meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 相撲 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > 相撲


    花田 虎上(はなだ まさる、1971年1月20日 - )は、元大相撲力士で第66代横綱の3代目若乃花、実業家、タレント、スポーツキャスター。本名、花田 勝(はなだ まさる)。 東京都中野区(出生地は杉並区)出身。元二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属。父は貴ノ花利彰、母は藤田紀子、弟は貴乃花光司、伯
    71キロバイト (9,949 語) - 2020年1月12日 (日) 13:22



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    力士は太らして相手に勝つっていう事で食事の量も半端じゃないですからね…
    長生き出来ない方が多いですよ…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/19(日) 14:18:54 ID:787rOGwB9.net

    元横綱・若乃花の花田虎上が、現役時代は小柄な印象だったものの、今でも現役力士を上回る大食漢であることが明かされ、ファンを驚かせた。

    花田は1月18日、AbemaTVの大相撲中継で解説に登場。
    2横綱が休場し、波乱を含む初場所について的確な解説と、ユーモアあふれるコメントで、視聴者を楽しませていた。
    結びの一番後、力士おすすめのグルメを紹介するコーナーで、今場所好調の正代がステーキハウスを紹介するVTRが流された。

    正代本人が「400グラム(のステーキ)にライスをおかわり。あとはハンバーグとソーセージを食べます。僕は結構少ないです」などとコメントすると、
    花田は取組を見守る時よりも驚いた表情に。「本当ですか?400グラムであんな体になりますか?僕でもまだ800食べますよ。ご飯は食べないですけど」と、ステーキのみだが正代の倍以上は食べると語った。

    これには視聴者も取組以上に即座に反応。「800」という数字のインパクト、驚きのコメントばかりがひたすら続いていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00010004-abema-fight
    1/19(日) 11:04配信


    (出典 2chmeshi.net)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【元若乃花、現役力士おすすめのステーキ】の続きを読む


    ノート]。サマーキャンプは、大関となる2006年まで継続された。 四股名は、横綱・大鵬と柏戸に因んで柏(はくほう)とする案があったが、色白だったことから白鵬と付けられた(元幕内・千代白鵬と四股名が比較されるが、命名は千代白鵬が先)。2001年3月場所に初土俵を踏むが、番付に名前が載った翌5月場所は身体の小ささも
    223キロバイト (36,067 語) - 2020年1月15日 (水) 03:27



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    反則ではないけど見苦しい技などで批判喰らっている様ですからね…
    批判されない様な相撲とってほしいです…

    1 1号 ★ :2020/01/15(水) 22:57:14 ID:sQMNsXJP9.net

     雪辱を果たした。大相撲初場所が12日、東京・両国国技館で初日を迎え、横綱白鵬は小結大栄翔を寄り切りで下し、白星発進となった。43回目の優勝を果たした昨年11月場所で唯一黒星を喫した相手だが、右上手で左四つになると出し投げから体勢を崩させて一気に寄り切った。

     怒涛の攻めと圧倒的な強さ。白鵬の完勝に場内は大きく沸いていた。しかしながら取組を視察していた横綱審議委員会の面々はきっと腸が煮えくり返っていただろう。先場所後、横審の面々は白鵬のかち上げや張り差しに苦言を呈していたからだ。それでも白鵬はこの日、まったくためらう様子もなく立ち合いから強烈な張り差しを大栄翔に見舞って厳しい相撲を貫いた。

     支度部屋に戻った白鵬は報道陣に張り差しの狙いについて問われると「(張り差しから)左四つで組み止めようとね」。そして「(大栄翔に)リベンジできた。2020年の初白星で気分がいいね」とも胸を張った。

     先場所、結果として辛酸を舐めさせられた際、不発に終わったかち上げは立ち合いで使わなかった。それならばと選択したのが張り差しだった。どちらにしても物議を醸している取り口だが、別に文句を言われる筋合などないだろう。反則技でもないのだから、堂々と駆使すればいい。

