meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> アナウンサー・キャスター・記者など | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > アナウンサー・キャスター・記者など


    笠井 信輔(かさい しんすけ、1963年(昭和38年)4月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビエグゼクティブアナウンサー。 オールラウンド所属。 人形劇団「太郎座」の座員から市役所勤めの公務員となった人物を父に、主婦となった女性を母に、東京都世田谷区で誕生。祖父は劇作家・脚本家…
    25キロバイト (3,004 語) - 2024年1月31日 (水) 05:54
    タクシーの配車に迎車料とアプリ使用料が追加されるのは、なんだか理解しがたいですね。特にホテルの玄関で呼ぶ場合に迎車料が必要というのは、なんとも納得できません。利用客がホテルに滞在するために支払っている宿泊料金には、このような追加料金は含まれていないはずですから、考え直してほしいです。

    1 冬月記者 ★ :2024/02/13(火) 20:36:24.03 ID:Xgfew9rX9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/debe17495686ffd8cad28a0fd31a80b914c158ff

    笠井信輔アナ ホテルでのタクシー配車サービスへの“疑問”投稿「やっぱりちょっと」に意見さまざま

     元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(60)が12日、自身のインスタグラムを更新。ホテルでのタクシーの配車にまつわる疑問を投稿し、反響を呼んでいる。

     「少し前に友人から聞いた話です」と前置きしたうえで「東京駅近くの有名なホテルで食事をした後、タクシーに乗ろうと思ってホテル1階の車寄せに行ったところ、なかなかタクシーが来ない 困っていると玄関のホテルマンが『タクシーお呼びしますよ』優しく声をかけてくださいました しばらくすると、タクシーがやってきて 感謝しながら、そのタクシーに乗ったのです」と経緯を説明。「が!問題はタクシーを降りた時でした『少し高いな』と思って、領収書を見ると なんですと! 運賃に迎車料金とアプリ使用料金が追加されていたのです」とつづった。

     「友人は何もしていません ホテルの方がタクシーを ホテル玄関に手配してくれました」と強調しつつ「これに関しては、私も少々疑問に思いました」とした。

     「まず、ホテルの玄関でタクシーを呼ぶ場合 迎車料金が必要なのでしょうか?これまで私は払った事はありません(たぶん)」と笠井アナ。「おそらく、このホテルマンの方は『タクシーアプリ』でタクシーを呼んでくださったのです それを客である友人に無断でやったところが問題なのかなと思うのですが 友人は釈然としない様子でした」と記した。

     「ただ、もし*ると、これだけタクシーアプリが一般的になって、ホテルのタクシー配車業務ってこんなふうに変わってきたのかなと、私がついていってないのかもしれません」と理解を示しつつも「ただ、やっぱりちょっと疑問に思うのです ホテルの方にやってもらわなくても、タクシーアプリは自分で使えますからね 皆さんそんな経験ありますか?」と投げかけた。

     この投稿に、フォロワーからは「地域によって、ハイヤー的なタクシー会社はいくつか存在するかと思います」「迎車すると聞いたら、私は迎車料金が発生すると思っています」「ホテルの人にタクシーを呼んでもらって、迎車料金が発生して、お客さんが怒るのは日本だけな気がします」

     「経験上、そう言ったことは記憶にないです」「迎車料金がかかると言われ、過去にビックリした記憶があります」「疑問に思ったのなら、正直にホテルに確認した方が良いと思います」「それはアプリで呼んだとか説明をするべきですよね」などさまざまな意見が寄せられている。

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1707780902/

    【ホテルでのタクシー配車に隠れた費用が!運賃に迎車料とアプリ使用料が追加されていた驚きの事実】の続きを読む


    麻琴(ほし まこと、1991年 - )は、NHKのアナウンサーである。 1991年9月に東京都で生まれる。慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学、それぞれを卒業する。 大学時代はアミューズに所属してタレントとして活動した。アナウンサーを志してテレビ朝日アスクへ通い、TBSテレビを受験するも不採用となる。…
    11キロバイト (1,230 語) - 2024年2月6日 (火) 21:07
    星麻琴アナの内定は素晴らしいニュースです!彼女は美しいだけでなく、優れたキャスティング能力を持っていることが知られています。和久田アナの後任として、彼女が『ニュースウオッチ9』のメインキャスターにふさわしいと思います。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/02/10(土) 16:50:10.90 ID:h/HWdBS+9
    2024.02.09 21:10  NEWSポストセブン

     第2子妊娠中であることが明らかになったNHKのエース、和久田麻由子アナ(35)。これまで多くの“ポスト和久田”候補が取りざたされてきたが、ダークホースが躍り出た。星麻琴アナ(33)が新年度より『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに内定したことが、『NEWSポストセブン』の取材でわかった。

