meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 漫画 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 漫画


    さいとうたかを(本名:齊藤 隆夫〈さいとう たかお〉、1936年11月3日 - 2021年9月24日)は、日本の漫画家。和歌山県和歌山市生まれ、大阪府堺市出身。東京都中野区、岩手県花巻市在住。 貸本漫画時代に劇画の分野確立した人物の一人であり、一般漫画の世界に転向後も『ゴルゴ13』
    34キロバイト (4,912 語) - 2021年11月15日 (月) 04:42


    さいとう氏の逝去は本当に残念ですね😱
    ゴルゴ13の連載の長さが凄いですからね📗
    ご冥福をお祈りいたします🙏

    【「劇画の王様」さいとう・たかをが作った新しい漫画の形】の続きを読む


    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。また、2014年9月22日よりアプリケーションとして『少年ジャンプ+』を配信している。
    136キロバイト (15,501 語) - 2021年11月4日 (木) 19:52



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    ジャンプの女性主人公の漫画のルーツを辿ると武論氏と車田氏に…❓️
    どういう関係でしょうかね🤔

    1 muffin ★ :2021/11/08(月) 13:55:49.84

    https://magmix.jp/post/66573

    週刊少年ジャンプの「女性が主役の作品」をいくつ挙げられるでしょうか? 近年なら『約束のネバーランド』、それから『シェイプアップ乱』『めだかボックス』、古くは『キャッツ・アイ』などありますが、実はジャンプはほかのマンガ雑誌と比べても女性が主人公の作品が非常に少ないのです。

    今回は、「ジャンプ初の女性主人公のマンガは何か?」を創刊時まで遡って紹介します。ただし、連載されていても10話と続かず打ち切りになっている、あるいは読切作品は対象外とします。また、現在連載中の『僕とロボコ』のロボコ、『Dr.スランプ』のアラレ、『ストップ!!?ひばりくん!』のひばり(男だけど)など、本来の主人公よりヒロインが目立っているような作品も対象外としました。

    まず有名な『キャッツ・アイ』の連載が1981年からなので、それ以前の作品を遡ってみると、意外な作者が女性主人公のマンガを描いていたのです。

    ●『スケ番あらし』車田正美(1974~75年)
    『聖闘士星矢』『リングにかけろ』などのヒット作で知られる車田正美先生のデビュー作。連載当時のオイルショックの影響で紙量が制限されたことから、初回、2回目が読切でスタートし、翌年から本格連載で25話続きました。

     内容は「男勝りで喧嘩っ早い主人公・荒神山麗が通う学校に、容姿端麗の財閥娘、綾小路静香が転校してくる。静香は周囲の人間を金で言いなりにさせる女で、ピュアで昔気質の麗と対立、さまざまなバトルが展開される」という物語。

    主人公は女性ですが、内容は男と男の闘争を女に置き換えたものです。もちろん、コメディ要素やお色気シーンもたくさん入っています。当時のマンガに登場する女性は男に寄り添う可愛いヒロインばかりだったので、若い女子学生どうしが闘うという設定はかなりのインパクトがあったようです。読んでみると、車田先生が後に描く男らしい世界観の片鱗がうかがえます。

    ●『クライムスィーパー』(1973年)『ピンク!パンチ!雅』(1974年) 原作:武論尊 作画:逆井五郎
     さて1974年あたりを探すと、女性が主役のマンガがもう1作ヒットしました。原作はなんと『北斗の拳』の武論尊先生です。73年に連載が開始された『クライムスィーパー』(第1部)が休載を経てタイトルを変え、『ピンク!パンチ!雅』(第2部)としてスタート。単行本化は1~2部合わせて『ピンク!パンチ!雅』のタイトルで全2巻で出版されています。

    その内容は、日本政府の秘密平和維持機関「クライムスィーパー」に所属する17歳の美少女戦士、三条雅が日本と世界の平和を守るため、国際的犯罪組織「*クイーン」を相手に戦うアクション作品です。