     だからこそ白鵬は横審の目など気にすることもなく、いつも通りの厳しい攻めを見せ、先場所の借りをきっちりお返ししただけのことである。いや、もしかしたらワーワーとイチャモンばかりつける反白鵬派の人たちにあえて見せつけるためにかち上げと同様、どうせ「汚い」などと文句をつけるであろう張り差しを使ったのかもしれない。

     案の定、ネット上でも初日白星スタートの白鵬に対し?平常運転?のごとく毎度のバッシングが沸き起こっている。その中には「相手も白鵬と同じようにかち上げや張り差しをお見舞いしてやればいい」というような内容の書き込みもあった。

     ただ無作為に白鵬を叩くための主張としては賛同できないが、その提言自体には同意できる。白鵬と対戦する相手の多くは飲み込まれてしまい、自分の相撲を取れないまま負けてしまう。それならばかち上げや張り差しを逆に食らわせるぐらいの強い気持ちで、無双横綱に自分が必ず土をつけてやるという気概を持ってほしい。心底、そのように思う。 

     ちなみに恒例行事のように繰り返されている白鵬バッシングに筆者は正直、辟易している。こう言うと反白鵬の人たちから批判が沸き起こるだろうが、一向に構わない。裏で起こっている事実には触れず、万人受けを狙って白鵬叩きに奔走することのほうがよっぽど危険だからだ。先場所、横審が荒々しい取り口に「品がない」「見苦しい」などと苦言を呈していたのも茶番である。そもそも以前から明確なルールもないグレーゾーンを日本相撲協会の諮問機関がわざわざ掘り起こして「何も分かっていない白鵬は悪い」と決めつけ、世間に印象付けてしまうようなことこそ「品がなく見苦しい」と考える。

     そんなに文句があるならば諮問機関の権力を行使し、かち上げや張り差しを明確にルールで禁止するように協会へもっと積極的に働きかけ、行動を起こしていくべきだ。それでも実際のところルールを*ていないから現状では白鵬を止められない。それが証拠に外野からメディアを使い、四の五の文句をつけるだけだ。おそらく横審の本音としては長らく頂点に君臨し続けている無双横綱の足を引っ張り、モンゴル出身力士ではなく何とか日本人横綱の時代を築き上げたいのであろう。だから、その苦肉の策として「白鵬=悪の権化」という?印象操作?を乱発しているとしか見えない。

     ただ、これは一応功を奏している格好と言えるだろう。近年、白鵬が右ひじに巻いているサポーターについても「相手に見舞う?エルボー?の威力を倍増させるため、こすらせるなどして負傷させるためである」「実は?凶器?が入っている」などと、とんでもないフェイクニュースがネット上や一部メディアによって広まり、まことしやかに浸透しつつあるのもその一例だ。

     力士たちと接している?本物?の大相撲関係者や、まともに現場で取材しているメディアならば大半が白鵬のサポーターに関して「古傷となっている右ひじのケガを予防するためのもので、加齢も伴って装着するようになった」という正しい認識を持っている。いまさら、くどくどとそんな当たり前のことをここで説明するのも実にバカバカしい限りだ。


    続きはソースで
    2020/01/13
    https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18399


    (出典 wedge.ismedia.jp)


    【白鵬バッシングが大相撲の新時代到来を遅らせている…】の続きを読む


    石浦 将勝(いしうら まさかつ、1990年1月10日 - )は、鳥取県鳥取市西品治出身で宮城野部屋所属の現役大相撲力士。本名同じ。身長174cm、体重115kg。最高位は西前頭8枚目(2017年7月場所)。憧れの力士は体格の近い元関脇・鷲羽山。好物はステーキ。 鳥取城北高校相撲部・石浦
    51キロバイト (8,530 語) - 2020年1月10日 (金) 01:54



    (出典 pbs.twimg.com)


