meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 映画 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 映画


    映画秘宝』(えいがひほう)は、洋泉社が発行する映画雑誌(かつてはムックであった)である。毎月21日発売。 1995年に、洋泉社から、編集者町山智浩と田野辺尚人により創刊。一冊につきワンテーマのA5判ムックとして年に数度発刊され、「映画を見るよりも、ライターたちのその映画
    101キロバイト (4,627 語) - 2020年1月21日 (火) 08:12



    (出典 i.ytimg.com)


    どんなランキングか楽しみです。

    1 muffin ★ :2020/01/21(火) 13:40:42 ID:ATShbxrG9.net

    https://news.mynavi.jp/article/20200121-957348/
    2020/01/21

    25周年記念号にして休刊号となる映画雑誌『映画秘宝』2020年3月号(洋泉社・1月21日発売)で、「2019年度の年間映画ベスト&トホホ10」が発表される。

    「ベスト&トホホ10」は、同誌が年に一度実施している名物企画で、その年のベスト映画とワーストを意味する“トホホ”な映画を選ぶというもの。休刊号となる今回は、俳優・斎藤工、女優・のん、映画評論家・町山智浩、RHYMESTER・宇多丸ら、総勢175名が投票に参加した。

    秘宝ライター、読者共に1位に輝き、完全優勝を果たしたのは、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが共演し、クエンティン・タランティーノ監督が手掛けた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に決定。2位以降は、『ジョーカー』、『スパイダーマン:スパイダーバース』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』、『アイリッシュマン』が続いた。

    また、ベスト10で2位、トホホ10で3位と評価が分かれた『ジョーカー』でアーサー・フレックを怪演したホアキン・フェニックスが「2019年度ベスト・ガイ」で1位に。一方、トホホ10の2位という不名誉な結果となった『ターミネーター:ニュー・フェイト』だが、同作で2042年の未来から送り込まれてきた兵士・グレースを演じたマッケンジー・デイヴィスが「2019年度ベスト・ガール」の1位に輝いた。

    ■『映画秘宝』が選ぶ2019年度映画ベスト10
    1位.ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    2位.ジョーカー
    3位.スパイダーマン:スパイダーバース
    4位.アベンジャーズ/エンドゲーム
    5位.アイリッシュマン
    6位.T-34 レジェンド・オブ・ウォー
    7位.マリッジ・ストーリー
    8位.グリーンブック
    9位.ボーダー 二つの世界
    10位.工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男

    ■『映画秘宝』が選ぶ2019年度映画トホホ10
    1位.ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    2位.ターミネーター:ニュー・フェイト
    3位.ジョーカー
    4位.トイ・ストーリー4
    5位.サスペリア
    6位.Diner ダイナー
    7位.アド・アストラ
    8位.アリータ:バトル・エンジェル
    9位.ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    9位.新聞記者


    (出典 news.mynavi.jp)


    【『映画秘宝』休刊号、2019年ベスト&トホホ10発表!】の続きを読む


    カルロスゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、ブラジル出身の実業家。2004年に藍綬褒章を受章。ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めていたが、201
    72キロバイト (8,739 語) - 2020年1月18日 (土) 13:35



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ゴーン被告の逃亡の内容は、よく解りませんけど映画の始めから終わりまで、しっかりした内容にしないと観客が入りませんからね…
    難しいですよね…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/01/19(日) 20:05:26.30 ID:3F/eameY9.net

    2020年01月19日 11時00分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1696782/

     映画化は難しい!? 金融商品取引法違反などの罪で起訴され、保釈中にレバノンへ逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)はフランス誌の取材に逃亡劇には日本人の協力者がいたことをほのめ*など、徐々に詳細を語り始めようとしている。情報を小出しにすることで、自身に関心を集めるゴーン流の宣伝術ともいえ、その先にあるのは映画化だ。ただ、映画関係者からは「相当な“駄作”になる」と厳しい声が上がっている。


     ゴーン被告は先日、米CBSテレビのインタビューに対し、噂されていた自身の逃亡劇の映画化について言及した。「ハリウッド関係者からのアプローチはあったのか」と問われ、ゴーン被告は「イエス」と答え、さらに「映画化は実現しそうなのか」と聞かれ「当然あるでしょう」と明言した。

