meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> イヌ科・ネコ科 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:動物 > イヌ科・ネコ科


    コヨーテ(Canis latrans)は、食肉目イヌ科イヌ属に分類される食肉類。オオカミに近縁で、形態も似るが小型。 極近くを除く北アメリカ大陸に広く分布。オオカミの衰退に乗じ、分布を広げつつある。 オオカミより小型で頭胴長75 - 101cm、尾長30 - 40cm、体高60cm以内、体重9-20
    7キロバイト (896 語) - 2020年6月12日 (金) 21:14



    (出典 static3.depositphotos.com)


    コヨーテがウイルス感染とは…
    怪我で済んだけど気をつけなきゃですね…
    お大事に…

    1 ギコ(大阪府) [US] :2020/01/22(水) 18:21:15.35


    子どもを襲った狂犬病のコヨーテ、父親が素手で撃退 米
    https://www.cnn.co.jp/usa/35148321.html

    米ニューハンプシャー州で親子連れがコヨーテに襲われ、父親が素手でコヨーテと格闘して窒息死させた。
    州魚類鳥獣局は21日、狂犬病検査でこのコヨーテから陽性反応が出たと発表した。

    親子連れは20日、同州エクセターでコヨーテに襲われ、2歳の息子がジャケットのフードに噛(か)みつかれて地面に引きずり倒された。

    父のイアン・オライリーさんは、コヨーテから身を守ろうとして2度噛まれながらも蹴って引き離し、コヨーテの頭を雪にうずめ、
    口が開けられないように手で押さえ付けながら、全体重をかけ続けて窒息死させた。
    (略)


    【息子(2)を襲った狂犬病のコヨーテと素手で格闘、二度噛まれながらも窒息死させる】の続きを読む


    イエローストーン国立公園イエローストーンこくりつこうえん、Yellowstone National Park)はアイダホ州、モンタナ州、及びワイオミング州に位置するアメリカ合衆国の国立公園である。1872年に世界初の国立公園に指定されており 、ワイオミング州北西部を中心として3470平方マイル(
    26キロバイト (3,438 語) - 2020年5月6日 (水) 06:45



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    狼は怖いイメージがありますけど、写真で見ると結構可愛いですね!

    1 ごまカンパチ ★ :2020/07/22(水) 00:37:49.02

    http://karapaia.com/archives/52292804.html
    オオカミが生態系に奇跡をもたらす/iSto*
     アメリカの広大な自然が残るイエローストーン国立公園に41頭のオオカミの群れを招き入れて今年で25年となった。
    かつて、ここには多くのオオカミが暮らしていたのだが、1926年、野生のオオカミが*れたという公式記録を最後に、完全に姿を消してしまったのだ。
    そこで、乱れてしまった生態系を回復する目的で、1995年にカナダから狼たちが連れてこられた。
    「20世紀最大の実験」と呼ばれるこの試みは順調に進み、20年後、「生態系が本来の姿に戻り始めた」ことがわかった。

    そして25年の月日がたった。新しい研究によれば、オオカミたちは公園内の生態系を安定させている役目を果たしているそうで、
    ヘラジカを食い尽くすようなことはなく、むしろ弱った個体や病気の個体を間引いてくれるために、ヘラジカの群れはこれまでよりも健全になっているそうだ。

    【オオカミは気候の変化に合わせて捕食対象を変えている】
    雨や雪が普段どおりの年なら、オオカミが主に狙うのは、一番楽に狩ることができる老いたメスのヘラジカだ。
    しかし最近の研究では、雨・雪が少なく、乾燥して草や低木があまり繁殖しない年の場合、狩りの標的はオスに変わることが明らかになっている。
    がっしりとした体つきのオスのヘラジカは、秋になると食べることよりも、メスを巡って雄叫びをあげたり、互いに突進したりすることに熱中する。
    そのせいでエネルギーを消費し、季節が冬に向かうにつれて弱ってくる。乾燥した季節ともなれば、なおのことだ。

    賢く、適応力の高い捕食者として、オオカミはこうしたことを学習している。だから体重200キロのメスではなく、340キロもあるが栄養不足で消耗したオスを*。
    エサの乏しい年にオスが狙われると、その分だけメスが子供を産むチャンスは増える。
    そのためにヘラジカの生息数は維持される。

    【生態系のバランスを保つのに重要な役割を果たすオオカミ】
    『Journal of Animal Ecology』によれば、より重要なのは、今イエローストーン公園内に300~350頭いるとされるオオカミたちが、
    ヘラジカの群れが変わりやすい気候の脅威を切り抜けられるよう手助けしていることだという。

