手の評価ですか…
    高い評価だと良いですね!

    1 ネギうどん ★ :2020/10/19(月) 12:39:29.89

    1部、2部ともに序盤戦を終えたドイツ・ブンデスリーガ。日本人選手たちも試合に出場し、ピッチ上でプレーする姿を見せている。プレシーズンの準備を含め、ここまでの今季の日本人選手たちの評価は、どのようなものだろうか?

     ドイツ国内をはじめ、世界中でサッカー選手たちの市場価格の目安と使われているポータルサイト『トランスファーマルクト』で、日本および日本人選手を担当しているトビアス・ドライマン氏に解説・分析をしてもらった。

     ドライマン氏は、同サイトでデータスカウトおよび選手の市場価格アナリストとして活躍する一方、ドイツ国内のJリーグ放送でも日本サッカーのエキスパートとしてコメンテーターも務めている。ドイツ国内の日本人選手のアクチュアルな情報にも精通しているドライマン氏の評価は、ドイツでの日本人選手の評価を正確に反映している。

    1位 鎌田大地(フランクフルト):市場価格1200万ユーロ(14億7600万円)
    2位 堂安律(ビーレフェルト):市場価格630万ユーロ(7億7490万円)
    3位 大迫勇也(ブレーメン):市場価格300万ユーロ(3億6900万円)
    4位 遠藤航(シュツットガルト):市場価格250万ユーロ(3億750万円)
    5位 原口元気(ハノーファー):市場価格160万ユーロ(1億9680万円)
    6位 遠藤渓太(ウニオン・ベルリン):市場価格130万ユーロ(1億5990万円)
    7位 室屋成(ハノーファー):市場価格100万ユーロ(1億2300万円)
    8位 長谷部誠(フランクフルト):市場価格80万ユーロ(9840万円)
    9位 宮市亮(ザンクトパウリ):市場価格65万ユーロ(7995万円)
    10位 アペルカンプ真大(デュッセルドルフ):市場価格22万5000ユーロ(2767万5000円)

    詳しくはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b333dc52b3d34ef3deb34f369a4491c9534b21bc


    (出典 Youtube)


    【【サッカー】ブンデスリーガ日本人の市場価格トップ10。ドイツ人アナリストがガチ評価】の続きを読む


    2007年2月12日、名称が「FAプレミアリーグ」から「バークレイズ・プレミアリーグ」に変更された。 2012-13シーズンからユースリーグプレミアリザーブリーグプレミアアカデミーリーグが統合し、U-21プレミアリーグ、U-18プレミアリーグが新設した。 FAは2015年6月4日、今後プレミアリーグ
    56キロバイト (3,872 語) - 2020年10月6日 (火) 13:50



    (出典 f.image.geki.jp)


    ヨーロピアン・プレミア・リーグの計画は気になりますね!
    期待します!

    1 ゴアマガラ ★ :2020/10/20(火) 23:36:30.09

    欧州各国の名門クラブを集めてリーグ戦を行う「ヨーロピアン・プレミア・リーグ」計画が現在、話し合いの真っ只中にあるようだ。イギリス『スカイ』が20日、スクープしている。

     記事によると、ヨーロピアン・プレミア・リーグは国際サッカー連盟(FIFA)が新たに開発している新リーグ戦。
    イギリス、スペイン、ドイツ、イタリア、フランスの5大リーグから最大18チームが加盟し、グループリーグとトーナメントで年間を通して覇権を争う。

    すでに12以上のチームが創設メンバーに名乗りを上げているといい、暫定的な開幕日は2022年8月の予定。イングランドからは5クラブの参戦になる見込みで、
    その場合、「ビッグ6」と呼ばれる6クラブのうち1クラブだけが落選する形となる。

     記事ではスペインメディアの記述も引用し、ラ・リーガからはレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが参戦すると推測。
    またフランスのパリSG、イタリアのユベントス、ドイツのバイエルンも接近しているという。

