meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> プロボクサー(4ページ目) | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > プロボクサー


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。所属事務所はホリプロ。マネジメント・広告代理店は株式会社セカンドキャリア。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上
    90キロバイト (12,191 語) - 2019年12月27日 (金) 02:19



    (出典 i.ytimg.com)


    王座決戦だし、かなりの注目の試合ですよね。
    今後の試合も期待します。

    1 豆次郎 ★ :2019/12/28(土) 20:49:49.11 ID:sGo1rRdg9.net

    J-CASTニュース
    12/27(金) 18:25配信

    井上VSドネア戦はなぜ世界で評価されたのか 米・英メディアで年間最高試合「3冠」

     「モンスター」井上尚弥(26)=大橋=が新たな「勲章」を手に入れた。

     米スポーツ専門局「ESPN」が2019年12月26日、ボクシングの2019年度の年間最高試合に井上尚弥VSノニト・ドネア(フィリピン)戦を選んだ。同試合は11月7日にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝戦として行われ、井上が判定でドネアを下しWBA王座統一とIBF王座の防衛に成功した。

    ■PFP1位アルバレスを上回る高評価

     世界中が注目した「11・7決戦」。その期待を裏切らなかった両雄に「ESPN」が最大の評価を与えた。井上VSドネア戦は、試合直後から世界中のメディアで絶賛され、米国の歴史ある専門誌「ザ・リング」、英国の専門誌「ボクシングニュース」でも年間最高試合に選出された。日本が誇る「モンスター」とフィリピンのレジェンドの一戦は、世界が認めた伝説の名勝負となった。

     現在、ボクシング界で人気、実力ともに世界のトップに君臨するのがサウル・アルバレス(メキシコ)だ。「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)でもトップに立ち、ファイトマネーは現役選手の中で群を抜いている。今年5月にはミドル級のベルトを統一し、11月にはライトヘビー級の王座を獲得。2試合とも十分、偉業に見合うものだが、世界の評価は井上VSドネア戦が上回った。

     なぜ井上VSドネア戦がそれほどまでに世界の専門家の心を引き付けたのだろうか。改めて「11・7決戦」を振り返ってみたい。

    ドネアはベストコンディション、メンタルも...

     戦前の専門家の予想の多くは井上のKO勝利、もしくは圧勝だった。対戦時の両者の年齢差は10歳ほどあり、ドネアの体力的な衰えを指摘する声もあった。だが、さいたまスーパーアリーナのリングに立ったドネアはベストコンディションで、メンタルも充実していたようにみえた。

     この試合の大きなポイントとなったのが2回、9回、11回だろう。2回にドネアが放った左フックが井上の顔面をとらえ右目上を切り裂いた。井上にとってパンチによる顔面のカットはプロ、アマ通じて初めての経験だった。後日には、右目眼窩底骨折の重傷だったことが判明。パンチによるカットのため、出血がひどくなれば試合を止められTKO負けとなるだけに、以降は慎重に試合を進めざるを得なかった。

     9回はドネアにとって悔やまれるラウンドになった。ドネアは右ストレートのカウンターで井上をぐらつかせるも詰め切れなかった。「もっとパンチを打ちこめていたら、もしかしたら倒せたかもしれない」と試合後に振り返ったように最大のチャンスだった。8回には井上の右目上の出血が激しさを増し、流れがドネアに傾いていたラウンドだったが、あと一発が出なかった。

    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000007-jct-spo


    (出典 www.j-cast.com)


    【井上VSドネア戦はなぜ世界で評価されたのか?】の続きを読む


    村田 諒太(むらた りょうた、1986年1月12日 - )は、日本のプロボクサー。ロンドンオリンピックミドル級金メダリスト。奈良県奈良市出身。帝拳ボクシングジム所属。現WBA世界ミドル級王者。日本人ボクサーとして竹原慎二以来2人目のミドル級世界王者であり、オリンピックメダリストとしては日本人初の世界王者である。血液型AB型。
    80キロバイト (10,700 語) - 2019年12月25日 (水) 06:10



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    村田選手の初防衛戦の視聴率高いですね。
    見所たくさんですね。

    1 ネギうどん ★ :2019/12/24(火) 10:29:33.57 ID:GQF9yKPb9.net

    ◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇王者・村田諒太(5回2分45秒 TKO)同級8位スティーブン・バトラー●(23日、横浜アリーナ)

     23日にフジテレビ系で放送された「プロボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ 村田諒太×スティーブン・バトラー」(後8時12分~9時)の平均視聴率が12・2%だったことが24日、分かった。

