meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 声優 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 声優


    <梶裕貴>炎と向き合う轟を「燃え尽きるほどの熱量で」 劇場版「ヒロアカ」は「絆が試される」

     「週刊少年ジャンプ」(集英社)で堀越耕平さんが連載中のマンガが原作のアニメ「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)」の新作劇場版「僕のヒーローアカデミ…
    (出典:MANTANWEB)


    裕貴(かじ ゆうき、1985年9月3日 - )は、日本の男性声優、ナレーター、歌手。東京都生まれ、埼玉県坂戸市育ち。ヴィムス所属。以前はアーツビジョンに所属していた。 代表作に『進撃の巨人』(エレン・イェーガー)、『マギ』(アリババ・サルージャ)、『七つの大罪』(メリオダス)などがある。他にも芸
    257キロバイト (25,367 語) - 2021年7月23日 (金) 16:23


    梶氏、劇場版ヒロアカの轟役頑張ってください🎥

    【<梶裕貴>炎と向き合う轟を「燃え尽きるほどの熱量で」 劇場版「ヒロアカ」は「絆が試される」】の続きを読む


    声優(せいゆう)とは、映像作品や音声作品に、自身の姿を見せずに声だけで出演する俳優。広義にはナレーターも含まれる。職業を示す意味で使われる場合と映像・音声作品の役割、職能という意味がある。 英語では一般的に男性を voice actor、女性を voice actress といい、日本語でもボイスアクターという場合がある。
    121キロバイト (18,111 語) - 2021年5月31日 (月) 08:53



    (出典 blog-imgs-146.fc2.com)


    バラエティー番組などに声優が出演する事が増えている様ですね😳
    ギャラを稼ぐのに良いですけどね💰️
    これからも声優含めて頑張ってください📺️

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/06/10(木) 19:51:23.22

    まいじつエンタ2021.06.10 17:33
    https://myjitsu.jp/archives/285734

    『鬼滅の刃』の大ヒットにあやかり、声優たちを毎日のように出演させるようになった昨今のテレビ業界。これを象徴するような出来事が、6月7日に見られることとなった。

    この日、フジテレビ系のゴールデンタイムは、21時台のドラマを除いて〝声優祭〟に。『ネプリーグ』には「超人気声優チーム」が参戦し、木村昴、石川界人、伊瀬茉莉也、梶裕貴がクイズに挑んでいった。続く番組『スカッとジャパン』にも、津田健次郎、浪川大輔、西山宏太朗、仲村宗悟と、4名もの男性声優が再現ドラマに出演している。

    さらに、裏番組である『世界まる見え! テレビ特捜部』(日本テレビ系)も同様の様相を呈した。昨今の同番組は冒頭で述べたブームよろしく、VTRのナレーターに雨宮天、内田真礼、佐倉綾音といったアニメ声優を起用することが通常運転に。さらにさらに、この日はスタジオゲストにも声優の杉田智和が出演し、ビートたけし、所ジョージといった大御所と顔を並べてタレントのようにワイプリアクションを取ったのだ。

    大興奮の礼賛から複雑な違和感まで様々な声が…
    ゴールデンタイムの民放各局が、同時多発的に声優をバラエティー出演させたこの光景。昨年下半期以降吹き荒れる〝声優のバラエティー進出〟を、これ以上なく如実に表すものとなったのは言うまでもない。あまりに分かりやすかったためか、ネット上にも様々な反応が。

    《今日、丸見えにネプリーグにスカッとジャパンの声優オンパレードだったね~!》
    《近年の声優ばっか番組でてんの、まぁなんか、当人たちのノリがテレビ的じゃなくて違和感がすごい。うーん…》
    《今日テレビに声優ばっかでてるじゃないか 何だこのカオス》
    《ネプリーグに声優さんが出てその後にスカッとジャパンでも声優さんが出てるって… 本当にやばい… 丸見えにも杉田さん出てるし、今日のテレビめっちゃ声優さん出るやん!》
    《餅は餅屋なんだから声優をテレビに出すなよ》
    《タレントに声優やらせたらブチ切れるアニオタが声優のテレビ出演は興奮して喜んでんのマジ笑う》

