meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 作家 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 作家


    杜夫(きた もりお、1927年〈昭和2年〉5月1日 - 2011年〈平成23年〉10月24日)は、日本の小説家、エッセイスト、精神科医、医学博士。位階は従四位。本名は斎藤 宗吉(さいとう そうきち)。 祖父は医師で政治家の斎藤紀一。父は紀一の養子で、歌人で医師の斎藤茂吉。兄はエッセイストで精神科…
    55キロバイト (8,206 語) - 2022年10月1日 (土) 02:51
    阪本四方太 森山汀川 若尾瀾水 和田性海 南方熊楠 正岡子規 | 近代日本人の肖像 松山市立子規記念博物館 子規庵 (財団法人 子規庵保存会) 東京都台東区根岸 正岡 子規:作家別作品リスト - 青空文庫 松山歴史文化道(四国歴史文化道) 正岡子規 | 新潟市會津八一記念館 『正岡子規』 - コトバンク…
    41キロバイト (5,945 語) - 2022年11月23日 (水) 02:43
    まあ哲学的な問題ですけどね😥

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/12/02(金) 04:15:28.58ID:BNHsNrn09
     
    2022.12.01

    西川 清史編集者





    キンタマに魅せられた作家・北杜夫

    冬の寒い時期になると、キンタマの皮は梅干しのように縮こまる。暑い季節になると、タヌキ像のキンタマのように皮は見違えるように柔らかく伸びる。真冬に風呂につかりながら、キンタマの形状が変化していく様子を観察した読者も多いはずだ。

    温度が急激に変化すると、キンタマ内の*が*でしまう。そこで寒い場所では皮が縮こまって体温を保持し、反対に暑い場所では皮を伸ばして温度を体外に放出する。こうしてキンタマの皮が、内部の*を守っていると言われる。

    この記事は短期集中連載の第3回です。第1回はこちらから
    作家・北杜夫には、執筆の合間に自分のキンタマが蠕動(ぜんどう)する様子を観察する趣味があったそうだ。

    〈キンタマは作家の密やかな友人となるのである。

    若き日の北杜夫もまた、おのがキンタマをじっと打ち眺めていたようなのである。

    そのときの気温や湿度の高低や心理状態によって、キンタマの皮膚は変幻自在、伸びたり縮んだりする。比喩的に言うなら、陸に上がったタコのようにグニュグニュと、不随意的に蠕動する。
    自身の青春時代を回想して綴った『どくとるマンボウ青春記』(中公文庫改版)の中で、北は若き日にノートに綴った不可思議な文章群を、自嘲的に紹介している。

    https://gendai.media/articles/-/102818

    【なぜ*は冬に梅干しのように縮こまるのか…北杜夫も正岡子規も、自分の*をこうして観察していた《集中連載・世界*考》】の続きを読む


    黒田 勝弘(くろだ かつひろ、1941年(昭和16年)10月25日 - )は、日本の新聞記者、作家、コラムニスト。共同通信にてソウル支局長や東京本社外信部デスクを歴任、現在は産経新聞ソウル駐在特別記者(ソウル支局長特別記者)兼論説委員である。旧名は勝博。 大阪府大阪市出身。第二次世界大戦中は鹿児島…
    22キロバイト (2,257 語) - 2022年8月5日 (金) 08:48
    韓国ものり巻きが普及しているのですね😳
    辛そうだけど食べてみたいですね💡

    1 仮面ウニダー ★ :2022/11/26(土) 07:36:16.25ID:RfFZg/MW
    先日、日本への一時帰国の折、家族と自宅近くにあるお気に入りの回転ずし屋に出かけた。海外にも進出している有名チェーン店だが、メニューに「マグロキンパ巻き」という見慣れないものがある。はて?

    家族に聞くと韓国風の鉄火巻きみたいなものだという。韓国のり巻きは「キムパプ(のりご飯)」というが、発音が難しい(?)ので日本では「キンパ巻き」とか「キンパ」といわれ、最近、韓国食の一つとして商品化され人気とか。早速、注文してみてなぜ「キンパ」かが分かった。のり巻きの具にマグロとともに卵焼きや沢庵(たくあん)、キュウリなど入っていてゴマ油がつけてあった。

    酢の代わりにゴマ油というところが韓国的なのだ。もっとも韓国ののり巻きは外側にゴマ油が塗ってあるが。生魚にゴマ油というのは日本人にはいささか腰が引けるが、韓国では伝統的に刺し身をコチュジャンやゴマ油で食する習慣がある。

    韓国ではすし屋で「キムパプ」は出ない。日本ののり巻きを起源とする「キムパプ」は、すしから独立して発展し、国民食になった。有名チェーン店の名前にあるように韓国は「キムパプ天国」なのだ。そう考えると、巻きモノに韓国風を取り込んだ「マグロキンパ巻き」は日本の〝巻き返し〟である。(黒田勝弘)

    2022/11/26 07:00
    https://www.sankei.com/article/20221126-7JFGVFB2MFL6LDMCJFTSW3SOKQ/

    【【ヨボセヨ】ソウルからヨボセヨ日韓のり巻き合戦[11/26]】の続きを読む


    竹田宮家の場合、竹田宮恒久王が附則2世王、離脱した竹田徳王が附則3世王、同じく離脱した竹田宮恒正王(竹田恒泰の伯父)が附則4世王であり、竹田恒泰自身は附則5世王に相当する世代である。ただし、恒泰の父である恆和は、父の
    57キロバイト (7,450 語) - 2022年11月6日 (日) 11:05
    旧統一教会と自民党はズブズブな関係は何となく解る気がしますけどね😓

