meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> アナウンサー・キャスター・記者など | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > アナウンサー・キャスター・記者など


    森保監督、スペイン戦前日会見で「会場に衝撃が走った」言葉 フジ西岡アナ明かす「答えはまさかの…」


    森保監督、スペイン戦前日会見で「会場に衝撃が走った」言葉 フジ西岡アナ明かす「答えはまさかの…」
     フジテレビの西岡孝洋アナウンサー(46)が3日、同局アナウンサーの公式インスタグラムを更新。サッカーFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会を戦…
    (出典:スポニチアネックス)


    西岡 孝洋(にしおか たかひろ、1976年2月13日 - )は、フジテレビのエグゼクティブアナウンサー。 佐賀県佐賀市出身。佐賀県立佐賀西高等学校(同校ハンドボール部ではキャプテンを務めた。また、生徒会長も務めた。)卒業。慶應義塾大学法学部に入学、卒業後、1998年入社。同期入社は荒瀬詩織、島田彩夏、八馬淳也。…
    5キロバイト (468 語) - 2022年11月5日 (土) 01:23


    スペイン戦の前日、会場に衝撃が走ったのは最もですかね😳
    強豪国との対戦でしたからね⚽️
    クロアチア戦頑張ってください⚽️

    【森保監督、スペイン戦前日会見で「会場に衝撃が走った」言葉 フジ西岡アナ明かす「答えはまさかの…」】の続きを読む


    遠藤 玲子(えんどう れいこ、1982年4月29日 - )は、フジテレビのエグゼクティブアナウンサー。 丸紅勤務の父親の駐在時、ベネズエラ・カラカスで誕生。小学生時代を米国・テキサス州ヒューストンで過ごしたのち、中学生時は日本に帰国。千葉県に在住して普連土学園中学に在籍した。…
    12キロバイト (1,591 語) - 2022年8月31日 (水) 05:46
    遠藤アナが7年ぶりに復帰ですか😳
    これからも頑張ってください📺️
    ドイツ移住していたのですか😳
    ドイツ負けましたけどね😅

    1 伝説の田中c ★ :2022/11/22(火) 22:01:37.80ID:UPDNzJ5/9
     今年4月に7年ぶりにアナウンサー職に復帰したフジテレビ遠藤玲子アナ(40)が、20日までにインスタグラムを更新。サッカーワールドカップカタール大会開幕を前に、“サッカー愛”を語った。

     遠藤アナは「いよいよFIFAワールドカップが開幕しますね!」とつづり、スタンド席で推しのチームを応援する姿を投稿。子供たちとスタジアムを訪れる様子もアップし「もともと野球派だった私ですが、ドイツに5年住んだおかげで、サッカーも負けないくらい好きになりました」とコメントした。

     遠藤アナは15年に第2子出産のため産休入り。その後、子供が小学校入学まで育児に専念できる同局の制度を利用し、夫の転勤に同行する形で5年ほどドイツで暮らした。写真はドイツで撮られたもので「特にドイツ1部のチーム、ボルシア・メンヒェングラートバッハは、日本代表の板倉滉選手が加入する前から大好きで、この夏の新加入のニュースは、息子たちと飛び跳ねるほど嬉しかったです 我がチームへの愛は、語り始めると止まらないので、このくらいで」と愛を爆発させた。

     23日には日本の初戦となるドイツ戦を控える。遠藤アナは「もちろん日本代表を全力で応援しますが、ボルシアMGのホフマン選手だけは、こっそり応援します」とちゃめっ気も交えた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f7323aaeb9076b8c15cc0cdc3aa49ecf49656b08

    【【芸能】フジ遠藤玲子アナ“サッカー愛”爆発 きっかけはドイツ移住「特にドイツ1部ボルシアが大好き」】の続きを読む


    高島 宗一郎(髙島 宗一郎、たかしま そういちろう、1974年11月1日 - )は、日本の政治家、元アナウンサー。福岡県福岡市長(3期)。 大分県大分市生まれ。父は元大分放送アナウンサー(元社長室長)の高島一郎。母方の祖父は元豊後高田市長の倉田安雄。また親戚に元日本テレビアナウンサーの小林完吾がいる。…
    53キロバイト (7,054 語) - 2022年11月20日 (日) 01:44
    高島市長、4回目当選ですか😳
    福岡市政を良くする為に頑張ってください💡

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/11/20(日) 20:03:23.58ID:gjWR3xkm9
    2022年11月20日 20時01分 選挙