     本紙でも既報したように、ゴーン被告は逃亡前の昨年12月、ハリウッドの大物映画プロデューサー、ジョン・レッシャー氏を招き、自身の逮捕、逃亡劇を描く映画の構想を話し合ったという。今回、改めて映画化について明言した格好だ。

     だが、映画関係者は「ホントに映画にできるのか?」と疑いの目を向ける。その理由は「映画にした場合、クライマックスは当然、日本からの脱出劇になりますよね。でもそれが、あまりにもショボすぎる。危うく『捕まるかも?』というハラハラドキドキする展開はゼロ。盛り上がるところが全くないから、映画にしても面白くない」というものだ。

     ゴーン被告のレバノンへの逃亡劇は、昨年12月29日から30日にかけてのこと。午後2時半ごろに東京・港区にある保釈中の住居を出て、ホテルで男性2人と合流。同4時半ごろに品川駅から東海道新幹線に乗ったとみられる。

     新幹線で同7時すぎに新大阪駅に着くと、そこからタクシーで関西国際空港に向かい、近くのホテルで降車。同10時ごろに音響機器用の箱に入ったゴーン被告を男性2人が運んで関空へ行き、そのままプライベートジェットに乗って出国。翌30日午前5時ごろにトルコ・イスタンブールに到着し、その後レバノン入りした。

    「帰省ラッシュのピークである年末の29日に新幹線に乗っている描写はおもしろいと言えばおもしろいけど、別に怪しまれることもなかった。他の乗客は、たとえゴーン被告に気付いたとしても『そうか、保釈中なんだ』と思うくらいで特に怪しまないからね。そのうえ新大阪からはタクシーで関空に行くって、年末年始を海外で過ごす金持ちにはよくある光景でしかない。映画にならないでしょ?」(同)

     クライマックスは、やはり音響機器用の箱に入っての出国ということになるが…。

    「何事もなく荷物として普通に積まれてしまった。日本の空港の、プライベートジェットに対するセキュリティーの甘さが指摘されるだけで、映画としては何にも面白くない。こんなのをハリウッドで映画化するプロデューサーがいるとはとても思えないですよ」(同)

     ゴーン被告は、日本の司法制度の不公平さを訴えるため、自身の逃亡劇を映画にしたいようだが、「保釈をなかなか認めないとか、家族と会えない描写だけでは、ドキュメンタリー映画としても厳しい。フィクションとして、逃亡劇をスリルのあるようなシナリオに書き換える手もあるが、それではリアリティーがなくなる。ただのコメディーにするのは本意ではないでしょう」(同)

     仏誌の取材に対して、ゴーン被告は数か月前から準備していたのではなく、短期間で計画、実行に移したほか、日本人の協力者もいたことも示唆した。それでも逃亡劇がここまでつまらなければ、盛り上がりには欠ける。

    「同じ逃亡劇ならむしろ、2018年8月に大阪府警富田林署の留置場から逃走し、自転車で日本縦断する旅人になりすまして49日間も逃走した事件があったが、そっちの映画の方がまだマシでは?」(同)

     ゴーン被告の逃亡劇は、ホントに映画化されるのか?


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【ゴーン逃亡映画に疑問 クライマックスがショボすぎ…】の続きを読む


    翔んで埼玉』(とんでさいたま)は、魔夜峰央による日本の漫画作品。『花とゆめ』(白泉社)1982年(昭和57年)冬の別冊および、1983年(昭和58年)春の別冊・夏の別冊に3回に分けて連載された。 2019年に実写映画版が公開。 作者の魔夜は『パタリロ!』の掲載誌である『花とゆめ』編集長(当時)の勧
    39キロバイト (5,956 語) - 2019年11月19日 (火) 15:14



    (出典 dressy.pla-cole.wedding)


    翔んで埼玉

    (出典 Youtube)


    アカデミー賞の最優秀賞の受賞おめでとうございます。
    それにしても凄いですね。

    1 牛丼 ★ :2020/01/15(水) 16:18:05.29 ID:4L8vvm7d9.net

     15日、第43回日本アカデミー賞の優秀賞が発表され、昨年話題となった映画『翔んで埼玉』が作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞を含む最多12部門で優秀賞を受賞した。

     魔夜峰央の人気漫画を実写映画化した本作は、埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の息子・壇ノ浦百美と、埼玉出身の転校生・麻実麗が惹かれ合うさまを描くギャグコメディー。GACKTの主演男優賞、二階堂ふみの主演女優賞などで優秀賞を受賞した。なお、二階堂は『人間失格 太宰治と3人の女たち』で優秀助演女優賞を獲得したため、W受賞という結果となった。