    立て続けに相撲界の不祥事が続きますね…
    何とかしてほしいです…
    相撲ファンの方々に申し訳ないと思いますよ…

    1 ひかり ★ :2020/01/09(Thu) 20:23:48 ID:D3LwkPiD9.net

     日本相撲協会は9日、東京・両国国技館で理事会を開き、稽古中、けんか騒動を起こした宮城野部屋力士の懲戒処分に関し審議した。当事者の幕内石浦(29)に
    1カ月20%の報酬減額(月給140万円→112万円)とけん責(将来を戒める)、幕下宝香鵬(30)にけん責の処分が決まった。師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)は
    監督責任を問われ、3カ月20%報酬減額(計61万9200円減額)となった。

     コンプライアンス委員会(青沼隆之委員長=元名古屋高検検事長)がこの日までに3人から事情聴取。八角理事長(元横綱北勝海)に処分意見などを答申した。
    これを受け、理事会が開かれた。

     理事会では3人を呼び、それぞれに処分を通知した。八角理事長(元横綱北勝海)からは「こういう処分にするけれど次やったらありえない」と、厳しく伝えられた。

     協会発表によれば両名が稽古中、殴り合ったことは稽古の範囲を逸脱。暴力禁止規定第4条の「稽古中において握り拳で殴るなど、審判規則禁じ手反則第1号に掲げる
    禁じ手を故意に暴力として用いる行為」に該当すると判断された。

     一方で
    (1)通常の稽古中の突発的な暴力
    (2)ケガはなかったこと
    (3)両者とも過去に暴力行為はなく、トラブルもなかった
    (4)感情的になったもので暴力の継続性、反復性はなく、いじめ、制裁など陰湿な要素もない
    (5)両者が深く反省している-と悪質性は高くない事案と指摘された。

     以上の理由から関取の暴力基準は出場停止1場所が基準ながら、石浦は出場停止は回避された。

     宮城野親方は昨年春場所、弟子の横綱白鵬が千秋楽、優勝インタビューで万歳三唱を行った際、3カ月10%報酬減額(計30万9600円減額)を上回る処分となった。
    協会は「その場に居合わせながら暴力の場面を見落とし、過去に監督責任を問われた処分歴がありながら防止、抑制に適切な対応を怠った」と重く捉えた。

     理事会では賛否、さまざまな意見が出た。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によれば「今までの暴力事案は上から下の者へ継続してというもの。今回は稽古の中で
    熱くなって突発的に起きたのとは違うと。もっと重い処分にすると、熱くなるいい稽古ができないと。俵を割った後でダメ押し、蹴る、これは論外だけど、真剣な稽古は
    力士の教育になる。心身を作るのに大事なこと」と擁護の声があった。

     同問題は4日、都内の部屋で三番稽古(同じ相手と続けて取る)を行っていた際、石浦がダメ押しされたと感じて立腹し宝香鵬に手を出し、その後、宝香鵬もやり返した。
    パンチの応酬となり、最後は横綱白鵬が割って入り仲裁した。2人は同学年で入門は石浦が6年後輩になる。石浦は6日の朝稽古後、「自覚が足りなかった。
    両方が熱くなった中で番付が上の自分が冷静になり対応できなかったのが情けない」と、猛省していた。

    デイリースポーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000090-dal-spo


    (出典 portal.st-img.jp)


    【けんか騒動の石浦、宝香鵬らを処分】の続きを読む


    石浦(いしうら) 日本人の姓の一つ 石浦将勝 - 大相撲力士 石浦宏明 - レーシングドライバー 石浦章一 - 分子生物学者 日本の地名 東京都小笠原村石浦 岐阜県高山市石浦 中国の地名 浙江省象山県石浦鎮(中国語版) 石浦で始まる記事の一覧
    562バイト (50 語) - 2017年5月26日 (金) 09:25



    (出典 pbs.twimg.com)


    喧嘩は良くないですよ…
    ここの所問題が続いていますからね…

    1 Egg ★ :2020/01/09(Thu) 21:11:58 ID:ATZ53cIB9.net

    日本相撲協会は9日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、4日の稽古中に拳で殴り合うなどのけんか騒動を起こした宮城野部屋所属の幕内・石浦(29)を1か月20%の減俸とけん責、幕下・宝香鵬(30)をけん責、師匠・宮城野親方(元幕内・竹葉山)を3か月20%の減俸処分とした。

