meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> アニメ | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > アニメ


    「食べマス」ハロウィン衣装のエイリアン&ミッキー、セブンイレブン限定発売、パンプキンプリン味とカスタード味/バンダイ

    …バンダイ キャンディ事業部は10月23日、「食べマス TOY STORYハロウィン エイリアン」「食べマス Disneyハロウィン ミッキーマウス」…
    (出典:食品産業新聞社ニュースWEB)


    挑戦・成長・進化 バンダイナムコホールディングス 2018年2月9日 ^ 大半の作品は無地だが、BS11『アニメ+』ではキャッチコピーが黒文字、ロゴがカラー表記、『ウルトラマンティガ』と『ウルトラマンダイナ』の地上波本放送ではロゴとキャッチコピーが全てカラー表記となる。但し「・」についてはティガとダイナで表記が異なる。
    60キロバイト (7,486 語) - 2021年10月16日 (土) 20:12


    元祖まるごとかぼちゃプリン|イエローパンプキン
    http://www.yellowpumpkin.co.jp/goods.cgi?sg1=ganso-putting


    ディズニーの食べマスにハロウィン衣装ですか😳
    食べてみたいです🎃

    【「食べマス」ハロウィン衣装のエイリアン&ミッキー、セブンイレブン限定発売、パンプキンプリン味とカスタード味/バンダイ】の続きを読む


    アニメーション進化論?「妖怪伝 猫目小僧」で登場したゲキメーション、30年後に劇的復活 映画監督が解説

     9月24日、漫画家さいとう・たかを氏が亡くなった。あちこちのメディアで報じられたように、さいとう・たかを氏は「劇画」というジャンルを生み出した立役…
    (出典:よろず~ニュース)


    妖怪伝 猫目小僧』(ようかいでん ねこめこぞう)は、1976年4月1日から同年9月30日まで東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放送されていたテレビアニメである。全24話(本放送時には再放送あり:全27回)。放送時間は毎週木曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。
    8キロバイト (785 語) - 2020年12月13日 (日) 09:59


    ゲキメーションが復活…❓️
    劇画好きの方々も多数いますしね🔫

    【アニメーション進化論?「妖怪伝 猫目小僧」で登場したゲキメーション、30年後に劇的復活 映画監督が解説】の続きを読む


    史上最強の大魔王村人Aに転生する』(しじょうさいきょうだいまおう むらびとエーてんせいする)は、下等妙人による日本ライトノベル。イラストは水野早桜が担当している。Web版は小説家なろうて2017年8月から連載され、書籍版は富士見ファンタジア文庫(KADOKAWA)より2018年5月から
    12キロバイト (1,365 語) - 2021年9月25日 (土) 04:22



    (出典 eiga.k-img.com)


    よく解らない漫画(❓️)ですけどアニメ化は良いですね📺️
    アニメ好きな方々が喜びますね📺️

    1 カラス ★ :2021/10/09(土) 14:09:42.46

    https://eiga.com/news/20211008/21/

    (出典 eiga.k-img.com)
    ?1633515005

    ライトノベル「史上最強の大魔王、村人Aに転生する」のテレビアニメ化が決定し、2022年に放送されることが分かった。あわせて、監督の湊未來らメインスタッフも明らかにされた。

    原作小説は、「ファンタジア文庫」(KADOKAWA刊)から8巻まで刊行中。神話に名を刻む大魔王が平凡な生活にあこがれて数千年後の世界に村人アードとして転生し、魔法学園で規格外の存在としておのれの道をつき進む。

    「ジャヒー様はくじけない!」「迷宮*カンパニー」の湊未來が監督、「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」の野口孝行がキャラクターデザインを担当。SILVER LINK.とBLADEが共同でアニメーション制作を担う。


    【【アニメ】「史上最強の大魔王、村人Aに転生する」22年TVアニメ化 監督は湊未來】の続きを読む


    ブラックロックシューター(BLACKROCK SHOOTER、ブラックロックシューター、ぶらっくろっくしゅーたー、略称:BRS、BRS。 正式名称は名前にが入る)は、日本のイラストレーター、hukeによってデザインされたキャラクター、およびそれを元にした楽曲・アニメーション・TVゲーム作品である。
    134キロバイト (21,413 語) - 2021年9月18日 (土) 14:52



    (出典 pbs.twimg.com)


    ブラック★ロックシューターの再アニメ化ですか😳
    不安の声がある様だけど…❓️

    1 カラス ★ :2021/09/20(月) 14:22:27.51

    https://myjitsu.jp/enta/archives/95229

    約10年前に一世を風靡した伝説的なボカロ曲『*★ロックシューター』が、令和の世にふたたびアニメ化される。2012年にも岡田麿里の脚本によってアニメ化されたことのある同作だが、今回はどのような作品になるのだろうか。

    「*★ロックシューター」の歴史を簡単に追っていくと、まず『Steins;Gate』のキャラクターデザインなどで知られるhukeがオリジナルキャラクターとして『pixiv』などにイラストを投稿。このキャラクターにインスピレーションを受けた『Supercell』が『ニコニコ動画』でボカロ楽曲を公開し、一躍有名になった。

