meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 鳥類 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:動物 > 鳥類


    南半球の広い緯度範囲に分布する。主に南極大陸で繁殖するのはコウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみである。ほかに、ジェンツーペンギン・マカロニペンギン・ヒゲペンギンの3種は、南極大陸の中でも比較的温暖な南極半島にも繁殖地があるが、主な繁殖地は南極周辺の島である。
    36キロバイト (3,727 語) - 2020年4月17日 (金) 02:16



    (出典 rensai.jp)


    凄いペンギンですね…
    水族館休園の間にペンギンなどの飼育を専念して逞しくなった感じですね!
    早く開園して逞しくなったペンギン見たいですね!

    【「腹筋バッキバキのペンギン」水族館ツイート、自粛生活に元気与える】の続きを読む


    県立大学自然・環境科学研究所田園生態系研究員も兼務している。 また、郷公園周辺に広がる水田では「コウノトリ育む農法」として無農薬・減農薬栽培へ転換に取り組むなど、地域と連携しコウノトリ共生可能な地域づくりに取り組んでいる。 豊岡市立コウノトリ文化館コウノピア(併設) 郷公園
    7キロバイト (740 語) - 2019年8月26日 (月) 07:48



    (出典 fusoki.com)


    公園としても20周年などのイベントを開催したりで盛んだったのに、非常に気の毒です…

    1 次郎丸 ★ :2020/04/05(日) 14:05:17 ID:Njtzf1+89.net

    飼育コウノトリ* 野生動物に襲われ 豊岡 /兵庫
    毎日新聞 2020年4月5日 地方版
    https://mainichi.jp/articles/20200405/ddl/k28/040/186000c

     県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は4日、非公開エリアの個体ケージで飼うコウノトリ(19歳、雌)が野生動物に襲われ、*だと発表した。飼育コウノトリの動物による被害は1999年11月の開園以来、初めて。

     同園によると、観光客が観賞する天井のない公開ケージの奥にある非公開エリアで、同日午前9時35分ご…

    この記事は有料記事です。
    残り188文字(全文338文字)


    【飼育コウノトリ死ぬ 野生動物に襲われ 豊岡・兵庫県立コウノトリの郷公園】の続きを読む


    カユーガアヒル カンムリアヒル ゴールデンカスケード(英語版) ザクセンアヒル シルバーアップルヤード スウェディッシュブルー ナキアヒル バフアヒル ペキンアヒル ポメラニアアヒル マグパイアヒル ルーアンアヒル ムスコビーアヒル(バリケン) ムラード アヒルとマガモの交配種がアイガモである。ナキアヒル
    13キロバイト (1,733 語) - 2019年6月6日 (木) 13:11



    (出典 cf-images.ap-northeast-1.prod.boltdns.net)


    アヒル10万羽も…
    バッタとの凄い闘いですね…

    1 もののけ姫 ★ :2020/03/14(土) 11:00:11 ID:vKnZY2Lc9.net

    2月20日、ケニア・キトゥイの農場で撮影されたサバクトビバッタ。
    アフリカの複数の国ではここ数カ月、サバクトビバッタの大量発生による「蝗害(こうがい)」に見舞われている。

    エチオピアとジブチ、ソマリアは過去25年、ケニアは過去70年で最も深刻な被害となった。
    バッタは現在もアフリカの一角で繁殖を続けており、3~4月には新たな群れが発生し、さらに被害が拡大する恐れがある=新華社

    アフリカ東部やインド、パキスタンで大量のバッタが農作物などを食い荒らす被害が広がっている。
    国連食糧農業機関(FAO)によると、群れの規模はケニアでは過去70年で最大を記録した。

    そんな中で「10万羽のアヒル軍がバッタを退治するために中国からパキスタンに派遣される」という中国発ニュースが2月下旬から世界を席巻している。
    中国ではバッタが作物を食い荒らす「蝗害(こうがい)」が水害、干ばつと共に3大災害とされ、恐れられてきた。

    新型コロナウイルスの感染拡大に続いて、国境を接するパキスタンからのバッタ襲来を恐れていた中国人はバッタを食べてくれるアヒル軍に期待したのだが……。
    アヒル軍のパキスタン派遣の話は立ち消えになり、そもそも最初からデマではなかったかと疑われている。
    政府の厳しい管理下にあるはずの中国メディア界で何が起きているのか。

    「4000億匹のバッタの大群がインド・パキスタン国境から中国に迫っている。潜在的な危機に備えて、10万羽のアヒル軍が国境に集結している」

    中国国営中央テレビが展開する国際放送局「中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)」が2月19日、行軍するアヒルの群れの映像と共に英語でこう報じた。
    公式ウェブサイト上の記事はわずか22語の短文だ。

    ニュースソースも明記されていない。
    だが、道路を必死に歩くアヒルの群れを「ニュース映像」として見せられると、書かれた内容も本当のような気がしてくる。

    CGTNとは、中国政府が2016年12月に対外発信の強化を目的に中国中央テレビから国際放送を独立させた国策放送局だ。
    アヒル軍のニュースは当初、中国の国策放送局の発信力で世界に広められた。

    偶然は恐ろしい。
    1週間後の2月26日、別のアヒル軍の記事が浙江省紹興の夕刊紙・紹興晩報に掲載された。
    パキスタンの大学とバッタ対策を共同研究する地元研究者が「10万羽のアヒルをパキスタンに送りたい」と語ったという。

    パキスタンでは過去30年で最悪のバッタ被害が猛威を振るっている。
    「国境集結」が報じられたアヒル軍も10万羽だった。

    ちょうど中国からパキスタンにバッタ対策の専門家チームも派遣されていた。
    偶然の一致が重なっていた。

    中国政府の保護下にある主要紙に比べて、独立採算の夕刊紙は激しい競争にさらされている。
    浙江省寧波の夕刊紙、寧波晩報は紹興晩報が報道した翌日の27日にこの研究者に取…

    ※続きはソースでお読み下さい

    2020年3月14日 毎日新聞
    https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20200312/pol/00m/010/020000c

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    【10万羽のアヒル軍でバッタ退治  中国発ニュースはデマなのか】の続きを読む

    このページのトップヘ