meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 昆虫 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:動物・昆虫 > 昆虫


    カメムシは「白色」が大好き 被害に遭わないための対策とは

    …「カメムシ」と、聞くだけであのニオイを思い出してしまう方も多いかもしれません。秋になるとカメムシに遭遇する機会が増えます。洗濯物に付いていることに気…
    (出典:有吉立)


    カメムシ(椿象、亀虫)は、カメムシ目(半翅目)のカメムシ亜目(異翅亜目、Heteroptera)に属する昆虫の総称、またはそのうちの水生種(水生カメムシ類)・グンバイムシ・トコジラミなどを除いた陸生種の総称である。本項目は主に後者について扱う。 標準和名を「カメムシ
    19キロバイト (2,746 語) - 2021年8月3日 (火) 14:44


    カメムシの時期ですか😨
    洗濯物を汚されなくないですからね😞
    対策あれば実行したいです❗️

    【カメムシは「白色」が大好き 被害に遭わないための対策とは】の続きを読む


    「花の丘」に幸せ運ぶブルービー 秋草の蜜に誘われ 北九州

     「幸せを運ぶブルービー(青いハチ)」の愛称で知られるルリモンハナバチが北九州市小倉北区井堀の福岡県営中央公園で花の上を飛び回っている。  ルリモンハ…
    (出典:毎日新聞)


    ブルービー ブルービー - ハナバチの一種、ナミルリモンハナバチの通称。青と黒の縞模様の体色に由来する。 ブルービー - ラジオ沖縄が2021年まで所有した移動中継車の通称。 BLue-B - 日本のロックバンド。 このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の
    363バイト (117 語) - 2021年3月21日 (日) 15:13


    ブルービーとは😳
    初めて見ますね🐝
    でも刺されたら怖いですね😱

    【「花の丘」に幸せ運ぶブルービー 秋草の蜜に誘われ 北九州】の続きを読む


    横瀬町芦ヶ久保・埼玉県県民の森で自然体験会「昆虫を探そう」

     横瀬町芦ヶ久保にある埼玉県営の森林公園「埼玉県県民の森」(秩父郡横瀬町)で8月7日、自然を身近に感じてもらおうとイベント「わくわく自然体験・昆虫を…
    (出典:みんなの経済新聞ネットワーク)


    埼玉県県民の森(さいたまけんけんみんのもり)は、埼玉県秩父郡横瀬町にある埼玉県の森林公園(県民の森)。埼玉県県民の森条例に基づき、県民の森林に対する理解の促進、健康増進などを目的に設置されている。1986年に森林浴の森100選に選定された。 面積約68ha。1981年5月にオープンし、2003年3月末現在の入園者数は1
    1キロバイト (163 語) - 2021年6月29日 (火) 14:31


    カブトムシなどの昆虫探しですか🪲
    子供たちは夏休みだし昆虫の勉強になりますからね💡
    頑張ってください🪲

    【横瀬町芦ヶ久保・埼玉県県民の森で自然体験会「昆虫を探そう」】の続きを読む


    「孫の楽しみを奪わないで!」張り紙が話題 カブトムシ捕りで、他人の山に入ったらダメ?

    …「こんなおじいちゃんが欲しかった」。張り紙の写真とともに呟かれたこんなツイートが話題になっている。 ツイート主によると、若いクヌギが生えていて、カブ…
    (出典:弁護士ドットコムニュース)


    カブトムシ(甲虫、兜虫)とは、コウチュウ目(鞘翅目)・コガネムシ科・カブトムシ亜科・真性カブトムシ族に分類される昆虫の種の標準和名。より広義にはカブトムシ亜科 (Dynastinae) に分類される昆虫の総称だが、この項では種としてのカブトムシを扱う。広義のカブトムシについては、カブトムシ亜科を参照されたい。
    45キロバイト (7,331 語) - 2021年7月25日 (日) 14:43


    カブトムシ・クワガタが出現する時期だし幼い子供・孫の楽しみを損なわない為に自分の木を張り紙などで守る事は良い心掛けでしょうね🌳

    【「孫の楽しみを奪わないで!」張り紙が話題 カブトムシ捕りで、他人の山に入ったらダメ?】の続きを読む


    ホタル(蛍、螢)は、コウチュウ目(鞘翅目)・ホタル科 Lampyridae に分類される昆虫の総称。発光することで知られる昆虫である。 主に熱帯から温帯の多雨地域に分布し、世界にはおよそ2,000種が生息しているとされる。幼虫時代を水中で過ごす水生ホタルと、陸上の湿地で過ごす陸生ホタルがいる。
    33キロバイト (3,960 語) - 2021年3月14日 (日) 12:27



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ホタルの音楽の鎧とは知りませんでした😳
    ホタルなど生物は天敵から身を守るのが当たり前ですからね💡

    1 和三盆 ★ :2021/04/09(金) 11:57:36.97

    ホタルが光るのは主につがいとなる相手を探すため。ですがその光は闇夜の中では格好の目印にもなってしまいます。

    その光が「食べたら不味い」という警戒色のような役割を果たしているとも言われますが、ホタルは「音」も防御に用いている可能性が浮上しました。

    イスラエルのテルアビブ大学のYossi Yovel教授は熱帯雨林でコウモリの超音波を採取している際、偶然ホタルの「音」を発見しました。ホタルは翅を動*ことで、コウモリの超音波に近い周波数の「音」を出していたのです。

    そしてさらなる研究で、この「音」は人間に聞こえないだけでなく、ホタル自身にも聞こえない周波数だったことが分かりました。ではいったい何のため、誰のための音なのでしょうか。

    翅を動*際に出た「副産物」の可能性もあるものの、Yovel教授はジャーナル「iScience」への報告の中でこの「音」を「音楽の鎧」と呼び、コウモリの攻撃を避ける役割を持つ可能性を指摘しています。

    Yovel教授はその根拠として、ホタルの「音」がコウモリの主要な可聴領域である40~50kHzであることを挙げます。またこうした「音」を出すホタルは1種類だけでなく、アジアのそれぞれ遠く離れた場所で4種確認され、そのうち少なくとも2種はオス、メス共に発していました。

    コウモリは夜行性で光よりも音で獲物を探すため、ホタルが光だけでなく追加の防衛策を獲得したのではないかとYovel教授は考えています。

    自分たちに聞こえない「音」を出す例は植物では見られても、動物では極めて珍しいとのこと。私たちがホタルの光に見とれる時、そこには私たちに聞こない音楽が響いているのかもしれません。
    https://buzzap.jp/news/20210408-fireflies-music-armor/

    (出典 buzzap.net)


    【【研究】ホタルは「音楽の鎧」でコウモリから身を守っていた】の続きを読む

    このページのトップヘ