meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 相撲 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > 相撲


    【ベテラン記者コラム】照ノ富士、番付通りの力を示してほしいと切に願う

     どうでもいいことだが、もしかしたらと思い、やっぱりそうだったと一人で納得した。大相撲春場所で優勝し、21場所ぶりの大関復帰が決まった照ノ富士が生ま…
    (出典:サンケイスポーツ)


    議で9月場所での新十両昇進が決定した。新十両昇進と同時に四股名を今の師匠の旭富士(伊勢ヶ濱親方)と、現役時代は伊勢ヶ濱部屋(ただし今の伊勢ヶ濱部屋とは系統的つながりはない)の所属だった國という2人の横綱にちなんだ「照ノ富士」と改める。会見では「立合いが相撲の70%を占めると言われる。それを頭に入れ
    102キロバイト (17,055 語) - 2021年4月1日 (木) 11:33


    大関からかなりの陥落して、また大関復帰は素晴らしいですね😳
    横綱目指して優勝頑張ってください❗️

    【【ベテラン記者コラム】照ノ富士、番付通りの力を示してほしいと切に願う】の続きを読む


    勝利数(太字の力士は現役) 敗北数(太字の力士は現役) 在位場所数 - 澤勇智和(式秀部屋)の111場所 連続在位場所数、勝南桜聡太(式秀部屋)の31場所 在位率(前相撲含む) - 勝南桜聡太(式秀部屋)の97% 年長在位 - 華吹大作(立浪部屋)の50歳7か月(番付発表時) 優勝回数 -
    11キロバイト (1,532 語) - 2021年2月3日 (水) 15:56



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    最弱力士だともらえる金額が、かなり少ないでしょうしそれでも居残る気があれば現役継続って事ですよね…

    1 きつねうどん ★ :2021/03/25(木) 19:28:10.93


    (出典 www.asahicom.jp)

    服部桜祥多は勝南桜聡太に改名した=2019年5月

     超えてはいけない“大記録”に王手がかかった。

     いま、相撲界で一番弱い力士が、春場所11日目の24日、大相撲史上最長連敗となる89に並んだ。実はこの記録、過去に自分が刻んでしまったもの。次の一番は、まさに自分との戦いになる。

     力士は式秀部屋の序ノ口、勝南桜(しょうなんざくら)聡太(22)だ。コアなファンにとっては、昨年までのしこ名「服部桜(はっとりざくら)」の方がなじみがあるかもしれない。

     約180センチ、約86キロと力士としては細身。角界で最も番付の低い序ノ口を、デビューから抜け出したことが一度もない。

     通算成績は3勝223敗1休。2016年夏場所から18年名古屋場所まで89の黒星を連ねた。歴代断トツのワースト記録だ。強そうな相手を前に、立ち合いと同時に自分から尻もちをつく、「敗退行為」と取られかねない相撲を見せ、審判の親方から注意を受けたこともある。そして、再び黒星地獄。2年以上白星を手にできず、今場所あと一番敗れると、自己記録を超えてしまう。

     原則、引退を強制されることのない角界には、勝南桜に限らず、出世の可能性が低くても土俵に上がる力士が少なくない。最高位が三段目で、いま序二段にいる50歳もいる。私は以前、彼らのような存在を肯定的に考えられなかった。

     でも、ある元力士に話を聞き、考え方が少し変わった。

     46歳10カ月まで土俵に上がった元三段目、一ノ矢(いちのや)の松田哲博さん(60)。前述した50歳の力士に抜かれるまで、昭和以降の最高齢記録を持っていた人だ。

     松田さんは「純粋にスポーツとして見た時、出世が望めない高齢力士が多くいるのは健全ではない」と指摘した上で、「彼らも大相撲には必要」と言った。「興行には“無駄”があってもいい。それを受け入れるのも相撲界の懐の深さ、余裕なんだと思う」と。

     華やかな幕内の取組は、大相撲の一部だ。序ノ口から始まる1日がかりの興行は百数十番に及ぶ。「強さ」は見る者をわくわくさせるが、「弱さ」にもまた、引きつける何かがあるのかもしれない。確かに、勝南桜はファンの知名度、人気が高い力士だ。

