meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> テレビ番組など(3ページ目) | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:クイズ > テレビ番組など


    BPOは、以下の略称である。 過酸化ベンゾイル (Benzoyl Peroxide) 放送倫理・番組向上機構 (Broadcasting Ethics & Program Improvement Organization) ビジネス・プロセス・アウトソーシング (Business Process Outsourcing)
    1キロバイト (88 語) - 2019年10月9日 (水) 09:06



    (出典 www.asahicom.jp)


    99人の壁 伝説の3人

    (出典 Youtube)


    放送倫理違反の疑いですか…
    違反無くて疑いが晴れれば良いですね…

    1 Egg ★ :2020/05/18(月) 19:00:04.93

    放送倫理・番組向上機構(BPO)は18日、フジテレビのバラエティー「超逆境クイズバトル!!99人の壁」で、クイズの参加者の一部を解答権のないエキストラで補っていたなど、放送倫理違反の疑いがあるとして放送倫理検証委員会(神田安積委員長)で審議することを発表した。

     対象となったのは、2017年12月31日から今年3月7日の放送分。同番組では、それぞれが得意なクイズのジャンルをもつ100人の解答者をオーディションで選んでいたが、解答者が収録を欠席した際、本来は解答権のないエキストラを手配して不足を補っていたとして、4月3日に番組ホームページ上で謝罪していた。

    5/18(月) 18:42 朝日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5be4be2ea1b82e08da5002d9fffcf07f3af9649

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)


    【【フジテレビ】<99人の壁>BPO審議へ!クイズの参加者の一部を解答権のないエキストラで補っていたなど、放送倫理違反の疑いが】の続きを読む


    クイズ」といった『ウルトラクイズ』名物の企画も数多く行われた。しかし、回を重ねるごとに内容も変化し、3人1組のチームをそれぞれ「知力」「体力」「運」の各担当に振り分けて競わせる形式など、高校生たちの「チームワーク」が、個人戦である『ウルトラクイズ』と異なる『高校生クイズ』独自のキーワードとなってゆく。
    168キロバイト (15,025 語) - 2020年5月18日 (月) 08:24



    (出典 image.news.livedoor.com)


    コロナウイルスの影響で高校生クイズの開催は困難でしょうね…
    ウイルス早く消えてほしいですけどね…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/05/18(月) 19:06:40 ID:FCxJaFE59.net

    2020年05月18日 17:11芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/18/kiji/20200518s00041000228000c.html

     日本テレビは18日、毎夏恒例の「全国高等学校クイズ選手権」の開催を延期することを発表した。

     今年度に40回目の節目を迎える大会。例年は7月末に全国で予選を開催し、8月に全国大会の収録を行ってきたが、同局は「新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、今年は夏の開催を見送ることになりました」と発表した。

     「安全に大会が開催できるように、適切な時期や方法について、現在検討中」と開催方法を模索しているが、「今後の状況によっては、やむを得ず開催中止となる可能性があります」とした。


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)




    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)


    https://www.youtube.com/watch?v=1aAGhbLe9-c




    (出典 Youtube)
    &list=PLcuMwdqm0V_Zb1fGnEdGxtWgWf9H4I9bE


    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)


    【【日テレ】「高校生クイズ」今夏開催を見送り 延期時期検討中も「やむを得ず中止となる可能性も」】の続きを読む


    クイズダービー』(英称:Quiz Derby)は、毎週土曜日の19:30 - 20:00(JST)にTBS系列で放送されていた、ロート製薬一社提供のクイズ番組・ゲーム番組。 初回は1976年1月3日、最終回は1992年12月19日で、全862回放送された。
    115キロバイト (14,433 語) - 2020年5月5日 (火) 10:27



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    懐かしいクイズ番組ですね!
    故 はらたいら氏の正解ぶりは、まさに宇宙人でしたからね!
    大橋氏含めて何人か出演した方々は他界しましたけど、また放送してほしいです…

    1 れいおφ ★ :2020/05/08(金) 13:07:33 ID:Rilcj5sm9.net

    競馬好きの司会者・大橋巨泉の発案で生まれた『クイズダービー』(TBS系、1976~1992年、最高視聴率40.8%)からは、
    “キャラの立ったクイズ王”が数多く生まれた。

    番組の一般参加者は5人いる解答者の中で「誰が正解するか」を予想して自分の持ち点を賭ける。
    問題ごとに解答者に倍率が設定されるが、正解率の高い漫画家のはらたいらは倍率が低く、
    珍解答を繰り出す学習院大学の篠沢秀夫教授は倍率が高いことが多かった。

    「第1問ではらさんに持ち点すべて(3000点)を賭けようとするゲストがいたり、
    倍率が2倍になる最終問題で『篠沢さんに全部!』と持ち点をつぎ込み、逆転を狙おうとする参加者がいたり、その駆け引きが面白かった。
    “この問題でその人に賭けちゃダメだよ~”なんてツッコミを入れながら、家族みんなで見てました」(54・会社員)

    はらたいらのほか、正解率が高かったのが、東京女子大学在学中だった女優の竹下景子だ。「3択問題」に滅法強く、“3択の女王”と呼ばれた。

    いまでは数々のクイズ番組の常連となった宮崎美子が“クイズの女王”となったきっかけも
    1981年からレギュラー解答者になった『クイズダービー』だ。

    宮崎が振り返る。
    「正解を出せるのが一番ですが、“答えがわからない時にいかにユニークな間違え方ができるかが大切”と、出演者の心得を教えられました。
    はらたいらさんは本当に凄かった。誰も答えられなかった問題に正解した後、『どうしてわかったんですか?』と聞いたら、
    『先月号の月刊住職に載ってた』とすました顔でおっしゃったんです。そこまで読んでいたのかと驚きました。
    『クイズダービー』は出演者全員が解答できて、お互いの問題に感心したり笑い合えたことが楽しかったですね」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5c41b3b435d6121f9ae2a26368d477c383efdff