    現状の計画では、参戦クラブが各国リーグを離脱するというわけではないという。
    一方、欧州サッカー連盟が主催するUEFAチャンピオンズリーグとの衝突は避けられない上、各国のクラブ間格差がさらに拡大する懸念が指摘されている。

    https://web.gekisaka.jp/news/detail/?314104-314104-fl

    (出典 f.image.geki.jp)



    (出典 Youtube)


    【【サッカー】プレミア“ビッグ5”やリーガ3強も参戦へ…英スカイが「欧州プレミアリーグ」計画をスクープ】の続きを読む


    日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英: J.LEAGUE)。 主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJ
    171キロバイト (15,774 語) - 2020年10月13日 (火) 10:52



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    コロナウイルスの影響でサッカー界も経営が困難でしょうね…
    その最中でレッズが1位は大したものです!
    でも早くウイルス終息してほしいです…

    1 ネギうどん ★ :2020/10/08(木) 09:17:12.13

     デロイト・トーマツ・グループのスポーツビジネスグループは、Jリーグに所属するJ1、J2、J3全クラブを対象に、経営面から分析した「Jリーグマネジメントカップ 2019」を発表した。その結果、J1は浦和レッドダイヤモンズ、J2はV・ファーレン長崎、J3はギラヴァンツ北九州がそれぞれ首位となった。

    経営面から分析した「Jリーグマネジメントカップ 2019」の結果は?(写真提供:ゲッティイメージズ)
     「Jリーグ マネジメントカップ」は、デロイト・トーマツが14年から発行しているランキングで、今回が5回目。20年7月に公表された55クラブの19年の財務情報などをもとに、「マーケティング」「経営効率」「経営戦略」「財務状況」の4つの視点で分析した。ランキングはそれぞれの指標となる計13のKPI(重要経営指標)を、J1、J2、J3の部門ごとに数値化し集計したもの。

     J1首位の浦和は、経営戦略分野で1位を獲得。2位の川崎フロンターレとわずか1ポイント差で2年ぶり4度目の優勝となった。浦和は入場料収入で川崎に倍近くの金額差をつけるほど、スタジアムに足を運ぶ熱心なファンが多い点が特徴。コロナ禍により各チームの集客が厳しいなか、スタジアム外でもサポーターに後押ししてもらえる仕組みを、いかに作るかが喫緊の課題となっている。

     J2首位の長崎は、マーケティング分野、財務状況分野で4位、経営戦略分野で1位タイとなったものの、経営効率分野では12位と課題を残した。20年はジャパネットたかたの創業者でもある高田明社長が退任し、後任に高田氏の長女である高田春奈氏を就任させている。Jリーグ唯一の女性社長のもと、経営効率分野をいかにして改善していくのか。今後の動向に注目が集まっている。

    phot
     J3で首位となった北九州は、マーケティング分野、経営戦略分野、財務状況分野で1位、経営効率分野で2位と全分野で好成績を収め、18年に続いて2連覇を果たした。19年のシーズンは、リーグ順位でも首位を獲得。デロイト・トーマツは「取り組んできた組織再編とマインドチェンジというビジネスマネジメントの施策の効果が具体化し、フィールドマネジメント面にもそれが波及した」と分析している。

     20年のシーズンは、新型コロナウイルスの影響により、スポンサー収入や入場料収入の確保に不安を抱えるクラブが多い。各クラブには、コロナ禍における新たな収益源の確保が求められている。

    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2010/06/news088.html


    (出典 Youtube)


    【【サッカー】Jリーグの“経営ランキング”発表 3位ヴィッセル神戸、2位川崎フロンターレ、1位浦和レッズ】の続きを読む


    アルベルトザッケローニ(伊: Alberto Zaccheroni [alˈbɛrto dzakkeˈroːni]、1953年4月1日 - )は、イタリアのサッカー指導者、元プロサッカー選手。北イタリアはエミリア=ロマーニャ州出身(メルドラ生まれ、チェゼナーティコ育ち)のイタリア人。地元や多くの国での愛称は
    32キロバイト (3,652 語) - 2020年10月17日 (土) 16:11



    (出典 f.image.geki.jp)


    ザック氏はロナウド選手よりイブラ選手が良いとしている様ですけど、どういう見方しているのでしょうか…?

