meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> サッカー(4ページ目) | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー


    ACLグループステージに出場するため、グループステージ・プレーオフステージは免除され、プライムステージからの出場。 FC東京と鹿島アントラーズはACLプレーオフラウンドに出場するため、ACLプレーオフラウンドに勝利してACLグループステージに進出した場合にグループステージ・プレーオフ
    10キロバイト (992 語) - 2020年1月27日 (月) 06:49



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    残念ですね…
    また、他の試合に頑張ってください。

    1 久太郎 ★ :2020/01/28(火) 20:52:30 ID:T8J0B43K9.net

    ザーゴ新体制の鹿島、4年ぶりに本戦出場を逃す
     AFCチャンピオンズリーグ2020(ACL)は28日に東地区のプレーオフが開催。昨季の明治安田生命J1リーグで3位だった鹿島アントラーズがホームでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と対戦した。

     アントニオ・カルロス・ザーゴ新監督初陣となる鹿島は、新戦力6人がスターティングメンバー入り。最終ラインに奈良竜樹(←川崎F)、両サイドバックに広瀬陸斗(←横浜FM)、永戸勝也(←仙台)が入り、新外国籍助っ人のファン・アラーノ(←ケレタロ/メキシコ)と和泉竜司(←名古屋)がサイドハーフに据えられた。そして注目の最前線には生え抜きの土居聖真と、こちらも新戦力のエヴェラウド(←インテルナシオナル/ブラジル)がスタメン入りを果たした。

     対するメルボルンは、今季のオーストラリア・Aリーグで8勝3分4敗の2位に位置。1月に入ってからはリーグ戦で4試合無敗と好調を維持している。鹿島戦の先発には、元浦和のアンドリュー・ナバウトや欧州経験豊富な豪州代表FWロビー・クルーズ、元デンマーク代表のヤコブ・ポウルセンらが名を連ねた。また、サブには長身FWのオラ・トイボネンも控える。

     雨が降りしきるカシマスタジアムでスタートした一戦。シーズン真っ只中のメルボルンに対し、新シーズン初の公式戦となる鹿島ということもあり、メルボルンが序盤にペースを握ったが、鹿島も17分に新加入エヴェラウドのポストプレーから和泉がダイレクトボレーを放つ。これは相手GKのファインセーブに遭ったが、ひとつ見せ場を作った。

     鹿島はその後も中盤のレオ・シルバを起点に長短織り交ぜたパスでメルボルン陣内へと攻め込む。両サイドバックの永戸と広瀬が高い位置を取り、攻勢に出たものの結局前半は決め手を欠いてスコアレスで終了した。

     後半に入ると流れは再びメルボルンへ。51分にドリブルでカットインしたナバウトが強烈な右足シュートを放つ。これはGKクォン・スンテが右手一本ではじき出したが、鹿島にとっては肝を冷やす場面だった。

     しかしその3分後、再びナバウトにボールが渡ると、今度はPA手前左から左足を一閃。シュートブロックに入った奈良に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。鹿島は先制を許す苦しい展開となってしまった。

     1点を追う鹿島は67分に広瀬のクロスに和泉が合わせるが、コースが甘くGK正面に。今度は70分に左サイドの永戸が低いクロスを送ると、これがDFに当たってゴール方向へ向かったが、GKにストップされて得点には至らず。

     鹿島は72分に和泉を下げて白崎凌兵、77分にレオ・シルバに代えて伊藤翔と攻撃的なカードを切るも、メルボルンの粘り強い守備に苦戦。最後までゴールを奪えず、ホームでメルボルンに0-1と完封負け。2018年のアジア王者であり、ACL常連であった鹿島が4年ぶりにACL本戦出場を逃している。

    ■試合結果
    鹿島アントラーズ 0-1 メルボルン・ビクトリー

    ■得点者
    鹿島:なし
    メルボルン:アンドリュー・ナバウト(54分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-00010034-goal-socc


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【鹿島がまさかのACLプレーオフ敗退…】の続きを読む


    アルベルト・ザッケローニ(伊: Alberto Zaccheroni [alˈbɛrto dzakkeˈroːni]、1953年4月1日 - )は、イタリアのサッカー指導者、元プロサッカー選手。北イタリアはエミリア=ロマーニャ州出身(メルドラ生まれ、チェゼナーティコ育ち)のイタリア人。地元や多くの国(日本を含む)での愛称として
    32キロバイト (3,648 語) - 2019年12月6日 (金) 01:56