    など、賛否が見られている。

    「声優がテレビに出演するのは、大昔から賛否の分かれているテーマです。ただ、局側が彼らを起用するのは、ギャラやSNSの反響といった戦略的な視点に基づけば仕方ない部分もある。問題なのは、タレントの声優起用を親の仇のごとく叩きまくるにもかかわらず、声優のテレビ出演は大興奮で視聴者側になる、都合のいい二枚舌の声優オタクですよ」(アニメ誌編集)

    かつての声優ファンには、「声優としての矜持を持ち、表舞台には出ないでほしい」「声優なのに声以外の仕事をするのは逃げ」という保守的な層も一定数存在していた。二枚舌のオタクばかりな現状を、こうした保守派は嘆いていることだろう。


    【バラエティー番組が声優だらけに…二枚舌のオタクたちが大歓喜!】の続きを読む


    声優(せいゆう)とは、映像作品や音声作品に、自身の姿を見せずに声だけで出演する俳優。広義にはナレーターも含まれる。職業を示す意味で使われる場合と映像・音声作品の役割、職能という意味がある。 英語では一般的に男性を voice actor、女性を voice actress といい、日本語でもボイスアクターという場合がある。
    120キロバイト (18,058 語) - 2021年5月28日 (金) 04:20



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    今年の選ばれし勇者のノポンのボイス - ゼノブレイド&ゼノブレイド2 ゼノブレ台詞&掛け合いまとめ - Seesaa Wiki
    https://seesaawiki.jp/xenoblade2jixyouhou/d/%BA%A3%C7%AF%A4%CE%C1%AA%A4%D0%A4%EC%A4%B7%CD%A6%BC%D4%A4%CE%A5%CE%A5%DD%A5%F3%A4%CE%A5%DC%A5%A4%A5%B9


    鬼滅の声優がバラエティー番組に出演した事からの始まりの様ですけど、声優が地上波番組に出演して素人ノリがウザいですかね🤔

    1 Anonymous ★ :2021/05/29(土) 12:05:03.27

    2021.05.27 17:32
    https://myjitsu.jp/archives/282690

    『鬼滅の刃』の大ヒット以降、急激に加速している声優のTV進出。連日多くの人が、〝あの鬼滅声優〟との触れ込みで、声優のバラエティー出演を目にしているのではないだろうか。

    5月24日、このブームに乗る形で、〝鬼滅声優〟の小西克幸と鬼頭明里が『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)に出演。『Kis-My-Ft2』宮田俊哉、『ナイツ』土屋伸之とともに、1000円ガチャを回すロケに挑んだ。迎えたオープニングトーク、「声優の鬼頭明里です。よろしくお願いします!」と普通に自己紹介する鬼頭に対し、小西は「君のハートに、レボリューション!」とゴー☆ジャスのギャグを本意気で披露。この全く脈絡のない自己紹介に、スタジオでVTRを眺める『サンドウィッチマン』は微妙な表情を浮かべてしまった。

    「キスマイ」の北山宏光も、「え、レボリューションは…?」と困惑。スタジオの宮田は「レボリューションは、なんかノリで言ってくれたみたい」と当時を振り返り、小西の悪ノリであったことを明かした。VTRに戻ると、小西は自身が声優を務めた『BEM』のセリフを披露することに。しかし、「早く人間になりたい!」とキャラとは真逆な爽やかな声で発し、またも悪ノリを見せたのであった。

    ここで小西のキャラを察したのか、土屋は「これ大変だぞ!」と今後のロケを心配する。そして、この心配は的中してしまうのだった…。

    芸人気取りの悪ノリ連発に「ウザすぎる」

    1発目のガチャを引く際、小西は「このスパにいるガチャの精霊たちよ! カギを出せぇ!」とポーズを決めつつ絶叫。テンポを悪くする相変わらずの悪ふざけに、『サンド』富澤たけしは「何してんの」と呆れ気味につぶやく。現場の土屋も、「俺は日本中のツッコミたちよ、助けてくれって思ってるよ」と呆れ気味にツッコミ。まるで、TV出演に興奮を抑えきれない素人大学生のような悪ノリを、終始に渡って続けたのだった。

