meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 動物園・水族館などの動物 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:動物・昆虫 > 動物園・水族館などの動物


    まかいの牧場まかいのぼくじょう)は、静岡県富士宮市に所在するレジャー施設。朝霧ハイランド株式会社が運営している。 国道139号沿線にあり、アクセスが便利。朝霧高原中にある。天候が良いと富士山を間近に観ることができる。園側条件を満たせばペットも同伴可能。なお「まかいの」はオーナー
    2キロバイト (203 語) - 2023年10月5日 (木) 13:00
    羊の毛刈りってすごく新鮮な体験ができるんだろうな。新入社員にとっても、これからの仕事に活かせることがあるかもしれないね。

    1 PARADISE ★ :2024/04/01(月) 13:07:54.34 ID:aeBBYfZL9
    静岡県富士宮市にある観光牧場で、新入社員が羊の毛刈りに挑戦するユニークな入社式が行われました。


    静岡県富士宮市の観光牧場「まかいの牧場」では「学生からひと皮むけた社会人になってほしい」という願いを込めて、毎年、入社式で新入社員が羊の毛刈りを行っています。


    牧場の広場で行われた31日の入社式には3人の新入社員が出席し、先輩のサポートを受けながら、刃の長さが15センチほどのはさみを使って、羊の皮膚を傷つけないよう慎重に毛を刈っていました。


    羊の毛刈りは夏場に熱中症にならないよう、この時期に行っていて、31日に刈り取ったおよそ2.5キロの羊毛は加工して、セーター作りなどに利用されるということです。

    このあと、3人は辞令とともに、牧場の清掃で使う竹ぼうきや、ちりとりを受け取り、新入社員を代表して皆川果音さんが「何事も真剣に全力で業務に取り組み、一生懸命頑張ります」と意気込みを述べました。

    入社式を終えた大久保舞由稀さんは「動物の専門学校を出ているので、いずれは動物の世話をしたいです」と話していました。

    また、山嵜茉央さんは「お客様のことを第一に考えた接客ができるよう、頑張りたいです」と話していました。

    新入社員は研修を受けたあと、4月3日から各部署で仕事を始めるということです。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240331/k10014408501000.html

    【富士宮で行われたユニークな入社式 新入社員が羊の毛刈りに挑戦!】の続きを読む

    熊本市動植物園 市役所 熊本熊本市動植物園 (くまもとしどうしょくぶつえん)は、熊本熊本市東区健軍にある、熊本市営の動物園植物園。遊園地を併設している。 植物園や遊園地を併設する憩いの場となっている。 1969年(昭和44年)までは水前寺にあった。昭和の初め、各地の動物園の成功により熊本市
    22キロバイト (3,132 語) - 2023年11月27日 (月) 22:32



    ミヤコカナヘビの繁殖に成功したというニュース、本当に嬉しいですね。絶滅の危機にある種を保存できる可能性が高まります

    【熊本市動植物園で絶滅危惧種ミヤコカナヘビの繁殖成功!】の続きを読む


    の水族館(やますいぞくかん YAMA NO Aquarium)は北海道北見市留辺蘂町(るべしべちょう)温根湯温泉(おんねゆおんせん)にある淡水魚の水族館北の大地の水族館とも呼称される。 大雪山ふもとに建つ水族館で、淡水魚を展示している。前身「山の水族館
    72キロバイト (10,292 語) - 2023年9月11日 (月) 15:08
    この水族館に行ってみました!イトウを見るためにわざわざ足を運びましたが、本当に幻の魚だと実感しました。入場料が110円というのもお得で、とても満足です。武者小路バヌアツさんの記事を読んで興味を持ちましたが、実際に見てみると迫力がありますね。北の大地の魚たちにも感動しました!

    1 ◆hEpW0nDspK9l 武者小路バヌアツ ★ :2024/01/07(日) 13:54:30.20 9
    「サ イトウです」幻の魚「イトウ」を展示する北の大地の水族館 名前に「イトウ」が含まれていたら入場料110円に! 特別割引は1月10日まで
    2024年1月6日18:40

     1月10日「イ・トウ」を前に、淡水魚「イトウ」を展示している北海道北見市の北の大地の水族館では、
    名前に「イトウ」が含まれる人が110円で入場できるイベントが始まりました。

     「サイトウです。いいですね。おもしろいアイディアだと思います」

     1月10日は「イトウの日」に登録されていて、入場料が110円になる割引は2016年から続いています。

     北の大地の水族館では絶滅が危惧される大型の淡水魚「イトウ」を12匹展示していて、多くの人が訪れました。

     イトウさん特別割引は1月10日まで続き、入館の際「イトウ」が分る身分証明が必要です。

    https://www.uhb.jp/news/single.html?id=39957

    【北の大地の水族館で開催中!幻の魚「イトウ」展示イベント、入場料110円に!】の続きを読む

    福岡市動植物園(ふくおかしどうしょくぶつえん)は、福岡福岡市中央区南公園にある、福岡市営の動物園植物園福岡市内には、戦前にも御大典紀念福岡市動植物園が現在の福岡市立馬出小学校の場所にあった。ドイツのハーゲンベック動物園を模して1933年(昭和8年)に開園したが、他地域の動物園
    15キロバイト (1,888 語) - 2023年8月27日 (日) 04:30



    ゾウが福岡市動植物園に戻ってくるなんて素晴らしいニュースですね!子どもの頃からゾウを見るためによく動物園に行っていたので、とても嬉しいです。新しい仲間も楽しみです!

    【福岡市動植物園に新たなゾウがやってくる! 園内にふたたび癒しの存在が】の続きを読む

    絶滅危惧種」や「絶滅危惧」が用いられることもある。絶滅危惧種の数は増えていく傾向にある。 絶滅危惧種の定義の詳細は「現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用するならば、その存続は困難なもの」とされている。 広義には「絶滅のおそれのある
    16キロバイト (2,347 語) - 2023年11月30日 (木) 18:26



    「遺伝的限界」とは、絶滅危惧種の国内飼育に直面する重要な問題ですね。これからの動物園の取り組みに期待したいです。

    【絶滅の危機に瀕するゾウやゴリラ、トラが日本の動物園でしか見られない理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