meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> プロボクサー | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > プロボクサー


    朝倉 未来(あさくら みくる、1992年7月15日 – )は、日本の男性プロ総合格闘家、YouTuber、スポーツインストラクター、実業家、歌手。愛知県豊橋市出身。元THE OUTSIDER二階級(60-65kg級、65-70kg級)王者。RIZIN68kg契約で無敗の男である。Fight
    48キロバイト (5,630 語) - 2021年8月25日 (水) 13:25



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    朝倉選手が萩原選手と対戦ですか😳
    頑張ってください🥊

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/21(土) 18:32:01.39

    8/21(土) 16:40
    TOKYO HEADLINE WEB

    10月2日に旗揚げ戦

    新イベントで朝倉未来が再起戦。対戦相手の萩原京平を「圧勝しないといけないレベルの相手」とばっさり【RIZIN LANDMARK】
    対戦が決まった朝倉未来(左)と萩原京平
     RIZINが8月21日に会見を開き、6月の「RIZIN.28」(東京ドーム)でクレベル・コイケに敗れた朝倉未来(トライフォース赤坂)が復帰戦で萩原京平(SMOKER GYM)と対戦することを発表した。

     この試合はRIZINが新たに立ち上げる有料ライブ配信を収益の柱に据えた新しい興行形態によるイベント「RIZIN LANDMARK」の旗揚げ戦(10月2日)のメインで行われる。

     朝倉はクレベルに一本負けを喫して以来の再起戦、萩原は昨年の大晦日に平本蓮にTKO勝ちして以来のRIZIN参戦となる。

     萩原は平本戦後のマイクで朝倉戦をアピール。その後もSNSを通じて挑発するなど、今回は念願の一戦となる。

     会見で萩原は「ずっとやりたかった未来選手ということでワクワクしているし、最高の気分。しっかり勝って次のステージに進みたい。この試合の後にABEMAで素人をいじめるつまらなそうな企画をやるみたいだが、それを聞いた時はすごくなめられてるんだなと思って腹が立った。そういうなめた考えをしている奴はフルボッコにして引導を渡してやろうと思っている。そもそも俺と試合をして無事で帰れると思うなよ。そういう甘い考えごと叩き直してやろうと思っている。当日はどっちかが倒れるまで思いっきり殴り合いをしましょう」と早くも戦闘モード。
    朝倉「新しい試みで面白いと思ったので試合を引き受けた」

    新イベントで朝倉未来が再起戦。対戦相手の萩原京平を「圧勝しないといけないレベルの相手」とばっさり【RIZIN LANDMARK】
    朝倉未来
     対する朝倉は「今回は新しい試みで、スタジオRIZINということで観客は入れずにPPVということですが、時代にあった新たな挑戦で面白いと思ったのでこの試合を引き受けました。(萩原は)実力はあまりないと思うが、対戦カード自体は盛り上がるカードになるかと思うので、楽しんでもらえたら」とまずは対戦相手より「RIZIN LANDMARK」という新しい試みに比重を置いたコメント。

     そして萩原の挑発については「どうも思わないですね。だいぶ実力が違うと思うのでいろいろ言っても気にならない。まあ、圧勝しようかなと思っている。圧勝しないといけないレベルの相手だと思う」と話した。萩原の「全てにおいて上回っていると思う。まず打撃でも僕のほうがインパクトも破壊力もあるしスキルも上だと思う」という見立てには朝倉は「全部です」と一言。

     そして「ストライカー同士といっても、僕はレスリング力もグラップリングも相手よりはるかに上。総合格闘技は相手の弱いところで戦う競技なので相手が殴り合いというなら、思いっきり漬けて、前にMMA素人をいじめていたような感じで俺がやってやろうかと。それで削れたところで打撃でフィニッシュしてもいい。勝利の選択肢はいろいろあるので、リングで相手の組み力とか打撃の反応とかを見て試合を組んでいこうかなと思っています」と大晦日の萩原と平本の試合を引き合いに出して圧勝を予告。その一方で「右ストレートはノーモーションで結構いい。打たれ強いのと目がいい。あとは右ヒザと見せかけてのストレートとか、キックとの連動がうまい。そういうものに反応しすぎると顔にもらってしまうかも」と警戒点も挙げた。

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/25e5e5a0213c6543f521d3a10a63ee47efcb387b


    【【RIZIN】新イベントで朝倉未来が再起戦。対戦相手の萩原京平を「圧勝しないといけないレベルの相手」とばっさり】の続きを読む


    【K-1】体重超過&反則負けの悪夢から卜部弘嵩が復帰、アウトサイダー王者をKOした芦澤竜誠と約3年ぶり再戦

     2021年9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナ『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~』の第2弾決定対戦カード発表会見…
    (出典:ゴング格闘技)


