meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> プロボクサー(3ページ目) | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > プロボクサー


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。所属事務所はホリプロ。マネジメント・広告代理店は株式会社セカンドキャリア。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上
    89キロバイト (12,137 語) - 2020年1月9日 (木) 11:54



    (出典 image.news.livedoor.com)


    かなりの強者ですからね。
    今までの試合は見所ありますね。

    1 ばーど ★ :2020/01/07(火) 14:43:58.45 ID:qYPizDOC9.net

    WBC王者ウーバーリとの統一戦について言及、次戦は4月25日が有力

     ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に対し、海外からは大きな期待が寄せられている。米メディア「ボクシングシーン.com」は、井上とWBC同級王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)の対戦を今年実現可能なトップファイトの1つとして選定。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で優勝を果たしたモンスターに注目している。

     WBSS決勝でノニト・ドネア(フィリピン)を死闘の末に破り、多くの海外メディアから称賛を集めた井上。その次戦に注目が集まる中、「ボクシングシーン.com」は「2020年に実現可能な11のトップファイト」と銘打ち、井上VSウーバーリをその1つに選定している。

     記事では「モンスターが122ポンドに昇級したら何が起こるか誰にも分からない」と井上のスーパーバンダム級転向の可能性に触れながら「イノウエとウーバーリの試合は行われるだろう。イノウエは最近トップランク社と契約した。これは今後の試合がアメリカで行われることを意味し、ESPNで放映される」とWBC王者との統一戦について言及した。

     さらに「イノウエはWBSS決勝が行われた日本の埼玉でノニト・ドネアを打ち負かした。同じ日、ウーバーリはタクマ・イノウエに対してWBCタイトルを防衛した」と暫定王者だった弟・拓真(大橋)に正規王者として勝利したウーバーリとの因縁についても触れている。

     記事では他に、ミドル級のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)とスーパーミドル級のカラム・スミス(英国)、ミドル級のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)―デメトリアス・アンドラーデ(米国)戦、ウェルター級のテレンス・クロフォード(米国)―ショーン・ポーター(米国)戦などが挙げられていた。

     井上の次戦は4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで開催されることが有力視されている。井上自身はかねてからWBO同級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)との統一戦をターゲットとして公言している中、モンスターが誰と戦うことになるのか、注目だ。

    1/7(火) 13:51
    THE ANSWER
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200107-00100191-theanswer-fight

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【井上尚弥、「2020年実現可能な注目マッチ」11傑に選定】の続きを読む


    石井 (いしい さとし、1986年12月19日 - )は、日本出身の男性総合格闘家、柔道家(六段)、北京オリンピック柔道男子100kg超級の金メダリスト。大阪府茨木市出身。チーム・クロコップ所属。ブラジリアン柔術黒帯。紫綬褒章受章。血液型はO型。出身道場は修道館(大阪府)。元妻は歌手の林明日香。2
    54キロバイト (7,396 語) - 2020年1月3日 (金) 04:25



    (出典 pbs.twimg.com)


    残念でしたね…
    また今度の試合で頑張ってください。
    お疲れ様でした…

    1 牛丼 ★ :2019/12/31(火) 18:09:15.07 ID:RpfWikok9.net

    ◇RIZIN.20(2019年12月31日 さいたまスーパーアリーナ)

     105キロ契約のワンマッチで、08年北京五輪の柔道100キロ超級金メダリストの石井慧(33=チーム・クロコップ)がジェイク・ヒューン(32=米国)の強力な打撃に屈した。1R、右ストレートでダメージを受けると、右アッパーからの連打で崩れ落ち、パウンドを3発浴びたところでレフェリーストップのTKO負けとなった。

     RIZINのリングに上がるのは、判定勝ちした17年4月のヒース・ヒーリング戦以来、2年8カ月ぶり。現在はクロアチアを拠点にしており、同国の国籍も取得している。「夏場にケガをしてしまったが、完治して今まででベストな仕上がりだ」と自信をのぞかせていたが、力は出し切れなかった。「テークダウンして試合をコントロール」ともくろんでいたものの、バックを取っても相手に振りほどかれた。1月19日には「HEAT46」で試合が組まれているが、肉体的にも精神的にも大きなダメージを負った敗戦となった

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000139-spnannex-fight


    (出典 portal.st-img.jp)


