meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 陸上・マラソン | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > 陸上・マラソン


    箱根駅伝予選会で好走。昨季スーパールーキーと呼ばれた逸材など本戦でも注目の3選手

    …今回の箱根駅伝予選会は、駿河台大が初出場を決め、箱根常連校の拓殖大が11位で落選するなど、例年のように明暗が分かれる大会になった。予選突破を決めたチ…
    (出典:webスポルティーバ)


    東京箱根間往復大学駅伝競走(とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、1920年より毎年1月2日と翌3日の2日間にわたり行われる関東地方の大学駅伝の競技会(地方大会)である。関東学生陸上競技連盟(以下「関東学連」という。)が主催し読売新聞社が共催する。一般には箱根駅伝
    235キロバイト (31,391 語) - 2021年10月24日 (日) 13:20


    箱根駅伝予選会ですか😳
    予選通過出来る様に頑張ってください🏃

    【箱根駅伝予選会で好走。昨季スーパールーキーと呼ばれた逸材など本戦でも注目の3選手】の続きを読む


    東京箱根間往復大学駅伝競走(とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、1920年より毎年1月2日と翌3日の2日間にわたり行われる関東地方の大学駅伝の競技会(地方大会)である。関東学生陸上競技連盟(以下「関東学連」という。)が主催し読売新聞社が共催する。一般には箱根駅伝
    234キロバイト (31,373 語) - 2021年10月16日 (土) 13:03




    明大1位おめでとうございます🎉
    10位以内の大学が箱根駅伝出場権獲得良かったですね😃
    箱根駅伝頑張ってください🏃

    【【箱根駅伝予選会】明大1位 駿河台大初 10校本戦/詳細・タイム層グラフ】の続きを読む


    【展望】先頭争いは日本記録超えの59分台突入か!? 日本人1位候補は鎌田、栗原、藤本ら/箱根駅伝予選会

    …第98回箱根駅伝予選会は10月23日(土)、東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地で行われる。本戦への出場枠は前回と変わらず「10」。昨年同様に新型コロ…
    (出典:月刊陸上競技)


    東京箱根間往復大学駅伝競走(とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、1920年より毎年1月2日と翌3日の2日間にわたり行われる関東地方の大学駅伝の競技会(地方大会)である。関東学生陸上競技連盟(以下「関東学連」という。)が主催し読売新聞社が共催する。一般には箱根駅伝
    234キロバイト (31,373 語) - 2021年10月16日 (土) 13:03


    頑張って予選会を通過して箱根駅伝頑張ってください🏃

    【【展望】先頭争いは日本記録超えの59分台突入か!? 日本人1位候補は鎌田、栗原、藤本ら/箱根駅伝予選会】の続きを読む


    上野 裕一郎(うえの ゆういちろう、1985年7月29日 - )は日本の陸上競技選手、専門は中・長距離種目。長野県佐久市出身。佐久長聖高等学校、中央大学法学部卒業。エスビー食品を経てDeNA所属。第12回世界選手権男子5000m日本代表。 佐久長聖高校、中央大学の主力選手として各陸上競技大会で活躍を
    40キロバイト (4,699 語) - 2021年10月17日 (日) 08:03



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    立教大含めて箱根駅伝頑張ってください🏃

    1 征夷大将軍 ★ :2021/10/20(水) 19:22:11.88

    読売新聞2021/10/20 17:00
    https://www.yomiuri.co.jp/hakone-ekiden/feature/20211020-OYT8T50034/

     第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)の予選会が23日、東京都立川市で開かれる。上位10校が来年1月の本大会に出場できる。1968年の第44回大会を最後に箱根路から遠ざかっている立教大(練習拠点=埼玉県新座市)は、大学創立から150周年となる2024年の箱根駅伝出場を目指し、駅伝チームの強化に取り組んでいる。上野裕一郎監督(36)が就任した18年当時の1年生が最上級生となり、チームの柱として今年の予選会に挑む。(さいたま市局・水野友晴)

