meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> エンタメなど | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > エンタメなど


    吉本の社員食堂人気NO.1「よしもとカレー」が商品化!「勤労感謝の日」に発売

     吉本興業は東京本部にある社員食堂の人気ナンバーワンメニュー「よしもとカレー」をレトルトカレーとして商品化し、日頃の頑張りを一緒に働く人たちと感謝す…
    (出典:デイリースポーツ)


    ^ “吉本興業、松山に「四国事務所」開設-四国発のお笑い芸人輩出へ”. 松山経済新聞 (2012年3月5日). 2017年12月13日閲覧。 ^ 株式会社よしもとエンタテインメント沖縄 吉本興業ホールディングス - 親会社 東京吉本 吉本総合芸能学院 吉本坂46 吉本興業株式会社 吉本興業 (@yoshimoto_cojp)
    9キロバイト (798 語) - 2021年11月22日 (月) 14:40


    吉本興業の社員食堂のよしもとカレーが今日、勤労感謝の日に発売ですか😳
    食べてみたいです🍛

    【吉本の社員食堂人気NO.1「よしもとカレー」が商品化!「勤労感謝の日」に発売】の続きを読む


    スゴ腕料理人が作る、本場中国の味!衣サクサク「油淋鶏」とトロトロ餡の「天津飯」。愛知県豊田市でなりゆきグルメ旅

    …CBCテレビ(東海エリア)で夕方放送の報道情報番組【チャント!】。 アフロヘアーがトレードマークの副島淳くんがリポートする、金曜日の人気コーナー『な…
    (出典:CBCテレビ)


    チャント!』は、CBCテレビで2019年4月1日より、毎週月 - 金曜日の夕方に放送されている中京ローカルの夕方ワイドニュース・情報番組。 2006年4月3日から13年にわたって放送されてきた報道番組『イッポウ』を拡大リニューアルする形でスタートした放送時間3時間超の生放送番組である。 番組タイトルの『チャント
    45キロバイト (6,123 語) - 2021年11月6日 (土) 10:00


    本場中国の味ですか😳
    日本人の口に合うなら食べてみたいですね🍴

    【スゴ腕料理人が作る、本場中国の味!衣サクサク「油淋鶏」とトロトロ餡の「天津飯」。愛知県豊田市でなりゆきグルメ旅】の続きを読む


    あやまんJAPANあやまんジャパン)は、日本の女性エンターテインメント集団。 宴会芸を発端とした、下ネタを交えたパフォーマンスを行う。音楽活動、舞台などでも活動している。 結成当時、サッカー南アフリカW杯の前であったことから、岡田JAPANに倣って「あやまんJAPAN
    20キロバイト (1,971 語) - 2021年11月9日 (火) 06:58


    テレビに出演しなくても収入のある仕事が出来れば、それで良いですよね🤔

    【テレビから消えた…一世を風靡も、なんと「オトナ向けのオシゴト」に転身していた】の続きを読む


    『魔法のレストラン』20周年人気衰えず 2時間SPが世帯視聴率13.9% コラボヌードルは“即完”

     女優の水野真紀、俳優・歌手の長野博、お笑いコンビのロザンらが出演し、MBSテレビで3日午後7時~9時に放送された『魔法のレストラン 20周年記念 …
    (出典:オリコン)


    『水野真紀魔法のレストラン』(みずまきまほうのレストラン)は、毎日放送(MBSテレビ)で2001年4月12日から放送されているグルメ情報番組。水野真紀(女優)冠番組でもある。 放送開始から2009年3月までは毎週木曜日に、2009年から2012年9月までは毎週水曜日に、2012年10月から2
    64キロバイト (8,708 語) - 2021年11月4日 (木) 13:08


    魔法のレストランは20周年ですか😳
    コラボヌードルが即完売とは凄いですね🍜

    【『魔法のレストラン』20周年人気衰えず 2時間SPが世帯視聴率13.9% コラボヌードルは“即完”】の続きを読む


    木村 隆志(きむら たかし、1973年5月23日 - )は、日本のコラムニスト、人間関係コンサルタント、タレントインタビュアー、テレビ解説者。静岡県浜松市出身。O型。 1996年より名古屋の結婚式場に勤めるも、2000年に退社して結婚コンサルタント、2002年に恋愛コンサルティングとして活動したの
    9キロバイト (1,018 語) - 2021年9月3日 (金) 11:16



    (出典 www.news-postseven.com)


    秋のバラエティ番組が壊滅状態ですか😨
    何かの原因で視聴率低下ですかね🤔

    1 征夷大将軍 ★ :2021/11/06(土) 10:06:30.44

    ポストセブン2021.11.06 07:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20211106_1704148.html?DETAIL

    11月のはじまりとともに秋の新番組がようやくひと通りそろいました。本来、新番組は「新たな話題を提供」「初回特番で盛り上がる」という意味で華やかなものですが、今秋は早くもあやしげなムードがただよいはじめています。

