meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 株・FX・ビットコインなど | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:ゲーム・賭け事 > 株・FX・ビットコインなど


    2020年 - T・O・Pグループ 投資取扱高(年間)1500億円達成 2020年 - T・O・Pグループ 川瀬勝経済研究所と共同にて財務戦略コンサルティング及び投資事業を通じてFIRE(Financial Independence, Retire Early)推進育成を行っております
    5キロバイト (462 語) - 2021年7月30日 (金) 10:33



    (出典 m.media-amazon.com)


    社会保険など保障がある会社を早く辞めると老後、年金がもらえないなど苦労しますからね😱
    投資で成功して老後も楽しい生活している方々がいるでしょうけど失敗が怖いですからね😱
    地道に働く方が無難でしょうけどね🏢

    1 田杉山脈 ★ :2022/01/23(日) 13:12:50.27

    夢は40歳代での早期リタイアだが、難易度は高い
    30歳代後半あるいは40歳代前半、というようなかなり早い時期の引退がFIREに関する書籍ではしばしば取り上げられます。夢がある話ですが、これは本当に実現性があるものでしょうか。社会人になって20年前後で引退する、というのはたしかに憧れます。

    しかし、普通の社会人が22歳から65歳までとして43年働く時代にその半分だけ働いてリタイアしようとするのはそう簡単ではありません。

    さらに、あまりにも早いリタイアは2つの問題があります。

    ひとつ目の問題は「そこから働かないで取り崩した場合、年金受給開始年齢までの間、資産が持つかどうか」という計算の不確定要素が大きいということです。同じ取り崩しでも、5年の計算と20年以上の計算は、まったく違ってきます。もちろん長期に及ぶほど不安定になります。

    またもうひとつは「社会人人生の前半で2倍稼ぐことはかなり苦しい」という問題です。

    普通の人が65歳まで43年間働くとして、22歳から45歳までの収入と、それ以降の収入はどちらが多いでしょうか。それは明らかに後者です。若い頃はビジネススキルを育てる時間でもあり年収は低くなります。キャリアが熟して年収も上がってくる後半に獲得する賃金のほうが大きくなるのは当然です。

    だからといって、不可能と決めつける必要はありません。挑まない人にゴールはやってこないので、自分がどこまでできるか分析しトライしていくことが大切です。

    50歳代でのFIREは実現可能性はあるが、運用手法が悩み
    日本でのFIRE指南本の多くは50歳代でのリタイアを実現した方が書かれているケースが多いようです。多くは運用においてそれなりの苦労や工夫をして、いわゆる「億り人」になってFIREをした人たちです。

    50歳代でのFIREは、まだまだ体力や活力は残しつつ、仕事から離れてやりたいことに邁進できるのが魅力です。かつ、準備期間としては40歳リタイアより10年ほど長く確保でき、お金を取り崩す期間も10年ほど短縮できるため、資金準備の難易度は一気に下がってきます。

    簡単にいえば「取崩額が4000万円減り(400万円×10年)、準備額が3000万円増える(300万円×10年)」と考えれば、目標金額をクリアする可能性は大きく高まります。50歳代FIREは、それなりの実現性があるパターンといえます。

    ただし、運用手法をどうするかについては悩みがあります。「億り人」の多くは高いリスクを取ってきた成功者であって、高い利回り獲得がFIRE実現の主要因となっています。それぞれ、自身の投資スタイルを紹介していますが、リスクが高い投資方法の再現性があるかは保証が難しいところがあります。むしろ投機的手法を選択して失敗した場合、元本の多くを損なう恐れもあります。

    私は誰でも取り得るベター(といってもベストに近いベター)な運用の方法を推奨しますが、期待リターンは下がります(といっても年4~6%くらいはねらえますが)。このあたりは、別途解説する章を用意しますので、各自判断してみてください。

    実現可能性が高い「プチFIRE」。5年の早期リタイアをまず目指せ
    現実的なマネープランニングを考えたとき、「プチFIRE」に落ち着くこともあります。これは「標準的な引退年齢から5歳早いリタイア」を目指すというものです。