    現職と新人の3人による争いとなった福岡市長選挙は、無所属で現職の高島宗一郎氏(48)の4回目の当選が確実になりました。

    福岡市長選挙の投票は、午後8時までに締め切られました。
    NHKの事前の情勢取材や20日投票を済ませた有権者を対象に行った出口調査では、無所属で現職の高島氏が、立憲民主党、国民民主党、社民党が推薦した元市議会議員の田中慎介氏ら新人2人を大きく引き離して極めて優勢です。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221120/k10013897841000.html

    【福岡市長選 現職の高島宗一郎氏 4回目の当選確実】の続きを読む


    梅村 みずほ(うめむら みずほ、1978年(昭和53年)9月10日 - )は、日本の政治家、元フリーアナウンサー・タレント。日本維新の会所属の参議院議員(1期)。 タレントとしては桜 みずほ(さくら みずほ)名義で活動していた。 愛知県名古屋市生まれ。富山県立呉羽高等学校卒業。2001年3月、立命…
    17キロバイト (2,358 語) - 2022年11月12日 (土) 16:12
    梅村議員、親が宗教の信者で酷い事になっているのですか😨
    親が宗教から脱退出来たら良いですけどね😓

    1 少考さん ★ :2022/11/19(土) 02:02:18.26ID:HYs8zrDD9
    維新梅村みずほ氏、宗教2世告白 「厳しい規律、子に苦痛」訴え | 共同通信
    https://nordot.app/966349290428252160

    2022/11/18
    Published 2022/11/18 23:48 (JST)
    Updated 2022/11/19 00:04 (JST)

     日本維新の会の梅村みずほ参院議員は18日の参院本会議で、自身が宗教団体の信者を親に持つ「宗教2世」で、家庭崩壊に苦しんできたと告白した。「今も傷が癒えることはない。厳しい規律に縛られ、親にコントロールされる生活は緩慢な拷問とも言うべき苦痛を子どもたちに与える」と述べ、虐待を受けた宗教2世への救済を求めた。

     民法改正案の質疑で登壇した梅村氏は、自身が小学5年の頃に母親が入信したと説明。「親の愛情が自分から離れ、心の隙間から人がマインドコントロールされていく過程をつぶさに見てきた」と語った。加藤勝信厚生労働相は「救済が着実に図れるようにする」と答弁した。

    【維新梅村みずほ氏、宗教2世告白 「厳しい規律、子に苦痛」訴え (共同)】の続きを読む


    辛坊 治郎(しんぼう じろう、1956年4月11日 - )は元読売テレビアナウンサー、元ニュースキャスター、シンクタンク経営者、YouTuber。報道局局長待遇解説委員長。妻は元読売テレビ報道局報道部記者で現・ラジオパーソナリティの西岡香、実兄は株式会社大阪綜合研究所代表で元住友ファイナンスエイシア代表取締役社長の辛坊正記。…
    64キロバイト (9,525 語) - 2022年11月6日 (日) 12:54
    辛坊氏は意外にも葉梨法相の肩をもつ(❓️)方ですか😳
    結局葉梨法相は辞任になりますけどね😓

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/11/10(木) 19:59:03.52ID:e2c2+07o9
    2022年11月10日 18:10
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/10/kiji/20221110s00041000541000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     キャスター辛坊治郎氏(66)が10日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「辛坊治郎ズーム そこまで言うか!」(月~木曜後3・30)に生出演し、政治家の失言について私見を語った。

     葉梨康弘法相が9日、都内の会合で「だいたい法相は朝、死刑(執行)のはんこを押す。昼ニュースのトップになるのはそういう時だけという地味な役職だ」と述べたことに、与野党から批判の声が上がっている。葉梨氏は10日、自身の発言を謝罪した。

     野党からは辞任を求める声も上がったが、辛坊氏は「政治家の悪意のない失言を、言葉尻をとらえて大騒ぎして辞任に追い込むみたいな、私大嫌いなんですよ」と、自身の見解を口にした。その上で、葉梨氏の発言については「今回、言っていることはその通りですからね」とぶっちゃけた。

     辛坊氏は閣僚の中での法相のポジションについて、持論を展開した。「誰でも務まるポジションに、2期参議院で当選した人を充てとけよという時に、一番使われがちなのが法務大臣というところ」。さらに「過去、法務大臣って失言の人が多くて。ある法務大臣は“言葉は2つ覚えておけばいいんです。一つは、個別事案についてはお答えを差し控えます。もう一つは、法と証拠に基づいて適切にやっていきます。この2つを覚えておいたら全部に対応(できる)。法務大臣は言葉を2つしゃべれれば十分です”って。それを言った大臣はクビになりましたけど、さすがにね」と、10年に失言で法相を辞任した柳田稔氏に言及した。

    【【ラジオ】辛坊治郎氏 葉梨法相の「死刑のはんこ」発言に私見「言葉尻をとらえて大騒ぎは大嫌い」】の続きを読む

    このページのトップヘ