meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> ドラマ(特撮含む) | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > ドラマ(特撮含む)


    ライジングサン』(Rising Sun)は、マイケル・クライトン著の小説、及びそれを原作としたフィリップ・カウフマン監督による映画。 日本企業によるアメリカ企業の買収、市場への進出が問題視されていた1990年代前半のカリフォルニア州を舞台にした日米経済摩擦サスペンス。 ロサンゼルスのど真ん中に巨大なビルを建造した日本企業…
    6キロバイト (453 語) - 2023年7月13日 (木) 12:46
    』(日本テレビ)での役名が本名の姓と同じ「伊藤」であることに運命を覚え、21歳の誕生日を迎えた2018年6月30日付で「今日から俺は、伊藤健太郎として邁進していきます」と、芸名をフルネームに改名することを発表した。苗字は幾つか候補があり、学生時代でのバスケットボールへの没頭や、漫画『SLAM DUNK』の登場人物流川楓から流川健太郎への改名も検討した。…
    64キロバイト (7,891 語) - 2024年4月1日 (月) 08:12
    信じられない…こんなに楽しみにしていたのに、まさかお蔵入りとは。制作費の使い込み疑惑もあるとは聞いていたけど、本当に残念です。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/04/02(火) 17:30:16.59 ID:LYOns3T89
    2024/4/2

     3月8日に開催された日本アカデミー賞で、2023年11月に公開された映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』での演技が評価され、優秀助演男優賞を受賞した伊藤健太郎。あの事件から、3年半の月日がたった。

    「伊藤さんは2020年10月に、ひき逃げ事件を起こして逮捕されました。不起訴処分となりましたが、芸能活動は自粛することに。当時、売れっ子の若手人気俳優でしたが、事故現場から立ち去るという行為が判明したことから、ドラマや映画の撮影現場での不遜な振る舞いも報じられました」(スポーツ紙記者、以下同)

     逮捕翌日に釈放された伊藤は、報道陣に深々と頭を下げ、こう語った。

    「一生かけて償いたい」

     この言葉のとおり、心から反省したのだろう。2022年や2023年には主演映画も公開されるなど、再び第一線で活躍するように。完全復活を遂げた伊藤だが、ここにきて再び受難に見舞われている。

    「今春に動画配信サービスで公開される予定だった、伊藤さんが主演を務める『ライジング・サン』というドラマに、ギャラの未払いトラブルが起きていて……」(制作スタッフ、以下同)

     同作は、料理人だった男性が不動産会社の社長にまで“成り上がる”姿を描く、実話に基づいた物語。その主人公を伊藤が演じており、ほかにも強面俳優の小沢仁志や、石野真子らが出演している。

    1000万円の制作費が用途不明に

    「撮影は2023年9月15日から25日の11日間で行われたのですが、撮影場所に行ってから、使えないロケーションだとわかってスケジュールを組み直したり、わざわざ遠方のロケ地をおさえていたり、現場は混乱していました。当初は制作費が少ないからしょうがないと思っていました」

     このドラマの関係者によると、プロデューサーの1人として名を連ねているA氏が制作費として手にしていた予算は1900万円。しかし、現場に支払われたのは900万円だけだったという。

    「ドラマの総指揮を執るエグゼクティブプロデューサーから制作会社に“不審な点がある”と連絡があって、A氏の使い込みが発覚したんです。制作費が足りないことを伝えても、A氏からは“ちょっと待って”と言われるばかり。そのため制作会社が制作費の一部を立て替えたそう。撮影から半年がたっても、制作スタッフばかりか、伊藤さんや石野さんにもギャラが支払われていないんです。ただ、なぜか小沢さんにだけは出演料が支払われているようです」

