meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 株・FX・ビットコインなど | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:ゲーム・賭け事 > 株・FX・ビットコインなど


    みんなの株式』は、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドが運営する、株に関するソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS)。2007年4月にβ版オープン。略称はみんかぶ。 一般的なSNSとして機能を備えるとともに、投資家に売買予想という形で意見を共有させることによって結集された「集合知」と
    4キロバイト (406 語) - 2020年9月19日 (土) 09:19


    来週のマーケットイベントの一覧ですね💹

    【来週の主なマーケットイベント】の続きを読む


    補助単位としては、「mBTC(ミリ・ビットコイン)」、「µBTC(マイクロ・ビットコイン)」、「bits (ビット)」「satoshi(またはSatoshi。読みはサトシ)」等が存在する。satoshiはビットコインの作者であるサトシ・ナカモトを記念してつけられたビットコインの最小単位で、1億分の1ビットコイン
    96キロバイト (11,810 語) - 2021年3月29日 (月) 15:26



    (出典 www.coindeskjapan.com)


    ビットコインですか…
    値上げすれば儲かりますけど値下げが怖いですからね😨

    1 田杉山脈 ★ :2021/03/29(月) 20:37:52.95

    ビットコインのオプション市場では、停滞しているビットコイン価格が4月には上向くとの見方が聞かれる。価格データを見ると、4月はビットコイン価格が上昇する傾向にある。

    4月30日に満期を迎えるオプション取引で最も多いポジションは、8万ドル(約870万円)相当のコール(買う権利)。大手暗号資産デリバティブ取引所の「デリビット」がまとめたデータを、オプション分析プラットフォームの「ラエビタス(Laevitas)」が分析した。

    これは、分析会社のグラスノード(Glassnode)の共同創業者がツイッターで指摘しているように、4月の価格予想を反映している。

    ビットコインは当記事執筆時点、年初から80%高い5万3000ドル付近で取引されているが、3月13日に記録した6万1000ドル超の最高値を大幅に下回っている。

    10年のうち8回上昇する4月
    コールオプションは購入者に満期日あるいはそれ以前に特定の原資産を購入する権利を与える取引で、原資産に対する強気の投資となる。

    8万ドルのコールオプションの取組高(市場に残っている売買契約の数量)は4469。このポジションは現在、デリビットで0.0160ビットコインのプレミアム(オプション価格)となっている。


    理論的には、8万ドルのコールはビットコイン価格が4月30日にその水準以上になることへの投資を意味するが、購入者がそう予想していることを必ずしも意味するわけではない。

    トレーダーは適度な強気相場を予想しながらも、時に大きな価格上昇を前提としたコールを購入する。少額の投資で大きなリターンを得ることができるからだ。

    統計的には、4月は強気の動きとなることが多い。過去のデータを見ると、ビットコインは4月に、過去10年のうち8年で上昇している。
    https://www.coindeskjapan.com/103713/


    【【仮想通貨】歴史的に上昇する4月、ビットコインの値上がりを予想するトレーダー】の続きを読む

    このページのトップヘ