    これら悪ふざけは、声優ファンから

    《地上波バラエティーでも、こにたんはこにたんだったw》
    《小西さんいい声&相変わらずのノリの良さ笑》
    《※決して芸人ではありません》
    《小西さん出オチだしボケまくりやwww》

    などと大好評。しかし、まともな視聴者には

    《うぜえ声優》
    《小西のノリは地上波じゃ恥ずかしいからやめれ》
    《アニメは面白かったが 声優のごり押しはいい加減にしろ》
    《うるせえ声優もう止めろ》
    《とことん寒いな》
    《こいつマジでウザすぎるだろ 自分は面白いと思ってそうなのも救えない》

    など、多大なる不快感を抱かせてしまった。

    「先日、『YOASOBI』のikuraが声優に挑戦することが発表され、ネット上に『本業じゃないのに声優をするな』など、数十年言われ続けている金太郎飴のような感想が相次ぎました。一方、今回の小西をはじめ、昨今は声優による各界への侵略が確実に増加中。三石琴乃がドラマ『リコカツ』(TBS系)に、『ものまねグランプリ』(日本テレビ系)に山寺宏一と海宝直人、花澤香菜は『サンデー・ジャポン』(TBS系)にコメンテーターとして出演しています。木村昴や下野紘は2大巨頭で、特に『あの鬼滅声優!』と下野が出るのは相当な頻度。しかし、なぜか声優ファンから『本業じゃないのにバラエティーやドラマに出るな』との意見はあがってきません」(エンタメ誌記者)

    タレントではないことを自覚し、芸人気取りの悪ノリは避けてほしいものだが…。
    前 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1622182141/


    【【話題】声優のバラエティー進出にウンザリ! 素人ノリに呆れ声「地上波じゃ恥ずかしい」「とことん寒いな」「ウザすぎる」】の続きを読む


    声優(せいゆう)とは、映像作品や音声作品に、自身の姿を見せずに声だけで出演する俳優。広義にはナレーターも含まれる。職業を示す意味で使われる場合と映像作品の役割という意味がある。 英語では一般的に男性を voice actor、女性を voice actress といい、日本語でもボイスアクターという場合がある。
    114キロバイト (17,159 語) - 2021年4月17日 (土) 01:02



    (出典 blog-imgs-146.fc2.com)


    声優はギャラが安い様な情報も目にしてますけど😞
    俳優などに比べると格が下だから高い服が着れないのでは…❓️

    1 征夷大将軍 ★ :2021/05/05(水) 15:01:21.26

    まいじつ 2021年5月4日 07:31 
    人気女性声優にオタクが発狂! 声優が“高い服”を着ると叩かれるのはナゼ?
    https://myjitsu.jp/archives/277773

    大人気アニメ『ウマ娘 プリティーダービー』(TOKYO MXほか)のメジロマックイーン役をはじめ、さまざまな作品で活躍している声優・大西沙織。そんな彼女が〝高級スニーカー〟を履いている画像が発掘され、ファンをザワつかせている。

    コトの発端は、あるファンが見つけた大西の画像。その画像で大西は、ハイブランド『GUCCI』が発売した、手書き風イチゴのイラストが描かれたスニーカーを履いていた。しかもこのスニーカーは、お値段12万円ほど。

    声優オタクやアニメオタクは、この事実を受け入れられなかったようで、ネット上には、

    《オタクから稼いだお金で》
    《人生舐めすぎやろ》
    《ブランドってすげえわ、どんな*デザインでもグッチだってだけで良いものって認識されるんだろ》
    《ワイの人生なんやったんや》
    《このスニーカー12万円なの!? 普通のスニーカーどんだけ買えんのよ…》
    《かわいいスニーカー履いてるのかなと調べたらこのデザイン…。オレが描いても高く売れんじゃね?》

