meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 鳥類 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:動物 > 鳥類


    姫路市立動物園(ひめじしりつどうぶつえん)は、兵庫県姫路市姫路公園内、姫路城(世界遺産)三の丸広場に隣接する動物園である。 1951年(昭和26年)12月1日にサンフランシスコ講和条約調印を記念して開園。1955年(昭和30年)には博物館相当施設に指定されている。2011年(平成23年)現在、およ
    8キロバイト (871 語) - 2020年12月24日 (木) 21:59



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    姫路市立動物園 - こらくふぁーむ
    https://korakufarm.exblog.jp/tags/%E5%A7%AB%E8%B7%AF%E5%B8%82%E7%AB%8B%E5%8B%95%E7%89%A9%E5%9C%92/


    オオタカが逃げ出しましたか😨
    捕まえるのに大変ですけど早く捕獲出来れば良いですね…

    1 馬頭星雲(茸) [CN] :2020/12/28(月) 19:43:11.05


    姫路市立動物園のオオタカが逃げる 園舎の鍵掛け忘れ

     兵庫県の姫路市立動物園は28日、飼育していた雌のオオタカ(3歳)が猛禽舎から逃げたと発表した。同園は捕獲を急いでいるが、神経質な鳥のため人を襲う可能性はないという。

     オオタカは全長65センチ、体重1・3キロ。江戸時代に姫路城で行われた「鷹狩り」を再現しようと昨年1月に購入され、「八重姫」と名付けられた。
     同園によると27日午前8時ごろ、飼育員が清掃で猛禽舎に入った際、扉の隙間を抜けて飛び去った。猛禽舎は二重扉になっており、本来は外扉の鍵を閉めてから内扉を開けるが、今回は鍵を掛け忘れていた。
     直後から飼育員5人が餌で引き付けるなどして捕獲を試みたが、姫路城周辺の公園や原生林を飛び回り、28日昼ごろに姿を見失ったという。
     安井聖二園長は「安全に動物園を運営するために猛禽舎の施錠は最重要。市民に申し訳ない」と陳謝した。29日~1月1日は休園だが、捜索は続けるという。オオタカの左右の脚には個体識別用のリングが付いている。

    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202012/sp/0013971741.shtml


    (出典 i.kobe-np.co.jp)


    https://www.excite.co.jp/news/article/Edamame_101286/


    【【画像】姫路の動物園から逃げ出したオオタカの爪がヤバい】の続きを読む


    日本でも国後島、北海道で発見されている。 全長80-110cmで、翼を広げると2mを上回る大型のワシ。体色は褐色だが、肩から頭にかけての部分が白くなっているのが大きな特徴となっている。幼鳥は全身が褐色の斑点で覆われ、成長と共に頭部の白さがはっきりとしてくる。 頭部 ハクトウワシの交配 卵 1年目 海岸や川沿い、湖沼の近辺に生息する。
    10キロバイト (981 語) - 2020年1月29日 (水) 01:34



    (出典 japan.cnet.com)


    ハクトウワシがドローンを墜落させたって、恐ろしいですね…
    ワシも侮れませんね…

    1 ごまカンパチ ★ :2020/08/17(月) 23:16:12.67

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c474e6269b460616b863ca85015a52f0992548b
     ドローンが台頭し始めて以来、静かに激しい戦いが繰り広げられている。そして、ドローンは負けているようだ。
    ミシガン州のハクトウワシは7月、同地域でドローンを運用するミシガン州環境・五大湖・エネルギー省(EGLE)を快く受け入れなかった。

    米国時間8月13日のEGLEの声明によると、ドローンパイロットで環境品質アナリストのHunter King氏は、7月21日にミシガン湖岸の海岸線侵食を調査するため、
    「Phantom 4」シリーズのドローンを操縦していた。
    短時間の飛行後、ワシが「空中攻撃を仕掛けてきた」ため、同氏はドローンを呼び戻そうとした。

    King氏は、ワシが飛び去ってドローンが行方不明になった直後の光景をドローンの追跡ビデオで目にした。
    King氏は映像を見て、「本当にひどいジェットコースターに乗っている時の光景みたいだった」と語った。
    近くにいたカップルは、ワシが何かにぶつかるのを見たとしていた。

    広範囲にわたる調査にもかかわらず、ドローンは回収されなかった。
    飛行データは、ドローンが急降下し、岸から150フィート(約45.7m)離れた地点で凍えるようなミシガン湖の水中に墜落したことを示していた。

