meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> プロボクサー | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > プロボクサー


    小西 伶弥(こにし れいや、1993年7月16日 - )は、日本の元プロボクサー。兵庫県神戸市出身。元WBOアジアパシフィックライトフライ級王者。第28代日本ミニマム級王者。真正ボクシングジム→SUN-RISE BOXING GYM所属。 中学卒業直前にボクシングを始め、長谷川穂積に憧れて真正ボクシングジムに入門した。
    14キロバイト (1,720 語) - 2021年3月22日 (月) 16:11



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    小西選手、引退ですか😳
    残念ですけどお疲れ様でした🥊

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/31(水) 11:44:25.94


    3/31(水) 11:39配信
    スポニチアネックス

    小西伶弥

     日本ボクシングコミッションは31日、元日本ミニマム級、WBOアジアパシフィック・ライトフライ級王者の小西伶弥(27=サンライズ)の引退を同日付で公示した。小西は16日に自身のSNSで現役引退を表明していた。

     2013年8月に真正ジムからプロデビュー。14年に全日本ミニマム級新人王に輝き、17年4月には日本同級王座を獲得した。18年3月にWBA世界ライトフライ級王座決定戦に臨んだが、カルロス・カニサレス(ベネズエラ)に判定負け。同年7月の再起戦でWBOアジアパシフィック王座を獲得し、19年5月にはIBF世界ライトフライ級王者のフェリックス・アルバラード(ニカラグア)に挑戦したが、判定負けした。その後、サンライズジムに移籍し、昨年12月に元世界ミニマム級4団体王者の高山勝成(寝屋川石田)に判定負けした試合が現役ラストファイトとなった。プロ戦績は20戦17勝(7KO)3敗。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/74cb64141adfeffdd170dce24ce8982ac7e32be5


    【【ボクシング】2度の世界挑戦も…小西伶弥が現役引退 JBC公示】の続きを読む


    比嘉 大吾(ひが だいご、1995年8月9日 - )は、日本のプロボクサー。第42代OPBF東洋太平洋フライ級王者。現WBOアジアパシフィックバンタム級王者。元WBC世界フライ級王者。沖縄県浦添市出身。Ambition GYM所属。かつては白井・具志堅スポーツジムに所属していた。
    23キロバイト (2,915 語) - 2021年2月21日 (日) 02:09



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    比嘉選手が3年2か月ぶりに試合ですか🥊
    かなり間が開きましたね🥊
    試合当日までにしっかり練習して頑張ってください🥊

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/03/26(金) 14:08:14.76

     プロボクシング元WBC世界フライ級(50・8キロ以下)王者で、現WBOアジアパシフィック・バンタム級(53・5キロ以下)王者・比嘉大吾(25)=Ambition=が4月24日、沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで、日本スーパーバンタム級(55・3キロ以下)6位の西田凌佑(24)=六島=と初防衛戦を戦うことが26日、発表された。戦績は比嘉が17勝(17KO)1敗1分け、西田が3戦全勝(1KO)。

     比嘉が地元・沖縄で試合をするのは2018年2月のフエンテス(メキシコ)戦以来、3年2か月ぶり。沖縄で37年ぶりの世界戦となった試合で、比嘉は1回KO勝ちを収めている。「自分の生まれたところで試合がやれるのが一番うれしい。しっかり勝ちます。倒して勝てれば、沖縄のファンも喜んでくれるし、安心させたい」と意気込みを語った。

     比嘉は昨年、Ambitionジム入りし、移籍2戦目の12月31日、WBOアジアパシフィック同級王者ストロング小林佑樹(31)=六島=に5回KO勝ちし、新王者となった。一方、170センチと長身で左ボクサーファイターの西田は、奈良・王寺工高から近大に進み、国体少年フライ級優勝、全日本選手権ライト級ベスト8などの実績がある。19年10月にプロデビューし、昨年12月には元日本バンタム級王者の大森将平(27)=ウォズ=を3―0判定で破る波乱を起こした。

     「試合では背の高い選手とはあまり対戦していないが、スパーリングではやっている。いつものように距離を詰めて中に入る、接近戦でいく」と比嘉。2月にはイベント「LEGEND」でWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27)=大橋=とスパーリングでグラブを合わせ、注目を浴びた。「井上選手とはなかなかできることじゃないし、いい経験。(井上選手は)スピード、距離感とかみんながすごいと思うようなところがボクにも勉強になった」という。

     陣営はこの一戦を世界前哨戦にしたい意向だが、世界のバンタム級戦線は展開が予想できないほど強豪がひしめく。比嘉陣営は「WBOでランクを上げて、王者カシメロ(フィリピン)を狙いたい」と青写真を描くだけに、比嘉は「しっかり準備して勝って、世界戦がいつ決まってもできるよう、追い込んでいきたい」と決意を新たにした。

     テレビはRBC琉球放送で16時30分から生中継される。TBSでは録画中継(関東ローカル)を予定。また、チケットは4月6日から発売予定。SRS席3万円、RS席2万円、S席1万5000円、指定A席1万円、指定B席8000円。問い合わせはトラロックエンターテインメント

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc3ede18d5fd53e80990a68e82e4780b5afe32b9
    3/26(金) 14:00配信