     祖父母の影響で小学校の頃からテレビで大相撲を見ていた勝南桜は、豪快な取組でファンを沸かせる力士に憧れたという。

     体の細さから行司や呼び出しになることも勧められたが、それでも力士の道を選んだ。15年秋場所前の新弟子検査では、体重が基準に達するか心配で水をがぶ飲みして臨んだ。

     その「弱さ」から、注目されていることも知っている。

     でも決して、負けるために相撲を取っているのではない、と取材を通じて感じる。だからこそ、腕立て伏せ1日100回以上を自分に課しているのだろう。

     しこ名の「聡太」は、棋士の藤井聡太二冠にあやかり、今年の初場所前につけたもの。話題作りの意図は少なからずあろうが、何かにすがりたい、というのが本音だと思う。

     「とにかく勝ち越すことです。勝ちにこだわりたい」。今年の目標を問われた勝南桜は、そう語っていた。

     ただ、最近は口数が減り、ここ何番かは取組後の取材に応じない。理由は、記録が近づく重圧か、それとも、自身への歯がゆさか。

     連敗を止められなければ、過去の自分に負けてしまう。まもなく訪れる土俵で意地をみせられるか。(鈴木健輔)

    https://www.asahi.com/articles/ASP3S6GNZP3RUTQP01Q.html


    【「最弱力士」勝南桜は角界に必要か 元力士が語った相撲界の「余裕」】の続きを読む


    四股名の「」は部屋ゆかりの四股名である「ヶ嶺」から、「力三郎」は尊敬する井筒部屋の大先輩・寺尾が新十両場所だけ名乗っていたゆかりの四股名「源氏山」の下の名前に由来する。締め込みの色は引退時で紺色。 現在は年寄「鶴竜」。 大学教授一家の裕福な家庭に生まれ、幼少時
    119キロバイト (19,752 語) - 2021年3月24日 (水) 07:02



    (出典 pbs.twimg.com)


    鶴竜関が引退ですか😨
    残念ですね😞
    引退後、年寄の様で今後も頑張ってください❗️
    お疲れ様でした❗️

    1 コビシスタット(大阪府) [US] :2021/03/24(水) 13:37:45.27


    大相撲の横綱・鶴竜(35)=陸奥=が24日、現役引退の意向を固めたことが分かった。鶴竜は今場所、場所前の稽古で左足を痛めた影響で初日から休場。昨年7月場所からは、5場所連続で休場していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4f440f3e3ba6d0244441934fcd4394a297f1e68


    【【大相撲】横綱・鶴竜が引退】の続きを読む


    佐渡ヶ嶽部屋(さどがたけべや)は、日本相撲協会所属で二所ノ関一門の相撲部屋。 二所ノ関部屋に所属する元小結・琴錦(初代)が1955年(昭和30年)5月場所限りで引退して年寄・11代佐渡ヶ嶽を襲名すると同時に、数名の内弟子を連れて分家独立する形で佐渡ヶ嶽部屋を創設した。11代は横綱・琴櫻、大関・琴
    8キロバイト (1,372 語) - 2020年12月23日 (水) 21:41



    (出典 news.nifty.com)


    佐渡ヶ嶽部屋は不衛生な食事をさせているのですか😱
    保健所などに訴える様ですね…

    1 ネギうどん ★ :2021/01/28(木) 13:11:31.37

    「親方は大将を入門させる際、『私たちが責任を持って、面倒を見ていきます。任せてください!』と言っていました。しかし今回、そんな素振りは一切ありませんでした。1月8日に私のところへ電話があったのですが、『本日で引退となりました』と一方的に告げるだけ。何を聞いても、『決まったことなので』の一点張りでした。そして翌日になるとすぐさま断髪式を行い、切り捨てるようにあの子を追い出したのです。

    親方は、大将が心臓の手術をしていたと協会に伝えていたのでしょうか。単純にコロナが怖いと言っているのではない。手術によるリスクを感じているのだと説明してくれていれば、協会の反応も違っていたかもしれません」

    そう語るのは、元琴貫鐡こと柳原大将さん(22)の母だ。発端となったのは、1月9日のTwitter。柳原さんが次のように投稿したことだった。

    《今日を持って 引退することになりました。 このコロナの中、 両国まで行き相撲を取るのは さすがに怖いので 休場したいと佐渡ケ嶽親方に伝え 協会に連絡してもらった結果 協会からコロナが怖いで 休場は無理だと言われたらしく 出るか辞めるかの 選択肢しか無く 自分の体が大事なので》

    心臓の手術を経験していたことから、コロナ感染にリスクを感じていたという柳原さん。

    引退に際し、母は佐渡ヶ嶽部屋に強い不信感を抱いていた。というのも、これまでも柳原さんから部屋の信じられないような実情を聞かされていたのだ。

    ■黄色く変色するお米を「ドライカレー」と呼んで……

    「衛生管理は、特にひどかったみたいです。入門直後に女将さんからケーキをもらったところ、酸っぱかったらしくて。箱を見てみると、賞味期限が1週間過ぎていたと聞きました。実際、あの子は食中毒になりました。

