meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 映画 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 映画


    Netflix (ネットフリックスからのリダイレクト)
    Netflix(ネットフリックス、NASDAQ: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び定額制動画配信サービス運営会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。
    61キロバイト (7,480 語) - 2020年9月12日 (土) 14:17



    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    キューティズ!に問題が出ていますか…
    残念ですね…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/16(水) 20:26:32.16 ID:CAP_USER9.net

    2020年9月16日(水)18時10分
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/09/post-94457_1.php

    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    <内容が過激過ぎるとして「#キャンセルネットフリックス」運動に発展、株価も下落>

    ストリーミングサービスのネットフリックス(Netflix)の株価は、物議を醸した映画『キューティーズ!』の公開後、1.3%下落した。

    映画祭の受賞作品でもあるフランスの青春映画『キューティーズ!』は、アメリカの観客向けに試写会をおこなった後、未成年の出演者を不適切に性的に扱い、搾取しているとして批判を浴びた。

    『キューティーズ!』は、パリに住むセネガル系の少女が、友人たちのダンスグループに加わり、家族の問題から自由になるまでを描いている。この映画では、未成年の俳優たちが露出の多い衣装を身につけ、挑発的に踊るシーンが何度か登場する。

    フランスの映画制作者マイモウナ・ドゥクレの監督デビュー作となるこの映画は、『Mignonnes(可愛らしいお嬢さんたち)』のタイトルで8月19日にフランスで公開された際にはそれほど議論にはならなかった。しかし、9月9日にアメリカで配信が始まるとまもなく、ツイッターで「#CancelNetflix(ネットフリックスを解約しよう)」というハッシュタグがトレンドにあがる。

    配信翌日には、ネットフリックスの株価は3.9%下落した。

    この映画は9月14日現在、アメリカ版ネットフリックスの人気映画ランキングの7位に入っている。

    ■描写が「過激過ぎる」

    子を持つ親や政治家、さらには多くの陰謀論者は、ネットフリックスにこの映画の配信停止を求めている。上院議員のテッド・クルーズとトム・コットンは、この映画は児童ポルノにも等しいとして、司法省に対して独自調査を開始するよう求めた。

    クルーズはウィリアム・バー司法長官に宛てた書簡で、こう述べている。「この映画では、未成年の少女たちがたびたびフェティシズムの対象として性的に扱われており、露出の多い衣装を着て性行為を模したダンスを踊り、少なくとも一場面では未成年者が半裸になっている。そうした場面はそれ自体が有害だ」

    『キューティーズ!』の監督ドゥクレが監督賞を受賞した2月のサンダンス映画祭では、この映画は猥褻とは見なされなかった。映画評論家やドゥクレは、問題視されている要素について、現代社会における少女たちの性的客体化に対する社会的批評だと擁護している。

    フランスの映画組織ユニフランスが9月14日に主催したパネルディスカッションで、ドゥクレはこの映画のアメリカ公開について語り、受け入れられるだろうと思っていたと話した。

    「(米ユタ州で開催された)サンダンス映画祭で上映され、アメリカ人も観た。そこで私が会った人たちは、この映画が普遍的な問題を扱ったものだときちんと理解していた」とドゥクレは話した。「フランス社会だけのものではない、ということだ。児童の性的客体化は、ソーシャルメディアを通じて起きており、ソーシャルメディアはどこにでもある。その点はみな同意していた」

    「私たちに必要なのは、子どもたちを守ることだ。私の望みは、この問題に関して人々の目を開き、問題を正そうとしてもらうことだ」とドゥクレは続けた。

    全米性的搾取センター(NCOSE)などの活動団体は、「#CancelNetflix」というハッシュタグを使ってツイッター上でコメントしている。

    NCSOEは、9月11日に発表した声明のなかで次のように述べている。「ソーシャルメディアやインターネットに自由にアクセスできる少女たちが直面するきわめて現実的な脅威を露わにした点では、マイモウナ・ドゥクレ監督を称賛する。しかし、自分の意見を主張するために、幼い女優たちを性の対象とみなし、搾取したことは容認できない」

    (翻訳:ガリレオ)

    https://www.banger.jp/movie/8469/


    【【CancelNetflix】ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がまるで児童ポルノと問題化】の続きを読む


