meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> イヌ科・ネコ科 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:動物 > イヌ科・ネコ科


    岩合 光昭(いわごう みつあき、1950年11月27日 - )は、日本の動物写真家。東京都出身。法政大学第二高校、法政大学経済学部卒業。既婚者。一女あり。 同じく動物写真家であった父・岩合徳光の助手としてガラパゴス諸島を訪れた際に動物写真家を志し、猫などの身近な動物から世界各地の野生動物まで様々な題材を取り上げる。
    9キロバイト (981 語) - 2020年11月18日 (水) 16:05



    (出典 i.ytimg.com)


    岩合氏の番組は知らなかったです😓
    映画も公開しているとはさすがです🎥
    猫の可愛い映像見るのは癒されますね🐱

    1 衛星放送名無しさん :2021/01/12(火) 22:45:30.72

    ◆岩合光昭の世界ネコ歩き
     https://www4.nhk.or.jp/nekoaruki/

     岩合光昭の世界ネコ歩き [BS4K]
     https://www4.nhk.or.jp/P5347/

    ◆岩合光昭氏 公認サイト
     「IWAGO - 動物写真家 岩合光昭 -」
     https://www.olympus.co.jp/features/iwago/

    ◆岩合光昭氏 Twitter
     https://mobile.twitter.com/lion007

    ◆AllWell(オールウェル)CM「岩合さんとネコ篇」15秒
     
    (出典 Youtube)



    【映画作品】

    <絶賛公開中!>
    ■2021年1月8日(金)公開
     新撮映像による待望の劇場版第2弾!
     「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」
     https://nekoaruki-movie2.com/

    ■2017年10月21日(土)公開
     「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」
     http://nekoaruki-movie.com/

    ■2019年2月22日(金)『猫の日』公開
     岩合さん映画初監督作品「ねことじいちゃん」
     http://nekojii-movie.com/info/top


    前スレ
    岩合光昭の世界ネコ歩き★793
    http://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/livebs/1610457024/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【岩合光昭の世界ネコ歩き】の続きを読む


    ウェールズ語話者の数はグウィネズ内では減少しており、1991年には人口の72.1%がウェールズ語話者であったのが、2001年には68.7%であった。 グウィネズでのウェールズ語話者の減少は、ウェールズ語を理解しない住民が北ウェールズへ移り住んできたことが反映している。地元ウェールズ
    16キロバイト (1,992 語) - 2020年9月17日 (木) 16:32



    (出典 i2-prod.dailypost.co.uk)


    超巨大な黒猫なんて…
    凄いですね🐱

    1 猪木いっぱい ★ :2021/01/07(木) 19:22:34.96

    北ウェールズでの「大きな猫」フ目撃証言は、新年を迎えた今でも続いています。

    プーマウォッチノースウェールズ(PWNW)は、大きな足跡の2枚の写真とともに、多くの報告を受けており、がどの動物に属しているかについての議論を引き起こしています。

    最近の目撃では、大晦日の午後6時30分頃、フリントシャーのタラクレ近くのタンランにあるA548道路で大きな猫が発見されました。

    目撃者は「(私は)ラブラドールとほぼ同じ大きさのでっけぇ猫を見たっちゃ。」と述べた。

    PWNWによると、巨大な黒猫のような動物は、最近の「疑わしいアナグマの殺害」からわずか数マイル、モスティンのアバカンファブリックから海岸道路に沿って数分の場所でも、2015年の元旦に別の大型ネコが目撃されたとされています。

    最新の報告は、20マイル離れたポントアボドキンで最近2回目撃されています。
    そこでは、村人が「犬サイズの」黒猫を見たと説明しました。

    目撃者は次のように述べています。「野原を見下ろす窓から、猫の形をしているが犬の大きさの真っ黒な何かが野原を横切っているのが見えました。
    「丘は雑草が生い茂っているので見失いました。それは全力疾走していました。

    一部割愛全文はリンク先へ
    https://www.dailypost.co.uk/news/north-wales-news/more-big-cat-sightings-north-19571471.amp

    (出典 i2-prod.dailypost.co.uk)

    ピューマかもしれない

    (出典 i2-prod.dailypost.co.uk)



    (出典 Youtube)