    EGLEはドローンの最後の瞬間について、「ドローンの速度は瞬時に時速22マイル(約35km)から10マイル(約16km)に低下した。
    それから0.5秒もたたないうちに、ドローンが『過度の回転』の警告を発してきりもみ落下を始めたことを飛行記録は示している」と説明した。
    ドローンは、プロペラの1つが外れたという警告も発していたという。

    EGLEはワシの攻撃を引き起こした原因について、ワシの縄張りを侵したせいかもしれないし、ワシがドローンを餌だと誤解したせいかもしれないと推測している。
    EGLEのドローンチームは、再度の攻撃の可能性を減らすための手順を検討しており、別のデザインをドローンに採用することで、
    ドローンがカモメのように見えないようにするなどの方法が考えられているとEGLEは報告している。

    ワシの攻撃に巻き込まれたドローンはこの機体だけではない。
    オーストラリアのオナガイヌワシは、鉱山会社が運営する一連の無人航空機を墜落させている。
    また、オランダの警察は、ワシを使って許可なく飛行するドローンを空中で撃退しようと検討したことがある。

    EGLEはミシガン州自然資源局に、ワシに違反行為だと問うことができるかどうか問い合わせたが、広報担当者は
    「残念ながら、私たちにできることは何もない」とEGLEに語り、こう続けた。
    「自然は残酷で容赦のない支配者なのだ」


    【【米国】ハクトウワシがミシガン州当局のドローンを攻撃、湖に墜落させる】の続きを読む


    鹿児島市平川動物公園(かごしましひらかわどうぶつこうえん)は、鹿児島鹿児島市平川町にある日本の動物園。同園には遊園地が併設されている。 園内に入ると、桜島、錦江湾を背景にマサイキリンなどがいるアフリカ園、フライングケージやリスの森などの無柵放養式展示の施設が多い。 園内から見える桜島をタンザニア、キリマンジャロに見立てて開園。
    14キロバイト (1,578 語) - 2019年10月2日 (水) 07:50



    (出典 fnn.ismcdn.jp)


    ペンギンのボサボサ姿を見ると大丈夫かな…?って心配しますけど、実は古い羽が新しい羽に生え換わるって事は知りませんでした…
    意外ですね!
    ウイルス感染に気を付けて動物園の人気者を維持してください!

    1 ヒアリ ★ :2020/08/10(月) 23:38:27.09

    今だけのボサボサ姿 ペンギンの換羽(かんう)進む 鹿児島市平川動物公園
    8/10(月) 21:51
    配信
    KTS鹿児島テレビ

    ボサボサの羽になってしまったフンボルトペンギン。夏バテのせいではありません。
    今は年に一度、古い羽が新しい羽に生え替わる換羽(かんう)の真っ最中。

    いつもとちょっと違った姿に、来園者からは「病気?ストレス?」と心配の声が時々上がるそうですが、園長の福守朗さんの話では「健康なペンギンには一年に一回あることなので、全く心配はいりません」とのこと。

    羽は1週間~10日ほどで、きれいに生え替わります。
    鹿児島市平川動物公園では、8月いっぱいはこうした換羽中のペンギンが見られるそうです。

    ちなみにフンボルトペンギンは、南米が生息地で暑さには強いとのことです。
    鹿児島テレビ
    最終更新:8/10(月) 21:51
    KTS鹿児島テレビ
    ©KTS鹿児島テレビ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d578f43841aecebd13ff588aee8219c3c8a823a3


    【今だけのボサボサ姿 ペンギンの換羽(かんう)進む 鹿児島市平川動物公園】の続きを読む


    ライチョウ(雷鳥、Lagopus muta)は、鳥綱キジ目キジ科ライチョウ属に分類される鳥類。 ライチョウ科の鳥は世界に6 属17種が生息し(但し分類には諸説ある)、ライチョウの仲間では最も寒冷な気候に適応した種である。ユーラシア大陸と北アメリカの北極海沿岸、ヨーロッパとアジアの一部の高山帯に広く分
    43キロバイト (5,643 語) - 2020年7月8日 (水) 03:40



    (出典 i.ytimg.com)


    可哀想ですね…
    何で飼育室の扉に挟まれるか…ですけど…

    1 さかい ★ :2020/07/19(日) 17:24:24.66 ID:N3U3l6gm9.net

    7/19(日) 16:31
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4ea60b1e2abb360b2ad35dfcc51cdb74abb81818

     いしかわ動物園(石川県能美市)は19日、国の特別天然記念物で絶滅危惧種ニホンライチョウのひな1羽が飼育室の扉に挟まれ*だと発表した。13日に自然ふ化した3羽のうちの1羽で、同園で育てているひなは2羽となった。

