meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 列車 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:乗り物 > 列車


    『JR西、「他県より鉄分多め」で攻める岡山観光戦略 新たな観光列車に加えファン向け企画が続々』についてTwitterの反応


    JR西、「他県より鉄分多め」で攻める岡山観光戦略 新たな観光列車に加えファン向け企画が続々
     JR旅客6社は地元の自治体や旅行事業者と組んで、「デスティネーションキャンペーン(DC)」という大型の観光施策を3カ月ごとに実施している。DCの対…
    (出典:東洋経済オンライン)


    選抜高等学校野球大会テレビ中継(毎日放送) - JR西日本グループとして提供。 宇野郁夫 - JR西日本監査役 梅原利之 - JR西日本金沢支社長、鉄道本部長 河野俊郎 - JR西日本建設工事部次長 曽根悟 - JR西日本社外取締役 筒井義信 - JR西日本取締役 野村明雄 - JR西日本取締役 舟本恵 - JR西日本SC開発開発戦略室室長
    197キロバイト (21,274 語) - 2022年6月25日 (土) 16:09


    岡山観光戦略でかなりキレイなカラーリングですね😳
    乗ってみたいです🚃

    【JR西、「他県より鉄分多め」で攻める岡山観光戦略 新たな観光列車に加えファン向け企画が続々】の続きを読む


    『沈黙の引退、国鉄形「EF66」はなぜ人気があるのか 流線型の貨物用電気機関車、ブルトレでも活躍』についてTwitterの反応


    沈黙の引退、国鉄形「EF66」はなぜ人気があるのか 流線型の貨物用電気機関車、ブルトレでも活躍
     2022年3月のダイヤ改正を機に、JR貨物で活躍していたEF66形27号機が引退した。EF66形27号機は、国鉄形のEF66のうち、最後まで現役車…
    (出典:東洋経済オンライン)


    EF66形電気機関車(EF66がたでんききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が1968年(昭和43年)から1974年(昭和49年)まで、日本貨物鉄道(JR貨物)が1989年(平成元年)から1991年(平成3年)まで製作した直流電気機関車である。 本形式の量産に先立ち、1966年(昭和41年)に試作
    53キロバイト (7,080 語) - 2022年6月6日 (月) 20:21


    国鉄形の電気機関車は独特なデザインで走りも良い感じでしょうね🚂
    引退は残念ですけどね😓

    【沈黙の引退、国鉄形「EF66」はなぜ人気があるのか 流線型の貨物用電気機関車、ブルトレでも活躍】の続きを読む


    大阪・関西万博ロゴマーク公募サイト ^ ロゴマーク最優秀作品が決定しました。 大阪関西万博ロゴマーク公募サイト ^ “『小さい頃に見た万博…当時のDNAを表現』2025年大阪関西万博ロゴマーク決定 | MBS 関西のニュース”. www.mbs.jp. 株式会社毎日放送(MBS) (2020年8月25日)
    22キロバイト (2,595 語) - 2022年6月12日 (日) 17:45

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    万博となると沢山の人々が来るでしょうし交通の便を増やしたりするのは当然でしょうね🚃

    1 少考さん ★ :2022/06/09(木) 21:16:35.16
    ※NHK 関西のニュース

    大阪・関西万博 地下鉄増便やシャトルバス活用で混雑緩和へ
    https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20220609/2000062115.html

    06月09日 16時26分

    2025年の大阪・関西万博での混雑の緩和を図るための基本方針がまとまり、地下鉄の大幅な増便やシャトルバスの活用などで、主な鉄道路線で混雑率を150%以下に抑えるとしています。

    大阪・関西万博での混雑の緩和に向けて、交通の専門家や大阪府・市、それに、実施主体の博覧会協会などでつくる協議会が基本方針をまとめ、9日、公表しました。

    この中では、期間中はピーク時で1日あたり28万5000人の来場者が予想され、会場の夢洲までの延伸が計画されている大阪メトロ・中央線では、対策を取らない場合、朝のラッシュ時の混雑率が186%に達することが予想されています。