    【RIZIN 石井慧、ヒューンに1R TKO負け】の続きを読む


    田中 恒成(たなか こうせい、1995年6月15日 - )は、日本のプロボクサー。岐阜県多治見市出身。 SOUL BOX畑中ボクシングジム所属。中京高校、中京大学経済学部を卒業。第17代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者。元WBO世界ミニマム級王者。元WBO世界ライトフライ級王者。現WBO世界フライ
    21キロバイト (2,695 語) - 2019年12月31日 (火) 14:14



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    勝利おめでとうございます。
    3度目の防衛は凄いですね。
    お疲れ様でした。

    1 豆次郎 ★ :2019/12/31(火) 17:44:02.72 ID:s1G3LAIo9.net

    サンケイスポーツ
    12/31(火) 17:22配信

     プロボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ(31日、東京・大田区総合体育館)王者・田中恒成(24)=畑中=が、同級10位のウラン・トロハツ(26)=中国=に3回KO勝ち。左アッパーで相手をリングに沈め、3度目の防衛に成功した。田中との一問一答は以下の通り。

     --3回KO勝ち

     「3回から少し圧力を強めていった。いい手応えがあった」

     --今年を振り返って

     「きょうはいい試合ができて満足している。これだけじゃまだまだ。いい試合を続けていく」

     --来年に向けて

     「今年は久しぶりに3試合できてよかった。本当に強くなりたい。ワクワクするような試合をする」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000535-sanspo-fight


    (出典 img.sportsbull.jp)


    【田中恒成、3度目の防衛に成功!】の続きを読む


    井岡 一翔(いおか かずと、1989年3月24日 - )は、日本のプロボクサー 第33代日本ライトフライ級王者。 元WBC世界ミニマム級王者。元WBA世界ミニマム級王者。元WBA世界ライトフライ級王者。元WBA世界フライ級王者。現WBO世界スーパーフライ級王者。日本人男子初の世界4階級制覇王者。元
    52キロバイト (6,700 語) - 2019年12月31日 (火) 10:40



    (出典 cozystyle.jp)


    初防衛おめでとうございます。
    勝利するまでが大変ですからね…
    お疲れ様です。

    1 豆次郎 ★ :2019/12/31(火) 18:57:25.88 ID:s1G3LAIo9.net

    WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ

    [王者]井岡一翔

       vs

    [同級1位]ジェイビエール・シントロン


    https://sports.yahoo.co.jp/contents/6402


    (出典 spnavi.c.yimg.jp)


    【井岡一翔、判定勝ちで初防衛!】の続きを読む


    !」。 元日本ミドル級王者で元OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者の寺地永の次男で、本名は寺地拳四朗という。名前の由来は漫画『北斗の』の主人公・ケンシロウから採られたものであるが、拳四朗本人は北斗のを1度も読んだことがない。試合勝利後はダブルピースをする。従兄弟に競艇選手の是澤孝宏がいる
    24キロバイト (3,163 語) - 2019年12月25日 (水) 17:42



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    7連覇は凄いですね。
    これからも大変だけど頑張ってください。

    1 豆次郎 ★ :2019/12/23(月) 18:36:06.88 ID:B2i/VMf59.net

    スポーツ報知
    12/23(月) 18:31配信
    寺地拳四朗が圧巻4回TKOでV7 鬼のボディーショットで4度ダウン奪う

    ◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦▽WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇寺地拳四朗(4回1分8秒TKO)ランディ・ペタルコリン(23日、横浜アリーナ)

     WBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗(27)=BMB=が、7度目の防衛に成功した。同級12位のランディ・ペタルコリン(28)=フィリピン=に4回1分8秒TKOで圧勝した。

     2Rまでジャブで様子見していた寺地は、3回に得意の右ボディーストレートなどで3度もダウンを奪ってエンジン全開。4回には左ボディーでまたもマットにはわせ、試合を終わらせた。

     「やったぜい!」と、ピースサインをつくった無敗王者は「左をもらったのは反省点だが、仕留め切れたので自分を褒めたい」と癒やし系の笑顔。今後は具志堅用高の日本記録13連続防衛も視野に入ってくるが「とりあえず一戦一戦勝てば13回いける自信しかない。防衛の回数とベルトを増やすのを目標に、よりカッコよくなりたい」と、力強く締めた。

     寺地の戦績は17勝(10KO)、ペタルコリンは31勝(23KO)4敗1分けとなった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-12230148-sph-spo

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【寺地拳四朗が圧巻4回TKOでV7】の続きを読む

    このページのトップヘ