    そんな同作が最初にアニメ化されたのは2010年。吉岡忍監督によるOVA作品で、『涼宮ハルヒ』シリーズの作者・谷川流が脚本として参加するなど、豪華スタッフ陣が注目を集めた。その後、OVAの世界観を引き継ぐ形で2012年にTVアニメ化されたのだが、岡田麿里特有のクセが強いセリフ回しなどが賛否両論。「どうしてマカロン…」という名言(迷言?)が生まれたのもこのアニメだ。

    そして今回『*★★ロックシューターDAWN FALL』として、新たなアニメ化プロジェクトが始動したのだが、2012年版の旧作を思い返して不安を感じる人も。ネット上では《前のアニメ全然話題にならなかったような気がするけど、大丈夫なの?》《OVAはまだマシだったけど、地上波のは酷すぎ》《アニメ放映当時観てたけど、雰囲気満点だけどよく分からないアニメだったって印象だわ》《視聴者もビックリの激重百合アニメだった記憶しかないけど、新作はどうなるんやろか》《どうしてマカロン…》といった声が上がっている。


    「カゲプロ」アニメのリメイクを希望する声も
    人を選ぶ作品だった2012年版の「*★ロックシューター」だが、当時としてはかなり画期的だったセルルックの3Dアニメーションなど、見どころも多い。賛否両論の脚本も刺さる人には刺さりそうな雰囲気だったので、今回の再アニメ化を《マジで厨二心に刺さった思い出あるなぁ。新作楽しみ》《*★ロックシューターアニメ化は嬉しすぎ》と喜ぶファンもいるようだ。

    ちなみに“懐かしのボカロ楽曲”という括りで言えば、『カゲロウプロジェクト』のマルチメディアミックスプロジェクトとして、TVアニメ『メカクシティアクターズ』が制作されたこともあった。こちらは残念なことに爆死アニメとして語り継がれているが、「*★ロックシューター」の再アニメ化を受けて、《この調子でカゲプロの方も…》《カゲプロも再アニメ化してくれ》とリメイクを望む人も少なくない。

    とはいえ、どちらの作品にも言えることだが、令和になった今の時代では「名前しか聞いたことない」という人も増えてきている模様。リアルタイム世代しか楽しめないインターネット老人会アニメではなく、若いアニメファンも楽しめるリメイク作品になることを祈るばかりだ。

    文=大上賢一


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【アニメ】『ブラック★ロックシューター』再アニメ化に不安の声!“黒歴史”を乗り越えられるか…】の続きを読む


    押井 (おしい まもる、1951年8月8日 - )は、日本の映画監督、アニメーション演出家、小説家、脚本家、漫画原作者、劇作家、ゲームクリエイター。東京大学大学院特任教授、東京経済大学客員教授などとしても活動している。2021年時点は静岡県熱海市在住。 東京都大田区大森出身。父親は山形出身で、興信
    95キロバイト (13,462 語) - 2021年9月18日 (土) 07:15



    (出典 blog-imgs-146.fc2.com)


    押井監督がルパン三世の新作の脚本家で参加とはね😳
    頑張ってください📺️

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/09/01(水) 13:17:11.64 ID:CAP_USER9.net

    2021年09月01日

    「ルパン三世」の新作テレビアニメ「ルパン三世 PART6」のキービジュアル 原作:モンキー・パンチ(C)TMS・NTV 1 / 5

    (出典 storage.mantan-web.jp)



     アニメ「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「機動警察パトレイバー」などで知られる押井守監督が、テレビアニメ「ルパン三世」の新作「ルパン三世 PART6」にゲスト脚本家として参加することが9月1日、明らかになった。
    同作は、作家の大倉崇裕さんがシリーズ構成を担当し、押井さんはオムニバスエピソードの脚本を手がける。ゲスト脚本家として作家の辻真先さん、芦辺拓さん、樋口明雄さん、湊かなえさんが参加することも発表された。
     押井さんは「まさか、またルパンに関わるとは夢にも思っていませんでした。シリーズ構成の大倉さんが、『好きに書いてください』と言ってくれたので好きに書かせてもらいました。
    責任は取れませんが、きっと大倉さんをはじめとした皆さんが戦ってくれるのでしょう。この脚本を採用してくれた製作者の皆さまの英断に感謝します」とコメントを寄せている。
     ルパン三世、次元大介、石川五ェ門、峰不二子、銭形警部らメインキャラクターが描かれたキービジュアルも公開された。キャラクターデザインを手がける丸藤広貴さんが描いたビジュアルで、「その事件には、裏があるー」というコピーが添えられている。
     「ルパン三世 PART6」は、「ルパン三世」が今年アニメ化50周年を迎えることを記念して放送される。ルパン三世をひもとく二つのキーワードでストーリーが展開され、1クール目のキーワードは「ミステリー」。
    舞台はロンドンで、英国政府を陰で操る謎の組織・レイブンが隠したお宝と、その手がかりとなる一枚の絵を狙うルパン三世の前に、探偵シャーロック・ホームズが現れる。10月から日本テレビ系でスタートし、日本テレビでは、10月9日深夜0時55から放送される。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

     https://mantan-web.jp/article/20210831dog00m200053000c.html


    【【アニメ】 押井守:「ルパン三世」新作で脚本 「まさか、またルパンに関わるとは」 辻真先、芦辺拓、樋口明雄、湊かなえも】の続きを読む

    このページのトップヘ