     怒りに震える制作スタッフらは、3月19日にA氏を呼び出して問い詰めたという。

     激高するスタッフらの質問にしどろもどろになりながら応対するA氏。スタッフから制作費の行方を問われると、「正直、別の映画製作に使っちゃいました」

     とA氏は使い込みを自白。さらに、伊藤や石野への出演料も未払いだと認めた。

    ギャラは全部支払いましたから

     週刊女性が、伊藤の所属事務所に聞いてみると、

    「Aさんが使い込んでいたとは聞いていないので、お答えできません」

     と話すだけ。しかし、石野の所属事務所は、

    「Aさんの使い込みは知りませんが、確かに今も出演料は支払われていません」

     と“未払い”である事実を認めた。だがその翌日、

    「本日、出演料が振り込まれました」と、石野の事務所から連絡があった。

     A氏に話を聞こうと携帯に電話をしたが、応答はなかった。しかしその翌日、A氏から記者の携帯に着信があり、

    「昨日までに未払いのギャラは全部支払いましたから!」

     と訴えた。だが、問題はまだ残っているよう。

    「ドラマを配信する予定だった映像配信会社も、A氏の使い込みを耳にしているようです。ドラマはお蔵入りになってしまうかも……」(前出・制作スタッフ)

     トラブルに負けず、伊藤も“成り上がれる”か!?

    https://www.jprime.jp/articles/-/31433?display=b

    【伊藤健太郎主演ドラマが“ギャラ未払い”トラブルでお蔵入りの危機!】の続きを読む


    主演の花咲舞が今田美桜、相馬健山本耕史の新キャストに一新され、ドラマと同名タイトルの『花咲舞が黙ってない』を原作として映像化される。 S1・S2で相馬健を演じた上川隆也は、S3ではの叔父・花咲健 役で出演する。 舞が支店の窓口係から臨店班に異動するところから物語
    55キロバイト (6,349 語) - 2024年3月31日 (日) 07:57
    今田美桜さんが主演する『花咲舞が黙ってない』、楽しみです!山本耕史さんの絶賛コメントも気になりますね。

    1 冬月記者 ★ :2024/03/27(水) 08:32:06.64 ID:ri7fLcE89.net
    https://news.yahoo.co.jp/articles/038756e347b03ff37d48fb6cbc94fb653a7df1a0


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    今田美桜「花咲舞が黙ってない」クランクイン 共演・山本耕史が絶賛「力強くて母性もあって説得力もすごい」


     女優の今田美桜が主演を務める4月13日スタートの日本テレビ系土ドラ9『花咲舞が黙ってない』(毎週土曜よる9時~)が、クランクインを迎えた。



    ◆今田美桜主演「花咲舞が黙ってない」

     前作のドラマ『花咲舞が黙ってない』は、銀行を舞台にした池井戸潤の小説『不祥事』を原作に2014年、2015年、杏主演で放送してヒット。

     前回のドラマ放送後に出版された新作小説『花咲舞が黙ってない』(池井戸潤・著)を原作にした新たな物語を、主人公・花咲舞役に今田、舞のバディ・相馬健(45)役に山本耕史という新たなキャストでお届けする。

     舞と相馬が所属するのは、東京第一銀行本部・支店統括部臨店班。問題が起きた支店に向かい、解決する部署で、そこで銀行内部の数々の不祥事を目の当たりにする。


    ◆山本耕史、花咲舞役・今田美桜を絶賛

     3月某日、臨店班のセットで撮影スタート。装飾品として置かれていた筋トレグッズを見つけた山本が、芝居に取り入れるアイデアを監督に提案し、採用されるなど、皆でキャラクターを作り上げていっている。

     ついに始まった撮影に、主人公・花咲舞役の今田は、「前作とは違ったレトロなセットが新鮮でした。ここで繰り広げる相馬さんたちとの掛け合いがすごく面白いです」とコメント。

     舞のバディ・相馬健役の山本は、「花咲舞のキャラクターのように勢いがあって、スピードがあって、なおかつ無駄がない現場。演者達もスタッフも一気にエンジンがかかって、いいスタートを切れました!」と満足げ。

     そのコメント通り撮影は快調で、どんどんOKが出てテンポ良く進んでいく。スタンバイ中には東京第一銀行のキャラクターである犬のダイチくんを抱えて、愛でる2人の姿も。

     始まったばかりの撮影だが、現場はかなり良い空気感の様子。山本は「真ん中にいる舞(今田)が力強くて、母性もあって、説得力もすごい。始まったばかりなのに既に出来上がっていて、一歩先に僕らを先導してくれるような疾走感を今感じています」と話し、