    宮崎美子が選ぶ5問 (ソース元に答え)

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)


    【【テレビ】宮崎美子が振り返る『クイズダービー』とはらたいらの凄さ [れいおφ★]】の続きを読む


    アメリカ横断ウルトラクイズ』(アメリカおうだんウルトラクイズ)は、日本テレビで全17回開催・放送された視聴者参加型のクイズ番組。略称は「ウルトラクイズ」あるいは「ウルトラ」。 英語表記は"TRANS AMERICA ULTRA QUIZ"である。なお、タイトルロゴには"TRANS AM ULTRA
    205キロバイト (33,212 語) - 2020年5月2日 (土) 13:29



    (出典 portal.st-img.jp)


    ウルトラクイズ懐かしいですね!
    知力・体力・時の運の通り、これらをクリアして優勝すれば相当なものです…

    1 あずささん ★ :2020/05/01(金) 16:42:37.65

    「ニューヨークに行きたいか~!」。当時日テレのアナウンサーだった司会の福留功男の呼びかけに、会場から「オ~!」という熱い叫びが沸き上がる。『アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ系、1977~1992年、最高視聴率38.5%)は、“年1度のお祭り”のような番組だった。

    「“タダでアメリカに行ける”参加者の熱気はすごかった」(70・自営業)

    番組の合い言葉は「知力、体力、時の運」。スタジオで頭脳派の参加者が競い合うそれまでのクイズ番組とは異なる作りが視聴者に衝撃を与えた。

    東京大学3年生の時に参加した番組第16回(1992年)で優勝したクイズ作家の田中健一氏は言う。

    「浪人生の時から参加していたので、自分にとっては4回目の挑戦でした。予選は東京ドームで、2万6000人の参加者が100人になるまで○×クイズを続けたのですが、制限時間があるなかでの決断力が重要でした」

    予選が終わっても、波乱の展開は続く。

    「1次予選の敗者復活戦で、羽田から飛行機に乗れるかどうかがジャンケンで決まるという、理不尽なところがたまらない。飛行機に乗れても機内のクイズで間違えて、グアムの地も踏めずに強制送還された人も(笑い)」(66・元教師)

    田中氏は、「アメリカ上陸後は砂漠を走ったり、マラソンをする場面もあり、長丁場の戦いで体力勝負だった」という。

    「アメリカに行ってから負けると、罰ゲームを受けてから帰国させられるけど、闘牛をさせられたり、自分で舟を漕いで帰らされたりと、ハチャメチャ。それが真剣だから面白かったし、感動的でもあった」(65・自営業)

    テレビ解説者の木村隆志氏はこう言う。

    「アメリカについてあまり知らない時代で、景色を見ているだけでワクワクしました。福留さんが、一般参加者の人間ドラマを引き出すのがうまかった。あだ名をつけたりイジったりするなかで、参加者の人間性が見えてきて、見ている側も『この人に勝ってほしい』と肩入れするようになる」

    田中健一が選ぶ五問

    (出典 www.news-postseven.com)

    ※クイズの正解はソース元にてご確認ください

    ソース/NEWSポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20200501_1558884.html


    【【テレビ】アメリカ横断ウルトラクイズ優勝者が選ぶ苦戦した5問 [あずささん★]】の続きを読む


    伊沢 拓司(いざわ たくし、1994年5月16日 - )は、日本のクイズプレイヤー、YouTuber、起業家、タレント。クイズを題材としたウェブメディア「QuizKnock」を運営している株式会社QuizKnock代表。ワタナベエンターテインメント(オフコースマン)所属。
    30キロバイト (4,073 語) - 2020年4月17日 (金) 12:29



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    東大の凄い能力を持つ伊沢氏の父親が行方不明ですか…
    たまに連絡がくるから無事かもしれないですけど…

    1 豆次郎 ★ :2020/04/08(水) 22:00:18.58

     クイズ番組『東大王』(TBS系)に出演し、現在はタレントとして活動する伊沢拓司が、4月3日放送の『ぴったんこカン・カン』(同)で父親の意外な姿を明かした。

    『高校生クイズ』(日本テレビ系)など、数多くのクイズ番組に出演してきたが、当初はクイズに興味がなかったという。

    【関連記事:2児の母「国仲涼子」、夫・向井理の定時帰りを心待ち】

    「(中高生のときは)もともとクイズが好きじゃなかった。フットサル部に入っていたんですが、中高一貫だったので、高校生しかいなくてついていけなくて……。残っていたのがクイズ研究会で。入ったら楽しかったんです」

     そんな伊沢は、養命酒製造で長年、広報課で働いた父親と、リサーチ会社に勤めた母のもとで育てられてきた。広告を扱う仕事をしていたこともあり、父親から言葉遣いについて厳しく怒られてきたという。

    「小学2年の頃、サッカーの試合を見ていたとき、(自分の応援していたチームが)ゴールを決められて『このゴールキーパーだったら絶対止められたのに!』とぽろっと言ったら、『絶対なんて言葉使うんじゃない。そこで絶対と言う権利はお前にない。いろんな選択肢を見られるようになりなさい』と言われました。しっかりと怒られたのは、これが最後でした」

     そんな父親は、数年前に会社をやめ、今は「旅人」なのだという。「消息が全然つかめなくて、たまに連絡が来るくらいです」と話すが、父親も「絶対ここにいる」と確証を持たれたくないのかもしれない。

    https://smart-flash.jp/entame/98704/amp


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【『東大王』伊沢拓司の父は「消息が全然つかめない」旅人に】の続きを読む

    このページのトップヘ