meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 漫画 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 漫画


    ちばてつやらマンガ家110組、コロナ禍の日々を描いたリレー連載が書籍化

    …ちばてつやや森川ジョージら110組のマンガ家が参加したリレー連載「MANGA Day to Day」が上下巻で書籍化され、3月25日に講談社から発売…
    (出典:コミックナタリー)


    ^ 「ちばてつやが語る『ちばてつや』」ちばてつや、集英社新書、集英社、2014年5月16日 『[総集編]ちばてつや 漫画家生活55周年記念号』河出書房新社〈文藝別冊 KAWADE夢ムック〉2011年2月28日初版発行、ISBN 978-4-309-97745-4 ちば てつや(著):ちばてつやが語る「ちばてつや」
    27キロバイト (3,879 語) - 2021年2月5日 (金) 11:08


    コロナウイルスの影響で外出自粛がありますからね😓
    その最中、110組の漫画家が家の中で書いたリレー連載が書籍化は良いですね📕

    【ちばてつやらマンガ家110組、コロナ禍の日々を描いたリレー連載が書籍化】の続きを読む


    『北斗の拳』北斗四兄弟・ジャギの「クズすぎる悪行」3選 現代に類似したケースも…!?

     80年代に『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていた大人気漫画『北斗の拳』(原作:武論尊、作画:原哲夫)。作中に出てくる一子相伝の暗殺拳「北斗…
    (出典:ふたまん+)


    北斗の軍」は彼ら支配に立ち向かっていた。ユリアと死別したケンシロウはバットたち苦境に力を貸し、元斗皇争い渦中に身を投じる。そんな中、リンは修羅国に連れ去られてしまう。 連れ去られたリンを追い求め、北斗のルーツがある修羅国に渡ったケンシロウは、ラオウとトキ実兄で北斗
    77キロバイト (11,402 語) - 2021年2月28日 (日) 06:38


    北斗四兄弟は知りませんでした😳
    ケンシロウのひとつ上の兄のジャギがくず過ぎる悪行とは…

    【『北斗の拳』北斗四兄弟・ジャギの「クズすぎる悪行」3選 現代に類似したケースも…!?】の続きを読む


    藤子 不二雄(ふじこ・ふじお・エー、1934年3月10日 - )は、日本の漫画家。本名は安孫子 素雄(あびこ もとお)。大垣女子短期大学客員教授。血液型はA型。 藤本弘(藤子・F・不二雄)とともに藤子不二雄としてコンビを組み、作品を発表した。コンビ解消後は本名で紹介されることも多い。筆名の「」は「安孫子」の頭文字である。
    37キロバイト (5,508 語) - 2021年2月3日 (水) 16:06



    (出典 myjitsu.jp)


    A氏の漫画でお蔵入りが有るのですね😨
    お蔵入りの漫画が気になりますけど📕

    1 幻の右 ★ :2021/02/24(水) 21:26:34.12

    https://myjitsu.jp/enta/archives/86785

    『オバケのQ太郎』や『忍者ハットリくん』といった数々の名作を生み出した、レジェンド漫画家・藤子不二雄A。子ども向けの作品を世に送り出す一方、ダークな作風でも知られている。しかも過激な描写が多すぎるため、単行本未収録となったエピソードは数知れず、〝お蔵入り〟となった作品も。本稿ではそんな藤子不二雄Aの「お蔵入りマンガ」の中から、3つの作品をご紹介しよう。

    まず1つ目に取り上げるのは、1970年代に『週刊少年キング』に掲載された『毛のはえた楽器』という短編。タイトルからして不気味な印象があるが、その内容もかなり尖っている。
    作中では、日本のテレビ番組がアフリカの奥地を探検取材。そこで遭遇した部族から、毛のはえた楽器を売りつけられる。そして、その楽器をよく見ると、行方不明になったスタッフの特徴的なホクロがあるのだった…。
    同作は『ぶきみな5週間』という5週連続の連載における、第1話目のエピソード。そのため当初は単行本に収録される予定だったが、人種差別などの問題によって未収録となってしまう。

    「毛のはえた楽器」の代わりに、「ぶきみな5週間」の1話目に収録されたのが『禁じられた遊び』。しかしこちらもかなり〝ヤバい作品〟として、長年ファンの間で騒がれている。
    同作も*な内容であり、単行本収録時にはページ数が半分以下になるほどカットされた。ストーリーは、動物を愛する心優しい5歳の少女の周りでペットが相次いで死亡。やがて少女はお墓に異様なまでに執着していく、というもの。連載版では「ウ…」とだけ唸る男性が登場し、少女と行動を共にしていたのだが、単行本化の際にその存在が丸々削られてしまった。