     月~金曜日の21時台に生放送しているNHKの看板ニュース番組『ニュースウオッチ9』では、今年度中に退職する見込みの青井実アナ(43)が1月に降板して以降、田中正良キャスター(56)と林田理沙アナ(34)の2人でメインを担当してきた。新年度となる4月より、その体制がリニューアルされるという。NHK関係者が明*。

    「林田アナは土曜日の『サタデーウオッチ9』に移り、星麻琴アナが『ニュースウオッチ9』を担当することが内定しました。星アナは同番組で現場リポーターを約3年間務めた経験があるほか、当時メインキャスターだった和久田アナの代役を担当したこともあり、視聴者にとっても馴染み深い存在と言えるでしょう」

     星アナは慶應義塾大学を卒業後、2014年4月にNHKに入局。岡山放送局、札幌放送局を経て、2019年3月から東京アナウンス室へ。ニュース番組に加えて、『六角精児の呑み鉄本線・日本旅』や『神田伯山の これがわが社の黒歴史』のナレーションなど多彩な仕事をこなし、2022年4月から『日曜討論』の司会も担当している。

     また、現在は『ひるおび』と『情報7daysニュースキャスター』(どちらもTBS系)のコメンテーターを務めるフリーアナウンサー・三雲孝江(69)の娘としても有名だ。 

    「安定感のあるアナウンスは局内でも高く評価されており、母親を笠に着るようなところのない気さくな人柄もウケがいい。さらにタレント活動の経験があってルックスも申し分なしと、三拍子そろった存在です。

     三雲アナの古巣であるTBSの採用試験も受けたものの、“親子での入社はなし”という会社の考え方で不採用になったそうです」(前出・NHK関係者)

    『ニュースウオッチ9』のメインキャスター就任をきっかけに、星アナが大躍進を遂げそうだ。

    「能力の高さゆえに、良くも悪くも便利屋扱いされているようなところがありましたが、今回の抜擢によって“ポスト和久田”の本命に浮上する可能性もあります。同じ岡山放送局出身ということで、和久田アナも目をかけているようです」(前出・NHK関係者)

     なお、NHKに問い合わせたところ、「新年度のキャスターについては、決まり次第発表いたします」との回答だった。

    「絶対エース」と言われる和久田アナの後継となれるか、注目だ。

    https://www.news-postseven.com/archives/20240209_1940673.html?DETAIL

    (出典 www.news-postseven.com)

    【『ニュースウオッチ9』次期メインキャスターに星麻琴アナが内定!注目の美人娘がポスト和久田を継ぐ!】の続きを読む

    2021年7月22日閲覧。 JRTアナウンサーズ 豊成 春子 豊成春子 (@haruko_toyonari) - X(旧Twitter) 豊成春子 (@haruko_jrt) - X(旧Twitter) 豊成春子 (@haruko_._._) - Instagram 豊成春子 (@haruko_jrt) - Instagram…
    3キロバイト (202 語) - 2023年12月2日 (土) 17:25



    この恵方巻、見た目が本当に素晴らしいですね!徳島ってこんなにオシャレな恵方巻を作っているんですね。食べるのがもったいないくらい美しいです。

    【徳島の新たな節分スタイル!驚きの恵方巻をご紹介!】の続きを読む


    賢鎮(ぺ・ヒョンジン、朝鮮語: 배현진、1983年11月6日 - )は、国民の力所属の大韓民国の政治家。政治家となる以前は韓国文化放送(MBC)所属の看板アナウンサーだった。 忠清南道礼山郡挿橋邑出身。2002年、安山東山高等学校(朝鮮語版)を卒業する。 2006年に淑明女子大学校国語国文学科、…
    12キロバイト (1,517 語) - 2024年1月25日 (木) 10:35
    この事件は非常に悲しいです。議員としての彼女の努力と才能を尊重しなければなりません。暴力は絶対に許されるべきではありません。

    1 ばーど ★ :2024/01/25(木) 19:25:32.56 ID:IcKfG4hx
    韓国・ソウルで25日、元アナウンサーの女性国会議員が路上で頭を殴られ、病院に搬送された。

    韓国メディアによると、被害に遭ったのは韓国与党「国民の力」に所属する裵賢鎮(ペ・ヒョンジン)議員で、午後5時ごろ、ソウル市内の路上で見知らぬ人物に後頭部を殴られた。

    裵議員は血を流して病院に搬送されたが、命に別条はないという。

    当時、犯人は裵議員に本人であるかを尋ねた後、こぶし大の石で襲ったということで、現場で警察に逮捕された。調べに対し「自分の年齢は15歳だ」などと主張していて、警察が犯行の動機などを詳しく調べる方針。