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    セリエAは強さを維持してほしいですね。
    頑張ってください。

    1 Egg ★ :2020/01/27(月) 21:58:01.20 ID:63F5Zc/z9.net

    元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、イタリアラジオ『TMW Radio』のインタビューに応じ、セリエAなどについて語った。

    過去にユヴェントスやインテルなどビッグクラブの指揮官を歴任し、ミランではスクデットを獲得した経験を持つザッケローニ氏。そんなザック氏が今シーズンのセリエAにおける優勝争いについて自身の見解を示した。

    「ユーヴェが本命であることに変わりはない。ナポリが途中で脱落し、インテルもポイントを取りこぼし始めた。ラツィオはコッパ・イタリアから敗退。期待に応えることができなかったが、素晴らしい成績を残す可能性はある。それでもユーヴェが他のどのチームよりも実力がある。ただカルチョには不確定要素がつきまとう。サプライズが起きるかもしれないね。ユーヴェの覇権が終わることで、リーグにより関心が寄せられるようになるだろう」

    「インテルについては現在、中盤の選手の得点が少ないように思う。(アシュリー)ヤングや(ヴィクター)モーゼスを獲得し、両サイドの補強に努めている。(アントニオ)コンテはチェルシー時代にもモーゼスを配下に持ったが、あの時はスペースがなかった。これからモーゼスが貪欲な姿勢で実力を示すことができるか見守りたい。ファンは一定のレベルの選手を待ち望んでいる。素晴らしい貢献ができると良いね。セリエAは再び世界で最難関リーグになったのではないかと思う」

    続いてザッケローニ氏は、低迷していたミランに変革をもたらした新加入のFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて言及。38歳のスウェーデン人FWを絶賛した。

    「リーダーシップを発揮し、チームに平静をもたらした。イブラは偉大なプロフェッショナルだ。かつてのような運動量はないが、決定力は健在だ。彼がバロンドールを受賞したことがないなんて恥ずべきこと。行く先々で優勝した選手であり、重要な局面で均衡を動*ことができるという点では、(リオネル)メッシや(クリスティアーノ)ロナウドにも勝る。彼ほど何度も移籍を経験し、様々なリーグで優勝を重ねてきた選手はいない。スペインは最も難しいリーグではない。イタリアには他にはない戦術という要素がある。C・ロナウドはやって来たばかりだが、イブラはここで長年プレーし、優勝してきた」

    1/27(月) 19:42配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00010029-goal-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【ザッケローニ氏が持論!】の続きを読む


    本田 圭佑(ほんだ けいすけ、1986年(昭和61年)6月13日 - )は、大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。サッカー指導者。日本の実業家。サッカークラブ経営者。ポジションはFW・MF。元日本代表。カンボジア代表監督・GM。 オランダ・ロシア・イタリア・メキシコ・オーストラリアなど様々な国のクラ
    124キロバイト (14,504 語) - 2020年1月25日 (土) 14:19



    (出典 soccer-time.net)


    本田選手は、いろいろ名言言いますね。
    批判がでなければ良いけど…

    1 Egg ★ :2020/01/22(水) 12:11:04 ID:bnjHpy2e9.net

    サッカー元日本代表の本田圭佑が22日、ツイッターを更新し、匿名の寄付について「偽善とか売名とかいうけど、むしろ良いことなら偽善とか売名は積極的にどんどんしろ!」との持論をつぶやいた。

     本田は日本財団に送り主不明の1億円を超える寄付金が届いたというニュースを添付。その記事によると、宅配便で届いた寄付金には災害復興支援特別基金に使って欲しいという手紙が添えられていたという。

     このネットニュースを添付した本田は「日本ではこういう人をもっと徹底して評価するべきで、こういう名前を隠して寄付する美学はなくさせないといけない。世の中の為に良いことしてるのに名前を隠す必要はない」と、匿名の寄付=美徳などとする日本の風潮に異議を唱えた。

     だが、寄付をアピールする人に対し「偽善」「アピール」などの批判が起こることもある。これに対し本田は「寄付を公表する人に対して、偽善とか売名とかいうけど、むしろ良いことなら偽善とか売名は積極的にどんどんしろ!」と訴え。

