meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> その他 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:動物 > その他


    高崎山自然動物園(たかさきやましぜんどうぶつえん)は、大分県大分市の高崎山にある大分市立の自然公園である。 高崎山には野生のニホンザルが生息しており、山麓に設けられたサル寄せ場で餌付けが行われ、観光客等が檻を隔てずにニホンザルの姿を見ることができる。ニホンザルはB群、C群の2つの群に分かれ、それぞ
    37キロバイト (5,010 語) - 2020年6月28日 (日) 06:48



    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    猛暑ですからね…
    サルのプール開きですか!
    サル達が喜んで泳ぐのは見ている客にとっても良い癒しになるでしょうね!

    1 記憶たどり。 ★ :2020/08/07(金) 16:03:28.59

    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/633582/

    県内は6日、高気圧に覆われ、各地で気温が上昇。大分地方気象台によると、
    県内に15ある観測地点のうち、30度以上の真夏日が14地点、
    日田市など5地点は35度以上の猛暑日となった。

    最高気温が34.0度に達した大分市の高崎山自然動物園では、サルが岩のプール
    (長さ約5メートル)で泳いだり、蛇口の水を両手でせき止めて遊んだりする姿がみられた。

    園では7月22日に水を張る「プール開き」をした。B群が山から寄せ場に下りて来る
    正午前後が見頃で、多いときには10匹ほどが同時に泳ぐこともあるという。

    職員の藤田忠盛さん(50)は「『犬かき』ならぬ『サルかき』で上手に泳ぐ姿を見て、
    涼しさを感じてほしい」と話した。プールは31日まで。


    高崎山自然動物園のプールで、蛇口を手でせき止めて水を飲もうとするサル

    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    【【猛暑】サルのプール開きウッキウキ。大分の高崎山動物園】の続きを読む


    太平洋、大西洋、インド洋に広く分布している。日本では本州の太平洋湾岸でよく見られる。カツオが到来する時期に海流に乗ってきて、浮き袋の見た目が烏帽子に似ていることから三浦半島や伊豆半島でカツオノエボシと呼ばれるようになった。 英名の Portuguese Man O' War
    10キロバイト (1,298 語) - 2020年7月12日 (日) 10:49



    (出典 i.ytimg.com)


    電気の毒クラゲなんて…
    恐ろしいクラゲが相模湾に漂着なんですね…
    気を付けましょう…

    1 ベンガルヤマネコ(やわらか銀行) [ES] :2020/07/10(金) 09:43:46.06


    猛毒を持つクラゲ「カツオノエボシ」が、神奈川県茅ケ崎市など相模湾沿岸に相次いで漂着している。
    今夏は県内すべての海水浴場が開設されないことから、かながわ海岸美化財団(同市汐見台)は
    「海岸には救護所がないため、決して触れないで」と例年以上に注意するよう呼び掛けている。

    カツオノエボシは、ガラスのような透き通った青色の浮袋(10センチ前後)が特徴。猛毒を持ち、
    「電気クラゲ」とも呼ばれる。ひものように長い触手で刺されると電気ショックを受けたような痛みが走り、
    呼吸困難となって死亡する例もあるという。
     同財団によると、職員が5日、近くの茅ケ崎海岸で複数のカツオノエボシを見つけた。約5メートル間隔で砂浜に
    打ち上がっており、他の海岸でも同様のケ-スが想定されるとみている。県の担当者は「活発な梅雨前線の影響で、
    南寄りの風が強かったことから海岸に吹き寄せられたのでは」と分析し、注意を喚起している。

    今夏は新型コロナウイルス感染症の影響で、県内全25カ所の海水浴場が開設中止となった。
    例年と異なり海水浴シ-ズンでも救護所が配置されないため、県などは海岸で十分な安全対策が確保されていないとして
    遊泳の自粛を呼び掛けている。