    韓国では2日、最大野党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)代表が首を刺される殺人未遂事件も起きていて、4月の国会議員総選挙を前に政治家への襲撃が相次いでいる。

    FNN 2024年1月25日 木曜 午後7:09
    https://www.fnn.jp/articles/-/648152

    (出典 fnn.ismcdn.jp)

    【韓国元アナウンサー、路上で暴行を受け緊急搬送!犯人は驚きの主張とは?】の続きを読む


    上重 (かみしげ さとし、1980年5月2日 - )は、日本テレビアナウンサー。 身長181cm。大阪府八尾市出身。 小学2年から野球を始め、小・中ともに全国大会優勝を経験した。中学時代はボーイズリーグの「八尾フレンド」で平石洋介とチームメイトとなり、共にPL学園高校へ進学した。…
    18キロバイト (2,355 語) - 2024年1月21日 (日) 17:52
    上重アナの退社、本当に驚きました。彼の的確で明るいキャスティングは常に視聴者を魅了していました。フリーとしての活動も楽しみですね。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/01/22(月) 02:10:49.14 ID:Kxgo1Nh39
    2024年1月22日 2時0分

     日本テレビの上重聡アナウンサー(43)が、3月末で同局を退社することが21日、分かった。4月からはフリーアナに転身する。元甲子園球児というキャリアを武器に、プロ野球や箱根駅伝など主にスポーツ実況で確かな実力を発揮してきたが、退社後はスポーツのみならず、情報・バラエティーなど幅広い分野にも活躍の幅を広げていく意向。同局では藤井貴彦アナ(52)も今春退社することが明らかになったばかり。男性アナの勢力図が大きく変わりそうだ。

     入社21年目のベテランアナウンサーが退社を決意した。関係者によると、上重アナはスポーツ取材を通じて触れたアスリートの挑戦する姿に刺激を受け、自らも組織を飛び出して新境地で戦うことを決意。正式な人事の内示が出るまでは極秘に進めているが、ごく近しい知人などには退社の意向を伝えている。当面はフリーで活動をしていくとみられる。

     昨シーズンの巨人開幕戦の実況を担当するなど、落ち着いた低いトーンの発声で、日テレのスポーツ中継には欠かせない存在だが、同時に「シューイチ」の街ロケなどで見せる、軽妙な進行さばきにも定評がある。退社後は、ライフワークとしているスポーツ関連の仕事はもちろん、情報・バラエティー、ラジオなど仕事の幅を広げ、貪欲にチャレンジしていく決意のようだ。

     「エース」という愛称で呼ばれる上重アナは、入社前から話題を集めてきた異色のアナウンサー。小学校から大学まで野球に熱中し、PL学園時代は甲子園大会に3度出場。98年の夏の甲子園ではエース投手として“平成の怪物”松坂大輔(現・野球解説者)擁する横浜と延長17回の死闘を繰り広げた一戦は、今もなお伝説の試合として甲子園ファンの間で語り継がれている。

     立大に進学後も、2年時秋の東京六大学リーグ戦で36年ぶり2人目の完全試合を達成するなど投手の柱として活躍したが、野球の道には進まず、アナウンサーに転身。日テレ入社後はスポーツ実況を軸に「ズームイン! サタデー」の5代目総合司会を務めるなど情報番組でも活躍した。

     日テレの男性アナウンサーとしては、上重アナの先輩にあたる藤井アナのフリー転身が明らかになったばかりだが、2人の退社に関連性はなく、タイミングが偶然重なっただけのようだ。近くNHKの青井実アナ(43)が退職することも明らかになっており、ベテランの男性アナのフリー転身が相次いでいる。春からは男性アナウンサー界に新しい風が吹きそうだ。同局はスポーツ報知の取材に「人事の詳細についてはお答えしておりません」とコメントしている。

     ◆上重 聡(かみしげ・さとし)1980年5月、大阪・八尾市生まれ。43歳。立大コミュニティ福祉学部卒業後の2003年に日本テレビに入社、同期に鈴江奈々アナ、右松健太氏(現・報道局記者)、森麻季(現・フリー)ら。「DON!」「ズームイン!サタデー」「スッキリ」「バゲット」などを経て、現在は「シューイチ」「DayDay.」(ナレーション)出演中。著書に「20年目の松坂世代」など。身長181センチ。右投右打。

    https://hochi.news/articles/20240121-OHT1T51284.html?page=1

    【上重聡アナ、3月末で日テレ退社!藤井貴彦アナに続きフリー転身への動きが注目される】の続きを読む

    このページのトップヘ