     そのほか、笑福亭鶴瓶が主演を務めた『閉鎖病棟-それぞれの朝-』(11部門受賞)、大人気マンガを実写化した『キングダム』(9部門受賞)、サスペンスドラマ『新聞記者』(6部門受賞)、松岡茉優主演の『蜜蜂と遠雷』(6部門受賞)が優秀作品賞に選ばれた。

     優秀主演男優賞は『アルキメデスの大戦』の菅田将暉ら、優秀助演男優賞は『決算!忠臣蔵』の岡村隆史(ナインティナイン)らが受賞した。

     選考対象となったのは、2018年12月16日~2019年12月15日に公開され、選考基準を満たした作品。各部門の最優秀賞は、3月6日に行われる授賞式にて発表される。(編集部・梅山富美子)

    第43回日本アカデミー賞の主な受賞結果は以下の通り。

    ■優秀作品賞
    『キングダム』
    『新聞記者』
    『翔んで埼玉』
    『閉鎖病棟-それぞれの朝-』
    『蜜蜂と遠雷』

    ■優秀アニメーション作品賞
    『空の青さを知る人よ』
    『天気の子』
    『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』
    『ルパン三世 THE FIRST』
    『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』

    ■優秀監督賞
    佐藤信介『キングダム』
    周防正行『カツベン!』
    武内英樹『翔んで埼玉』
    平山秀幸『閉鎖病棟-それぞれの朝-』
    藤井道人『新聞記者』

    ■優秀主演男優賞
    笑福亭鶴瓶『閉鎖病棟-それぞれの朝-』
    菅田将暉『アルキメデスの大戦』
    中井貴一『記憶にございません!』
    松坂桃李『新聞記者』
    GACKT『翔んで埼玉』

    ■優秀主演女優賞
    シム・ウンギョン『新聞記者』
    二階堂ふみ『翔んで埼玉』
    松岡茉優『蜜蜂と遠雷』
    宮沢りえ『人間失格 太宰治と3人の女たち』
    吉永小百合『最高の人生の見つけ方』

    ■優秀助演男優賞
    綾野剛『閉鎖病棟-それぞれの朝-』
    伊勢谷友介『翔んで埼玉』
    柄本佑『アルキメデスの大戦』
    岡村隆史『決算!忠臣蔵』
    佐々木蔵之介『空母いぶき』
    吉沢亮『キングダム』

    ■優秀助演女優賞
    天海祐希『最高の人生の見つけ方』
    小松菜奈『閉鎖病棟-それぞれの朝-』
    高畑充希『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
    長澤まさみ『キングダム』
    二階堂ふみ『人間失格 太宰治と3人の女たち』

    ■優秀脚本賞
    片島章三『カツベン!』
    詩森ろば/高石明彦/藤井道人『新聞記者』
    徳永友一『翔んで埼玉』
    平山秀幸『閉鎖病棟-それぞれの朝-』
    三谷幸喜『記憶にございません!』

    ■優秀外国作品賞
    『イエスタデイ』
    『グリーンブック』
    『ジョーカー』
    『運び屋』
    『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

    ■新人俳優賞
    岸井ゆきの『愛がなんだ』
    黒島結菜『カツベン!』
    吉岡里帆『見えない目撃者』『パラレルワールド・ラ*トーリー』
    鈴鹿央士『蜜蜂と遠雷』
    森崎ウィン『蜜蜂と遠雷』
    横浜流星『愛唄 -約束のナクヒト-』『いなくなれ、群青』『チア男子!!』

    ※最多受賞数に新人俳優賞は含まず
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000014-flix-movi


    (出典 img.cinematoday.jp)


    【『翔んで埼玉』が最多12部門で優秀賞を受賞!】の続きを読む


    カルロスゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、ブラジル出身の実業家。2004年に藍綬褒章を受章。ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括する「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)を務めていたが、201
    71キロバイト (8,539 語) - 2020年1月13日 (月) 09:12