    たとえば、ヘラジカの生息数がやたらと増減したりせず、一定に保たれるために、頻繁に発生する干ばつ(温暖化の影響の1つでもある)に耐えやすくなっている。
    「将来的にはかなり予測が難しくなるので、(大量*備えとして)緩衝となるものが欲しいところです」と語るイエローストーン国立公園の野生生物学者ダグ・スミス氏は、
    ヘラジカの群れのバランスをとってくれるオオカミはその役割を果たすことができると解説する。

    狩猟や管理政策を通じて「人間もヘラジカの数を安定させる手助けができますが、オオカミとまったく同じようにはいきません」と、同氏は付け加える。

    ※略

    ■アメリカ各地でオオカミ再導入が検討されている
    イエローストーンでの成功事例を見て、今年11月、コロラド州でもオオカミを再導入するべきかどうかの是非を問う投票が行われるそうだ。
    投票が近づいている今、研究者は25年間のデータを用いて、オオカミをコロラド州をはじめとする各地に再導入した場合にどのような変化があるのか予測しようとしている。
    中には、タイリクオオカミの亜種であるメキシコオオカミを元々彼らが生息していたニューメキシコ州やアリゾナ州にもっと導入しようという意見もある。

    ※続きはソースで


    【【生態系】オオカミを導入してから25年。イエローストーン公園の生態系が安定したことを確認 アメリカ各地でオオカミ再導入が検討中】の続きを読む


    千葉市動物公園(ちばしどうぶつこうえん、英:Chiba Zoological Park)は、千葉千葉市若葉区源町280番地にある動物公園である。立ち姿で有名なレッサーパンダの「風太」を飼育することで知られる。房総の魅力500選に選定されている。 開園当初から、世界の霊長類の飼育、特に絶滅が危惧さ
    14キロバイト (1,528 語) - 2019年8月28日 (水) 06:49



    (出典 fki.ismcdn.jp)


    チーター施設良いですね!
    千葉市動物公園だからレッサーパンダも楽しみですね!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/21(火) 16:32:37.00

    7/21(火) 16:29配信
    共同通信
     
     千葉市動物公園(同市若葉区)で21日、チーターの展示施設が新規オープンした。チーターが走り回る一周140メートルの「チーターラン」を設置。訓練を終えた秋以降には、猛スピードで疾走する姿が見られる見通しだ。

     展示されるのはチェコやフランス、ノルウェーの動物園から寄贈されたオス3頭、メス4頭の計7頭。繁殖拠点となるよう設備を整え、大学などの専門機関と連携し繁殖を目指す。

     コースでは疑似の餌を引っ張って動かし、チーターが追いかける。新型コロナウイルスの影響で到着が遅れたため、走る様子は訓練を終えてから、公開される予定だ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f3c2ffc547fac7cd75667fc973f2335ae57ada40


    【千葉市動物公園にチーター施設 疾走する姿間近に】の続きを読む


    ネコ(猫)は、狭義には食肉目ネコネコ属に分類されるリビアヤマネコ(ヨーロッパヤマネコ)が家畜化されたイエネコ(家猫、Felis silvestris catus)に対する通称である。イヌ(犬)と並ぶ代表的なペットとして日本を含め世界中で広く飼われている。 より広義には、ヤマネコネコ科動物全般を指すこともある(後述)。
    123キロバイト (16,987 語) - 2020年7月13日 (月) 05:17



    (出典 giwiz-tpc.c.yimg.jp)


    イエネコの祖先の事は気にしていなかったけど6000年も前に中欧で暮らしたのは知りませんでした…

    1 ブギー ★ :2020/07/19(日) 06:32:06 ID:VIgx7L0v9.net

    約7000年前、近東の「肥沃な三日月地帯」を出発した新石器時代の初期の農民たちは、ヤギ、ヒツジ、ウシ、イヌなど、新たに家畜化された動物たちも一緒に連れて移動していた。しかし彼らはおそらく、ヤマネコもこっそりとついてきたことには気がついていなかっただろう。(参考記事:「南米の小さなヤマネコ「コドコド」を知ってますか」)

     そして6000年ほど前に、現在のポーランドに到達した人々は、森を開拓して広々とした牧草地や農地へと変え定住し始める。こうした農耕地のそばにある洞窟で発見されたリビアヤマネコ(Felis silvestris lybica)の骨を分析したところ、ネズミやリビアヤマネコもまた一緒にすみ着いていたことが新たな研究で明らかになった。論文は2020年7月13日付けの「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された。

     現代のイエネコはリビアヤマネコの子孫であり、約1万年前に肥沃な三日月地帯で家畜化が始まったとされている。ポーランドで見つかった約6000年前のリビアヤマネコの骨は、中央ヨーロッパにおける最古の証拠だ。リビアヤマネコがなぜポーランドまで分布を広げたのかは分かっていなかったが、今回の発見はその謎の一端を明らかにするとともに、イエネコの進化の物語を読み解く新たな手がかりが見つかったことを意味する。