    本宮ひろ志先生のアシスタントをしていた武論尊先生は本作の原作を担当し、連載デビュー作となりました。この『ピンク!パンチ!雅』が、ジャンプ史上初の単行本化されている女主人公作品だと思われます。『ピンク!パンチ!雅』の人気はあまり上がらず、連載は1年程度で終了しますが、武論尊先生はその翌週から出世作となる『ドーベルマン刑事』の連載をスタートさせました。そして、そのバイオレンスな作風が、のちの『北斗の拳』へつながっていくわけです。

    ●『キーガール』篠原とおる(1971年)
    さらに歴史を遡ると、連載のみで単行本化されていない『キーガール』がありました。『ピンク!パンチ!雅』より前の1971年に連載されていた女性主人公のマンガです。筆者は読んではいないため、「おジョウ」と呼ばれるオンナ錠前破りの主人公が数々の事件・トラブルに巻き込まれる……というさわり部分の内容しか分かりませんでした。おジョウはセクシーなデザインで、お色気シーンもたくさんあったとか。

    篠原とおる先生といえば、実写映画化もされた『さそり』や『O課の女』などで知られる女性アクションマンガのパイオニアです。20話連載されており、おそらくジャンプ最初の女性主人公作品だと思われますが、なぜかコミック化されていない幻のマンガです。


    (出典 magmix.jp)


    (出典 magmix.jp)


    【【漫画】「少年ジャンプ」女性主人公のルーツを探ると…武論尊と車田正美にたどり着く?】の続きを読む


    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ)は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。また、2014年9月22日よりアプリケーションとして『少年ジャンプ+』を配信している。
    136キロバイト (15,493 語) - 2021年10月28日 (木) 09:56



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    「俺たちの戦いはこれからだ」で終わる作品とは、なんとなく感動を与える感じですね😳
    漫画もいろいろな終わり方がありますからね📕

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/11/01(月) 18:47:10.19

    マグミクス 11/1
    https://magmix.jp/post/66008

    「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わる「ジャンプ」作品はあるのか?

    「俺たちの戦いはこれからだ!」

     これは打ち切りになった少年マンガの定番のラストシーンとして広く知られているものです。本来予定されていたストーリーが描かれることなく終了してしまった不遇のマンガたち。まさしく「俺たちの戦いはこれからだ!」と言わんばかりの最終回を迎えた作品、きっと皆さんの記憶のなかにもあるはず。とはいえ、実際に「俺たちの戦いはこれからだ!」というセリフで終わった少年マンガは存在するのでしょうか? 本稿ではとりわけ新陳代謝が激しい「週刊少年ジャンプ」のなかから、この最終回あるあるの元ネタに近しいものを探していきたいと思います。

    ●『男坂』の最終回は有名だけど…
     この「俺たちの戦いはこれからだ!」的な最終回を迎えたマンガの代表格として記憶に刻まれているのは『男坂』(著:車田正美)でしょう。1984年から「ジャンプ」で半年ほど連載されたのち……残念ながら連載は終了。そのラストシーンには「オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな このはてしなく遠い男坂をよ…」というかの有名な文言と共に「未完」の文字が堂々と鎮座しています。この最終回こそ、私たちが共有する「最終回あるある」のイメージ形成に大きく影響を与えたことは間違いないでしょう。

     とはいえ、やはり「俺たちの戦いはこれからだ!」と一致しているとも言いがたいので他作品をあたりましょう。ちなみにこの『男坂』、2014年より連載が再開され大きな話題を集めました。

    ●「最終回あるある」満載の『サスケ忍伝』
     ここで改めて打ち切りマンガにおける「最終回あるある」として知られている展開を整理してみましょう。いきなり最終決戦に入る、急にこれまでの登場人物が全員集合する、大ゴマで敵に向かっていく……などが挙げられると思われます。これら全てを満たした作品が『サスケ忍伝』(著:黒岩よしひろ)です。1986年から「ジャンプ」で10週連載された本作は今も伝説の「打ち切り作品」として語り継がれています。