    【【ボクシング】比嘉大吾が3年2か月ぶりに“がい旋試合” 西田凌佑と4・24に沖縄で防衛戦】の続きを読む


    ミルコクロコップ(Mirko Cro Cop、1974年9月10日 - )は、クロアチアの元男性格闘家。ヴィンコヴツィ出身。チーム・クロコップ主催。PRIDE無差別級グランプリ2006王者。RIZIN無差別級グランプリ2016王者。K-1 WORLD GP 2012王者。元クロアチア国会議員(2003年
    74キロバイト (9,566 語) - 2021年3月12日 (金) 20:55



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    親子で2ショットですか😳
    良いですね😃
    息子さん頑張ってください🥊

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/03/19(金) 16:54:49.56

    息子のイワン君との写真にファン「すごい写真」


    K-1、PRIDEで活躍した格闘家のミルコ・クロコップ氏が自身のインスタグラムを更新。息子のイワン君との2ショット写真を公開した。そっくりな2人に、海外ファンからは「コピペだ」「ネクスト・クロコップ」などと反響が寄せられている。

    若き時代の父にそっくりだ。室内練習場と思われる場所で、上半身裸でカメラ目線のミルコ。隣に立つのは、18歳の息子イワン君だ。割れた腹筋が逞しいが、注目すべきはその精悍な顔つき。格闘技界で名をはせた昔の父の姿によく似ている。

     実際の写真をミルコは自身のインスタグラムに公開。文面には「父と息子。46vs18」と年齢もつづっている。海外ファンからは「チャンピオンズ」「すごい写真。お父さんにそっくり」「18歳vs18歳」「彼が出てくるのが待ちきれない」「彼はMMAに進むの? それともキックボクシング?」「コピペだ」「ネクスト・クロコップ」「クロコップは真のレジェンド」「偉大なファイター」などと反響が寄せられている。

     19年3月、脳卒中を発症したため現役引退を表明していたミルコ。現在も肉体の維持に努めているようだが、瓜二つの息子との写真に格闘技ファンは興味をひかれていたようだ

    3/19(金) 16:33
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210319-00150912-theanswer-fight


    (出典 Youtube)

    入場曲 ワイルドボーイズ


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【格闘技】46歳ミルコ、激似の18歳息子との2ショットに海外驚愕「コピペ」「ネクストクロコップ」】の続きを読む


    相内 (あいうち まこと、1994年7月23日 - )は、千葉県富津市出身(柏市生まれ)の元プロ野球選手(投手)。右投右打。2014年から2017年の登録名は「」(まこと)。現在は格闘家や実業家、YouTuberとして活動。 小学校4年生の時に野球を始め、富津市立天羽中学校は軟式野球部に所属。家
    27キロバイト (3,507 語) - 2021年2月28日 (日) 08:56



    (出典 pbs.twimg.com)


    元西武って相内選手は元プロ野球選手だったのですか⚾️
    球技から格闘技の転向は何だかって感じですね🤔
    デビュー戦は惨敗で残念ですね😓
    パンチ力付ける様にしっかり練習して次は勝てる様に頑張ってください🥊

    1 THE FURYφ ★ :2021/02/28(日) 15:42:59.71

    Cygames presents RISE ELDORADO 2021
    2021年2月28日(日)神奈川・横浜アリーナ

    ▼第3試合 スーパーライト級(-65kg) 3分3R
    〇Delgermuru拳信王[デリゲルムルン ケンシンハン](モンゴル/FLATUP)
    TKO 1R 2分05秒 ※レフェリーストップ
    ×相内 誠(フリー)

    プロ野球選手を引退し、昨年12月に格闘家転向を発表した元西武ライオンズの相内がデビュー戦。

    拳信王はガンガン前へ出て攻めるサウスポーの選手で、戦績は3勝5敗。今回が1年半ぶりの試合となる。RISEには2019年5月大会に出場し、成尾拓輝に2RでKO負けを喫している。

    1R、相内は右ミドルからパンチで襲い掛かるがサウスポーの拳信王は左ロー、左ミドル。この左ミドルに相内は身体がくの字となり、ダウンを奪われる。拳信王は左ローと左ミドルを蹴り分け、相内は右ストレートで対抗。しかし、左ミドルからの左ストレートで2度目のダウンを奪われる。最後は拳信王の連打に相内は身体を丸め、レフェリーがストップした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b101a835f997bd35466d48349dfb19f0cfe50157


    【【格闘技】元西武の相内誠、キックボクシングデビュー戦は何も出来ず1R・TKO負け=RISE】の続きを読む


    朝倉未来企画の格闘技イベントにシバターが苦言「コレじゃない感がすごい強かった」

     格闘家・朝倉未来(28)がスペシャルアドバイザーを務める新規アマチュア格闘技大会「BreakingDown」に“RIZIN無敗の男”人気ユーチュー…
    (出典:東スポWeb)


    シバター(1985年〈昭和60年〉10月18日 - )は、日本の男性総合格闘家、プロレスラー、YouTuber、実業家である。 神奈川県横浜市中区根岸町出身。本名は齋藤光(さいとう ひかる)。立正大学経営学部卒業。株式会社『プロレスリングシバター』に所属。総合格闘家およびプロレスラーとしてはパンクラスP's
    77キロバイト (10,102 語) - 2021年3月1日 (月) 06:35


    シバター選手は朝倉選手の動画が気に入らないのですかね…❓️
    また今度の動画を期待します📹️
    格闘技も頑張ってください🥊

    【朝倉未来企画の格闘技イベントにシバターが苦言「コレじゃない感がすごい強かった」】の続きを読む

    このページのトップヘ