meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 作家 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 作家


    八一の世界、聡太が超えた…「りゅうおうのおしごと!」白鳥士郎さんに聞く

     藤井聡太三冠(19)が活躍するたびに、将棋ファンの間で話題になる小説がある。ライトノベル「りゅうおうのおしごと!」だ。作者の白鳥士郎さんに話を聞い…
    (出典:読売新聞オンライン)


    白鳥 士郎(しらとり しろう、1981年(昭和56年) - )は、日本の小説家。主にライトノベルレーベルで作品を発表している。岐阜県多治見市出身。 岐阜県立多治見北高等学校・金沢大学法学類卒業。名城大学大学院法務研究科修了。大学院2年生のときに小説を書き始める。
    13キロバイト (1,490 語) - 2021年10月15日 (金) 18:40


    りゅうおうのおしごと❗️っていう小説は知りませんでした😳
    人気があるらしいですけど📕

    【八一の世界、聡太が超えた…「りゅうおうのおしごと!」白鳥士郎さんに聞く】の続きを読む


    竹田宮家の場合、竹田宮恒久王が附則2世王、離脱した竹田徳王が附則3世王、同じく離脱した竹田宮恒正王(竹田恒泰の伯父)が附則4世王であり、竹田恒泰自身は附則5世王に相当する世代である。ただし、恒泰の父である恆和は、父の
    48キロバイト (6,298 語) - 2021年9月28日 (火) 12:48



    (出典 pbs.twimg.com)


    男性のプライベートを拡散するのは良くないでしょうけどね😨

    1 ラニナミビルオクタン酸エステル(ジパング) [ニダ] :2021/09/30(木) 23:42:43.87


    ツイッターで実名公表、提訴
    作家の竹田恒泰氏に賠償請求

    明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏にツイッターで実名を公表され精神的苦痛を受けたとして、大阪府の自営業男性が30日、
    竹田氏に60万円の損害賠償などを求め、大阪地裁に提訴したことが分かった。投稿の削除やツイッター上での謝罪文の掲載も求めた。

    訴状などによると、竹田氏は7月、自身のツイッターで男性の実名を複数回挙げ「左翼の活動家界隈ではよく知られています」「皆んなで拡散して差し上げましょう」などと書き込んだ。

    取材に男性は「実名を公表され、インターネット上で多くの人から誹謗中傷を受けた。『*』などのメッセージも届いた。言論の自由を脅*行為だ」と話した。

    https://nordot.app/816276511195627520?c=39550187727945729


    【17歳JKとしてツイッター上で活動していた大阪府の男性、本名をバラした竹田恒泰氏を提訴】の続きを読む


    門田 隆将(かどた りゅうしょう、1958年6月16日 - )は、日本の作家、ジャーナリスト。本名は門脇 護(かどわき まもる)。 独立後は“毅然と生きた日本人”をテーマにノンフィクション作品を多数執筆している。 地上波はドリーマー、リアリストはネットと語る。 高知県安芸市出身。土佐中学校・高等学校、中央大学法学部政治学科卒業。
    20キロバイト (2,909 語) - 2021年9月9日 (木) 14:51



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    高市早苗外しは差別ではないでしょうかね🤔
    お互い立候補者だし公平に…

    1 エムトリシタビン(東京都) [US] :2021/09/18(土) 23:09:53.98


    露骨な〝高市早苗外し〟に支持者大荒れ! 門田隆将氏も怒り「公平性欠如の偏向運営」
    9/18(土) 19:43
    配信
    東スポWeb

     大荒れだ。自民党総裁選の候補者討論会が18日、日本記者クラブ主催で行われ、4人の候補が論戦を交わした。立候補しているのは河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4人。

     なかでも目立ったのは有力候補の河野氏。代表質問後、一般記者からの質問が集中した。

     対照的に高市氏はなかなか質問されず、口を開く場面も河野氏に劣った。これにブチ切れたのが、高市の支持者たちだ。ネット上は「記者クラブの〝河野推し〟ひどすぎる」「茶番の候補者討論会だ」と大荒れ。

     ジャーナリストの門田隆将氏もツイッターに怒りの連投だ。

    「出陣式の出席人数まで改竄して“河野上げ、高市下げ”を続けるNHKも真っ青の日本記者クラブ候補者討論会が行われた。なんと対中国、対韓国、また憲法という重要問題に対し発言を許されたのは河野太郎氏と岸田文雄氏だけ。こんな公平性欠如の偏向運営による討論会は必要ない。次回からなくして頂きたい」

     別のツイートでも「国民が知りたい中国、韓国、憲法問題という重要課題に記者クラブから指名され、発言を許されたのは河野太郎氏と岸田文雄氏だけ。公平性を意識していた質問者は橋本五郎氏のみだった。高市早苗氏に発言させなければ高市票は増えないし、総裁選が“河野vs岸田”に印象づけられるという訳。これがマスコミ」と切り捨てた。

