meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> プロボクサー(2ページ目) | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > プロボクサー


    格闘技(かくとうぎ)は、自身の体での攻撃、防御を行う技術、もしくはスポーツ、あるいは、それを基にした興行のことである。また単に格闘(かくとう)、武術(ぶじゅつ) 、体技(たいぎ)、マーシャルアーツ(Martial Arts)とも呼ばれる。 狭義では、素手で組み合ったり、手足で打ち合ったりする形式の競技(en:Hand
    15キロバイト (1,980 語) - 2020年7月28日 (火) 00:04



    (出典 i.ytimg.com)


    グローブが無いとかなりのダメージを相手に与えますからね…

    【プロ格闘家同士が素手で戦ったらどうなるか検証してみた】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上浩樹がいる。既婚。二児の父親。圧倒的な実力と完璧なボクシングスタイルから『日本ボ
    92キロバイト (12,500 語) - 2020年7月13日 (月) 07:52



    (出典 ironna.jp)


    コロナウイルスの影響で試合が出来ないなどありましたからね…
    井上選手との試合が早く決まれば良いですね!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/29(水) 02:40:21.53


    7/28(火) 17:16配信
    J-CASTニュース

     ボクシング界が再始動に向けて本格的に動き出している。新型コロナウイルスの影響で試合の延期、中止が相次いだが、ようやく世界戦などのタイトル戦再開にこぎつけた。日本のボクシングファンの注目を集めるWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=の次戦はどのような展開を見せるのか。「モンスター」を取り巻く世界のバンタム級事情を追ってみた。

    ■カシメロ陣営はファイトマネー減額応じるか

     本来ならば井上の2020年度の初戦は4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)を迎えて世界3団体統一戦を予定していた。これが新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて延期となった。タイトル戦は中止ではなく延期ということで、カシメロ陣営は米国内にとどまり調整を続けてきた。ところがここにきて事情が変わり、カシメロに代わる新たな対戦候補が浮上している。

     米スポーツ専門チャンネル「ESPN」(電子版)は2020年7月23日(日本時間24日)、井上をプロモートするトップランク社のボブ・アラムCEOがカシメロ陣営に対してファイトマネーの減額を求めたと報じた。「ESPN」によると、アラム氏はカシメロ陣営が要求に応じなかった場合、井上の対戦相手をWBO世界バンタム級1位ジェイソン・マロニー(豪州)に変更する可能性に言及している。

     マロニーはWBOのトップコンテンダーでWBAでは3位につけ、WBC、IBFともに4位にランクインしている。戦績は21勝(18KO)1敗で、唯一の敗戦は2018年10月にIBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に挑戦して判定負けを喫したもの。このタイトル戦はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の準々決勝として行われ、マロニーが勝っていれば決勝戦の相手は井上だった。

     アラム氏がマロニーを代役候補に挙げたのは、アラム氏流の駆け引きのひとつでカシメロ陣営へのけん制とみられる。ただ実際のところ新型コロナウイルスの影響で観客をフルに入れての通常開催は難しく、当初予定していた興行収入が見込めない。アラム氏の計画では今年の9月にも井上のタイトル戦を予定
    リゴンドーはビッグマッチの予定なし...
     一方、井上の対立王者であるWBC世界バンタム級王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)は、元世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)を相手に12月12日(日本時間13日)に防衛戦を行う。このタイトル戦は当初、5月16日に米国で予定されていたがウイルスの感染拡大を受けて延期になっていた。井上は4団体統一を目標に掲げており、この一戦の勝者が井上の標的となるだろう。

     また、バンタム級戦線において忘れてならないのが、WBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)の存在だ。リゴンドーはスーパーバンタム級でWBAとWBOの王座統一に成功し、WBA王座は9度防衛した。減量に問題がないため階級を一つ下げ強豪が集うバンタム級に転級し、2019年12月にWBAバンタム級王座を獲得し、世界2階級制覇を達成した。