     下記にゴールデン・プライム帯の主な新番組と、個人全体・世帯視聴率を挙げていきましょう(ビデオリサーチ、関東地区)。

    ○日本テレビ
    『一撃解明バラエティ ひと目でわかる!!』10月19日―個人4.8%・世帯8.2%、同26日―個人3.4%・世帯6.4%、11月2日―個人4.1%・世帯7.5%
    『おしゃれクリップ』10月10日―個人5.1%・世帯8.9%、同17日―個人4.1%・世帯7.1%、同24日―個人3.8%・世帯6.7%

    ○テレビ朝日
    『ウラ撮れちゃいました』9月23日―個人5.3%・世帯9.1%、10月14日―個人4.0%・世帯7.5%、同28日―個人3.2%・世帯5.8%
    『くりぃむナンタラ』10月17日―個人3.1%・世帯5.4%、同24日―個人1.8%・世帯3.4%
    『電脳ワールドワイ動ショー』10月2日―個人2.5%・世帯5.1%、同16日―個人1.3%・世帯2.6%、同23日―個人1.8%・世帯3.3%

    ○TBS
    『ザ・ベストワン』10月15日―個人2.6%・世帯4.4%、同29日―個人3.5%・世帯5.6%
    『100%アピールちゃん』(MBS)10月11日―個人1.9%・世帯3.7%、同18日―個人1.4%・世帯2.7%、同25日―個人1.7%・世帯3.2%、11月1日―個人2.2%・世帯4.1%

    ○テレビ東京
    『有吉の世界同時中継~今、そっちってどうなってますか?~』10月7日―個人3.4%・世帯5.9%、同21日―個人3.1%・世帯5.5%
    『~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z』10月24日―個人1.1%・世帯2.1%

    ○フジテレビ
    『爆買いスター恩返し』10月29日―個人4.6%・世帯8.1%

    「新しい」を感じさせる番組の不在
     TBSを代表するお笑いネタ特番をレギュラー化した『ザ・ベストワン』が10月15日も同29日も3時間SPだったにもかかわらず、個人2~3%・世帯4~5%台に留まったことを筆頭に、秋の新番組は極めて厳しいスタートになりました。

     もともと録画視聴や配信視聴の割合が大きいドラマとは異なり、バラエティはリアルタイムで見てもらうための視聴率が重要。だからこそ初回だけでなく、その後も2~3時間の特番仕様が多いだけに、各局から「さすがにこれはまずい」という声が漏れ伝わってきます。

     問題は関係者たちが、「まだはじまったばかりだから仕方がない」「長い目で見ていこう」と言っていられない状況にあること。今から約2か月前の9月、民放各局が新番組を発表するたびに、「どこかで見たようなものばかり」「これは新番組なの?」などの否定的な声があがっていました。

     実際、TBSの『ザ・ベストワン』、テレビ東京の『有吉の世界同時中継~今、そっちってどうなってますか?~』、フジテレビの『爆買いスター恩返し』は、長時間特番をレギュラー化しただけ。

     日本テレビの『おしゃれクリップ』、テレビ朝日の『くりぃむナンタラ』は、シリーズのリニューアル。テレビ朝日の『電脳ワールドワイ動ショー』は、深夜番組のマイナーチェンジ。テレビ東京の『~夢のオーディションバラエティー~Dreamer Z』は、民放各局が乱発しているオーディション番組であり、同局としても『ASAYAN』の令和版。

     さらに、日本テレビの『一撃解明バラエティ ひと目でわかる!!』は些細な疑問や気になるニュースを扱う雑学系の番組、テレビ朝日の『ウラ撮れちゃいました』は同局が長年手がけてきた社会科見学系の番組、TBSの『100%アピールちゃん』は人・場所・物にスポットをあてた番組で、いずれもNHKを含めた各局が2010年代から量産してきた情報バラエティ。新番組らしい「新しさ」を感じるものは1つもなかったのです。

    今年のヒットは『オモウマい店』のみ
     このほかにも今秋はフジテレビが『新しいカギ』、『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』、『所JAPAN』(カンテレ)の放送時間帯を変えたものの、こちらも順調とは言えないスタートとなりました。民放各局は「前後の番組を踏まえて、継続視聴しやすい形にする」という改編をしがちですが、録画やネットでの視聴が普及し、「自分の意思で見るものを決めていく」という人が増えているだけに、思うようにいかないところがあるのです。

     実は今秋だけでなく今年全体に目を向けても、新番組で上々の結果が出ているのは『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(中京テレビ・日本テレビ系)くらいでしょう。
    (以下リンク先で)

     


    【【テレビ】秋の新バラエティが早くも“壊滅状態” 民放の番組制作に欠けている視点とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