meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 漫画 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 漫画


    週刊少年マガジン』(しゅうかんしょうねんマガジン、英: WEEKLY SHONEN MAGAZINE)は、講談社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。1959年3月17日創刊。毎週水曜日発売。略称は 「マガジン」「週マガ」。 それまで月刊誌であった少年誌の週刊誌化に伴い、初代編集長の牧野武朗は週刊
    123キロバイト (12,913 語) - 2024年2月19日 (月) 05:01
    征夷大将軍★は、本当に面白い漫画ですね!キャラクター設定が個性的で、ストーリー展開が予測不可能な展開が魅力です

    1 征夷大将軍 ★ :2024/02/21(水) 16:49:26.88 ID:zq9CSE3I9
    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票合計数:1,900票
    調査期間:2024年1月14日~2024年1月28日

    gooランキング
    2/20
    https://ranking.goo.ne.jp/column/9417/

    1位金田一少年の事件簿92票
    2位魔法先生ネギま!84票
    3位あしたのジョー74票
    4位はじめの一歩73票
    5位中華一番!63票
    6位五等分の花嫁62票
    7位天才バカボン53票
    8位FAIRY TAIL46票
    8位ダイヤのA46票
    8位あひるの空

    11位巨人の星45票
    11位GTO45票
    11位釣りキチ三平45票
    11位デビルマン45票
    11位ミスター味っ子45票
    16位ラブひな39票
    16位魁!!クロマティ高校39票
    16位エア・ギア39票
    16位RAVE39票
    16位School Rumble39票

    21位カメレオン38票
    21位SAMURAI DEEPER KYO38票
    21位シュート!38票
    21位湘南純愛組!38票
    21位Get Backers奪還屋38票
    21位エリアの騎士38票
    28位ベイビーステップ37票
    28位生徒会役員共37票
    30位三つ目がとおる36票

    ※31位以下、及び解説は出典先で

    前スレ
    マガジン史上最高だと思う漫画ランキング!3位「あしたのジョー」、2位「魔法先生ネギま!」、気になる1位は…
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708471537/

    【「マガジン史上最高だと思う漫画ランキング!」征夷大将軍★が選ぶ、1位は?】の続きを読む


    よりこ(みなと よりこ、] - )は、日本の漫画家。東京都出身。 『別冊フレンド』(講談社)掲載の「マイ・ディア・スウィート」でデビュー。代表作に『蓮愛』『裸心の十字架』など。『セフレの品格』は2023年に実写映画化した。 君に逢いたい午後(講談社、1990年6月11日発売)ISBN 978-4-06-302808-9…
    3キロバイト (348 語) - 2024年2月17日 (土) 21:58
    湊よりこ氏の突然の訃報に、本当に驚いてしまいました。芦原妃名子さんとのコラボ作品が楽しみだっただけに、このニュースは本当に悲しいです。

    1 muffin ★ :2024/02/19(月) 01:25:18.52 ID:ulI2DlUM9
    https://www.daily.co.jp/gossip/2024/02/17/0017341193.shtml
    2/17(土) 22:31配信

    昨年、2部作で公開された映画「セフレの品格」の原作者で漫画家の湊よりこ氏が17日、漫画家・山田玲司氏のYouTubeチャンネル「山田玲司のヤングサンデー」で生放送された「『セクシー田中さん』事件と芦原妃名子さんの無念を繰り返さないために~里中満智子、森川ジョージ、湊よりこと考える『原作漫画家不遇問題』」に出演。涙ながらに無念の思いを訴えた。

    昨年、日本テレビ系で放送されたドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さんが1月に急死したことを受け、再発防止策を話し合うために緊急生配信された番組。湊氏は冒頭から「芦原先生の立場も見てるので…。ちゃんと現場の声、漫画家さんとか…。すみません」と話し、涙で言葉を詰まらせた。

    自身の作品が映画化された経緯については「結果的に言うと、すごい自分では大満足でした」としつつ、制作側との交渉は大きなストレスになっていたことも吐露。また、原作と映像化作品に齟齬が生まれることに関しても「芦原先生はメディア化が3回目か4回目かでしたから、分かってると思うんですよ」としつつ、「分かった上で、今回『セクシー田中さん』って、セリフ一つ一つに心がこもってるっていうか、だからそれを変えてほしくなかったと思う」と言及した。