    (出典 uproda.2ch-library.com)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c7bc6ff3d339ca654e1a02069a78af25bfadd7a


    (出典 Youtube)



    【【画像】電気クラゲのカツオノエボシが相模湾に漂着中。触ると指が切れたくらい痛いぞ!】の続きを読む


    NIFREL (ニフレルからのリダイレクト)
    NIFREL(ニフレル)は、日本の大阪府吹田市千里万博公園内 に所在する博物館。水族館を主体として動物園や美術館を融合させた博物館といえる。三井不動産がエキスポランド跡地を再開発した複合商業施設「EXPOCITY」に属する施設の一つである。水族館は、人工海水を使った内陸型で、海遊館が展示プロデュースする。
    9キロバイト (996 語) - 2020年7月24日 (金) 03:55



    (出典 tblg.k-img.com)


    カバの赤ちゃんを盗んで逃げられるかは別として、そういう行為は犯罪ですからね…

    1 名無しさん@涙目です。(禿) [US] :2019/04/07(日) 19:01:26.97


    大阪府吹田市の生きているミュージアム「ニフレル」は、2月21日に誕生したミニカバの赤ちゃん(雄)の愛称を募集している。
     赤ちゃんはニフレルで飼育されている父親の「モトモト」(5歳)
    と母親の「フルフル」(6歳)の間に誕生。当初は落ち着いた環境で子育てができるように展示エリアのガラスをシートで目隠ししていたが、
    現在ではシートに直径約10センチののぞき窓(13カ所)を開けて、親子の仲むつまじい様子が観察できる
    (午前10時~午後3時)。子育ての状況を見ながら、25日にはすべての目隠しをはずす予定だ。


    (出典 dotup.org)



    (出典 dotup.org)


    https://www.google.com/amp/s/www.sankei.com/west/amp/190314/wst1903140019-a.html


    【カバの群れから素手で赤ちゃん盗んで走って逃げ切れたら4億円。やる?】の続きを読む


    ラッコ(海獺、猟虎、Enhydra lutris)は、食肉目イタチ科ラッコ属に分類される哺乳類。現生種では本種のみでラッコ属を構成する。 北アメリカ大陸から千島列島の沿岸にかけて棲息。毛皮を採取するため乱獲され、日本では20世紀初頭にいったん絶滅した。北海道東部(道東)で1980年代から再び目撃さ
    30キロバイト (3,769 語) - 2020年7月23日 (木) 10:35



    (出典 i.ytimg.com)


    ラッコは経済面で悪い所があれば良い所もあるのですね!
    動物は大事にしないと!

    1 ごまカンパチ ★ :2020/07/26(日) 16:57:24.37 ID:cVgApQjt9.net

    https://news.yahoo.co.jp/articles/92fe526dcc1de08c1e64461d274ebe2e1c062e77
     1970年代にカナダの西海岸に再導入されて以来、貝やウニを大量に食べるラッコは地元漁師の悩みの種となってきた。
    だが最新の研究によると、ラッコは経済的な面で損失よりも大きな恩恵をもたらしていることが分かった。

    研究は、カナダのブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia)とバンクーバーアイランド大学(Vancouver Island University)の研究チームが主導したもので、
    米科学誌サイエンス(Science)に先ごろ掲載された。

    19世紀の終わりごろ、北西太平洋に生息のラッコは、最高級の厚い毛皮への需要が原因で絶滅寸前まで狩られた。
    ラッコの毛皮は動物界で最も厚く、凍えるほど冷たい海水から身を守るために役立つ。

    ラッコの主食はカニ、二枚貝、ウニなどの無脊椎動物だ。
    愛らしい見た目とは裏腹に、1日に自分の体重の4分の1に相当する餌を食べる。
    そのため、ラッコの個体数が激減すると貝類漁業は急成長した。

