meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> タレント | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > タレント


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手、YouTuber。旧芸名は中川 薔子。出生名は中川 しようこ、2023年4月の結婚を機に同年11月より本名を芸名と同じ翔子(しょうこ)へ改名した(後述。結婚後の姓は非公表)。所属事務所はワタ…
    183キロバイト (20,463 語) - 2024年1月31日 (水) 22:17
    中川翔子さんが回転寿司の便利システムを紹介してくれたんですね!ありがたいです!自分で注文して待つ手間がなくなるなんて、まさに時短生活の強い味方ですね!

    1 冬月記者 ★ :2024/02/13(火) 09:36:21.00 ID:9k5f3W2/9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/df671c87ee3f699ba87ad36152f2fcfa4b20ede1

    中川翔子、回転寿司チェーンの“便利システム”紹介 ネット仰天「ありがたい」「ええやん」


     タレントの中川翔子が13日までに自身のXを更新。回転すしチェーンの“便利システム”を紹介している。

     中川は「スシローおいしいいいい ミニシャリでいっぱい食べられて最高」と4枚の写真を公開した。

     スシローのミニシャリは通常のシャリを少なくできるシステム。「ネタはそのまま、シャリだけ小さく」でさまざまなすしを楽しむことができる。

     この投稿にファンからは「ええやんスシロー」「ありがたいっすね」「ミニシャリいいよね」「いっぱい食べれて良いですね」「お寿司食べたくなったなぁ」などの声が寄せられている。

    【中川翔子が回転寿司チェーンの便利システムを紹介!ネット上で大きな反響を呼ぶ!】の続きを読む


    ^ a b “加藤 綾菜のプロフィール”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2022年7月24日閲覧。 ^ NEWSポストセブン 2019年7月3日 ^ 由紀子, 安楽 (2022年7月15日). “加藤綾菜さん「世間の評価」がいきなり一変した訳”. 東洋経済オンライン…
    9キロバイト (1,136 語) - 2023年11月23日 (木) 04:14
    配達の仕事は一つの仕事ですが、加藤綾菜さんのように最後までやり抜く姿勢は本当に素晴らしいですね。家族に対する責任感や仕事への真摯な姿勢が伝わってきます。

    1 hage(茸) [US] :2024/02/08(木) 16:28:11.71 ID:XZL3+/Ej0 BE:422186189-PLT(12015)
    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    加藤綾菜 「去年の10月までずっと新聞配達やってた」ワケ 朝4時起き「週3回数年間やり遂げて」

    タレントの加藤綾菜(35)が7日放送の日本テレビ系「上田と女が吠える夜」(水曜後9・00)に出演し、昨年の10月まで新聞配達をしていたことを明かした。

    【写真】夫の加藤茶と仲良くデートする加藤綾菜

    今回は「真っすぐすぎて生きづらい女」のテーマで放送され、初出演した加藤は「困っている人を放っておけない」性格だとした。
    そのエピソードとして「近所に仲いい80歳のおじいちゃんがいる」と切り出した。

    そのおじいちゃんが「数年前に体調を崩した」ため、仕事だった新聞配達ができなくなってしまった。
    しかし「代わる人がいない」と人手不足だと知った加藤は「じゃあ私がやります」と立候補した。

    そこから「去年の10月までずっと新聞配達やってた。ガチで」と告白。
    「朝4時から7時ぐらいまでずーっとやってて。初め加トちゃんが“そこまでする必要ないよ”って言ったんですけど、加トちゃんは朝6時まで起きてるので4時にちゃんと起こしてくれて。で、週3回数年間やり遂げて」と、途中で投げだすことなく最後までやり切ったことを明かした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/159ac09ef42f1c8df835884f319a6b92f1717be8

    【加藤茶の妻、加藤綾菜さんが新聞配達に挑戦!最後まで諦めず完遂する姿に感動】の続きを読む

    伊集院 (いじゅういん ひかる、1967年〈昭和42年〉11月7日 - )は、日本の男性タレント、俳優、お笑い芸人、ラジオパーソナリティである。 本名:篠岡 建(しのおか けん)、旧姓:田中(たなか)。東京都荒川区西尾久出身。妻は元タレントの篠岡美佳。 かつては六代目・三遊亭円楽門下の落語家・三遊亭楽大(さんゆうてい…
    116キロバイト (16,920 語) - 2024年2月3日 (土) 00:07



    伊集院光さんの声で、「こどもスマイルムーブメント」のラジオCMが放送されるんですね!子供の笑顔をサポートするための素敵な活動ですね。聞いた人たちが思わず笑顔になること間違いなしです!