     より強い相手との対戦を求めて階級を下げてまでバンタム級にきたリゴンドーだが、いまのところビッグマッチの予定はない。現在、世界のバンタム級戦線は井上を中心に回っており、リゴンドーも井上にからみたいところ。リゴンドーはバンタム級で自身が望む強豪との対戦が実現しなければ、階級をスーパーバンタム級に戻す意志を見せており、バンタム級の王座を返上する可能性もある。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/6aae0b4f8e939a6cfeca3f7424380b3a0b9e6b3d


    【【ボクシング】井上尚弥を取り巻く「世界バンタム級戦線」 コロナ禍で次戦の行方は...】の続きを読む


    ナジームハメド(Naseem Hamed、アラビア語: نسيم حميد‎、ラテン文字転記: Nasīm Ḥamīd、男性、1974年2月12日 - )は、イギリスのプロボクサー。シェフィールド出身。元IBF・WBO・WBC世界フェザー級王者。「プリンス」(日本では「悪魔王子」)、「Naz(ナズ
    13キロバイト (1,636 語) - 2020年5月8日 (金) 09:38



    (出典 the-ans.info)


    35秒でKOは凄いですね!
    史上最強でしょうね!
    頑張ってください!

    1 THE FURYφ ★ :2020/06/15(月) 21:18:55.91

    ボクシングの元世界フェザー級3団体制覇王者のナジーム・ハメド(英国)。「プリンス」「悪魔王子」の異名をとった男が、
    24年前に決めた衝撃KO勝ちが再脚光を浴びている。1996年3月、WBO同級タイトルマッチでサイド・ラワル(ナイジェリア)に
    初回KO勝ち。試合開始からパンチ3発で初防衛を果たした。実際の動画を英メディアが公開すると「最高の一打」「最高の
    才能の持ち主」などと称賛が集まっている。

    開始のゴングから約3秒。試合の1発目、ハメドの右フックがいきなり相手の顔面をとらえた。ラワルは背中から倒れてダウン。
    なんとか立ち上がるも、ハメドはノーガードで追撃。右アッパーの後、最後は独特の角度から再び右を顔面にぶち込んだ。
    マットに伏したラワル。たまらずレフェリーがストップをかけた。

    試合開始から35秒、繰り出したパンチはわずか3発という圧巻の初防衛を果たしたハメド。英衛星放送「スカイスポーツ・
    ボクシング」公式ツイッターは「プリンスによる瞬殺劇。1996年、ナジーム・ハメドは彼の投じた最初のパンチでサイド・ラワルを
    床に打ち倒した」と文面につづり、24年前の動画を公開している。

    投稿には「プリンス・ナジームの中で最高の一打」「私がボクシングに恋した理由となった試合」「俺の大好きな英国人ボクサー。
    彼のボクシングは見ていて楽しい」「並外れている!」「決して忘れることのない試合」「英国が産んだ最高の才能の持ち主」
    「ナジームは華々しかった。彼のスタイルが好きだったし、素晴らしい記憶となっている」「確実に最高の試合」などと反響が
    寄せられている。

    型破りなファイトスタイルで通算37戦36勝(31KO)1敗と高いKO率を誇ったハメド。「プリンス」「悪魔王子」と呼ばれた男の姿に、
    ボクシングファンは今も興奮しているようだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2197c76bb27a283347441e0c64a89ecbd5cbc4d1

    動画
    https://the-ans.jp/news/116893/2/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=116893_6


    【【ボクシング】悪魔王子ナジーム・ハメドの“35秒KO” たった3発で倒す瞬間に再脚光「プリンスの瞬殺劇」】の続きを読む


    マイクタイソン(Mike Tyson、1966年6月30日 - )は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区ベッドフォード・スタイベサント地区出身。元WBA・WBC・IBF世界ヘビー級統一王者。 現在はスタンドアップコメディアンとして活動。自身の大麻農園「タイソン農園」の経営もしている。
    70キロバイト (8,619 語) - 2020年7月24日 (金) 02:13



    (出典 hochi.news)


    タイソン選手とジョーンズ選手のレジェンド対決ですか!
    楽しみですね!