    1 首都圏の虎 ★ :2020/10/21(水) 07:36:23.64

    元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、19日付のイタリア紙『イル・ジョルナーレ』のインタビューに応じて教え子であるナポリ指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾや古巣のユヴェントスなどについて語った。

    ザック氏はかつて1998年から2001年にかけてミラン指揮官を務め、1999年夏にサレルニターナから加入したガットゥーゾをレギュラーに抜てきした経験を持つ。そんなザック氏は、今シーズンのセリエAで没収試合となったユヴェントス戦を除き3勝と好成績を収めるナポリの指揮官について語った。

    「彼の良い所は、常に疑問を投げかけ続けることができる点にある。リーノ(ガットゥーゾの愛称)は、確かなものに頼らず、枠にはまらず、常にその瞬間に適応していくことができる。それに選手たちの信頼をつかむことにも非常に長けている。まるで磁石のようだよ。ナポリは重要な形でスクデット争いに絡んでいくことができるだろう」

    続いてザック氏は、自身の古巣でもある王者ユヴェントスがアンドレア・ピルロ新監督の下、シーズン序盤戦で苦戦していることに言及。その理由を指摘した。

    「プレシーズンを確保できなかった代償を払っているのだと思う。選手たちにはピルロの考えを吸収するための時間がなかった。新たな戦術の理解に苦しんでいるのだろう。試合をこなしながら身につけていかなければならないが、簡単ではないだろう」

    さらに、元日本代表監督はかねてより自身が絶賛するミランのFWズラタン・イブラヒモヴィッチに触れ、ユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウドと比較した。

    「彼は不滅の選手であり、なぜバロンドールが与えられなかったのか理解に苦しむ。イタリアサッカーのバランスを動かしたのは、C・ロナウドよりも彼なんだ。だからこそ、彼がやって来てから多くの若手選手が急成長を遂げた。ゴールを決めるだけではない。苦しい時にチームを背負い、仲間に安心感を与えてくれる存在なんだ」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8c6a5559abf673d1f844a502c7f59f821a069093

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    http://soccer-area.com/archives/4756488.html


    【【サッカー】ザック氏が持論「C・ロナウドよりイブラの方がセリエAを変えた」「ガットゥーゾは磁石」】の続きを読む


    道渕 諒平(みちぶち りょうへい、1994年6月16日 - )は、宮城県仙台市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。 仙台市立中野中学校時代からベガルタ仙台の下部組織に所属、宮城野高校を経て明治大学農学部生命科学科に進学。4年時の総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントでは決勝まで進み
    9キロバイト (1,043 語) - 2020年10月21日 (水) 05:08



    (出典 pbs.twimg.com)


    道渕選手、日本代表になる為に頑張っていますね!
    代表に決まりましたら優勝目指して頑張ってください!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/10/20(火) 07:13:20.16

    10月18日のアウェイ浦和戦に負けて、13戦未勝利となった仙台。しかも、0-6という大敗で、まさにどん底の状況だ。この試合では、バルセロナでのプレー経験もあるMFイサック・クエンカが初先発するなど、プラス要素もあった。
    そんな仙台で、ここ数試合、違いを作り出しているのがMF道渕諒平だ。道渕の魅力はなんといってもその強靭なフィジカルとそれを生かした推進力。中盤でボールを受けると、相手選手に強く寄せられてもボールを力強くキープ。また、縦への推進に入った状態で寄せられても、力強く前進できる。

     強靭なフィジカルを得るために、体幹トレーニングや筋肉増強を怠らない。コロナ禍でJリーグが中断し、練習できない時期でも、「道トレ」と称して数々のトレーニングで体を鍛えていた。たゆまぬ努力で、そのフィジカル向上に努めてきた。