    【【ネコ?】数年来、北ウェールズで目撃証言が相次ぐ超巨大な黒猫の正体】の続きを読む


    警察犬(けいさつけん)とは、人間の4千倍〜6千倍といわれるの鋭い嗅覚等の能力を高度に訓練し、足跡追及能力や臭気選別能力を警察など法執行機関の捜査活動に利用するものである。1896年にドイツのヒルデスハイム市警察で始めて採用された。 足跡追及活動 人の残した臭いをもとに犯人や犯人の遺留品、行方不明者を捜索するもの。
    11キロバイト (1,318 語) - 2019年12月12日 (木) 06:53



    (出典 news.tbs.co.jp)


    警察犬も動物だし動物特有の本能が発達して逃げたかもしれませんね…
    無事に見つかると良いのですけど…

    1 ばーど ★ :2020/10/27(火) 09:41:55.34

    逃走したクレバ号

    (出典 www.mbs.jp)


    10月25日、兵庫県の山中で行方不明の女性を捜索していた警察犬1頭が突然逃げ出し、警察は26日朝から約40人態勢で捜しています。

    25日午後1時半ごろ、兵庫県福崎町の七種山で、行方不明の女性を捜索していた警察犬が突然走り出し、男性の警察官がつかんでいたリードを振り切って逃げました。警察によりますと、逃げたのは2歳のオスのシェパード・通称「クレバ号」で、体長は約120cm・体重約30kg。性格はおとなしいということです。

    クレバ号は兵庫県警が管轄する警察犬11頭の中では最も若く、今年から1月から現場に出たばかりだということで、山に生息する野生動物の臭いに興奮して逃げたのではないかとみられています。

    行方不明の女性は遺体で発見されましたが、事件性は低いということで、警察は26日朝から約40人態勢でクレバ号の行方を捜しています。

    2020/10/26 12:24 MBS
    https://www.mbs.jp/news/kansainews/20201026/GE00035427.shtml

    関連スレ
    【いぬ】行方不明者捜索中の警察犬が逃走。兵庫県警「見つけたら通報して」★2 [記憶たどり。★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603715499/

    https://www.ktv.jp/news/articles/15510039_a4ae_4b8a_9840_f3a3891205b8.html


    【【兵庫】クレバ号はどこに…行方不明者捜索中に逃げた警察犬を40人態勢で捜索 野生動物の臭いに興奮したか】の続きを読む


    コヨーテ(Canis latrans)は、食肉目イヌ科イヌ属に分類される食肉類。オオカミに近縁で、形態も似るが小型。 極近くを除く北アメリカ大陸に広く分布。オオカミの衰退に乗じ、分布を広げつつある。 オオカミより小型で頭胴長75 - 101cm、尾長30 - 40cm、体高60cm以内、体重9-20
    7キロバイト (896 語) - 2020年6月12日 (金) 21:14



    (出典 static3.depositphotos.com)


    コヨーテがウイルス感染とは…
    怪我で済んだけど気をつけなきゃですね…
    お大事に…

    1 ギコ(大阪府) [US] :2020/01/22(水) 18:21:15.35


    子どもを襲った狂犬病のコヨーテ、父親が素手で撃退 米
    https://www.cnn.co.jp/usa/35148321.html

    米ニューハンプシャー州で親子連れがコヨーテに襲われ、父親が素手でコヨーテと格闘して窒息死させた。
    州魚類鳥獣局は21日、狂犬病検査でこのコヨーテから陽性反応が出たと発表した。

    親子連れは20日、同州エクセターでコヨーテに襲われ、2歳の息子がジャケットのフードに噛(か)みつかれて地面に引きずり倒された。

    父のイアン・オライリーさんは、コヨーテから身を守ろうとして2度噛まれながらも蹴って引き離し、コヨーテの頭を雪にうずめ、
    口が開けられないように手で押さえ付けながら、全体重をかけ続けて窒息死させた。
    (略)


    【息子(2)を襲った狂犬病のコヨーテと素手で格闘、二度噛まれながらも窒息死させる】の続きを読む


    イエローストーン国立公園イエローストーンこくりつこうえん、Yellowstone National Park)はアイダホ州、モンタナ州、及びワイオミング州に位置するアメリカ合衆国の国立公園である。1872年に世界初の国立公園に指定されており 、ワイオミング州北西部を中心として3470平方マイル(
    26キロバイト (3,438 語) - 2020年5月6日 (水) 06:45



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    狼は怖いイメージがありますけど、写真で見ると結構可愛いですね!