    1 日出づる処の名無し :2022/11/07(月) 16:46:31.51ID:v+iZWWdu
    918 ニューノーマルの名無しさん 2022/11/07(月) 15:59:18.74 ID:5yjCxdBS0
    竹田さん自民党と統一を語る

    (出典 video.twimg.com)


    事件前から語っとけよ
    バレてからさも常識だったみたいに語るな

    嫌韓で商売したいからダンマリしてたんだろ?
    そんなんだから信頼されないんだよ

    【【ネトウヨ悲報】竹田「統一教会と自民党はズブズブ」】の続きを読む


    「認知症の母が夜寝る前に化粧をしようとする」不思議な行動の意味と息子が考えた対策


    「認知症の母が夜寝る前に化粧をしようとする」不思議な行動の意味と息子が考えた対策
     作家でブロガーの工藤広伸さんは、岩手・盛岡に暮らす認知症の母の遠距離介護を続けて10年目。最近気になるのは、認知症がじわじわ進行し、お母さんが身だ…
    (出典:NEWSポストセブン)


    NEWSポストセブン(ニュースポストセブン)は、小学館が運営する日本のニュースサイト。2010年(平成22年)9月30日に開設された。 いずれも小学館が発行している総合週刊誌『週刊ポスト』と女性週刊誌『女性セブン』の編集部局であるポストセブン編集局が運営している。この2誌と『週刊ポスト
    7キロバイト (672 語) - 2022年5月17日 (火) 06:51


    Line物語 - YouTube
    https://www.youtube.com/playlist?list=PLh-MPLXONJvznw7ZuB5Fanee7mgdgmEi1


    認知症で寝る前に化粧とはね😨
    化粧する癖が前々からあるのでしょうかね💄

    【「認知症の母が夜寝る前に化粧をしようとする」不思議な行動の意味と息子が考えた対策】の続きを読む


    古谷 経衡(ふるや つねひら、1982年〈昭和57年〉11月10日 - )は、日本の作家、評論家、文筆家、著述家。愛猫家。一般社団法人令和政治社会問題研究所所長。株式会社オフィス・トゥー・ワン所属。血液型A型。日本ペンクラブ正会員。千葉県松戸市在住。 北海道札幌市出身。北海道札幌手稲高等学校を
    47キロバイト (6,030 語) - 2022年10月21日 (金) 12:34
    古谷氏が日本人はゾンビを冒涜している、2405文字を寄稿したのですか😳
    どうなりますかね🤔

    1 Qoo(東京都) [GB] :2022/10/27(木) 10:30:37.40ID:LKkMaGyZ0

    <ゾンビ映画の金字塔『死霊のえじき(Day of the Dead)』で描かれたゾンビは、「人間とは何か」を問うための深淵かつ厳粛な存在だった>

    本サイト2020年10月末に『ハロウィンが栄えて国が滅ぶ理由』を寄稿した。

    当時はコロナ禍が直撃しており、東京渋谷・六本木、大阪・心斎橋などでは目立ったハロウィン騒動は起こりづらかった。しかし2年が経ちコロナ禍もまずまず落ち着いてくるといった今年、またぞろハロウィンから不気味な蠢動が聞こえる。


    ハロウィンは友達がいる人の特権である。ハロウィンの参加最小単位は2人である。孤独、無縁が進む昨今社会にあって、ハロウィンは万人に開かれたお祭りではない。孤立の人の影は騒動に照らされてますます色濃くなる。いったい誰が得をするイベントなのだろうか。

    コスプレ・ゾンビは邪道

    仮装にも注文を付けたい。近年のハロウィンではゾンビの格好をする人が増えた。とりわけナース(看護士)の格好が目立つ。これがいっこうに良く分からない。映画監督ジョージ・A・ロメロが1968年に『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(Night of the Living Dead)』をお創りになったところから所謂『ゾンビ』は始まった。読んで字のごとくゾンビとは生ける屍であり、当初のゾンビは墓地から蘇ってくるので「腐敗した一般市民」である。確かにゾンビに嚙まれて負傷した民間人が病院に運ばれるや、そこでゾンビ化が起こり院内で感染が起こるというシーンがないわけではないが、基本的にゾンビのスタンダードは日常生活を送る一般市民の格好が適当であり、わざわざ看護士に仮装して血のりを付ける正当な理由はない。

    ゾンビの原則とはロメロによって確立されたものである。それは1)ゾンビは健常者(生者)を捕食する、2)噛傷によって健常者に感染する、3)ゾンビは頭部(脳)を破壊されると*(機能停止)である。これを「ゾンビ三大原則」などと呼ぶ。これはロメロ以来、あらゆるゾンビ作品に適応される普遍原則であり、例外は無い。



    (出典 img-newsweekjapan.jp)



    古谷経衡
    猫系作家の時事評論
    ゾンビを冒涜する日本のハロウィンが笑えない理由──ハロウィン栄えて国亡ぶ2
    2022年10月26日(水)11時58分
    https://www.newsweekjapan.jp/furuya/2022/10/2-2_1.php

    【古谷経衡「日本人はゾンビを冒涜している!」と2,405文字もの長文を寄稿してしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