    K-1(ケイ-ワン)は、空手団体・正道会館の石井和義が1993年に創設した打撃系格闘技イベント。基本的にはキックボクシングで、ヘビー級を中心とし、世界的に知名度が高い。2012年1月より、香港に登記されるK-1 Global Holdings Limitedが商標権等諸権利を取得し、世界各地でイベント運営が行なわれている。
    59キロバイト (5,326 語) - 2021年6月12日 (土) 13:24


    9月20日に卜部選手と芦澤選手の再戦ですか😳
    頑張ってください🥊

    【【K-1】体重超過&反則負けの悪夢から卜部弘嵩が復帰、アウトサイダー王者をKOした芦澤竜誠と約3年ぶり再戦】の続きを読む


    【K-1】“悪童”芦澤竜誠が卜部弘嵩と激突「テーマは激闘、俺のラッシュで終わる」と殺気ギラギラ

     9月20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~よこはまつり~』の第2弾の対戦カード発表記者…
    (出典:イーファイト)


    K-1(ケイ-ワン)は、空手団体・正道会館の石井和義が1993年に創設した打撃系格闘技イベント。基本的にはキックボクシングで、ヘビー級を中心とし、世界的に知名度が高い。2012年1月より、香港に登記されるK-1 Global Holdings Limitedが商標権等諸権利を取得し、世界各地でイベント運営が行なわれている。
    59キロバイト (5,326 語) - 2021年6月12日 (土) 13:24


    9月20日に横浜アリーナで対戦ですか🥊
    頑張ってください🥊

    【【K-1】“悪童”芦澤竜誠が卜部弘嵩と激突「テーマは激闘、俺のラッシュで終わる」と殺気ギラギラ】の続きを読む


    RISE(ライズ)は、キックボクシング興行の一つであり、RISEクリエーション株式会社が主催する。また、当興行で認定される王座を示す語としても用いられる。 初代WMAF世界スーパーウェルター級王者の伊藤隆がプロデュースしている。「RISE」の名称は、「Real Impact Sports
    32キロバイト (1,284 語) - 2019年10月16日 (水) 17:11



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    12月30日の対戦だと、まだ半年先だから決まっていないなどは仕方ないでしょうね😞
    今後の対戦を期待します🥊

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/17(木) 14:36:54.38

    那須川天心vs武尊の12月30日開催説について、伊藤代表は「何も聞いていない。全く進んでいない」

     2021年7月18日(日)エディオンアリーナ大阪・第一競技場『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA』の記者会見が6月17日(木)都内にて行われた。

     会見内で、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)とK-1スーパー・フェザー級王者・武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が12月30日に実現へ向けて調整中との一部報道について質問を受けた伊藤隆RISE代表は「6月13日でという打診はありました。それがご存じの通り武尊選手の怪我で流れました。天心はこれまでかなり過密スケジュールで試合をしてきて昨年拳を痛めたので、マネージメントチームは試合(期間)をコントロールしている状況です。現状、試合が決まっているのは9月23日のRISE横浜ぴあアリーナ、大晦日のRIZINしかないです。あとはキックボクシング最終試合のRISE ELDORADO 2022が3月か4月」と、現時点で決まっているのはこの3試合とした。

     12月30日説については「RIZINの榊原代表とやりとりしていますが、どうなるかは決まっていない状況です。真摯に向き合っていかないと私は実現しないカードだと思っています。何も決まっていない中で周りが動き出すのは違うと思います。決まり次第、私からも発表させていただきます」と周りが騒ぐのはよくないとする。

     そして「天心vs武尊戦は何も進んでいないですし、(12月30日とは)聞いてないです。どうなるかは全く進んでいない状況です。細かいニュースが出ていましたが、まだ話し合いのテーブルに着いていません」と現時点では実現へ向けての話は進展していないとした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7572e0597d9fa7dfb131ba461e989ed663a7d681
    6/17(木) 13:13配信


    (出典 Youtube)
    &t=119s
    30H!3 touchin on my 武尊選手入場曲


    【【RISE】那須川天心vs武尊の12月30日実現説について伊藤隆代表「何も決まっていません」】の続きを読む


    朝倉 未来(あさくら みくる、1992年7月15日 – )は、日本の男性プロ総合格闘家、YouTuber、スポーツインストラクター、実業家、歌手。愛知県豊橋市出身。元THE OUTSIDER二階級(60-65kg級、65-70kg級)王者。トライフォース赤坂所属。弟は同じくプロ総合格闘家の朝倉海。
    39キロバイト (4,461 語) - 2021年6月12日 (土) 14:31