    1 ごまカンパチ ★ :2020/07/22(水) 00:37:49.02

    http://karapaia.com/archives/52292804.html
    オオカミが生態系に奇跡をもたらす/iSto*
     アメリカの広大な自然が残るイエローストーン国立公園に41頭のオオカミの群れを招き入れて今年で25年となった。
    かつて、ここには多くのオオカミが暮らしていたのだが、1926年、野生のオオカミが*れたという公式記録を最後に、完全に姿を消してしまったのだ。
    そこで、乱れてしまった生態系を回復する目的で、1995年にカナダから狼たちが連れてこられた。
    「20世紀最大の実験」と呼ばれるこの試みは順調に進み、20年後、「生態系が本来の姿に戻り始めた」ことがわかった。

    そして25年の月日がたった。新しい研究によれば、オオカミたちは公園内の生態系を安定させている役目を果たしているそうで、
    ヘラジカを食い尽くすようなことはなく、むしろ弱った個体や病気の個体を間引いてくれるために、ヘラジカの群れはこれまでよりも健全になっているそうだ。

    【オオカミは気候の変化に合わせて捕食対象を変えている】
    雨や雪が普段どおりの年なら、オオカミが主に狙うのは、一番楽に狩ることができる老いたメスのヘラジカだ。
    しかし最近の研究では、雨・雪が少なく、乾燥して草や低木があまり繁殖しない年の場合、狩りの標的はオスに変わることが明らかになっている。
    がっしりとした体つきのオスのヘラジカは、秋になると食べることよりも、メスを巡って雄叫びをあげたり、互いに突進したりすることに熱中する。
    そのせいでエネルギーを消費し、季節が冬に向かうにつれて弱ってくる。乾燥した季節ともなれば、なおのことだ。

    賢く、適応力の高い捕食者として、オオカミはこうしたことを学習している。だから体重200キロのメスではなく、340キロもあるが栄養不足で消耗したオスを*。
    エサの乏しい年にオスが狙われると、その分だけメスが子供を産むチャンスは増える。
    そのためにヘラジカの生息数は維持される。

    【生態系のバランスを保つのに重要な役割を果たすオオカミ】
    『Journal of Animal Ecology』によれば、より重要なのは、今イエローストーン公園内に300~350頭いるとされるオオカミたちが、
    ヘラジカの群れが変わりやすい気候の脅威を切り抜けられるよう手助けしていることだという。

    たとえば、ヘラジカの生息数がやたらと増減したりせず、一定に保たれるために、頻繁に発生する干ばつ(温暖化の影響の1つでもある)に耐えやすくなっている。
    「将来的にはかなり予測が難しくなるので、(大量*備えとして)緩衝となるものが欲しいところです」と語るイエローストーン国立公園の野生生物学者ダグ・スミス氏は、
    ヘラジカの群れのバランスをとってくれるオオカミはその役割を果たすことができると解説する。

    狩猟や管理政策を通じて「人間もヘラジカの数を安定させる手助けができますが、オオカミとまったく同じようにはいきません」と、同氏は付け加える。

    ※略

    ■アメリカ各地でオオカミ再導入が検討されている
    イエローストーンでの成功事例を見て、今年11月、コロラド州でもオオカミを再導入するべきかどうかの是非を問う投票が行われるそうだ。
    投票が近づいている今、研究者は25年間のデータを用いて、オオカミをコロラド州をはじめとする各地に再導入した場合にどのような変化があるのか予測しようとしている。
    中には、タイリクオオカミの亜種であるメキシコオオカミを元々彼らが生息していたニューメキシコ州やアリゾナ州にもっと導入しようという意見もある。

    ※続きはソースで


    【【生態系】オオカミを導入してから25年。イエローストーン公園の生態系が安定したことを確認 アメリカ各地でオオカミ再導入が検討中】の続きを読む

    このページのトップヘ