     今田も「現場で迷ったりすることがあっても、皆さんにアドバイスをいただきながら楽しくやらせていただいています。素敵な舞をみんなで作っている感じがして、ワクワクしています」とコメントを寄せた。

    【今田美桜が日テレドラマ『花咲舞が黙ってない』で主演決定!山本耕史も出演】の続きを読む


    踊る大調査線」「脳内活性!クイズファクトリー」(関西テレビ)のコーナー[いつ?] 「踊る大発毛腺」「相棒(裏相棒第三夜)より」 ラジオ 「劣る大捜査線4」「CHUMMY TRAIN」(α-STATION)のコーナー[いつ?] 「踊る!歌の大捜査線」「南かおりのHello…
    118キロバイト (15,906 語) - 2024年3月21日 (木) 12:31
    織田裕二さんが出演しないなんて、本当に意外ですね。踊る大捜査線といえば彼の存在が欠かせないと思っていたので、少し寂しい気持ちです。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/04/02(火) 08:35:50.60 ID:LYOns3T89
    2024.04.02

    製作費50億円の巨大プロジェクト

    フジテレビが3月18日、『踊る大捜査線復活プロジェクト』を始動させた。実に12年ぶりの新作映画を今秋公開するという。

    「製作費50億円超えとも言われる、局を挙げた一大プロジェクトです」(フジ関係者)

    『踊る』のファンが期待したのは、織田裕二(56歳)が演じる主人公・青島俊作の完全復活。しかし、発表された新作映画の内容は、柳葉敏郎(63歳)演じる室井慎次のスピンオフだった。

    「織田さんには10年にわたって出演オファーをしていますが、実現していません。今回もギリギリまで織田さんと交渉はしていたと聞いていますが……」(同前)

    モノマネされるのが嫌

    『踊る』といえば織田の代表作であるはず。なぜ、出演しないのか。

    「理由は定かではありません。ただフジ局内では、青島のような喜怒哀楽のはっきりしたキャラをやりたくないのでは、と言われています。というのも、織田さんは自身の演技をモノマネされるのを本気で嫌がっているそうなんです」(同前)

    フジに唯一残されている光明は、「友情出演」という方法だ。

    「一時は織田さんとの不仲を噂されていた柳葉さんが、ファンのために自ら電話で打診をしてくれているそうです。一瞬かもしれませんが、インパクトあるシーンで出演する可能性はゼロではありません」(同前)

    織田の決断はいかに。

    https://gendai.media/articles/-/126691

    【踊る大捜査線ファン必見!織田裕二が出演しない新作の理由とは?】の続きを読む

    ジャパネットホールディングス > BSJapanext BSJapanext(ビーエスジャパネクスト)は、ジャパネットホールディングスの子会社である株式会社ジャパネットブロードキャスティング(Japanet Broadcasting Co., Ltd.)が衛星基幹放送事業者として2022年(令和4…
    84キロバイト (5,389 語) - 2024年3月20日 (水) 04:47



    「星花双姫~天に咲き、地に輝く恋~」は、天界の姉妹が出会う運命を描いたドラマだったんですね。無料放送で視聴できるということで、今から楽しみです!

    【BSJapanextが初の無料放送!中国ドラマ「星花双姫」が4月2日より放送開始】の続きを読む

    映画GTO - フジテレビ - ウェイバックマシン(2000年3月4日アーカイブ分) GTO - カンテレドーガ 映画 GTO - allcinema GTO - KINENOTE GTO - MOVIE WALKER PRESS GTO - 映画.com GTOリバイバル - フジテレビ…
    77キロバイト (9,468 語) - 2024年3月28日 (木) 14:36



    「やっぱりこの二人の共演は最高だ!楽しみすぎる!」「反町隆史さんと松嶋菜々子さんの組み合わせは感動的!」

    【反町隆史&松嶋菜々子の夫婦共演にファン大興奮!】の続きを読む

    このページのトップヘ