    ほかにも『冷凍庫から出してきた肉を見たらカビが生えていて。'90年代の日付が書かれていた』と言っていたこともあります。それでも親方が『カビの部分を削れば大丈夫だ』と言って、みんなに食べさせていたと聞きました。

    お米に虫がわいていたこともあったそうです。かなり古くなっていることがあるみたいで、炊いた後にすぐ黄色く変色するそうです。でも部屋の力士たちはみんな慣れっこで、そのお米を『ドライカレー』と呼んで笑っていたといいます。あの子は『昔はもっとひどくて、炊いたら黒くなるお米を食べていた』とも言っていました」

    昔は病気やケガとは無縁だったという柳原さん。だが'13年に入門すると、すぐ扁桃炎で手術することに。'16年1月には心臓手術をしたが、医師から「ストレスが原因」と診断された。2カ月後の3月には左膝半月板損傷で手術、さらに'17年9月にも同じ箇所の手術をすることとなった。

    「でも、力士によって対応が違っていたみたいです。私たちは自分で治療費を払わされてきましたが、別の力士がケガしたときは部屋から支払われていたそうです。あまりにも不公平です……。

    実は、昨年7月に部屋の力士が新型コロナウイルスに感染したそうです。すでに退院したそうですが、その後も倦怠感が取れない状態。ほとんど横になっていて、満足に稽古できていないそうです。大将はコロナの“後遺症”の脅威も間近で見ていたわけですが、これで『出場したくない』と言うことがなぜいけないのでしょうか」

    本誌は日本相撲協会を通じて佐渡ヶ嶽部屋に取材を申し込んだが、回答はなかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/51a24a36a89fcdf99db8ef817e9a65dedfd859cd


    【【相撲】カビの生えた肉、黄色い米、酸っぱいケーキ…引退発表の琴貫鐵の母が語る佐渡ヶ嶽部屋への不信】の続きを読む


    Dagvadorj )。引退後は、「(元・横綱朝青龍の)ドルゴルスレンダグワドルジ氏」と報道などで紹介されることも多い。左利き。甥は立浪部屋の豊昇龍 智勝(ほうしょうりゅう ともかつ、長兄スガラクチャーの次男)。 15歳でモンゴル相撲を始め、ナーダムの相撲少年の部で優勝した。
    105キロバイト (15,478 語) - 2021年1月18日 (月) 02:23



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    元横綱・朝青龍 初場所の土俵に不満爆発?→文句言いたいのも分かる。 - キャプチャーライフ
    https://capturelife1.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/%E5%85%83%E6%A8%AA%E7%B6%B1%E3%83%BB%E6%9C%9D%E9%9D%92%E9%BE%8D%E3%80%80%E5%88%9D%E5%A0%B4%E6%89%80%E3%81%AE%E5%9C%9F%E4%BF%B5%E3%81%AB%E4%B8%8D%E6%BA%80%E7%88%86%E7%99%BA%EF%BC%9F%E2%86%92%E6%96%87/


    意味が解りませんね😨
    理由はあるでしょうけど…

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/14(木) 19:27:04.17


    1/14(木) 19:22
    スポーツ報知

    元横綱・朝青龍 初場所の土俵に不満爆発? ツイート連投し「土俵に上がるな! 客に失礼!」
    元朝青龍
    ◆大相撲初場所5日目(14日、東京・両国国技館)

     元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏が14日、自身のツイッターを更新し、大相撲初場所で土俵に上がる力士らに苦言を呈した。

     午後5時58分に「全敗!! ひたくそう」と最初のツイートをした元横綱。投稿の対象は不明だが、幕内ではおいの豊昇龍(立浪)が初日から5連敗を喫していた。「稽古場優しすぎる! 甘えている! 舐めている!」と続けると、「ヘタクソ!」と怒りがおさまらない様子。これまた対象は不明だが、「皆弱い! 客に失礼!!」と分刻みにツイートした。

     2021年最初の場所であることにも触れ「新年初場所! 何か考えることないの? 若々しく動きなし! 土俵に上がるな!失礼!」とヒートアップ。ついには「モンゴル軍団 弱すぎる 笑笑」と連投した。だが立てつづけの苦言も、大相撲を愛するが故。最後は「好きこそ嫌いになるのは人間だ!」と、締めていた。(ツイートは原文ママ)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d475daa83168bfcbe9e50ef4fd4b386ed9b41da8


    【【相撲】元横綱・朝青龍 初場所の土俵に不満爆発? ツイート連投し「土俵に上がるな! 客に失礼!」】の続きを読む

    このページのトップヘ