meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 自動車・バス・タクシーなど | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:乗り物 > 自動車・バス・タクシーなど


    なおレヴォーグは発売当初は国内専用車であったが、ステーションワゴンの需要が高い欧州市場にも投入することとなり、2015年3月に開催される第85回ジュネーヴモーターショーにて欧州仕様車を出展。これに先立ち、2015年1月にはスバル
    55キロバイト (7,183 語) - 2022年11月24日 (木) 05:35
    スバル・レヴォーグが一部改良ですか😳
    売れると良いですね🚗

    1 自治郎 ★ :2022/11/24(木) 23:13:42.11ID:HYUBdTDo9
    スバルは2022年11月24日、スポーツワゴン「レヴォーグ」の一部改良モデルを発表した。

    今回の改良は、機能性の向上や装備の拡充、防犯機能の強化を中心に実施。ヘッドランプ/室内灯の消し忘れ時における自動消灯機能が追加され、スマートキーのスリープ機能やモーションセンサーの採用によってリレーアタック対策が行われている。

    さらにライティングスイッチの操作性の見直しも実施。これまで「車幅灯/尾灯&OFF」は1ポジションで兼用されていたが、「車幅灯/尾灯」と「OFF」の2つのポジションに分けられた。

    価格は310万2000円から482万9000円。(webCG)

    2022.11.24
    https://www.webcg.net/articles/-/47355

    レヴォーグ

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    レヴォーグ STI Sport EX

    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    【【自動車】「スバル・レヴォーグ」の一部改良モデルが登場 機能性や防犯機能を強化】の続きを読む


    鈴木 (すずき おさむ、1930年1月30日 - )は、日本の実業家。スズキ株式会社相談役・公益財団法人スズキ財団理事長。株式会社中央相互銀行勤務を経て、鈴木自動車工業株式会社代表取締役社長(第4代)・スズキ株式会社社長(初・第4代)・スズキ株式会社最高経営責任者(初代)・財団法人スズキ教育文化財…
    20キロバイト (2,381 語) - 2022年10月20日 (木) 11:38
    遠州浜の隣接地の大型野球場建設ですか😳
    スズキは5億円寄付だけど住民・NPOなどは反対しているのですね😨
    どうなりますかね⚾️

    1 夜のけいちゃん ★ :2022/11/28(月) 00:50:35.13ID:iPxt8flx9
    11/27(日) 7:37配信
    現代ビジネス

    ■ スズキが5億円を「寄付」

     静岡県が遠州浜の隣接地に立地予定の大型野球場建設計画に、市民やNPO団体などが「ノー」を突き付けている。

    【写真】車のナンバープレートで絶対に「使ってはいけない」4つの平仮名

     新野球場は南海トラフ地震の津波浸水想定地域に計画され、浜松市の遠州浜海岸は絶滅危惧種アカウミガメの産卵地として世界的に有名である。「人命軽視」と市民らは怒り、NPOは「絶対反対」の署名をスタートする。

     当初、川勝平太静岡県知事は防災機能付きの「ユニーク施設」だと何度もアピールした。ところが、蓋を開けてみれば、津波避難施設など何もない、ただの野球場計画だった。

     問題は山積みなのに、総額520億円に上る野球場建設に前のめりの川勝知事の背中を強く押すのは、2023年1月で御年93歳を迎えるスズキ自動車相談役の鈴木修氏だ。

     事の発端は2014年夏。最大の支援者、鈴木修氏からの要請を受けた鈴木康友・浜松市長が大型野球場建設を県に陳情すると、川勝知事は「防災施設としての野球場ならば、県が費用を出すことに県民の合意が得られる」などと述べ、翌年度予算に調査費3000万円を計上した。

     浜松市が9ヘクタールの土地を購入し、上物の野球場を県が建設する「共同建設」方式という不可思議な計画が川勝知事の独断でスタートした。新野球場建設の「ゴーサイン」を受けて、スズキは土地購入費用の一部として5億円を浜松市に寄付している。

    ■ 鈴木修の「野望」とは

     川勝知事は「防災機能を持ち、災害時の津波避難施設となる3万人収容の大型野球場を県と市で建設、民間運営の公設民営方式で整備する」などと表明、2020年の遠州浜海岸防潮堤完成に合わせて整備する方針を示した。

     県は2016年5月、野球場を核とする「遠州灘海浜公園」基本構想を策定、野球場建設に150億円から180億円、公園全体で210億円から250億円を見込んだ。当然、「防災・スポーツエリア」と位置づけされた。

     その直後に、鈴木市長が「新球場完成後に現在の市営球場を廃止、隣接する市営陸上競技場を第1種陸上競技場に整備する」構想を発表。「第1種陸上競技場」は、サブトラックを有して、世界大会などを開催できる規模の施設を指す。市長の構想発表によって市民たちは、県の新野球場建設が、日本有数の陸上部を有するスズキへ「利益誘導」になっているのではないかと疑うようになった。

     つまり、市営球場の跡地にサブトラックをつくり、地元浜松で国際陸上大会を開催したい鈴木修氏の野望を実現させる目的だったのだ。ケチで有名なスズキが5億円も寄付した理由がこれでハッキリとした。

     ただ、“ダブル鈴木”の思惑通りには計画は進まなかった。多くの市民が津波危険地域への懸念だけでなく、遠州浜一帯は風や砂ぼこりが強く、野球には向かないなどと建設地変更を川勝知事に求めた。11のアマチュア野球団体でつくる県野球協議会は、市営浜松球場の存続とともに、1万人規模の幅広い世代が野球を楽しめる施設を要望した。