    【伊集院光が子供の笑顔を応援!「こどもスマイルムーブメント」のラジオCMがスタート】の続きを読む


    (2015年10月21日). "第40回ホリプロTSC ソフトバンク賞 井上咲樂さんの #芸名を決めよう ! ①〜⑤の候補のうち良いと思うものを返信して投票してね!(〜10/23 12時) ①井上咲楽 ②#上咲楽樂 ④ブリンブリン咲楽 ⑤エンジョイ・ガール". X(旧Twitter)より2020年11月14日閲覧。…
    31キロバイト (4,199 語) - 2024年1月31日 (水) 08:21
    井上咲楽さんのこだわりがコンセントの位置と数というのは、なんだか面白いですね。引っ越しが多いと、家具の配置や電化製品の配置も変わるので、コンセントの位置が使いやすいかどうかは重要ですよね。荻窪が1番お気に入りということで、その辺りの物件のコンセント配置に優れたところが多いのかもしれませんね。

    1 おっさん友の会 ★ :2024/01/31(水) 11:42:01.65 ID:zik6zgZw9
    タレント井上咲楽(24)が31日、都内で「2024年LIFULL HOME’S 住みたい街ランキング」発表会に出席し、“引っ越し魔”ならではのこだわり条件を明かした。

    18歳で上京して以降、6年間で計7回引っ越しをしたという井上は「所属事務所の先輩、春香クリスティーン(32)と池上で一緒に住んでから、蒲田、広尾、西小山、荻窪、白金台で7回、寮を含めると8回ですね。1番のお気に入りは荻窪」と明かした。

    「中央線に住んでそう」と言われることが多かったという井上は「いそうなところに住みたくなかったけど、実際に住んでみると便利でしたね。安いスーパーがあることもポイント」と語った。

    1人暮らしの賃貸物件でこだわり条件は「コンセントの位置と数」と回答。「テレビ線の位置がある場所で部屋のレイアウトも決まる気がしているので、内見の時にそれを考えると、この位置にするはずじゃなかったのにという事が減る気がします。あとはドアとクローゼットを開ける動線も重要です」と経験談からポイントを語った。

    続きは日刊スポーツ 2024年1月31日11時15分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202401310000259.html

    【井上咲楽、荻窪への愛を告白!6年間で7回の引っ越しを経験して】の続きを読む


    石原 良純(いしはら よしずみ、1962年(昭和37年)1月15日 - )は、日本のタレント、俳優、司会者、気象予報士。本名同じ。愛称は「まゆ毛」「よっちゃん」「ずみさん」「ニンデマン」など。石原裕次郎が社長を務めていた石原プロモーション所属を経て、現在は湘南ブラザース所属。…
    35キロバイト (4,447 語) - 2024年1月13日 (土) 03:58
    石原良純さんの発言に、私も同感です。桐島聡役は石原さんの独自の魅力で培われたものであり、他の人がそれをなりすましすることは違和感を感じます。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/01/27(土) 13:00:18.20 ID:bwd58u5N9
    2024年1月27日 10:16

     タレントの石原良純が27日、「週刊ニュースリーダー」(テレビ朝日系)に出演した。

     番組では1974~75年に発生した連続企業爆破事件に関与したとして、爆発物取締罰則違反容疑で指名手配していた過激派「東アジア反日武装戦線」のメンバー・桐島聡容疑者とみられる男が神奈川県内の病院で見つかったことを取り上げた。男は末期がんの闘病中で自ら本名を名乗ったという。

     石原は「爆弾犯の1人が今さら身勝手に…。捕まらないのも悔しいというか、歯がゆいですけど。名乗り出たのは、なんのかなぁ」と複雑な思いを口にした。

     続けて「凶悪犯であると同時に思想犯。彼にとっても失われた時を過ごしてきたと思う。世の中が変わっていく中で自分だけがずっと地下のモグラのような生活をしてきた。最後に一泡吹かせてやろうと思うような部分で社会に動揺を与えるのが彼らの手口。社会を動揺させて、社会変革をしようとするようなことで武力闘争をやってきた人間だから。こういう形でやるというのはズルい感じがする」と話した。 

    東スポWEB
    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/290241


    (出典 www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp)

    【石原良純が桐島聡を名乗る男について不快感を示す】の続きを読む

    このページのトップヘ