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    逃亡がハリウッド映画になるとはね…

    1 牛丼 ★ :2020/01/13(月) 11:12:00.73 ID:EFD6AVok9.net

     日産前会長のカルロス・ゴーン被告は、自身の逃亡劇をハリウッド映画にする提案があったことを認め、前向きな姿勢を示しました。

     「(Q.ハリウッドからアプローチはあった?)ええ。(Q.実現しそうなんですか?)当然でしょう」(ゴーン被告)
     ゴーン被告はアメリカCBSテレビのインタビューでこう語り、自身の逃亡劇がハリウッドで映画化されることに前向きな姿勢を示しました。

     アメリカのウォールストリート・ジャーナルは今月、ハリウッド映画のプロデューサーであるジョン・レッシャー氏がゴーン氏を訪ねて構想を話し合ったと報じていました。

     インタビューでゴーン被告は妻のキャロル容疑者と再会した時について問われると、アメリカ人がトルコの刑務所から脱獄する映画を引き合いに、「まるで映画“ミッドナイト・エクスプレス”のようだと感じた」とも述べました。

     今後については、アメリカのハーバード法科大学院や投資家のイベントなど多くの講演依頼が来ているとした一方で、何か固定された役職に就くことは考えにくく、あったとしても投資分野になるだろうとの見通しを語りました。

    https://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3878244.html


    (出典 up.gc-img.net)


    【ゴーン被告の逃亡劇がハリウッド映画化】の続きを読む


    ポケットモンスター(Pocket Monsters)は、株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称。また、同作品に登場する架空の生物の総称、それらを題材にしたアニメを始めとするメディアミックス作品群を指す。略称は『ポケモン(Pokémon)』。
    66キロバイト (8,062 語) - 2019年11月30日 (土) 01:14



    (出典 portal.st-img.jp)


    ポケモンは人気アニメだしアニメ映画も良いですね。
    期待します。

    1 ひかり ★ :2020/01/10(金) 10:38:31.28 ID:/NMdxEra9.net

     人気アニメ『ポケットモンスター』の最新映画でシリーズ23作目となるタイトルが『劇場版ポケットモンスター ココ』(7月10日公開)に決定した。
    2年ぶりの完全新作として、監督を21作目『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』やテレビアニメ『ポケットモンスター』XYシリーズを担当した
    矢嶋哲生氏、脚本を矢嶋氏のほか同じくXYシリーズ、映画『ONE PIECE STAMPEDE』などを手掛けた冨岡淳広氏が務める。なお、タイトルは
    ポケモン映画史上、最も短いものとなった。

     今までの映画のタイトルにはポケモンの名前がつけられることがよくあったが、今回の「ココ」はポケモンの名前、人間の名前なのかどうか
    明かされていない。また、あわせて公開された映像では、ジャングルを舞台に赤い髪をした謎の人物がツタを自在に操り動き回り、サトシとピカチュウが驚く
    様子が描かれ、さらに謎の祠(ほこら)と人間の赤ちゃんが登場し「ニンゲン、これが…」という意味深なメッセージを見ることができる。

     ティザービジュアルでは、謎の人物が、ジャングルに足を踏み込んだサトシとピカチュウを、木の上から物珍しそうに眺めており、身体中に描かれた
    不思議な模様や、ツルのようなものが巻かれた手首などの容姿に注目が集まる。

     映画の前作『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は、シリーズ1作目『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』のリメイク版的なものだったため、
    今回の映画は『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』(18年)以来の2年ぶりの完全新作。それを手掛ける矢嶋氏と冨岡氏は、ファンの間で
    評価の高いポケモンバトルやかっこいいサトシを描いた人気シリーズ『XY』コンビなため「監督が矢嶋監督なのは個人的にかなりうれしい。
    あの人はXYにしろ、みんなの物語にしろ、絶対サトシをかっこよくしてくれる」「ワクワクしかない」などと期待する声が早くもあがっている。

    ■キャスト情報
    サトシ:松本梨香
    ピカチュウ:大谷育江

    ■キャスト情報
    原案:田尻智
    監督:矢嶋哲生
    脚本:冨岡淳広、矢嶋哲生
    アニメーション制作:OLM
    製作:ピカチュウプロジェクト
    配給:東宝

    オリコン

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000325-oric-ent

    【公式】「劇場版ポケットモンスター ココ」特報

    (出典 Youtube)



    (出典 s.animeanime.jp)


    【ポケモン新作映画『劇場版ポケットモンスター ココ』】の続きを読む

    このページのトップヘ