    このため、協議会では、▼中央線を増便し、1時間あたり最大24本を運行するほか、▼大阪の中心部や周辺のターミナル駅などにシャトルバスの発着場を設けるなどして、主な鉄道路線の混雑率を、電車の中で新聞を広げて楽に読めるとされる「150%以下」に抑えることを目指すとしています。

    また、夢洲への自家用車の乗り入れは原則、禁止としたうえで、会場からおおむね15キロ圏内に駐車場を設け、バスに乗り換えてもらうことにしています。

    博覧会協会の石塚智之 運営事業局長は記者会見で、「来場者だけでなく、ふだんの生活や経済活動にも影響が出ることもあると思うが、ご理解をいただいたうえで、万博を一緒に盛り上げるためにご協力いただきたい」と話していました。

    【大阪市長“テレワーク推進を”】

    大阪・関西万博での混雑緩和のための基本方針では、沿線の企業などに対してテレワークや時差出勤を呼びかけることも盛り込まれています。

    これについて、大阪市の松井市長は、「新型コロナの影響でテレワークは各企業でも浸透してきている。万博時の混雑緩和と働き方改革という面でもテレワークを推進していくべきだ」と述べました。


    ※関連リンク
    https://www.expo2025.or.jp/news/news-20220609-01/

    【【大阪・関西万博】地下鉄増便やシャトルバス活用で混雑緩和へ。 松井市長「“テレワーク推進を”」(6/9)】の続きを読む


    つくばエクスプレス(TSUKUBA EXPRESS、略称並びに路線記号:TX)は、東京都千代田区の秋葉原駅と茨城県つくば市のつくば駅を結ぶ首都圏新都市鉄道 (MIR) の鉄道路線である。『鉄道要覧』における正式路線名は常磐新線(じょうばんしんせん)であるが、案内上は全く使用されない。
    136キロバイト (17,799 語) - 2022年6月6日 (月) 06:42

    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    つくばより先を延伸ですか😨
    最終的に常磐線と合流すれば、まだ良いかもだけど🚃