     瞬間最高視聴率は午後8時43分、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(33)=帝拳=と同級8位スティーブン・バトラー(24)=カナダ=の4回の攻防で15・5%を記録した。

     村田はバトラー(24)を5回2分45秒TKOで下し、初防衛に成功。KO率80%の挑戦者の強打にひるまず、5回に右の5連打から左フックでダウンを奪い、相手は失神KOとなった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-12240034-sph-ent


    (出典 giwiz-content.c.yimg.jp)


    【村田諒太のボクシング初防衛戦】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。所属事務所はホリプロ。マネジメント・広告代理店は株式会社セカンドキャリア。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上
    90キロバイト (12,157 語) - 2019年12月26日 (木) 03:20



    (出典 image.news.livedoor.com)


    受賞おめでとうございます。
    かなりの強者ですね。

    1 バグダッドの夜食 ★ :2019/12/26(木) 11:38:09.59 ID:BK7gjuYh9.net

     
    Boxing review of 2019: Joshua, Ruiz, Wilder, Inoue and Taylor light up year https://t.co/eZPdXDcCkB
    https://twitter.com/BBCNews/status/1209637485426462721
    BBC News (UK)

    BBCが年間表彰を発表、2019年の主役の1人として井上に脚光

     ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)。英公共放送「BBC」は2019年のボクシング界の年間表彰を発表したが、井上を年間最優秀ファイターに選出している。

     ボクシング熱が高いBBCでも2019年の締めくくりに年間表彰企画を行った。

     各表彰の選者は「BBCラジオ5 ライブボクシング」で実況も務めるスティーブ・ブルース記者、そして、BBCでボクシング担当を務めるマイク・コステロ記者。識者2人がそれぞれ選出している。

     特集では「6月に起きた数世代で一度の大番狂わせの他に、2019年はウクライナ人ファイターの格、何人かのアメリカのヘビー級ファイターのパンチ力、二重の視覚を抱えながら斬新な闘いぶりを見せた日本人ファイターの卓越した華麗さというものを供出してくれた」と1年間を回想している。

     6月にアンディ・ルイス(米国)との世界ヘビー級タイトルマッチ初戦でよもやの黒星を喫しながらも、リマッチで見事雪辱を果たしたアンソニー・ジョシュア(英国)、「精密機械」の異名で知られるライト級世界王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、WBCヘビー級世界王者デオンテイ・ワイルダー(米国)、そして、右目の眼窩底骨折などのアクシデントで視野を奪われながらドネアを倒した井上が、2019年の主役候補として紹介。そして、各部門の表彰者を選出している。

    「ファイター・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)」にブルース記者が選出したのは「Naoya Inoue」だった。

    「私はイノウエを選ぶ。理由はドネアを倒して2団体を統一したからだけではない。5月には彼はエマヌエル・ロドリゲスも倒しているのだ。我々のお気に入りで、我々が見続けてきたロドリゲスだが、彼はたったの2ラウンド以内でぶっ飛ばしてしまった。無敗の男を破壊してしまったんだ」

    「ドラマ・イン・サイタマ」と呼ばれたドネアとの名勝負のみならず、スコットランド・グラスゴーで5月に行われたWBSS準決勝のロドリゲス戦の衝撃のKO劇が選出の要因だった。

     ロドリゲスは2018年5月に英ロンドンでポール・バトラー(英)を倒し、IBF世界王者の座を掴んでいた。英国内でもその強さは知れ渡っていただけに、キャリアで一度もダウンしたことのなかった無敗王者を259秒で倒したインパクトは絶大だったようだ。


    詳細はリンク先をご覧ください。

    井上尚弥がまた快挙 英BBCが年間最優秀選手に選出「ドネアを倒しただけではない…」
    https://the-ans.jp/news/98930/
    2019.12.26 著者 : THE ANSWER編集部

    https://www.instagram.com/p/B6ZpZbjptfQ/


    関連スレ

    【ボクシング】井上尚弥が快挙! 米リング誌、WBSS決勝ドネア戦を「年間最高試合」選出 2年連続表彰の偉業 森友あり
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577156212/


    ★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

    【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★249
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577119481/
    ・悪意のあるスレッド
    ・誤解を招くスレッド
    ・ほぼ同じ話題の重複スレッド
    ・政治や災害それ自体のスレッド
    など、お気軽にご報告ください。
    スレッド検索にこちらもご活用ください。
    http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E9%87%8E%E7%90%83&ita=8&creator=Egg
    http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC&ita=8&creator=%E7%A0%82%E6%BC%A0
    (deleted an unsolicited ad)




    (出典 ichef.bbci.co.uk)



    (出典 fullsports.info)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【井上尚弥が年間最優秀選手に選出】の続きを読む