     10月18日の浦和戦でも、それを如実に示す場面があった。浦和が1点リードした23分のことだ。浦和の攻撃を仙台がはね返すと、ボールはベテランディフェンダー宇賀神友弥の元に落ちる。宇賀神はそのボールをコントロールしようとするも、道渕が猛然と走ってくる。そしてそのボールを奪うと、浦和のゴールに向かって力強いドリブルを開始したのだ。

     宇賀神は元日本代表選手。ここで仙台に追いつかれては、試合の行方に大きくかかわると先を読んでいた。そこで、ファール覚悟で道渕のシャツを引っ張って止めようとした。しかし、道渕はそれでもドリブルを続ける。宇賀神は仕方なく、肩を思い切り掴んで道渕を転ばせる選択をしたのだ。このとき、浦和には元日本代表の長澤和輝らがいたが、あのスピードとフィジカルでプレーされれば、危険だという判断だった。

     笛が鳴り、宇賀神には当然、イエローカードが提示される。宇賀神は一切、抗議する素振りも見せずに自分のポジションに戻った。イエローカード覚悟のファールでなければ止められなかったのだ。

     この試合では、道渕は他にもドリブルやパスで随所に好プレーを見せた。道渕がいるかいないかで、仙台の攻撃は大きく変わる。その縦への力強い推進力を、日本代表に推す声が関係者から聞かれるほど、異彩を放っている。




    道渕はベガルタ仙台の下部組織出身だ。ジュニアユース、ユースと昇格したものの、高校卒業とともに明治大学に進学。大学サッカーでは、中心選手としてチームをけん引し、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントと関東大学サッカーリーグの優勝を果たした。

     そして2017年にJ1甲府に入団すると、ルーキーながら4試合に出場。翌年のJ2では、27試合に出場した。その活躍によって、古巣・仙台がオファー。2019年から再び杜の都でプレーすることとなった。

     2019年は、右サイドでの起用が多く、25試合出場5得点を記録。強力なミドルシュートを決めるなど、インパクトのあるゴールをサポーターに見せつけた。その活躍もあって、今年頭に行われたクラブの「2020ユニフォーム総選挙」では見事に3位という結果に。クエンカ、主将シマオ・マテに次ぐ3番目のユニフォーム売り上げを達成した。

     今年はシーズン序盤に負傷するなどして、ここまで13試合に出場している。得点はまだ「1」。しかし、その1点は首位・川崎から奪った価値あるものだ。9月20日のアウェイFC東京戦からはコンスタントに出場しており、C大阪から5試合連続で先発出場を果たすなど、疲れ知らずの体力も見せている。

     サッカーだけでなく、PCのプログラミングにも挑戦しているほか、自身のファッションブランドにも挑戦。「F.C18」のロゴがついたパーカーは、即完売という人気ぶりだ。

     13戦未勝利と厳しい状況にある仙台だが、そこから這い上がるためには道渕諒平の推進力は欠かせない。杜の都だけでなく、日本中を驚かせる日も近いはずだ。




    https://news.yahoo.co.jp/articles/a5f7f19f84337e1dda6e6e3373c69fb4729e3bce




    10/19(月) 16:16配信

    131
    この記事についてツイート
    この記事についてシェア



    (出典 www.jleague.jp)

    https://www.vegalta.co.jp/vpress_online/ba*number2019/2019_vol05/images/new/vol05-newcomer-top02.jpg

    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    MF道渕 諒平
    フリガナミチブチ リョウヘイ
    背番号18
    身長/体重177cm/74kg
    生年月日1994年6月16日
    出身地宮城
    血液型O
    13試合1得点

    https://futabanet.jp/soccerhihyo/articles/amp/82644?page=4


    【【サッカー】日本代表も視野に! J1仙台・道渕諒平「イエローカード覚悟のファールじゃなきゃ止められない強靭フィジカル」】の続きを読む

    このページのトップヘ