    黒沢 (くろさわ きよし、1955年7月19日 - )は、日本の映画監督、脚本家、映画批評家、小説家である。 1955年、兵庫県神戸市に生まれる。 立教大学では、自主映画製作集団「パロディアス・ユニティ」に所属した。同サークルには森達也や塩田明彦らがいた。蓮實重彦の授業を受講し、強い影響を受ける。
    22キロバイト (2,437 語) - 2020年9月12日 (土) 21:14



    (出典 www.sankei.com)


    黒沢監督、銀獅子賞受賞おめでとうございます!
    たけし氏以来の受賞ですからね!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/09/13(日) 03:58:21.70 ID:CAP_USER9.net

    2020.9.13 03:42エンタメ

     第77回ベネチア国際映画祭は13日(日本時間)、日本の「スパイの妻」の黒沢清監督を銀獅子賞(監督賞)に選んで閉幕した。

     黒沢監督が脚本も手がけた「スパイの妻」は、蒼井優(あおい・ゆう)さんと高橋一生(たかはし・いっせい)さんが主演。満州で目撃した恐るべき国家機密を米国で知らしめようとする夫と、その妻の葛藤や大胆で意外な行動を通じて、太平洋戦争を描いたサスペンス作品。

     黒沢清監督ら関係者は、コロナ禍のため伊ベネチアの会場を訪れることは断念していた。受賞の連絡を受けた黒沢監督は、映像であいさつ。「この年になって、こんなに喜ばしいプレゼントをもらえるとは思っていなかった。長い間映画を続けてきてよかったとしみじみ感じている」と喜びを語った。


     ベネチア国際映画祭で日本人が銀獅子賞を獲得するのは、60回(2003年)の「座頭市」の北野武監督以来。

     最高賞の金獅子賞には、カナダの「Nomadland」(クロエ・ジャオ監督)が選ばれた。

     ベネチア国際映画祭は世界3大映画祭の一つで、コロナ禍の中で開催された初の主要な映画祭となった。

     「スパイの妻」は、日本では10月16日に公開される。


    https://www.sankei.com/smp/entertainments/news/200913/ent2009130003-s1.html


    【【映画祭】「スパイの妻」黒沢清監督に銀獅子賞 ベネチア映画祭 北野武監督以来 2020/09/13】の続きを読む


    マッドマックス』(Mad Max)は、1979年公開のオーストラリアのアクション映画作品である。 監督のジョージ・ミラーと主演を務めたメル・ギブソンの出世作品であり、後にシリーズ化された。特殊撮影や舞台設定など、国内外の多くの作品に影響を与えた。 暴走族による凶悪事件が多発する社会となった近未来
    38キロバイト (5,272 語) - 2020年8月11日 (火) 11:11



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    マッドマックス今夜放送ですか!
    楽しみですね!

    1 muffin ★ :2020/09/10(木) 17:40:46.61

    https://natalie.mu/eiga/news/394356
    2020年9月8日

    9月12日にフジテレビ系の土曜プレミアムで地上波初放送される「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のオンエアを記念して、同日にオンラインイベントとプレゼントキャンペーンが行われる。

    9月12日20時から放送開始時間の21時にかけては、オンラインイベント「放送直前!ウォ―ボーイ正座待機ライブ中継」を開催。Zoomのライブ配信とTwitterで、この日のために集結したコスプレイヤーたちの熱気を伝える。また、対象時間内にTwitterで「マッドマックス」シリーズのコスプレ写真を「#マッドマックス正座待機」を付けて投稿すると、ポスターや公式グッズが当たるキャンペーンも実施。参加方法の詳細は、V8J絶叫上映企画チームのTwitter公式アカウント「@V8Japan」で告知される。

    さらに、21時からの放送中には、ワーナーブラザースジャパンのTwitter公式アカウント「@warnerjp」にて「マッドマックス」トリビアが披露される実況生中継を行う。放送時間中にハッシュタグ「#マッドマックス地上波降臨」を付けてツイート、もしくはトリビアツイートをリツイートすると、抽選で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のポスターなどがプレゼントされる。

    ジョージ・ミラーが監督を務めた「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、資源の枯渇した近未来を舞台に、トム・ハーディ演じるマックスの死闘を描く作品。シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース・バーンがキャストに名を連ねた。なお劇場公開時はR15+指定だったため、今回は地上波放送用に編集されたバージョンでオンエアされる。
    続きはソースをご覧下さい


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    【【映画】『マッドマックス 怒りのデス・ロード』12日 21時~フジ地上波初放送! TV放送前にウォーボーイズが正座待機中継】の続きを読む