    などと厳しい声があがっている。

    確かに12万円のスニーカーは高級品かもしれないが、それだけ大西が仕事を頑張っている証。…

    しかし声優ファンは彼女らに幻想を抱いており、どうしても自身と同じ生活水準であることを求めてしまうようだ。

    ■ 女性声優の“ハイブランド品”はツッコまれがち!?
    この傾向は特に女性声優のファンに見られ、ネット上では度々〝高級品狩り〟が起こっている。

    「2017年ごろに、人気声優・竹達彩奈も〝衣装〟について、今回のような論争に巻き込まれていました。彼女が自身のツイッターへ衣装の写真をアップすると、すぐさまファンが特定。その衣装が3万円ほどだったようで、ネット上には《衣装用とはいえ洋服に3万円かけるって感覚がよくわからん》と叩かれていました。同じく人気声優の花澤香菜は、私服やお財布が高級ブランド『メゾン マルジェラ』だったことが話題に。花澤は〝私服がダサい〟とも言われていましたが、実はハイブランドや『Mame Kurogouchi』など、センスのよい服を多く着ています」(芸能ライター)

    竹達の服が3万円でオタクが発狂している時には、《3万円の服ごときで騒いでるあたり、マジで彼女できたことないから、年相応の女の服の値段知らないんだろうなって感じで涙が出てしまった》という声も…。アニメや声優に詳しいオタクたちが、ファッション知識を身につけないのはナゼなのだろうか。…

    おそらく、オタクが作品にお金を落とすと、「俺たちが作品を支えている」と勘違いするからだろう。株主にでもなった気持ちで、作品出演者を自分のレベルまで格下げ。勝手に親近感を抱き、優越感に浸って溜飲を下げているのかもしれない。

    何を着ていても彼女らの自由。ましてや自分の彼女でもない人物の服を否定するべきではない。それをとやかく言う前に、ファンは理想と現実のギャップを受け止めるべきだろう。

    前スレ
    人気女性声優にオタクが発狂、声優が高い服を着ると叩かれる アニメや声優に詳しいオタク達がファッション知識を身につけないのはナゼ?
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1620083519/


    【人気女性声優にオタクが発狂! 声優が“高い服”を着ると叩かれるのはナゼ?】の続きを読む


    林原 めぐみ(はやしばら めぐみ、1967年3月30日 - )は、日本の女性声優、歌手、ラジオパーソナリティ、作詞家(MEGUMI名義)、エッセイスト。愛称は「めぐさん」「閣下」「食料大臣」など。 デビュー以来長年にわたり、人気声優として多彩な分野で活躍しており、第3次声優ブームの源流かつ最も代表的
    243キロバイト (24,023 語) - 2021年4月13日 (火) 15:35



    (出典 image.news.livedoor.com)


    アーティスト活動30周年おめでとうございます🎉
    声優としても大変ですけど身体に気を付けて頑張ってください📺️

    1 ひかり ★ :2021/04/11(日) 23:56:38.99

    今回のお客様は、声優・林原めぐみさん。 「らんま1/2」の女・早乙女乱馬、「平成天才バカボン」のバカボン、「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイ、「ポケットモンスター」のムサシ、「名探偵コナン」の灰原哀など、数多くの有名キャラクターを演じている、日本のトップ声優です。2月20日(土)には、書き下ろし書籍「林原めぐみのぜんぶキャラから教わった 今を生き抜く力」(KADOKAWA)を出版。ご自身の誕生日でもある3月30日(火)には、歌手活動30周年を記念したベストアルバム『VINTAGE DENIM』をリリースしました
    ◆綾波レイは「感情がないわけではなく…」庵野監督からの指示は?

