meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> その他 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > その他


    同級生』(どうきゅうせい)は、1992年12月17日にエルフから発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム、および、そのシリーズやそれを原作とした関連商品群。 夏休みのナンパを題材とした本作は、ヒロインたちの問題に向き合いながら結ばれていく物語であり、性描写中心だった当時のアダルトゲームの在り方を変える一作となった。
    57キロバイト (8,383 語) - 2020年10月24日 (土) 05:50



    (出典 pbs.twimg.com)


    アダルトですけど興味ありますかね…?

    1 ハミュー(光) [CN] :2020/10/23(金) 09:28:30.50


     アダルトサイトなどの運営で知られるFANZAのゲームブランド“FANZA GAMES”は、PCゲーム総合ブランド“DiGination”の新作として、
    『同級生リメイク』をPCで2021年2月26日に発売することを発表した(通常版は9800円[税抜]で、豪華版は10800円[税抜])。
    なお、アダルトコンテンツのため、18歳未満の人は購入できない。

     『同級生』は1992年にエルフからPC用ソフトとして発売された恋愛アドベンチャーゲーム。
    その後、演出をマイルドにしたバージョンが、PCエンジンとセガサターンでNECインターチャネルから発売された(セガサターン版のタイトルは『同級生if』)。

     今回のフルリメイク版では、画面解像度がフルHD対応になり、イベントシーンがすめらぎ琥珀氏による描き下ろしに。
    キャラクターも、ベースのデザインはそのままに、現代のタッチに描き直されている。

     そのほか、移動時のマップ画面で誰がどこにいるのかがひと目でわかる“ノーマルモード”や、CG鑑賞モードなどを追加。遊びやすくなるように改善が施されている。

    https://www.famitsu.com/news/202010/23208145.html

    https://www.excite.co.jp/news/article/Nijimen_0000000000097461/


    【恋愛ADV『同級生』のフルリメイク版 発売決定】の続きを読む


    池の水ぜんぶ抜く』、『池の水』。 手付かずに放置していたに対し掻い掘りを行って綺麗にするとともに、そこにはどんな生物が住み着いているか検証していくと言う番組コンセプトである。 大まかな手順としては、以下とおりである。 排水装置でを下水道やに接続されている農業用水に流し、魚や生物を動けなくする。
    39キロバイト (2,693 語) - 2020年10月18日 (日) 12:13



    (出典 pbs.twimg.com)


    ブラックバスなどの外来種は湖などの魚を食べたりしますからね…
    どこの池の水を抜くのでしょうか…?

    1 (やわらか銀行) [US] :2020/10/19(月) 21:13:06.17


    東洋経済オンライン
    @Toyokeizai

    テレビ東京の人気番組「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦」。この番組によって、外来種の問題や、「かいぼり」(池干し)という言葉への認知度が高まりました。

    しかし、番組にはいくつかの課題点があるようです。

    https://twitter.com/i/events/1318069736714903552
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    https://twitter.com/ikenomizu_game/status/1273436616393179142


    【ツイッター 「池の水全部抜く」 外来種を悪とする課題点があるようです】の続きを読む


    張本 (はりもと いさお、1940年6月19日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者・野球評論家、日本プロ野球名球会会員、韓国野球委員会(KBO)コミッショナー特別補佐官。在日韓国人二世であり、本名は (読みがな:チャン・フン、ハングル:장훈)。
    127キロバイト (19,563 語) - 2020年10月16日 (金) 14:34



    (出典 img.sirabee.com)


    マイクに異常があるかもですけど、即マイクを取り換える方が良かったけど…
    テレビを見ている側も違和感がありますし…

    1 ゴン太のん太猫 ★ :2020/10/11(日) 16:40:42.71

    https://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20162426724/
    11日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で「週刊御意見番」コーナー放送中、鈴のような音が鳴り続けたことに驚く視聴者が続出した。

    この日は自宅から出演の張本勲氏に加え、元阪急ブレー*投手の山田久志氏がリモートで登場。

    10日に行われたプロ野球パシフィックリーグ首位攻防戦・福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズ戦の様子を取り上げ評論