    吉永 小百合(よしなが さゆり、1945年3月13日 - )は、日本の女性俳優、歌手である。本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。旧姓、吉永。東京都渋谷区代々木西原町(現・西原)出身。1960年代を代表する人気映画女優で10年間で70本以上の映画に出演した。そのファンは、「サユリスト」と呼称される。
    67キロバイト (9,301 語) - 2020年9月7日 (月) 18:34



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    映画の記者会見の場は沢山の新聞記者達がいますから感染しやすいのですかね…?
    PCR検査して陰性なら良いけど…

    1 muffin ★ :2020/09/11(金) 16:31:06.45

    https://hochi.news/articles/20200911-OHT1T50132.html
    2020年9月11日 15時55分スポーツ報知

     女優・吉永小百合(75)主演映画「いのちの停車場」(成島出監督、来年公開)の撮影現場会見が11日、東京東映撮影所で行われ、取材希望者全員がPCR検査を受けるなど、厳戒態勢で行われた。

     異例とも言える超厳戒態勢が、記者会見現場で敷かれた。取材希望者は前日に事前申請書を提出。当日には、木下グループ協力のもと、最短30分で検査結果が出る最新のPCR検査を、集まった報道陣86人に実施。より正確性を高めるために、1人につき2度行われた。検査結果は全員陰性だったという。関係者によると、同PCR検査を自主的に希望した場合は、約4万円の費用がかかるとしている。

     同作は内科医で作家の南杏子氏の同名小説を映画化。吉永にとって初めての医者役で、都内の大学病院の救命救急センターで陣頭指揮を執った主人公の女医・白石咲和子(吉永)が、人生の後半を迎え故郷・金沢の「まほろば診療所」で訪問医として再出発。命とは何かを見つめ直す。


    (出典 hochi.news)


    【【芸能】吉永小百合主演の映画記者会見、異例の報道陣全員が1人につき2度のPCR検査の厳戒態勢】の続きを読む


    ワイルドスピード』(原題: The Fast and the Furious)は、2001年公開のアメリカ映画。ロサンゼルスを舞台にドラッグレース(ゼロヨン)に熱中するストリート・レーサーたちを題材としたカーアクション映画である。当時のアメリカのストリート・レース文化にのっとり、スポーツコンパ
    32キロバイト (4,071 語) - 2020年8月13日 (木) 08:58



    (出典 img.cinematoday.jp)


    ワイルド・スピードが宇宙進出ですか?
    凄いですね!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/11(金) 19:01:27.24

    2020年9月11日 11時24分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0118537

    (出典 img.cinematoday.jp)


     人気カーアクション『ワイルド・スピード』シリーズの最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』では、舞台がついに宇宙へと進出するという。レティ役のミシェル・ロドリゲスが、SiriusXMの番組「The Jess Cagle Show」で言及した。

     宇宙進出については以前、テズ役のクリス・“リュダクリス”・ブリッジスが同番組に出演した際に、その可能性を匂わせる発言をしていた。「宇宙が関わるのではないか」という質問に「あなた今とても重要なことを言いましたよ」と返答したり、宇宙という単語を聞いた際に驚いた様子を見せるなど、事実であるかのような振る舞いを見せたのだ。

     クリスの発言を踏まえて、司会者は今回ミシェルに対して「あなたはリュダクリスと一緒に宇宙に行くの?」と質問。するとミシェルは驚いた様子で「なんてこと! どうやってその情報聞き出したの!」とコメント。「みんな秘密を話し始めちゃうんだから。まだ映画も公開されてないのに。そのことは知ってちゃいけないの!」と認めながらも、「ラッキーなことに、自分は宇宙に行かないわ」と宇宙に行くキャラがレティではないと補足している。

     シリーズ第9弾となる『ジェットブレイク』には、命を落としたはずの人気キャラクター・ハン(サン・カン)が登場することが決定している。ハン復活や宇宙進出など、最新作はシリーズの可能性を大きく広げる一本になりそうだ。

     『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』から『ワイルド・スピード EURO MISSION』を手掛けたジャスティン・リン監督がメガホンを取る本作は、新型コロナウイルスの影響で全米公開が今年の5月22日から2021年4月2日に延期。日本公開も今年の5月29日から延期され、新たな公開日は未定となっている。(編集部・倉本拓弥)


    (出典 Youtube)


    【【映画】ついに!『ワイルド・スピード』最新作で宇宙進出へ】の続きを読む

    このページのトップヘ