meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 昆虫 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:動物・昆虫 > 昆虫


    こんな色のバッタは初めて! 沖縄市の園児発見 昆虫専門家も驚き


    こんな色のバッタは初めて! 沖縄市の園児発見 昆虫専門家も驚き
     沖縄市の武内蒼(あお)さん(6)が11月13日、市知花の馬場都市緑地で赤いショウリョウバッタを発見した。昆虫が大好きで、幼稚園では「虫博士」と呼ば…
    (出典:沖縄タイムス)


    ショウリョウバッタ(精霊蝗虫) Acrida cinerea は、バッタ目・バッタ科に分類される昆虫の一種。日本に分布するバッタの中では最大種で、斜め上に尖った頭部が特徴である。別名ショウョウバッタ。 本種が属するショウリョウバッタ属 Acrida はバッタ科 Acrididae のタイプ属。…
    9キロバイト (1,026 語) - 2022年10月31日 (月) 10:31


    赤っぽいショウリョウバッタですか😳
    生まれ育った環境などの影響ですかね🤔

    【こんな色のバッタは初めて! 沖縄市の園児発見 昆虫専門家も驚き】の続きを読む


    『ノコギリのような口で血を吸う「ブユ」にご注意 夏のキャンプなど野外で刺されないための対策』についてTwitterの反応


    ノコギリのような口で血を吸う「ブユ」にご注意 夏のキャンプなど野外で刺されないための対策
    …「ブユ」という虫を知っていますか? 地域によっては「ブト」「ブヨ」と呼ばれることもあり、ハエを小さくした姿で、吸血してきます。刺されている時はまった…
    (出典:有吉立)


    ブユ(蚋、蟆子、Black fly)は、ハエ目(双翅目)カ亜目ブユ科(Simuliidae)に属する昆虫の総称。ヒトなどの哺乳類や鳥類から吸血する衛生害虫である。関東ではブヨ、関西ではブトとも呼ばれる。 成虫は、イエバエの4分の1ほどの小ささ(約3~5mm)で透明な羽を持ち、体は黒っぽく丸まったよ
    5キロバイト (691 語) - 2022年5月17日 (火) 07:33


    ブユとは蚊より質が悪い様ですね😨
    キャンプ場含めて野外で刺されない様に気をつけてください🪰

    【ノコギリのような口で血を吸う「ブユ」にご注意 夏のキャンプなど野外で刺されないための対策】の続きを読む


    小松 (こまつ たかし、1982年 – )は日本の昆虫学者である。 信州大学大学院総合工学系研究科 山岳地域環境科学専攻博士課程修了、博士(理学)。九州大学熱帯農学研究センターで日本学術振興会特別研究員、2017年から国立科学博物館で協力研究員。 現在は在野としてアリと共生する好蟻性生物を研究しつ
    5キロバイト (691 語) - 2022年5月26日 (木) 05:33

    (出典 stat.ameba.jp)


    確かに猛暑なのにセミの鳴き声がしないですね😳
    何かの異変ですかね🤔

    1 ぐれ ★ :2022/07/08(金) 09:45:06.09
    ※2022/07/08 06:15デイリー新潮

     超速の梅雨明けでやって来た2022年の夏。観測史上最高といわれる40度近い異常気温が注目を集める陰で、もうひとつ不思議なことが起きている。

     そう、例年であれば梅雨明けの頃には一斉に大合唱を始めるセミの声が、一向に聞こえてこないのである。もしかしたら、これは何か天変地異の前触れなのか――?

    『怪虫ざんまい』、『昆虫学者はやめられない』などのエッセイが人気の昆虫学者、小松貴さんに話を聞いてみた。


    ――本当に暑いですね。さすがの小松さんも野外での昆虫観察はお休みですか?

    「いえ、へばっている暇などございません。今の時期、日中はトゲアリの巣にやってくる珍しいハナアブを観察し、夜は夜で沼地のヨシ原でゴミムシとガを観察しています」

    ――ところで、こんなに暑いのにいまだにセミが鳴かないのは、何か理由があるのですか? なんか天変地異の前触れみたいで、気になるんですが……。

    続きは↓
    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/dailyshincho/nation/dailyshincho-876471

    【【昆虫】天変地異の前触れ? 「猛暑なのに、セミの鳴き声が聞こえない」のはなぜなのか】の続きを読む


    『【蚊トリビア】撃退できる意外な道具、刺されやすい血液型は?覚えておきたい「蚊の知識」』についてTwitterの反応


    【蚊トリビア】撃退できる意外な道具、刺されやすい血液型は?覚えておきたい「蚊の知識」
     じめじめとした梅雨の季節。今年もまたチラホラと、にっくき「蚊」を見かけるようになった。湿度が高く気温が上昇し始める6月は、蚊が大量発生しやすい時季…
    (出典:週刊女性PRIME)


    (からのリダイレクト)
    カ()は、ハエ目(双翅目)糸角亜目カ科(学名: Culicidae)に属する昆虫である、イエカ属、ヤブカ属、ハマダラカ属など35属、約2,500種~約3000種が世界に存在し、うち日本は100種程度である(東京都福祉保健局による)。ヒトなどから血液を吸う吸血動物であり、種によっては各種の病気を媒介する衛生害虫である。
    43キロバイト (6,470 語) - 2022年1月4日 (火) 20:43


    血液型によっては蚊に吸われやすいでしょうね🦟
    撃退出来る道具があれば使ってみたいです🦟

    【【蚊トリビア】撃退できる意外な道具、刺されやすい血液型は?覚えておきたい「蚊の知識」】の続きを読む


    『サクラなど食い荒らす「クビアカツヤカミキリ」被害、17年度以降で最多』についてTwitterの反応


    サクラなど食い荒らす「クビアカツヤカミキリ」被害、17年度以降で最多
     特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」の幼虫に食い荒らされたサクラなどの樹木被害が、2021年度は979本に上り、被害が初めて確認された17年度以降…
    (出典:読売新聞オンライン)


    クビアカツヤカミキリ(首赤艶天牛、学名:Aromia bungii)は、コウチュウ目カミキリムシ科に分類される昆虫の一種。別名クロジャコウカミキリ(黒麝香天牛)とも呼ばれることもある。サクラやモモの木を食害する害虫であり、日本では2018年(平成30年)1月に環境省により特定外来生物に指定された(「食害」で詳述)。
    6キロバイト (760 語) - 2021年12月13日 (月) 10:33


    カミキリでも知らなかった種類ですね😳
    桜を食い荒らすとはね😨

    【サクラなど食い荒らす「クビアカツヤカミキリ」被害、17年度以降で最多】の続きを読む

    このページのトップヘ