    1 豆次郎 ★ :2020/07/24(金) 07:08:50.65

    2020年7月24日 6時12分

     1988、90年に絶大な人気を博したプロボクシング元世界ヘビー級統一王者のマイク・タイソン氏(54)が、24日に更新した自身のSNSで、2018年に引退した元世界4階級制覇のロイ・ジョーンズJr.氏(51)と、9月12日に“レジェンド対決”をすると発表した。

     タイソン氏は「I.AM.BACK.」(復帰する)とつづり、「@legendsonlyleague . September 12th against @royjonesjrofficial on #triller and PPV」と記し、プロモーション映像も流した。“米国版TikTok”と評されるソーシャルストリーミングアプリの「TRILLER」が主催する。

     一部の米メディアではジョーンズJr.氏も同意済みで、試合は8回戦、米カリフォルニア州で行われると報道されている。

     タイソン氏は4月末にチャリティーを目的としたエキシビションマッチでの復帰を発表。SNSなどでミット打ちの動画が頻繁に流れ、オーストラリアから試合報酬2億円のオファーが届き、宿敵イベンダー・ホリフィールドさん(58)との3度目のエキシビションなど多くの名だたる著名人との対決が浮上していたが、ジョーンズ氏に落ち着いたようだ。

     年齢は2人で合計「105歳」。05年6月の試合を最後に引退したタイソン氏の現役時代の戦績は50勝(44KO)6敗2無効試合。2018年に引退し、現在ロシア国籍の元4階級制覇のジョーンズ氏は66勝(47KO)9敗。

    https://hochi.news/amp/articles/20200724-OHT1T50043.html


    【【ボクシング】マイク・タイソン 氏、9月12日にロイ・ジョーンズ・Jr氏との復帰戦発表 「I.AM.BACK.」】の続きを読む


    スポーツ専門局ESPNにおいて「ビザを待っている状態で、来週にも発給される予定だ。発給され次第、井上とその家族をラスベガスに招きたい。」と語った。 2020年3月16日、プロモーターのトップランク社が新型コロナウイルス拡大の影響を鑑みて、3月及び4月の自社プロモー
    22キロバイト (2,845 語) - 2020年6月30日 (火) 01:20



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    井上選手とカシメロ選手の試合は9か10月ですか!
    期待出来る試合ですね!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/21(日) 19:41:10.11

     WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27=大橋)と契約する米大手プロモーション会社トップランク社のボブ・アラムCEOが、井上とWBO同級王者ジョンリル・カシメロ(31=フィリピン)との3団体統一戦について「9月または10月にラスベガスにて井上の試合を行いたいと考えている」と語ったことを、ボクシング専門サイト「ボクシングシーン」が6月20日(日本時間21日)に報じた。

     この一戦は4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノで行われる予定だったが、新型コロナの影響で延期、6月1日(日本時間)には、ボブ・アラム氏が、この1戦を9月に行いたいとの意向を米スポーツサイトESPNが報じていた。大橋会長は同日に「8月か9月に対戦する見込み」と語ったが、今回のアラム氏の発言で10月に延びる可能性も出てきた。

     現在アメリカへは渡航制限中で、渡航した場合、14日間自宅での待機が命じられる。しかし、旅行関係筋の話によると、9月からはアメリカでは新学期が始まることもあり、制限が緩和される見方もあるという。

     アラム氏は大橋会長や日本のプロモーターと9月に井上は渡米すると話したとし、「9月に井上がここに来ることを期待している。試合は9月か10月」とし「うまくいけば、その時までには限られた観客の中で試合をすることができるようになるだろう。日本からのファンも含め、15,000人収容のアリーナで2,000人か2,500人の観客を集めることができるだろう」と話している。現在、アラム氏のトップランク社のボクシング興行はラスベガスで無観客で行われているが、限られた人数での集客の開催に準備を進めていくようにアラム氏は部下に指示したと言う。

     カシメロは井上戦をラスベガスで行うことを見据え、現在もラスベガスでトレーニングを行なっている。待望の3団体統一戦は日々近づいているようだ。

    6/21(日) 12:51
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200621-00000002-gbr-fight


    【【ボクシング】井上尚弥vsカシメロ戦は9月か10月、限られた集客の開催準備へ=米プロモーター】の続きを読む

    このページのトップヘ