    「予想もしない発見でした」と話すのは、ポーランド、ニコラウス・コペルニクス大学の動物考古学者で、研究を主導したマグダレーナ・クライツァールズ氏だ。注目すべき発見のひとつは、ネコの上腕骨が陶器と一緒に堆積物の層に埋まっていたことだ。

     ただし、当時の人々がネコとどこまで親密だったかは分からない。ちなみに、新石器時代、人類が洞窟を訪れていたことは分かっている。見つかったネコの骨は、たまたまイヌなどの捕食動物が洞窟に運んだものかもしれない。それでも、この辺りにネコがいたという事実は、当時でも人間のそばで暮らすことが、ネコにとって居心地がよかったことを示唆している。「ネコが家畜になるまでの重要なステップです」とクライツァールズ氏は述べている。 (参考記事:「ネコは自ら家畜化した、遺伝子ほぼ不変、最新研究」)

     科学者たちは、リビアヤマネコの近縁種にあたる、地元種のヨーロッパヤマネコ(Felis silvestris silvestris)4匹の骨も、同じ洞窟から発掘している。つまり、リビアヤマネコが新たなすみかにたどり着いたとき、彼らは遠い親戚と遭遇したことになる(リビアヤマネコとヨーロッパヤマネコは、約20万年前にはまだ枝分かれしていなかった)。

     このことから「興味深い疑問が出てきます」とクライツァールズ氏は言う。2種のネコは獲物をめぐって争っただろうか。また、彼らは交配をしたのだろうか。もしそうであれば、人間が今ペットとして飼っているイエネコには、私たちの想像以上に複雑な進化の歴史があるのかもしれない。

    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/071500424/?ST=m_news


    【【動物】イエネコの祖先、6000年前の中欧での暮らしぶりが判明 農耕と共にこっそり移動?】の続きを読む


    アン・ジャクリーン・ハサウェイ(英: Anne Jacqueline Hathaway, 1982年11月12日 - )は、アメリカ合衆国の女優。身長170cm。 ニューヨーク市ブルックリン区出身。父親のジェラルド・ハサウェイは弁護士、母親のケイト・マッコーレーは舞台女優。名前の由来は劇作家ウィリ
    22キロバイト (1,260 語) - 2020年7月11日 (土) 07:35



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    犬も噛んだりしますからね…
    6歳で助ける勇気があるのは感心します!
    あっぱれです!
    傷の治療しっかりして早く完治してください…
    お大事に!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/07/16(木) 23:00:30.11

    2020.07.16 Thu posted at 18:35 JST

    (CNN) 米ワイオミング州で6歳の男の子が、犬に襲われた妹をかばって顔に深い傷を負いながらもこれを救出する出来事があった。親類が男の子をたたえる内容をSNSに投稿すると、女優のアン・ハサウェイさんからその勇気を称賛するコメントが寄せられた。
    CNNが入手した家族の声明によると今月9日、ブリッジャー・ウォーカー君は4歳の妹が1匹の犬に襲われているのに気付いて助けに飛び込んだ。
    犬は1歳になるジャーマンシェパードのミックス犬で、妹の盾になったブリッジャー君を激しく攻撃。頬を押さえつけて離さなかった。

    その後救出されたブリッジャー君は、2時間かけて90針以上縫う手術を受けた。父親からなぜ妹と犬の間に割って入ったのか問われると、「もし誰かが*でしまうくらいなら、自分がそうなろうと思った」と答えたという。
    ブリッジャー君のおばはインスタグラムのページを立ち上げ、ブリッジャー君のことを紹介。人気スーパーヒーロー映画「アベンジャーズ」シリーズのファンだと明*と、アン・ハサウェイさんがこれに反応した。
    ハサウェイさんは自身のインスタグラムにブリッジャー君と妹の画像を掲載し、「私はアベンジャーではないけれど、誰がスーパーヒーローかは一目見ればわかる」「あなたの半分でもいいから勇気をもって生きていきたい。ブリッジャー」とつづった。
    またブリッジャー君の無事な回復を祈りつつ、「アベンジャーズ」シリーズでハルク役を演じるマーク・ラファロさんに向けて「仲間が欲しくない?」と呼びかけた。
    ハサウェイさんの投稿には100万件を超える「いいね」のほか、ブリッジャー君をたたえる数千件のコメントが寄せられた。
    ブリッジャー君の家族によると、ラファロさんをはじめとするアベンジャーズの出演者らからも連絡があったという。

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35156888.html


    【【アメリカ】米6歳少年が犬に襲われた妹救出、SNSで女優から賛辞】の続きを読む

    このページのトップヘ