     これには「良い偽善はただの善」「やらない善よりやる偽善」「日本の有名人はもっと売名行為に励んで欲しいよ」「偽善でも売名でもいいので寄付することで助かる人がいるのであれば良いこと」など賛同の声が相次いで寄せられていた。

    1/22(水) 11:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000047-dal-socc


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【本田圭佑、匿名寄付に持論!】の続きを読む


    田嶋 幸三(たしま こうぞう、1957年11月21日 - )は、熊本県出身の元サッカー選手、元サッカー日本代表。サッカー指導者。現在、日本サッカー協会会長(JFA初の会長選挙で当選)及びアジアサッカー連盟(AFC)理事。JFAアカデミー福島初代スクールマスター。
    15キロバイト (1,940 語) - 2020年1月16日 (木) 23:04



    (出典 ironna.jp)


    これからも大変だけど会長中心に強いチームにして東京五輪で金メダル獲得頑張ってください。

    1 Egg ★ :2020/01/25(土) 16:21:57 ID:cN20nS7U9.net

    日本サッカー協会は25日、東京・文京区のJFAハウスで臨時評議員会を開き、新会長投票を実施した。今回は、単独出馬した田嶋幸三・現会長(62)の信任投票となり、続投が決まった。

    各都道府県サッカー協会代表やJ1クラブ代表、関連団体代表ら75人で構想される評議員の投票で、64人が出席し、出席者全員の賛成で承認された。

    田嶋氏は「感謝と、次にやることを伝えてきて認められた。身が引き締まる。日本のサッカーのために前に進みたい。オリンピック、W杯2次予選、最終予選にしっかり勝ちたい」と話した。同氏は次期会長候補者から会長予定者となり、3月の評議員会をへて行われる新理事会で、正式に会長就任となる。

    1/25(土) 14:49配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-01250303-nksports-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【日本サッカー協会、田嶋幸三会長の続投決定!64人全員賛成】の続きを読む


    ダビド・ホスエ・ヒメネス・シルバ(David Josué Jiménez Silva, 1986年1月8日 - )は、スペイン王国カナリア諸島出身のサッカー選手。プレミアリーグのマンチェスター・シティFC所属。ポジションは主にMF(オフェンシブハーフ、サイドハーフ)。
    35キロバイト (2,479 語) - 2019年10月5日 (土) 05:07



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    かなり調子の良い選手獲得を狙いますね。
    チーム貢献期待します。

    1 久太郎 ★ :2020/01/22(水) 17:48:02 ID:0znZWTRp9.net

     J1神戸の次なる大物補強は誰になるのか。昨季限りで元スペイン代表FWダビド・ビジャ(38)と元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が退団。2人がつけていた7番と10番を空き番として、助っ人の補強に動いている。

     そんな中、獲得候補に挙がっているのは、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)だ。複数の現地メディアが今夏で契約が切れるシルバの神戸行きを報じているが、米メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミへの加入も取りざたされており、その動向が注目される。

     さらにシルバに加えて他のビッグネームも浮上。欧州事情に詳しい代理人は「ドリース・メルテンス(32=ナポリ)やフアン・マタ(31=マンチェスター・ユナイテッド)、ナセル・シャドリ(30=アンデルレヒト)あたりは、条件次第で日本に来る可能性があるようだ」と指摘する。

     メルテンスとシャドリはともにベルギー代表で2018年ロシアW杯の日本戦でも活躍した。シャドリは同戦で決勝ゴール。イタリアで活躍中のメルテンスは契約満了で今季限りの退団が確実とされている。シャドリはレンタル移籍中だが、すでに所属元のフランス1部モナコでは構想外で、来季に向けて去就は流動的だ。

     J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)とともに10年南アフリカW杯優勝メンバーのマタはマンチェスターUで控えとなり、今オフは放出要員になる見込み。いずれの選手も実力者とあって欧州各クラブも関心を寄せるが、高年俸が期待できるアジア移籍も視野に入れているという。
     大物路線がまだまだ続きそうな神戸から目が離せない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00000022-tospoweb-socc


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【ビジャ、ポドルスキが抜けた穴を埋めるのは?】の続きを読む

    このページのトップヘ