    1 蚤の市 ★ :2022/06/09(木) 22:54:51.15
    東京・秋葉原駅と茨城・つくば駅を結ぶつくばエクスプレス(TX)を茨城県内で延伸させる計画が急浮上している。延伸候補地の自治体は「活性化の起爆剤」と期待を膨らます一方、TXは運行で小さなトラブルが相次ぎ、内部から拡大路線を危ぶむ声もある。首都圏を見渡せば、鉄道の延伸計画は多い。だが、鉄道は地方を含め首都圏でも人口減少やコロナ禍による利用者減で経営環境は厳しい。多額の費用をかけた延伸が必要なのか考えた。(特別報道部・山田祐一郎、宮畑譲)
    ◆ 人口増加、観光振興、防災力の強化…土浦市長自ら街頭で訴え
     「つくばエクスプレスを延伸させましょう」。茨城県土浦市にTXの延伸を目指す「TX土浦延伸を実現する会」(会長・安藤真理子市長)は8日朝、通勤客らに署名を求め、JR常磐線の土浦駅でチラシを手渡した。
     市や地元の商工会議所などでつくる「実現する会」は今年4月に発足。2万人を目標に連日、駅頭で署名を呼び掛けている。12日には決起集会を開き署名簿をまとめ、29日に要望書とともに県に提出する予定だ。市の担当者は「延伸は、利便性向上による人口増加や観光振興、防災力の強化などさまざまなメリットが期待できる。通勤客にも好意的に受け止められている」と手応えを話す。
     TXは2005年の開業で、東京都と茨城、千葉、埼玉県と沿線自治体、民間企業が出資する「首都圏新都市鉄道」が運行する。15年に累計輸送人員が10億人を突破するなど順調に利用者を伸ばしてきた。
     今年3月に発表された住宅情報サイトの「住みたい街ランキング」では、流山おおたかの森駅(千葉県流山市)が16位、つくば駅が29位と上位にランクイン。沿線は子育て世帯を中心に人気となり、人口も増えてきた。
    ◆新型コロナの影響で利用者は大幅減
    ただ、新型コロナウイルスの影響でこの2年は大幅に利用者が減少。21年度の1日当たりの輸送人員は約30万人で20年度より回復したものの、19年度からは2割以上少ない。
     TXの延伸計画は秋葉原駅から東京駅と、茨城県内方面の2つが存在する。県によると、県内についてはTXの構想段階から求める声があった。18年に策定した県総合計画で、つくば駅から先の①筑波山②水戸③茨城空港④土浦―の案が提示されたことで具体化された。
     県の本年度予算で初めて調査費1800万円が盛り込まれ、4方面案の需要予測調査が始まった。年度内に延伸を求める先を一本化する方針が決まったことから、計画で示された自治体で誘致活動が活発化した。県の担当者は「着工時期や事業費、費用負担などは何も決まっていないが、今後、東京駅と県内の両方を進めていく」と二兎にとを追う。
     これに対し、出資する他都県は静観の構えだ。東京都の担当者は「まだ調査段階。運行会社がどう判断するか注視している」。「具体的な話が出てくれば関係都県と意見交換していく」(埼玉県)。「今後の状況を注視している」(千葉県)と述べるにとどまる。
    ◆「もっと便利になる」「需要があるのか疑問」(略)
    ◆トラブル続き「まず安全対策」
     にわかに盛り上がるTXの延伸論だが、安全な運行が大前提だ。しかし、昨年はそれに疑問符がつくトラブルが相次いだ。
     昨年10月、千葉県内の2駅で列車の停止位置を知らせる標識の棒が腐食して倒れた。また、ワンマン運転中の運転士が腹痛を訴えたのに、交代要員がいる駅が少ないためか約30分間、乗務を続けるという事態も発覚した。緊急搬送された乗務員は尿路結石だった。
     「会社が、安全対策や人件費にお金をかけていないことがトラブルの背景にある。駅員や乗務員は常にギリギリの人員で勤務を強いられている」。そう打ち明けるのは、首都圏新都市鉄道の男性社員だ。延伸については「茨城県も会社の状況はある程度知っているはずなのに、よく言えるなと。コロナもあって経営状態も回復していないし時期尚早じゃないか。まず安全対策にコストをかけるべきだ」と訴える。
     延伸して安全は大丈夫なのか。首都圏新都市鉄道に取材すると、「県の議論であり、当社は関与していないため、コメントは差し控えさせていただく」との答えだった。
     一方、東京駅への延伸はすでに国土交通省の交通政策審議会の答申にも盛り込まれ、茨城県内ルートよりは一歩先に進む。とはいえ、国交省の担当者は「事業主体が決まっておらず、構想はあるが具体的には進んでいない」。茨城県内は「スタートラインにも立っていない」とも。
    ◆資金面が大きな壁、運賃にツケが回る可能性も
     首都圏ではTX以外にも、鉄道の延伸計画は多いが、資金面が大きな壁となり実現は難航している。(略)
    ◆昔ながらの「我田引鉄」、土浦はまだしも…(略)

    東京新聞 2022年6月9日 18時27分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/182510

    【つくばエクスプレス(TX)の延伸は必要か…茨城で「実現する会」発足、東京、千葉、埼玉は静観】の続きを読む


    『バブル期“究極の寝台列車”どんだけすごかったか! 伝説の24系客車「夢空間」』についてTwitterの反応


    バブル期“究極の寝台列車”どんだけすごかったか! 伝説の24系客車「夢空間」
    …きっかけはパリ発東京行き「オリエント急行」 1988(昭和63)年は、日本の寝台列車にとって大きな年でした。というのも、3月に寝台特急「北斗星」が運…
    (出典:乗りものニュース)


    24客車はエアコンの換装を伴う車体保守工事を受けており、同列車の編成は従来型の寝台客車と1424の混結となっていたが、2015年3月現在、1編成が1424寝台車を主体とした当初の編成に復帰している。(但し荷物車と食堂車は従来車が連結されている。1424の食堂車はタイ国鉄には譲渡されていない)
    174キロバイト (25,296 語) - 2022年6月9日 (木) 08:47


    バブル期の時は寝台列車含めて乗客が沢山乗ったでしょうね🚃
    24系客車、良かったでしょうね🚃

    【バブル期“究極の寝台列車”どんだけすごかったか! 伝説の24系客車「夢空間」】の続きを読む

    このページのトップヘ