     文明社会と隔絶した忍者の里で育った主人公・流サスケが妖刀“十六夜”を巡り、獣魔忍群魔忍衆と激しい戦いを繰り広げるという物語だったのですが、その最終回はまさしく怒涛の「あるある」ラッシュ。突如、「本当の敵」が現れて困惑、とりあえずこれまで戦っていた相手との最終決戦を迎えれば、仲間たちが「わたしもいるわよ!」と続々集合。そしていざ一対一の瞬間となれば見開きでサスケが「おおりゃあ!!」と叫んで「完」。また最終回のサ*イトルも「NEVER ENDING BATTLE(そして戦い)」。打ち切りのエッセンスが実に見事に凝縮されており、マンガ史においても重要な作品と言えそうです。なお黒岩先生はその後『鬼神童子ZENKI』(原作:谷菊秀)などでヒットを飛ばし、その優れたキャラクターデザイン能力で以って若手クリエイターたちに少なからぬ影響を与えました。

    ●そんななか…あの巨匠の作品がほぼ「元ネタ」に近いことが判明!
     打ち切りマンガは数あれど、実際に「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わる作品はなかなか見つかりません。やはり上記作品の要素を複合して作られたイメージと考えるのが妥当なのでしょうか。そんななか、ある巨匠の作品が「最終回あるある」に相当近しいことが判明しました。

     それが『キン肉マン』の作者・ゆでたまご先生によるムエタイ格闘マンガ『蹴撃手(キックボクサー)マモル』です。1990年7月に連載開始された本作ですが、ムエタイの認知度も低かったためか、激アツの内容とはうらはらにいまひとつ人気に火がつかず半年で打ち切りの憂き目に。さて、注目すべきはその最終回。サ*イトルもずばり「終わりなき戦い!!」。兄を救うべく挑んだ勝ち抜き戦の途中で物語は無情にも終了するのですが、主人公マモルの最後のセリフはというと……「戦いはこれからだ!!」なのです。さらに次ページの背景にはラスボスが大きく描かれている親切設計。これはもう、ほとんど私たちの知る最終回あるあるの「元ネタ」と言っても過言ではないでしょう。

     以上、本当に「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わった「ジャンプ」作品について調べてきました。時代は令和に移り、このような強引な打ち切りは徐々に少なくなってきているようです。打ち切りマンガの最終回あるあるを共有できる時間も、あまり長くはないのかもしれません。


    【「ジャンプ」打ち切り最終回あるある 本当に「俺たちの戦いはこれからだ!」で終わった作品】の続きを読む


    『ワンピース』のイケメン3人 外見だけでなく心意気も!

    …顔は心の一番外側!? イケメンキャラは心も男前 もはや国民的アニメと言えるほどの人気を誇る『ONE PIECE(ワンピース)』。その魅力のひとつは、…
    (出典:マグミクス)


    ONE PIECE (ワンピース (漫画)からのリダイレクト)
    『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
    274キロバイト (34,803 語) - 2021年10月24日 (日) 21:37


    ワンピースのキャラクターの特長など読者に伝える様な内容が必要でしょうね💡

    【『ワンピース』のイケメン3人 外見だけでなく心意気も!】の続きを読む


    野球漫画(やきゅうまんが)は、漫画のジャンルのひとつであり、野球をテーマとした漫画野球を物語の重要な要素とした漫画を指す。一般的にはフィクションであるが、プロ野球をテーマとする場合、チーム名や選手、それに優勝したチームについては現実に合わせることもある。 野球
    24キロバイト (3,775 語) - 2021年7月29日 (木) 12:13



    (出典 rankingoo.net)


    野球漫画も人気ありますからね⚾️
    懐かしいドカベンがTOP3にあるとは😳

    1 鳥獣戯画 ★ :2021/10/22(金) 07:12:58.77

    らんきんぐー更新:2021-10-20
    https://rankingoo.net/articles/comic/00363a

    球児たちが青春をかける高校野球、ひたすらに勝利を求めてぶつかり合うプロ野球……と、野球をテーマにした漫画には熱い名作が目白押し!作品によっては大河ドラマのような長い長い漫画も存在し、ただスポーツ漫画として面白いだけでなく、人間ドラマも見所となる作品が多いです。

    そこで今回は平成以降に始まった作品に限定して「好きな野球漫画ランキング」を調査!アニメ化したあの人気作、野球漫画の金字塔と言うべき傑作など、様々な野球漫画が登場する注目ランキングです!