    ■1年生時、不安の中で覚悟「俺らの代はやりきろう」
     「立教の駅伝部の監督に上野さんが来るってよ」

     ネットニュースを見た友人から伝えられ、あまりの衝撃に「自分の大学のこととは思わなかった」と、当時1年生の石鍋拓海主将(4年)は振り返る。

     18年秋。陸上競技部男子駅伝チームの指揮官に招かれた上野監督は、佐久長聖高(長野)時代から注目されていた。中央大で箱根駅伝に4年連続で出場し、3年生の時に3区で9人抜きの快走を見せて区間賞を獲得した。実業団でも活躍し、「スピードキング」の異名を持つ。

     石鍋主将は、「予選会に1回でも出られたらいいな」という気持ちで入部した。チームメートの斎藤俊輔選手(4年)は強豪校から声がかかったが、「陸上漬けの日々は嫌だった」と、練習が厳しくない立教大に一般受験で入った。

     エリートランナーの監督就任に、当時の1年生の間には練習を続けられるか不安が広がったが、「俺らの代はやりきってやろう」と全員で覚悟を決めた。

    ■選手目線で指導する指揮官、記録更新もアシスト
     上野監督は駅伝チームに厳しい練習を課す一方で、自身も30キロ走などで選手の後ろに付き、フォームを指導しながら走った。レースでは選手の先頭に立ち、記録更新をアシストすることもあった。石鍋主将は5000メートルの記録を高校時代から約2分縮めた。斎藤選手も昨年12月の記録会で5000メートルのチーム記録を更新し、「(上野監督は)選手と同じ目線に立ってくれた」と話す。

     選手たちの成長ぶりに、上野監督は「1年生は表情に自信がなく弱々しかったが、次第に自信が見えるようになった」と語る。20年には選手寮が完成。朝練習などに取り組みやすくなり、チームワークも強化している。

    ■中山凜斗や内田賢利ら登録選手は2年生中心、まとめ役は4年生
     大学を挙げての駅伝強化プロジェクトにより、全国の強豪校から優秀な選手が入部するようになった。実力のある選手は練習内容などに意見を言うこともあるが、上野監督は「石鍋が下級生の意見を聞きながら、チームをまとめている」と、その手腕を評価する。

     10月上旬、予選会に出場する選手が発表された。「強化世代」の2年生が中心で、今年1月の箱根駅伝に関東学生連合チームの一員として4区を走った中山凜斗選手や、6月の日本選手権で男子3000メートル障害に出場した内田賢利選手らが名を連ねる。4年生で選ばれたのは斎藤選手のみ。石鍋主将は「主将で入れないのは情けない」と話すが、「上級生を抑えて下級生が入ることは力がある証拠。自信を持ってチームを送り出せる」と胸を張る。

     上野監督は最上級生について、「彼らにとって私の就任は予想外の出来事にもかかわらず、ついてきてくれた。これまでチームを支えてくれたのは4年生たち」と話す。強化プロジェクトは24年の箱根駅伝出場が目標だが、石鍋主将は「今年狙いたい」と意気込む。斎藤選手は「これまで一緒にやってきた同期の分も背負う」と語り、予選会でチームを引っ張るつもりだ。


    【【箱根駅伝】衝撃の上野裕一郎監督就任から3年目、箱根駅伝予選会突破を「今年狙う」と立教大・石鍋主将】の続きを読む


    明治大と中央大が2強…花田勝彦さんが語る箱根駅伝予選会展望、そして「突破の極意」

     箱根駅伝の予選会が23日に迫った。出場41校で本番に進めるのは10校のみ。上武大監督時代、予選会で絶妙な調整力を誇った花田勝彦・GMOインターネッ…
    (出典:読売新聞オンライン)


    花田 勝彦(はなだ かつひこ、1971年6月12日 - )は、日本の陸上競技(長距離走・マラソン)元選手、現指導者。元上武大学ビジネス情報学部准教授・上武大学駅伝部監督で、現在はIT大手のGMOインターネットが創設したGMOアスリーツの監督を務める。 京都府京都市生まれ、滋賀県出身。滋賀県立彦根東
    8キロバイト (993 語) - 2021年3月1日 (月) 00:10


    明治大と中央大が2強ですか😳
    箱根駅伝、頑張ってください🏃

    【明治大と中央大が2強…花田勝彦さんが語る箱根駅伝予選会展望、そして「突破の極意」】の続きを読む

    このページのトップヘ