     今後に遺恨を残す討論会になってしまったようだ。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/626b926a6d3c829af028123e632d29e19bd0d288


    【記者クラブさん、露骨な「高市外し」 対中韓・憲法問題の発言許されたのは河野・岸田だけ 女性差別か】の続きを読む


    竹田宮家の場合、竹田宮恒久王が附則2世王、離脱した竹田徳王が附則3世王、同じく離脱した竹田宮恒正王(竹田恒泰の伯父)が附則4世王であり、竹田恒泰自身は附則5世王に相当する世代である。ただし、恒泰の父である恆和は、父の
    48キロバイト (6,252 語) - 2021年9月1日 (水) 15:28



    (出典 i.ytimg.com)


    河野氏か石破氏が首相になると日本は終わりますか😨

    1 ボラえもん ★ :2021/09/07(火) 18:19:30.02

     明治天皇の玄孫で政治評論家の竹田恒泰氏(45)が7日、ツイッターを更新。
    自民党総裁選(17日告示、29日投開票)で、皇室観の視点から先行きを危惧した。

     竹田氏は前日、総裁選立候補で名前の挙がる5人を皇室観からジャッジ。
    高市早苗元総務相、岸田文雄前政調会長はそれぞれ男系維持、女系に慎重の姿勢を見せていることから「高市〇」「岸田△」と触れ、
    野田聖子幹事長代理、河野太郎行革相、石破茂元幹事長は「女系容認」の立場から「×」としていた。

     この日、竹田氏は改めて「野田× 女帝推進」「河野× 女系容認」「石破× 女系容認(不出馬?」と3人の女系容認派の名前を挙げた。

    「今後、女系容認の総理が出てくるだろうが、今がとても重要。
    有識者会議が進行しているため、ここで女系容認の総理が立ったら、日本は終わる可能性がある。
    本来なら結論に至るまで菅総理が担って欲しかった」と菅義偉首相の退陣を残念がった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8e4da6893111e31fc4b423e0d69019bc9e1393b6

    ★1が立った時間:2021/09/07(火) 14:04:58.41
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631001471/


    【【総裁選】竹田恒泰氏「女系天皇容認の河野太郎や石破茂が総理になったら日本は終わる」】の続きを読む


    古市 憲寿(ふるいち のりとし、1985年1月14日 - )は、社会学者、作家。東京都出身。 東京都墨田区生まれ、6歳で埼玉県川口市に引越した。 埼玉県立越谷北高等学校卒業。 2003年、慶應義塾大学環境情報学部にAO入試で入学。 2005年、ノルウェーのオスロ大学に交換留学(- 2006年)。
    26キロバイト (3,339 語) - 2021年8月30日 (月) 12:08



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    不祥事の程度によってですからね…
    直ぐ騒ぎがおさまる程度なら許せますけど、殺人・過失致死などの不祥事でしたら永遠に許さないはやむを得ないですからね😨
    とにかく不祥事を起こさない様に気を付けてください…

    1 Anonymous ★ :2021/09/04(土) 08:52:01.75

    https://times.abema.tv/news-article/8672218


     小山田圭吾氏の過去のいじめ告白、プロ野球の中田翔選手による暴力行為、「メンタリスト」DaiGo氏による差別発言など、著名人の言動が批判を浴びることが相次いでいる。

     28日のABEMA『NewsBAR橋下』にゲスト出演した古市憲寿氏は「"永遠に許さない"っていうのは、やっぱり違うと思う。刑事事件でさえ殺人を除いて時効というものがあるのに、事件にもなっていないものに関して誰かを責め続ける。特に嫌だなと思うのは、"責めるためだったら違法行為もしてもいい"と思っちゃう人もいること。そういう中で"殺害予告をしましょう"みたいに、正義のためならルールを破っちゃうみたいな暴走もある。それは違うと思っている」とコメント。

     橋下徹氏は「ダメなことはダメなんだけど、近代国家ではやったことと制裁のバランスを考えることが重要で、やったことの程度と反省の度合い、被害者がいる場合は償いの度合いなどの全体を見て判断しなきゃいけないのに、そのバランスを欠いていると思う。DaiGoさんの発言にも色々と問題はあるけれど、反省して、ちゃんとやっていきます、ということであれば、社会的に抹*るというのは違う」と話していた。(ABEMA/『NewsBAR橋下』より)

     


    【古市憲寿、著名人の不祥事への批判に「“永遠に許さない”っていうのは、違うと思う」橋下徹「制裁のバランスを考えることが重要」】の続きを読む

    このページのトップヘ