    1位に輝いたのは…!

    ※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

    【好きな野球漫画ランキング】
    第1位 「H2」あだち充
    第2位 「ドカベン プロ野球編」ほかシリーズ 水島新司
    第3位 「MAJOR」ほかシリーズ 満田拓也

    (4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

    調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
    ※有効回答者数:10~40代の男性2239名

    超王道の青春物語!あだち充作品で最高傑作との声も!1位は「H2」あだち充!
    <投票者のコメント>
    「青春の思い出と重なる」

    「野球マンガといえばあだち充!」

    「千川高校は最強だと思った。内容も面白かったし、あだち充の野球漫画は好き」

    見事1位に輝いたのは1992年から週刊少年サンデーで連載していた「H2」。あだち充さんと言えば同じく野球漫画の「タッチ」が有名ですが、実は本作の34巻が最長連載作品(「タッチ」は全26巻)となっています。物語の中心となるのは、千川高校のエースピッチャー・国見比呂と明和第一高校のスラッガー・橘英雄。二人のヒーローが繰り広げるライバル対決は野球だけでなく恋愛面でも展開し、読者の予想を外す数々の展開が面白いと評価されました。あだち充さんの魅力が十二分に発揮された青春群像劇となり、特に終盤の展開にはグっと来るものがあるとファン絶賛の一作です!


    やっぱり山田はすごい!2位は「ドカベン プロ野球編」ほかシリーズ 水島新司!
    <投票者のコメント>
    「やっぱり水島新司先生!」

    「昔から読んでます」

    「王道だから!」

    2位は1995年から週刊少年チャンピオンで連載していた「ドカベン プロ野球編」。2004年から連載のスーパースターズ編、2012年から連載のドリームトーナメント編も合わせてのランクインとなりました。抜群の野球センスを有し、甲子園で大活躍したのが主人公の「ドカベン」こと山田太郎。彼の所属する明訓高校のチームメイトや全国のライバル達と、プロ野球の世界で激突した本作も熱き物語としてファンに評価されます。本作では実在の球団が登場するどころか、珍しいことに現実の野球選手も実名で登場。そんなプロ野球選手たちに、一切遠慮なく襲いかかる「ドカベン」キャラ達もまた見所のひとつと言えるでしょう!


    全78巻で綴られる壮大な野球ドラマ!3位は「MAJOR」満田拓也!
    <投票者のコメント>
    「不屈の精神の大切さを教えてくれた」

    「season2も読んでます!」

    「野球マンガ界の大河ドラマ」

    3位は1994年から週刊少年サンデーで連載していた「MAJOR」シリーズ。主人公・茂野吾郎の幼稚園時代から物語は始まり、少年野球や高校野球を経てメジャーリーグや国際大会の舞台で活躍するまでを描く大河ドラマ的な一作です。その巻数は驚きの78巻、全747話。ストーリーの柱となる野球だけでなく、友人たちとの関係や恋愛、そして家族との結びつきなど、スポーツ漫画としての枠を飛び越えた壮大な物語に夢中になりますね!
    また、2015年からは続編「MAJOR 2nd」が連載中であり、こちらは「MAJOR」の主人公・茂野吾郎の息子・茂野大吾らが中心となる新世代の物語となっています!


    4位以下は「プレイボール2」ちばあきお・コージィ城倉や、「ダイヤのA」寺嶋裕二、「MIX」あだち充などがランクイン!
    https://rankingoo.net/articles/comic/00363a?utm_source=yahoo&utm_medium=referral_yh&utm_campaign=yh


    【好きな野球漫画ランキング…TOP3は「H2」「MAJOR」「ドカベン プロ野球編」!】の続きを読む

    このページのトップヘ