    配信内で、原作漫画を連載していた小学館の第一コミック局編集者一同が今月8日にコメントを発表し、「先生、寂しいです」としたことに話が及ぶと、湊氏は一瞬の沈黙の後「悔しいです。『寂しいです』じゃねえだろ。悔しいよ」と吐き捨てるように一言。さらに「私けっこう、その編集部にいたマンガ友だちとLINEしてるんで、言えないことがいっぱいありすぎて、言えません。ボロボロと本当のことというか、分かってきて、言えません。芦原さんがどんなことをされたのかも、言えません」と意味深に語った。

    湊氏は続けて「最後のとどめは、自分のツイッター(現X)消した時、自責の念で消したのか、上に言われて消したのかなって妄想しちゃうんです」と発言。「自責の念で、自分が悪いと思って自分の原稿を投げ捨てて亡くなったのか、何か『日テレが消した方がいいって言ってますよ』みたいなことを、もしかしたら編集から言われて消して、絶望したのかなということを思ったりもするんですけど」とし、
    続きはソースをご覧ください

    ★1 2024/02/18(日) 02:37:06.73
    ※前スレ
    漫画家・湊よりこ氏 芦原妃名子さん急死に涙で無念訴える 小学館のコメントには不快感「『寂しいです』じゃねえだろ」 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708220076/

    【漫画家・湊よりこ氏の急逝にファンの悲しみが止まらない!芦原妃名子さんへの涙と無念の声】の続きを読む


    よりこ(みなと よりこ、] - )は、日本の漫画家。東京都出身。 『別冊フレンド』(講談社)掲載の「マイ・ディア・スウィート」でデビュー。代表作に『蓮愛』『裸心の十字架』など。『セフレの品格』は2023年に実写映画化した。 君に逢いたい午後(講談社、1990年6月11日発売)ISBN 978-4-06-302808-9…
    3キロバイト (348 語) - 2024年2月17日 (土) 21:58
    小学館と日テレに責任がありますか😨
    芦原氏のご冥福をお祈りいたします🙏

    1 冬月記者 ★ :2024/02/21(水) 01:42:08.82 ID:m7B8OlJk9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a6e5b17a2f6c441e9d3cb799a2469b65934275a8

    漫画家・湊よりこ氏、「セクシー田中さん」芦原妃名子さんの死に「責任取ってよ、小学館と日テレ」と名指しで断罪

     昨年公開された映画「セフレの品格」の原作者で漫画家の湊よりこ氏が、17日に放送された漫画家・山田玲司氏のYouTubeチャンネル「山田玲司のヤングサンデー」で生放送された「『セクシー田中さん』事件と芦原妃名子さんの無念を繰り返さないために~里中満智子、森川ジョージ、湊よりこと考える『原作漫画家不遇問題』」に出演。芦原さんの死について、小学館と日本テレビを「責任取ってよ」と追及した。

     芦原さんは日本テレビ系で昨年放送されたドラマ「セクシー田中さん」の原作者。

     今年1月に、同作の脚本をめぐって脚本家や制作サイドと大きな見解の相違が発生し、小学館を代理人として日本テレビと交渉した結果、自身が最終2話の脚本を手がけたことを告白し、その2日後に死亡しているのが発見された。

     今回の番組内では、漫画家が自身の権利や立場を守るため、出版社や放送局と交渉することについて議論。

     湊氏は「保育園だって、園長先生とかに面接するじゃないですか、子ども預けるときに」と例示し、「プロデューサーとか、会わないってあり得ないですよ」と、芦原さんと日本テレビ側の交渉過程に疑問を呈した。


     さらに「絶対死にたくないですよ。自分のマンガ書いてる間は。それが責任だと思ってるし。私も今回のことで闇みたいになっちゃって…」と沈痛な表情で吐露。

     さらに「風化しちゃいけない。だからちゃんと、責任取ってくださいよ、小学館と日テレ。あと、悪いのは私たちとか…、SNSもそうですし」と、小学館と日本テレビを名指しして断罪した。

     この発言に、同じく番組に出演していた「はじめの一歩」の作者・森川ジョージ氏は「SNSの場合は、二次的な事故が起こりそうだったんで、それで僕はちょっと落ち着けっていってたんですけど、そもそも約束破ったやつが悪いんで、出版社と日テレは、そこはちゃんとただした方がいいと思う」と指摘。