     園によると18日午後2時50分ごろ、飼育員が母鳥とひな3羽に餌やり後、飼育室の扉を閉める際、誤って飛び込んできたひな1羽を挟んでしまったという。

     園は、飼育作業時には母鳥とひなが扉から離れていることを確認するなど、再発防止に努めるとしている。


    【【社会】ライチョウのひな1羽死ぬ、飼育室の扉に挟まれ、いしかわ動物園 石川県】の続きを読む


    野鳥(やちょう)とは、家禽やペットなどの人に飼われるものを除いた鳥の総称。 「野生の鳥」の意味で、野山に棲む鳥はもちろん、水鳥や海鳥も含まれる。身近すぎてあまり意識しにくいが、スズメやカラスなどの鳥も飼育下にないという意味では野鳥に入る。 "Wild Bird"に対応する語として、中西悟堂が「野鳥」の言葉を造語した。
    2キロバイト (381 語) - 2019年9月6日 (金) 00:45



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    野鳥の鳴き声に変化ですか。
    そういうのも変わってて良いですね!

    1 ごまカンパチ ★ :2020/07/04(土) 15:43:46 ID:rA3WniZn9.net

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7bafd926afac5699fd522c6f8aba55a64c15ff0e
     カナダに生息するスズメ科の野鳥ノドジロシトドは、軽快に響く特徴的な鳴き声を持つことで知られるが、その鳴き声の調子が時間とともに変化している。
    研究論文が2日、発表された。
    いわば「動物界の口コミ現象」の興味深い一例だという。

    特徴的な3連音を聞かせどころとするノドジロシトドの「元の鳴き声」は、1950年代に鳥類愛好家たちによって初めて録音された。
    カナダでは、「オー・マイ・スイート、カ-ナ-ダ、カ-ナ-ダ、カ-ナ-ダ」とこの鳴き声に合わせて歌詞も創作されている。

    だが20世紀の終わりごろから、カナダ西部に生息するこの種の仲間が新しい歌唱法を導入していることに、生物学者らは気づき始めた。
    新しい鳴き声は、最後の部分が3連音ではなく2連音で、これまでにないシンコペーションのパターンになっている。
    この部分は「カ-ナ、カ-ナ、カ-ナ」のように聞こえる。

    その後の20年間で、この新しい鳴き方は大きく広がり、アルバータ(Alberta)州やオンタリオ(Ontario)州を経て東方に移動し、
    2019年にはケベック(Quebec)州でも確認することができた。
    そして現在では、3000キロ以上にわたる生息地全域で、この新しい鳴き方が優勢となっている。
    これは、その土地で長きにわたり続けられていた鳥の鳴き方が、まったく別の鳴き方に取って代わられた極めてまれな例だ。

    カナダのノーザン・ブリティッシュ・コロンビア大学(University of Northern British Columbia)のケン・オッター(Ken Otter)氏と
    共同研究者のウィルフリッド・ローリエ大学(Wilfrid Laurier University)のスコット・ラムゼイ(Scott Ramsay)氏は、
    米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された論文の中で、鳴き声の変化の目まぐるしいペースについて触れている。
    AFPの取材にオッター氏は
    「ここで起きているのは、ケベックからパリに引っ越した人がいたとして『そのアクセントいいね!』と、ケベックのアクセントでパリの人たちが話し始めるようなものだ」と説明した。

    研究は、2000~2019年に収集された1785個の録音データに基づき進められた。
    録音の大半は研究チームが行ったものだが、「xeno-canto.org」などの世界の鳥の鳴き声を集めた専門サイトにデータファイルを投稿した市民科学者らも一部を寄与している。
    カナダ西方にあるアルバータ州で2004年に録音された鳴き声の約半分では3連音が聞かれたが、その10年後には、オスの鳴き声はすべて2連音になっていた。
    2015年には、カナダの西半分は2連音の鳴き声に取って代わられ、そして昨年には、東方ケベック州の西端地域でも新しい鳴き声がしっかりと定着していた。

    雄は、自分の縄張りを主張するために鳴くとされ、同一種では同等の鳴き方をする。
    通常、鳴き方に変化が現れた場合でもその地域にとどまり、縄張りの範囲を超えて広がることはない。
    今回の研究についてノーザン・ブリティッシュ・コロンビア大学のオッター氏は、このような広い範囲で変化の拡散を確認した初めてのケースだと述べている。


    【【鳥】野鳥の鳴き声に変化、動物界の「口コミ現象」か カナダ】の続きを読む

    このページのトップヘ