    長文につきあとはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/248b363a7cf468c4d78ec3b6c1328d052f26c5c6

    【【スズキ】「浜松のドン」スズキ相談役・鈴木修が裏で糸引く、大型野球場計画の「大矛盾」】の続きを読む


    【写真44枚】東京コミコン3年ぶりのリアル開催、新エリアに映画の車が勢ぞろい


    【写真44枚】東京コミコン3年ぶりのリアル開催、新エリアに映画の車が勢ぞろい
    …「東京コミックコンベンション2022(東京コミコン2022)」が明日11月25日から27日にかけて東京・幕張メッセ 国際展示場 4から8ホールで開催…
    (出典:映画ナタリー)


    東京コミコン(とうきょうコミコン、Tokyo Comic Con)は、2016年から毎年幕張メッセで開催されている、日米の映画・コミック・アニメ・ゲームなどのポップカルチャーを扱ったイベント。サンディエゴを発祥とする「コミコン」に倣っているが、各都市で開催されているコミコン
    34キロバイト (2,787 語) - 2022年11月22日 (火) 13:04


    明日から3日間、幕張メッセで東京コミコンが3年ぶりの開催ですか😳
    見てみたいです🚗

    【【写真44枚】東京コミコン3年ぶりのリアル開催、新エリアに映画の車が勢ぞろい】の続きを読む


    IPA: [ˈhjəːndɛ]〉; KRX: 005380)は、韓国自動車メーカー。ソウル特別市に本社を置く。かつて日本では「ヒュンダイ」として知られていたが、2020年から公式の呼称が原音に近い「ヒョンデ」に変更された。 世界販売台数は現代自動車単独では2017年の時点で年間450万台で、ホンダと同規…
    100キロバイト (13,132 語) - 2022年11月21日 (月) 13:42
    現代自動車、フェラーリのデザイナーを引き抜くとは凄いですね😳

    1 ばーど ★ :2022/11/23(水) 18:13:40.13ID:iSwTswPx
    現代自動車(ヒョンデ)が欧州高級自動車市場攻略のため、*ーリ出身の自動車デザイナーであるファンマ・ロペス(Juanma Lopez)を迎え入れたことが分かった。

    現代車の高級ブランド・ジェネシス(GENESIS)欧州法人(GME・Genesis Motor Europe)は22日(現地時間)、*ーリ出身のデザイナー、フアンマ・ロペスを欧州ジェネシスデザイン責任者(Head of Genesis Design Europe)として迎え入れたと明らかにした。

    ロペス新任デザイン責任者は、自動車デザイン分野で30年間経歴を積んだデザイナーで、ルーク・ドン・カーボルケ現代自動車最高顧客責任者(CCO・副社長)とフォルクスワーゲングループで共に勤務したことがある。彼はフォルクスワーゲン傘下のラグジュアリーブランド・ランボルギーニで自動車デザイナーとしてドン・カーボルケ副社長とデザイン作業を共に行った。続いてドイツアウディとセアト、*ーリで活動して実力を認められた。

    特に*ーリスポーツカークーペモデル「F12ベルリネッタ」と「ラ・*ーリ」、スポーツカーコンバーチブルモデル「ポルトフィーノ」が彼の代表的な作品だ。

    ロペス責任者は、ドイツのフランクフルト・オッフェンバッハ・アム・マイン(Offenbach am Main)にあるジェネシスデザインスタジオで、ジェネシスブランドの新車デザイン作業を進めている。同カーボルケ副社長の陣頭指揮の下、様々な国籍のデザイナーたちとコラボレートを高めている。ヨーロッパのドライバーたちの感性を狙い撃ちした新たなデザインを披露するとのこと。

    ロペス責任者は「過去7年間にジェネシスブランドが成長するのを見守ってきた」とし「ジェネシスブランドの一員としてグローバルラグジュアリー市場を攻略できる新しいデザインを開発する」と明らかにした。

    コリア・エコノミクス 2022年11月23日
    https://korea-economics.jp/posts/22112302/

    (出典 korea-economics.jp)

    【韓国 現代自動車、フェラーリのデザイナーを引き抜き…F12ベルリネッタなど手掛けた実力者 [11/23]】の続きを読む


    北海道は約9割が冬タイヤ交換済 本州もそろそろ準備を


    北海道は約9割が冬タイヤ交換済 本州もそろそろ準備を
    …今週は札幌・盛岡で初雪、東北や北関東の各地で初氷、近畿で木枯らし1号の発表など、各地で季節の歩みが感じられる一週間となりました。北海道では寒気の影響…
    (出典:ウェザーニュース)


    スノータイヤ(英: Snow tires)とは、自動車のタイヤのうち、の積雪下でも安全に走行出来るように設計されたタイヤ全般を指す言葉である。スノータイヤはウィンタータイヤ (winter tires) とも呼ばれ、日本ではこれを直訳して冬タイヤと呼ぶことがある。 スタッドレスタイヤはスノータイヤ
    9キロバイト (1,213 語) - 2022年11月14日 (月) 02:53


    北海道は初雪も早いですからね☃️
    冬タイヤの交換も早いでしょうね🚗
    北海道以外の地域も早めの冬タイヤ交換を🚗

    【北海道は約9割が冬タイヤ交換済 本州もそろそろ準備を】の続きを読む

    このページのトップヘ