     その上で「そこは僕らの仕事じゃないし、僕は本当に腹が立っちゃってるから、どんなに謝罪されても許せません」とキッパリ。湊氏は「漫画家やめちゃいたいなって思いましたよ、今回のことで。なに、こんな思いしてまでって…」と苦しい胸の内を明かした。

    【漫画家・湊よりこ氏、『セクシー田中さん』芦原妃名子さんの死に「責任取ってよ、小学館と日テレ。あと悪いのは私たちとか…SNSも」】の続きを読む


    椎名 軽穂(しいな かるほ、1975年10月23日 - )は、日本の漫画家。北海道苫前郡羽幌町出身、札幌市在住。血液型AB型。 1975年10月23日、北海道苫前郡羽幌町で生まれる。北海道羽幌高等学校、北海道芸術デザイン専門学校卒業。 15歳のときから本格的な漫画の原稿を描き始め、1991年、『別…
    20キロバイト (2,446 語) - 2023年11月25日 (土) 21:09
    『君に届け』の作者が18年ぶりに新作を発表するなんて嬉しいです!期待しています!

    1 征夷大将軍 ★ :2024/02/13(火) 19:02:52.24 ID:4aBKTOGr9
     漫画『君に届け』などで知られる漫画家・椎名軽穂氏の新連載『突風とビート』が、3月13日発売の『別冊マーガレット』(集英社)4月号にてスタートすることが発表された。椎名氏が完全新作漫画を発表するのは、2006年連載スタートの『君に届け』以来18年ぶりで、北海道を舞台に“失くしもの”多き少女の別れと再会を描くラブコメディーとなる。

     椎名氏は、2006年から2017年まで『別冊マーガレット』で『君に届け』を連載。その後、2018年から2022年に連作として発表したは『君に届け 番外編?運命の人?』も好評を博し、同作のシリーズ累計発行部数は3600万部を突破するなど、長きにわたって愛される作品を世に送り出してきた。

     そんな椎名氏が今回、新作漫画を発表するのは18年ぶりで、新連載『突風とビート』は、海沿いの小さな街が舞台。非日常を日常として生きる謎の多い女子高校生・ニケは、クラスにほとんど顔を出さない男子・根本(ネモ)との再会をきっかけに、忘れてしまった自分を探す謎に満ちた旅をはじめることになる。

     王道少女漫画の代名詞的作品『君に届け』の椎名氏が制作環境をデジタルに一新し届ける、18年ぶりの新作連載。出身地・北海道での現地取材を重ね、少女漫画の新境地に挑戦する意欲作となり、新連載を掲載する4月号は、表紙・巻頭カラーを同作品が飾り、62ページのボリュームで掲載される。

     椎名氏は、北海道出身。『別冊マーガレット』にて『君からの卒業』でデビュー。同誌での『青いふたり』『CRAZY FOR YOU』等の連載を経て、2005年に読切『君に届け』を発表。好評を博し、翌2006年に連載開始。2008年に同作で第32回講談社漫画賞少女部門を受賞。2017年まで連載を続ける。(コミックス全30巻)。2018年から2022年には『君に届け 番外編?運命の人?』を発表した(コミックス全3巻)。

    2024年2月13日(火)9時0分 
    オリコン
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0213/ori_240213_8591057881.html

    【『君に届け』の作者が新作発表!18年ぶりの感動ストーリーが3月から連載スタート!】の続きを読む

    やく みつる(本名:畠山 秀樹〈はたけやま ひでき〉、1959年3月12日 - )は、日本の漫画家・好角家。日本昆虫協会の副会長。 現在はテレビ番組やラジオ番組のコメンテーター 及びエッセイストとしても活動している。 「やくみつる」の芸名は、麻雀の「役満」を捩ったもの。1981年のデビュー時は「はた山…
    43キロバイト (6,390 語) - 2024年2月4日 (日) 02:37



    やくみつる氏のコメントには、芦原妃名子さんの急死に対するショックと悲しみが伝わってきます。やくみつる氏が芦原妃名子さんのことを大切な存在として捉え、彼女の突然の死に深い悲しみを抱いていることが伝わってきます。

    【やくみつる氏、芦原妃名子さん急逝に「忖度の影響が大きかった」とコメント】の続きを読む

    このページのトップヘ