    川島:「魔神英雄伝ワタル」の忍部ヒミコに始まり、「らんま1/2」の女・早乙女乱馬、「平成天才バカボン」のバカボンなど、どこか、しゃべるだけで明るくさせてくれるキャラクターのイメージがすごく強い林原さんでした。その反対にいるキャラクターと言えば、やはり「エヴァンゲリオン」の綾波レイ。

    林原:そうですね。私もびっくりしました。実は、オーディションでミサトもアスカも受けていたんです。ぶっちゃけ、“アスカに手ごたえがありかな?”なんて思っていたんです。(後にアスカ役に決まった)後輩の宮村優子ちゃんも、綾波レイのオーディションを受けていたようです。でも彼女は、綾波レイ役を受けるときに、大声で「あなたは*ないわ! わたしが守るもの!」って言ったっていうから、「それは落ちるだろう」って話はしてましたね(笑)。

    川島:ちなみに綾波レイは、オーディションの時点でボソボソ話してとか指示はあったのですか?

    林原:一応、指示はありました。なんとなくの設定みたいなものをもらうんです。性格設定みたいな。顔と等身が描かれた資料があって、まずは自分で一声を発してみると、「もうちょっとこんなふうにやってみてください」など何度か言われて。それで、(受かったと思ったら)レイちゃんのほうだったと。別な意味でびっくりでしたけどね。“そっちか!”でした(笑)。

    川島:いざレコーディングが始まったら、だいぶ感情を乗せにくいキャラクターだったのでは?

    林原:乗せちゃダメだったんで。

    川島:感情を乗せちゃダメ。深いですね。

    林原:この話は本「林原めぐみのぜんぶキャラから教わった 今を生き抜く力」に書きましたが、(庵野秀明監督からは)「感情がないわけではなく、知らないだけだから。よろしく」みたいな。あとは丸投げ(笑)。

    川島:監督はそう言うでしょうけど。

    林原:うん。すごく普通の顔で言ってました。

    川島:感情を知らない。でも棒読みじゃダメだと。

    林原:うん。“じゃあどんなしゃべり方?”って、自分でひたすら探しました。今のアニメでは、わりとクールなキャラクターも増えましたが、当時はモデルケースになる子がいなかったので、探して、探して病みましたけど(苦笑)。心理学の本を読んだり、“感情ってどこから湧くの?”とかいろいろ調べました。でも、結局たどり着いたのは単純なことで。

    例えば、川島さんがすごく好きな女の子からバレンタインにチョコレートをもらったら、「うわ~! ありがとう!」ってなる。でも、全然好きじゃないし、むしろ嫌いかも? という子からチョコレートをもらったら、「うわ、ああ……でも(一応お礼はしておかないと……)ありがとう」ってなる。要は、普通にしゃべっているつもりでも、その感情の上に“感謝”とか“嫌悪”が乗るんです。

    川島:はー、深いですね。

    林原:ただ(レイちゃんは)そう思ったことを言うだけ。

    川島:それ以上でも、それ以下でもない綾波レイ。

    林原:うん。

    川島:林原さんがこれまで演じてきた役と、まったく違うじゃないですか? レイをやって気づいたことはありますか?

    林原:“人って言葉通りに生きていないんだな”っていうことが、一度に見えるようになっちゃって。例えば、「忙しくてまいっちゃうよ……」って言っているけど、“売れっ子で嬉しいって思っているんだな……”とか(笑)。

    川島:正直にね(笑)。

    林原:そう。言っている内容は同じなんだけど(真逆の思いがある)。そんな風に人が見えるようになっちゃった。

    川島:こうは言っているけど、本当は怒っているなとか。その言葉どおりには受け取らないと。

    林原:うんうん。

    川島:なんか、生きていくなかですごく重要なことですね。

    林原:そうですね。

    (TOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」放送より)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9ceeefd7480a1a01d4bdd6d1c25d5307c29348e5


    【林原めぐみ、庵野秀明監督からは「丸投げでした(笑)」…「エヴァ」綾波レイのキャラクター作りを振り返る】の続きを読む

    このページのトップヘ