    「たった5年?」と思うかもしれませんが、65歳リタイアの現在に60歳で引退をしたとしても、90歳くらいまで生きることを考えれば30年の自由時間があります。

    また、多くの人が「経済的な不安が拭えないので、あと5年はしがみつくよ」というような気持ちで会社にとどまり続けているのは、つまらない話です。経済的な心配がなければ、楽しくない仕事、低賃金の仕事ならあっさりと退職ができます。

    プチFIREのいいところは、数年で公的年金をもらい始めることを前提にできるため、資産額の目標を高額なものとしなくてすむことです。極端な話、1年分の生活費を決め、5倍用意できればそれがゴールということになります(公的年金が不足する分については、いわゆる「老後に2000万円」が必要ですが)。

    ただ、プチFIREは目標ではなく、「通過ステップ」だと考えてみてください。目標を50歳代のFIREに設定し、まずはプチFIREを実現、さらに資金を上積みして50歳FIREを目指す、という感じで取り組んでみるといいでしょう。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b092e4d6cedadc677d7f0c1e6f1cbffeacb1f40e


    【【FIRE】夢は40歳代での早期リタイアだが、難易度は高い】の続きを読む


    みんなの株式』は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドが運営する、株に関するソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS)。2007年4月にβ版オープン。略称はみんかぶ。 一般的なSNSとして機能を備えるとともに、投資家に売買予想という形で意見を共有させることによって結集された「集合知」と
    4キロバイト (406 語) - 2020年9月19日 (土) 09:19


    来週のマーケットイベントの一覧ですね💹

    【来週の主なマーケットイベント】の続きを読む


    補助単位としては、「mBTC(ミリ・ビットコイン)」、「µBTC(マイクロ・ビットコイン)」、「bits (ビット)」「satoshi(またはSatoshi。読みはサトシ)」等が存在する。satoshiはビットコインの作者であるサトシ・ナカモトを記念してつけられたビットコインの最小単位で、1億分の1ビットコイン
    96キロバイト (11,810 語) - 2021年3月29日 (月) 15:26



    (出典 www.coindeskjapan.com)


    ビットコインですか…
    値上げすれば儲かりますけど値下げが怖いですからね😨

    1 田杉山脈 ★ :2021/03/29(月) 20:37:52.95

    ビットコインのオプション市場では、停滞しているビットコイン価格が4月には上向くとの見方が聞かれる。価格データを見ると、4月はビットコイン価格が上昇する傾向にある。

    4月30日に満期を迎えるオプション取引で最も多いポジションは、8万ドル(約870万円)相当のコール(買う権利)。大手暗号資産デリバティブ取引所の「デリビット」がまとめたデータを、オプション分析プラットフォームの「ラエビタス(Laevitas)」が分析した。

    これは、分析会社のグラスノード(Glassnode)の共同創業者がツイッターで指摘しているように、4月の価格予想を反映している。

    ビットコインは当記事執筆時点、年初から80%高い5万3000ドル付近で取引されているが、3月13日に記録した6万1000ドル超の最高値を大幅に下回っている。

    10年のうち8回上昇する4月
    コールオプションは購入者に満期日あるいはそれ以前に特定の原資産を購入する権利を与える取引で、原資産に対する強気の投資となる。

    8万ドルのコールオプションの取組高(市場に残っている売買契約の数量)は4469。このポジションは現在、デリビットで0.0160ビットコインのプレミアム(オプション価格)となっている。


    理論的には、8万ドルのコールはビットコイン価格が4月30日にその水準以上になることへの投資を意味するが、購入者がそう予想していることを必ずしも意味するわけではない。

    トレーダーは適度な強気相場を予想しながらも、時に大きな価格上昇を前提としたコールを購入する。少額の投資で大きなリターンを得ることができるからだ。

    統計的には、4月は強気の動きとなることが多い。過去のデータを見ると、ビットコインは4月に、過去10年のうち8年で上昇している。
    https://www.coindeskjapan.com/103713/


    【【仮想通貨】歴史的に上昇する4月、ビットコインの値上がりを予想するトレーダー】の続きを読む

    このページのトップヘ