    同作はカットされた短縮版のみが世に出回り、現在は『奇想天外社』が発行する短編集『藤子不二雄ホラー・ファンタジー劇場 ヒゲ男』にしか掲載されていないようだ。

    最後にご紹介する作品は、現代では絶対に連載できないと断言できる『狂人軍』。すでにタイトルからしても危ない臭いを醸し出す同作は、ギャグ漫画ではあるものの、登場人物がとにかくヤバい人たちばかり。文字通り、狂人たちがトラブルを巻き起こすという不条理な内容なのだ。そもそもタイトルに〝狂人〟という言葉を使っていること自体がアウトであり、復刻は永遠に望めない。もし現代版が出版された場合には、修正によって全くの別作品になると思っておいたほうがいいだろう。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 myjitsu.jp)

    ※前スレ
    【漫画】藤子不二雄Aが生み出した衝撃の「お蔵入りマンガ」3選 過激すぎて発売禁止?復刻望めない作品も [muffin★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1613981484/


    【【漫画】藤子不二雄Aが生み出した衝撃の「お蔵入りマンガ」3選 過激すぎて発売禁止?復刻望めない作品も】の続きを読む


    心震える最強ジジイ&ババアといえば!? 少年漫画の「強キャラ老人」ランキング

     マンガやアニメには印象的なおじいさん・おばあさんキャラが登場することが多く、ときにはメインキャラクター以上に強烈な個性を放つ。特にバトル漫画では、…
    (出典:ふたまん+)


    少年漫画(しょうねんまんが)は、日本における少年(小学校高学年から高校生まで)を対象読者と想定した漫画。厳密には、小学校低学年以下を読者に想定した幼年漫画とは分類される。 具体的には少年漫画雑誌(少年雑誌)に掲載されていることで分類される。1960年代中頃までは男子小中学生向けの漫画
    7キロバイト (836 語) - 2021年2月12日 (金) 08:35


    漫画も年寄りパワーで面白く、可笑しくするシーンも見所ありますからね📕

    【心震える最強ジジイ&ババアといえば!? 少年漫画の「強キャラ老人」ランキング】の続きを読む


    板垣 恵介(いたがき けいすけ、1957年4月4日 - )は、日本の漫画家。北海道釧路市出身。本名・板垣博之(いたがき ひろゆき)。主に格闘技を題材とした作品を得意としている。既婚者で三女の父親であり、三女は漫画家の板垣巴留。 少年時代から格闘家に対する憧れが強く、高校時代には少林寺拳法に励み、二段
    22キロバイト (3,122 語) - 2020年11月2日 (月) 11:38



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    板垣氏が阿寒湖温泉観光大使ですか😳
    大変だけど頑張ってください♨️

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/20(土) 18:00:24.71

    2/20(土) 17:46
    日刊スポーツ

    刃牙で故郷を盛り上げる! シリーズ累計発行部数8000万部超の人気格闘漫画「グラップラー刃牙(ばき)」シリーズで知られる漫画家板垣恵介氏(63)が20日、故郷・釧路市内の阿寒湖まりむ館で阿寒湖温泉観光大使に就任した。

    阿寒観光協会まちづくり推進機構から2年の任期で任命された。板垣氏は「観光大使の名を自分がいただけた。今こうして微力ながらも阿寒湖温泉に協力できるということを少し誇らしく思っています」と話した。

    釧路市出身の板垣氏は中学3年生のころに国の特別天然記念物マリモで有名な阿寒湖のある阿寒町(05年に釧路市に合併)に移り住んだ。「おふくろがニュー阿寒ホテルで働いていて、この街の片隅で親子の生活が始まりました」。多感な少年時代を同地で過ごしたことを「この土地で受けた影響は、のちの人生を変えるほどの大きなカルチャーショックだったことを覚えています」と振り返る。

    新型コロナウイルスの影響を受けて、阿寒湖温泉も観光客が減った。危機を乗り越えるために発足された「阿寒湖刃牙プロジェクト」の呼び掛けに応える形で、板垣氏は昨夏に阿寒湖温泉で「グラップラー刃牙」シリーズなどの原画を展示する「バキ原画展」を開催。ファンら約1800人が会場を訪れる盛況ぶりとなった。

    板垣氏は阿寒湖まりむ館内で展示されている等身大のフィギュアや原画を提供している。また同機構もすでに阿寒湖温泉商店街などを会場に刃牙とコラボしたスタンプラリーを実施中(3月9日まで)で、今後は提供された原画をもとにしたグッズ制作も構想中だ。板垣氏は就任に際し「亡きおふくろが知ったら、さぞほめてくれるだろうと思います。感謝いたします、ありがとうございました!」と話している。

    ◆グラップラー刃牙(バキ) 板垣恵介氏が「週刊少年チャンピオン」に91~99年に連載した格闘漫画。地下闘技場のチャンピオン範馬刃牙と、父の範馬勇次郎らがさまざまな格闘家とバトルを繰り広げる物語。「バキ」などの続編や外伝も多数ある。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d11bf653ac37f7880bfebd2438301d0c3902b54


    【「刃牙」の作者・板垣恵介氏が阿寒湖温泉観光大使に】の続きを読む

    このページのトップヘ