    村田 諒太(むらた りょうた、1986年1月12日 - )は、日本のプロボクサー。ロンドンオリンピックミドル級金メダリスト。奈良県奈良市出身。帝拳ボクシングジム所属。現WBA世界ミドル級王者。日本人ボクサーとして竹原慎二以来2人目のミドル級世界王者であり、オリンピックメダリストとしては日本人初の世界王者である。血液型AB型。
    79キロバイト (10,616 語) - 2019年12月23日 (月) 13:16



    (出典 ibu4gin.net)


    初防衛おめでとうございます。
    強いですね。

    1 豆次郎 ★ :2019/12/23(月) 22:08:17.94 ID:B2i/VMf59.net

    THE ANSWER
    12/23(月) 20:48配信
    村田諒太、5回TKO勝ちで初防衛 強打のバトラー撃破、ミドル級通算2度防衛の快挙


     ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回TKO勝ちし、初防衛に成功した。前回の同王座に就いていた期間を含めて2度目の防衛成功。日本人に馴染みのない中重量級で、通算2度目の防衛に成功して存在感を見せつけた。



     24歳ながらここまで28勝24KO1敗1分けでKO率80%を誇る世界初挑戦のバトラーは、試合発表時はWBO1位の実力者。弾丸のように次々とパンチを繰り出すことから「Bang Bang(バンバン)」と呼ばれる強打の挑戦者に、33歳の村田が立ちはだかった。

     村田は2017年10月に竹原慎二以来22年ぶり日本人2人目のミドル級王座奪取。18年4月に日本人初の防衛に成功した。同10月には米ラスベガスで行われた2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米国)に敗れたが、進退に悩んだ末に現役続行を決断。今年7月にブラントから王座を奪還し、今回で通算2度目の防衛成功を果たした。

     現在のミドル級では、カネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)、IBF王者ゲンナジ―・ゴロフキン(カザフスタン)、WBC王者ジャーモール・チャーロ(米国)、WBO王者デメトリアス・アンドラーデ(米国)などがいる。世界的に層の厚い群雄割拠のミドル級。日本人未踏の地を切り拓いてきた村田にビッグマッチ実現の期待がかかる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00098581-theanswer-fight

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577101683/


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    【村田諒太、KO勝ちで初防衛!】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。所属事務所はホリプロ。マネジメント・広告代理店は株式会社セカンドキャリア。担当トレーナーは父の井上真吾。弟は同じプロボクサーの井上拓真、従兄弟に同じくプロボクサーの井上
    87キロバイト (11,934 語) - 2019年12月20日 (金) 09:48



    (出典 the-ans.info)


    どうしても強者と挑戦したいのですね。
    試合楽しみにしてます。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/20(金) 22:08:24.03 ID:2AHmWQwR9.net

    プロモーターのギボンズ氏「カシメロは7年前の実力だ」

    ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF世界王者・井上尚弥(大橋)。来年4月に米国で予定される次戦の有力候補に浮上しているWBO王者ジョエルリエル・カシメロ(フィリピン)のプロモーターが「イノウエの守備は穴だらけ」と再度挑発。WBSS決勝で死闘を演じた5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)を引き合いに出し「カシメロはドネアの7年前の実力」と優位性を強調している。フィリピンメディア「インクワイアー」が報じている。

    先月、英国で「11秒KO男」ゾラニ・テテ(南アフリカ)に3回TKO勝ちを収め、WBOタイトルを手にしたカシメロ。伝説の6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が経営する「MPプロモーションズ」に所属しているが、そのプロモーターを務めるショーン・ギボンズ氏がまたしても挑発に出ている。

    記事によると、同氏は「ノニト・ドネアはイノウエの数多くの弱点を示した。イノウエはオフェンス的に偉大なファイターだが、ディフェンスは穴だらけだ」と指摘したという。これまでも自身のSNSやメディアを通じて、ドネア相手に眼窩底と鼻骨を骨折したモンスターを散々挑発していたが、交渉スタートと報じられても、強気な姿勢は変わらないようだ。

    「カシメロは現時点で、経験、パワー、全体的なボクシングスキルで言えば、ノニト・ドネアの7年前の実力だ。彼のスタイルとパワーがイノウエを倒すと本気で信じている」とも語ったというギボンズ氏。「フィリピンの閃光」の異名で知られるドネアの全盛期と同じ実力とカシメロを手放しで絶賛し、高まる激突の機運を大いに盛り上げていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191220-00098152-theanswer-fight
    12/20(金) 18:03配信


    (出典 the-ans.info)


    【井上尚弥をまたしてもカシメロが挑発 】の続きを読む

    このページのトップヘ