    【写真】石浦らが稽古中にヒートアップして白鵬が仲裁

     相撲協会の発表では、石浦と宝香鵬は4日午前9時過ぎ頃から連続して稽古を行っていた。宝香鵬からダメ押しをされた石浦が腹を立て、膝蹴りや拳で殴りかかった。それに応戦した宝香鵬が石浦に平手や拳で殴りかかった。両者にけがはなかった。

     その後、八角理事長(元横綱・北勝海)が、コンプライアンス委員会に事実関係の調査と処分意見の答申を委嘱。両力士から事情聴取も行った同委員会は、両力士の行為はいずれも稽古の範疇(はんちゅう)を逸脱しており、暴力禁止規定第4条の「稽古中において、握り拳で殴るなど、審判規則禁じ手反則第1号に掲げる禁じ手を故意に暴力として用いる行為」に該当すると判断した。

     一方で、ダメ押しがきっかけとなり突発的に暴力に及んだ、双方適宜避けており怪我はなかった、両力士とも過去に暴力を振るったことはなく両力士間にトラブルはなかった、稽古中に感情的になったもので、いじめや制裁などの要素はない、両力士は深く反省して悪質性はないと指摘。関取の暴力事案は出場停止1場所を基準としているが、これらの理由から、石浦については最初に膝蹴りをした点や幕内力士であることから報酬減額とけん責、宝香鵬については応戦した側であることからけん責が相当の処分意見を示した。

     宮城野親方については、その場にいながら暴力場面を見落とし、過去に監督責任を問われた処分歴もあことから、適切な対応を怠ったとして報酬減額とした。

     両力士はこの日、理事会にも呼ばれた。国技館から墨田区内の宮城野部屋に戻ってきた石浦は「真摯に受け止めて。自分の自覚が足りませんでした」と述べた。

    1/9(木) 17:06配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-01090128-sph-spo

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【稽古中の殴り合いで理事会が処分】の続きを読む


    公傷制度(こうしょうせいど)は、大相撲にかつて存在した、負傷休場した横綱以外力士に対する救済措置である。 横綱以外力士が、本場所取組において発生した怪我による休場については、通常休場(休み日数によっては負け越し扱い)とはしないようにする制度であった。 公傷
    9キロバイト (1,538 語) - 2019年12月26日 (木) 01:44



    (出典 www.asahicom.jp)


    相撲も怪我が付き物ですからね…
    重い人同士のぶつかり合いだとなおさらダメージ喰らいますからね…
    公傷制度良いかもですけど…暴力問題で被害者の方も対象ですかね…?

    1 あずささん ★ :2019/12/26(木) 08:00:16.38 ID:B16kquuI9.net

    大相撲の十両以上の関取で構成する力士会が25日、東京・両国国技館で開かれ、公傷制度の復活を日本相撲協会側に要望した。同制度は03年を最後に廃止されたが、近年は異常な程に重傷者が続出。要望を受けた協会の尾車事業部長(元大関琴風)も検討する意向を示した。

    先場所は横綱鶴竜に大関は豪栄道、高安が休場。貴景勝、栃ノ心、高安と3場所連続で大関降下者が出た。元大関照ノ富士や人気業師の宇良も序二段まで番付を落とし、再起ロードを歩んでいる。

    番付降下を避けるため強行出場し悪化させるケースも多く力士生命に関わる問題。かつては公傷認定による休場力士が続出したため廃止となった経緯はあるが、明らかに本場所で負った重傷と認められるなら再考の余地はある。今後、制度適用基準など協議される。

    また冬巡業でインフルエンザがまん延。十両貴源治が感染したにもかかわらず、相撲を取らせた問題も発覚。尾車部長は、これまで冬巡業後に行っていた予防接種を、冬巡業前に前倒しする対策案を示した。

    ソース/デイリー
    https://www.daily.co.jp/general/2019/12/26/0012989897.shtml


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【相撲】大相撲力士会、公傷制度の復活を要望 尾車事業部長も検討する意向】の続きを読む

    このページのトップヘ