    張本氏は「ロッテは強い」としながらも、「コロナが出たことで落ち込んでいないか心配」と話し、「まだまだもつれる」と予想した。

    ■謎の鈴音

    過激な発言がなく終わった11日の放送だが、番組に異変が。「御意見番」のコーナー中、鈴のような音がずっと鳴り響いていたのだ。

    その音の主は不明だが、張本氏のマイクが襟に当たる音のようにも見えた。
    司会の関口宏は気がついていなかったようで、特に触れられることなく番組が進められた。

    ■違和感を訴える視聴者が続出

    鳴り響く謎の鈴に「この音はなに? うちの猫がなにかしているのかと思った」
    「マラカスのような音がうるさくて集中できない」「雑音が不快」と違和感を訴える声が続出する。

    http://sinsenkan.blog.jp/archives/26350733.html


    【【トカナ】『サンデーモーニング』張本勲氏のマイクに謎の鈴の音 違和感の声続出】の続きを読む


    鈴木 大地(すずき だいち、1967年3月10日 - )は、日本の体育学者、元水泳選手、元国家公務員。国際水泳連盟理事(2017年 -)、アジア水泳連盟副会長(2016年 -)。1988年ソウルオリンピック100m背泳ぎ金メダリスト。 スポーツ庁長官(初代)。バサロ泳法で有名な選手である。順天堂大
    22キロバイト (2,874 語) - 2020年10月4日 (日) 08:03



    (出典 www.sankei.com)


    元俳優の森田千葉県知事を離脱するのは残念ですね…
    お疲れ様でした!

    1 きつねうどん ★ :2020/10/14(水) 06:19:16.99


    (出典 www.sankei.com)

    知事選への対応について話す森田健作知事=13日、千葉県庁(小野晋史撮影)

     千葉県の森田健作知事は13日、来年4月の任期満了に伴う知事選で自民党県連が鈴木大地前スポーツ庁長官の擁立を検討していることに関し、「千葉県出身で五輪にも大変な縁がある。いい人をお探しになったのではないか」と述べ、容認する考えを示した。自身の4選出馬に関しては明言を避けたが、過去の選挙で支援を受けてきた自民党が他の候補を推すことを認めたことで、森田知事の知事選に対する消極的な姿勢が改めて浮き彫りになった。

     自民党が鈴木氏擁立に動いた経緯について森田知事は、同党側に「『今は(新型コロナウイルス対策などの)難問に集中したい。どうぞ、私に関係なくお探しください』と言った」と明かした。

     一方、自身の出馬に関しては、「まだ半年余りある。台風シーズンで新型コロナ対策もあり、一定の区切りができたときに、5年後10年後の千葉県を考えて自分の意思を言いたい」などと話した。

     自民党県連は14日には、県選出の国会議員らが党本部に集まり、知事選への対応を協議する。

    https://www.sankei.com/politics/news/201013/plt2010130047-n1.html

    https://ameblo.jp/ame112113/entry-12629759877.html


    【千葉・森田知事、自民党の鈴木氏擁立「容認」】の続きを読む


    遠くへ行きたい』(とおくへきたい)は、読売テレビを制作局として日本テレビ系列で放送されている紀行番組。 1970年(昭和45年)10月4日放送開始の長寿番組である。 スポンサードネットの対象が基幹系列局に限定されているためか同時ネットする局は少なく(北海道・STVは基幹系列局にもかかわらず、ノ
    44キロバイト (4,687 語) - 2020年10月3日 (土) 01:17



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    遠くへ行きたいが50周年ですか!
    かなりの長寿番組ですね!
    これからも良い内容で続けてください!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/10/04(日) 21:34:22.95

    2020年10月04日 テレビ
    「遠くへ行きたい」第1回放送のワンシーン=読売テレビ提供

    (出典 storage.mantan-web.jp)