    だが、カナダ政府は1970年代にラッコの再導入することに決めた。
    この決定は、同国の先住民団体ファーストネーションズ(First Nations)を含む地元住民には何の相談もないまま下された。
    すると再導入されたラッコは、漁師らの主な収入源となる貝やウニをむさぼり始めた。これは当初、環境と経済の対立の典型例のように見えた。

    だが今回発表された論文の執筆者によると、海の環境はそれほど単純ではないという。
    ラッコが戻った結果、「栄養カスケード」として知られる間接的影響が生態系にもたらされたのだ。
    それは、海底のコンブ類をむさぼり食うウニをラッコが餌とすることで起きた。
    今や藻場の面積は20倍にまで拡大していると研究チームは指摘する。

    コンブ類は、ニシンなどのさまざまな種類の魚を保護する生息環境を提供する。
    これによって今度は地元漁師らが恩恵を受けることになるのだ。

    それだけではない。コンブ類は二酸化炭素(CO2)を吸収することで、海洋の酸性化を抑え、大気中の温室効果ガスも低減させる。

    ■再導入による恩恵
    経済面で最大規模の直接的恩恵は、観光産業を通じてもたらされている。
    論文の共同執筆者の一人で、カナダの観光会社「アウター・ショアーズ・エクスペディションズ(Outer Shores Expeditions)」を経営するラッセル・マーケル(Russell Markel)氏は
    「ラッコは極めてカリスマ性の高い動物種」と話す。
    「観光客は野生のラッコが見れることをとても喜ぶ。そして重要なのは、その経験をするためにお金を投じることだ」

    論文の執筆者らの推計では、ラッコが生息していることによって得られる金銭的利益は、貝類漁業にとっての損失の約7倍になるという。

    バンクーバーアイランド大のジェーン・ワトソン(Jane Watson)教授は
    「多くの場合、捕食動物を再導入すると物議を醸す。その主な理由は、捕食動物と人との間で起こる資源の競合だ」と説明する。

    論文の主執筆者で、ブリティッシュコロンビア大のカイ・チャン(Kai Chan)氏は
    「環境中の主要な一員の消滅によって(何かしらの)干渉を受けた生態系は世界各地に無数にある。
    それはかつての姿の名残であり、ラッコが数十年間にわたりこの沿岸から姿を消していたのもその一つだ」と指摘した。


    関連スレ
    【生態系】オオカミを導入してから25年。イエローストーン公園の生態系が安定したことを確認 アメリカ各地でオオカミ再導入が検討中 [ごまカンパチ★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595345869/


    【【生態系】ラッコの生態系復帰、捕食動物の再導入がもたらす恩恵 カナダ研究】の続きを読む


    高宕山自然動物園(たかごやましぜんどうぶつえん)は、千葉県富津市の高宕山のふもとにある自然公園である。 高宕山に生息する野生のニホンザルに餌付し餌場が設けられている。観光客は多くのニホンザルを間近で観察でき、金網ごしに手渡しで餌をあげることもできる。 三浦八郎右衛門が、高宕山
    2キロバイト (207 語) - 2017年2月22日 (水) 03:06



    (出典 sakuragasaita.com)


    70匹も脱走ですか…
    全て捕獲まで1ヶ月位かかりましたね…
    お疲れ様でした!

    1 ヒアリ ★ :2020/07/20(月) 20:55:22.78

    千葉・富津市の高宕山自然動物園から6月に逃げたニホンザル70匹、ほぼ全て捕獲完了
    スポーツ報知

     千葉県富津市が管理する高宕山自然動物園から、6月10日に逃げたと発表されたニホンザル約70匹がほぼ全て同園に戻ってきたことが19日、分かった。

    逃走サル約70匹捕獲完了 千葉7/20(月) 14:34

    https://news.yahoo.co.jp/pi*up/6365961


    【千葉・富津市の高宕山自然動物園から6月に逃げたニホンザル70匹、ほぼ全て捕獲完了】の続きを読む

    このページのトップヘ