    (出典 shirasushi.tokyo)


    今夜は朝倉選手の格闘技が楽しめるのですね🥊
    頑張ってください🥊

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/13(日) 14:38:31.00

    格闘技イベントRIZIN28大会が13日、東京ドームで行われる。同会場での総合格闘技は18年ぶり。夢の祭典がいよいよ開幕する。日刊スポーツでは同大会の見どころを紹介する。

    最終回となる第8回は、メインで行われる「喧嘩道スペシャルマッチ」朝倉未来(28=トライフォース赤坂)VSクレベル・コイケ(31=ボンサイ柔術)。

    「人生最大に追い込んだ」。毎日の練習で体はボロボロ。筋肉痛で悪夢を見る日が続いた。3日に練習を終え、全身アザだらけの体を少し休め、本番に備えた。4月にユーチューブで元K-1王者の魔裟斗と対談。「結果を出した人が『努力していた』と言っていた。世界チャンピオンの言葉は説得力が違う」。ミット打ちや走り込みなど練習量を増やし、体力強化に取り組んだ。

    昨年末の大会(VS弥益)からスタイルを少し変え、自分から積極的に攻めるようにした。今回、寝技に強いクレベルとは打撃戦に持ち込みたいと考える。フィニッシュ率の高い相手だが、朝倉が負けた2敗はいずれも判定。KOも一本負けもない。「理想の展開は、テイクダウンを一度も取られないで判定勝ちにすること。根性のある方が判定で勝つ」と予想する。寝技で苦しい展開になっても「最後の最後まで逃げる」と簡単にギブアップはしないつもりだ。

    極真空手で格闘技人生をスタートさせ、高校時代は路上でのけんかに明け暮れた。その後地下格闘技からアウトサイダーに参戦。10年以上格闘技に時間を費やしてきた。7月には29歳になる。昨年末のテレビ番組では「30歳までには引退したい」とも語っていた。昨年には選手の育成プロジェクトを立ち上げた。今年7月には、自身がアドバイザーを務める、格闘技経験の少ない選手による「1回1分」の大会「Breaking Down」の開催も決定するなど、後進のための活動も積極的に行っている。

    最近はSNSなどで「死を覚悟したり、普通の人が体験できない最高の瞬間を感じたり、底辺と成功を経験させてもらった。悔いのない人生を生きる」と語ることもあった。「地下格闘技合わせると30戦以上。寿命縮めたな。今回で辞めるかもしれないし。1年かかるケガだったら辞める。最後になってもいいように出し尽くす」。これまでにない朝倉の覚悟を持った戦いがいよいよ始まる。

       ◇   ◇   ◇

    33戦で27勝、うちKO、一本勝ちが25回と驚異のフィニッシュ率を誇るクレベルは「朝倉とは昔からやりたかった」と念願の対戦を喜んだ。打撃戦をもくろむ朝倉に対し「寝技の自信はある。自分の1番信じている寝技を仕掛ければ一本取れる」と自信をみなぎらせた。前回3月の大会では摩嶋一整に下から関節をキメにいき、2回一本勝ち。レベルの高いグラップリング技術を見せた。きめられそうになっても「最後まで逃げる」という朝倉には「絶対にタップしないと壊れちゃうよ」と忠告した。

    今大会にも出場するソウザらとともにボンサイ柔術で技術を磨いた。08年にDEEPでデビュー。さまざまな団体で勝利を重ね、昨年末からRIZINに参戦し、カイル・アグォン、摩嶋と連勝。榊原CEOや朝倉に認められ、東京ドームのメインに抜てきされた。17年にはポーランドで、5万人の大観衆の中でKSWフェザー級タイトルマッチに勝利。「最初はちょっと緊張したが、今はあまり変わらない」と大舞台もものともしない。

    勝利した後には「斎藤(裕)さんと試合をしたい」と昨年11月に朝倉を破った現フェザー級王者との一戦を見据える。指導を受ける鈴木博昭氏やジムの仲間たち、静岡で一緒に暮らす両親のサポートにも感謝する。「チームも鈴木も柔術のメンバーも勝利を信じている。私は全然怖くない」と力強く語った。「これはゲームではない。本物の試合を見せる」。最強の打撃力を誇る朝倉を、最高の寝技で仕留める。【松熊洋介】

    https://news.yahoo.co.jp/articles/68c88553e25c866ab632eb0842ddce107bf50a41
    6/13(日) 10:00配信


    【【格闘技】覚悟持って挑む朝倉未来「最後になってもいいように」/RIZIN見どころ 今夜8時からフジテレビ放送】の続きを読む

    このページのトップヘ