     1970年10月4日にスタートした旅番組「遠くへ行きたい」(読売テレビ・日本テレビ系)。「旅人のドキュメンタリーによる日本再発見」をコンセプトに、毎週一人の旅人が日本各地を旅する様子を描き、10月4日放送50周年を迎えた。当初は、故・永六輔さんが毎回旅をしていたといい、番組に46年間携わってきたテレビマンユニオンの土橋正道エグゼクティブプロデューサーは、「一番最初に永さんがおっしゃった考え方というのは、50年変わらずに番組の中に続いてきました」と話す。永さんとのエピソードや、50周年を迎えた思いを聞いた。

     ◇永六輔さんが植え付けた“礼節を守ること”

     46年前、アシスタントディレクターとして、「遠くへ行きたい」の制作に携わり始めたという土橋さん。土橋さんによると、1970年に開催された大阪万博の影響で、国鉄の利用客が急増したことを受けて行われた個人旅行を促すキャンペーン「ディスカバージャパン」の一環として、番組が企画されたという。

     「1960年代に、永さんが作詞、中村八大さんが作曲した歌謡曲『遠くへ行きたい』が非常にはやっていて。その歌の気分を旅の中に持ち込んで、しかも旅する人も永さんでやろうとなったと聞いています。半年間は永さん一人で毎週担当していた」と当時を振り返る。

     まだフィルムで撮影していた時代。テレビで取り上げられることは、非常に珍しがられていた。そんな中、永さんが番組での旅を始めるにあたって、スタッフと決めたことがあったという。

     「撮影というのは人の日常に踏み込んでいく邪魔者だけれども、お時間を少し貸していただいて協力してもらう。そのことについて、きちんと礼儀を尽くしなさいというのが、一番最初に永さんがおっしゃったこと。その考え方というのは、50年変わらずに番組の中に続いてきました」。

     たとえば、スタッフが地元の人に失礼なことをしてしまったら、永さんは現場から帰ってしまったこともあった。「『あなたたちのような無作法な人と仕事しません』といなくなっちゃう。そうやって我々は、若いうちに“テレビジョンの在り方”というものを強く植え付けられたということはあります」と振り返る。

     また、ときには、宿側から「宿泊費を無料にします」などの申し入れを受けることもあるが、基本的には必ず支払うという。番組スタート当初から一貫しているといい、「先輩たちや、自分たちのやってきたことが、いまだにつながっていることが、『遠くへ行きたい』の力の一つかなと思っています」と話す。永さんが最初に「きちんと筋を通してくれた」ことが、現在も受け継がれている。

     ◇番組の中に“おかしみ”を加えること

     “スター”である永さんからは「ずいぶん仕込まれた」。永さんは、旅の中であらかじめ決められたことをやるのは「絶対嫌」という人で、“台本”は永さんの頭の中にある。ロケバスや電車の中での会話を通して、永さんがこの旅でやりたいことを探っていくしかなかった。まだ携帯のない時代ということで、たくさんの10円玉を撮影に持っていき、永さんが会いたい人にあらかじめ電話をしておくが、永さんには隠れて電話をしていた。

     「あらかじめ約束していたことを知ると、永さんの気分が悪い。永さんに隠れて赤電話(公衆電話)を探して、『すみません、行くかもしれませんが、行けないかもしれません。だけどもし行きましたら、よろしくお願いします』と言っておくんです」

     というのも、永さんは、「旅の中に『おかしさ』や『面白さ』を付け加えたり、いわば『遊び心』がないと、人に楽しんでもらえる旅にならない」という考えの持ち主。そのため、突然行き先を変更することもしばしば。土橋さんは慌てて公衆電話を探し、「『すみません、今日ちょっと行けないことになりました』と。今みたいに携帯があれば、トイレで隠れて電話をしますが、それができない。もう非常にスリリングでした」。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://mantan-web.jp/article/20201003dog00m200019000c.html


    (出典 Youtube)


    【遠くへ行きたい:きょう放送50周年 受け継がれる永六輔さんの教え 制作歴46年の番組P語る“テレビジョンのありかた”】の続きを読む

    このページのトップヘ