meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> バスケットボール | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > バスケットボール


    『Wリーグプレーオフ昨シーズンMVPの安間志織(元トヨタ自動車)が独・ブンデスリーガでファイナル進出』についてTwitterの反応


    Wリーグプレーオフ昨シーズンMVPの安間志織(元トヨタ自動車)が独・ブンデスリーガでファイナル進出
     安間志織が所属するアイスフォーゲルUSCが、日本時間4月17日未明(ドイツ時間同日夜)に行われたルトロニック・スターズ・ケルターンとのプレーオフ2…
    (出典:月刊バスケットボール)


    安間 志織(やすま しおり、1994年7月22日 - )は、日本の女子バスケットボール選手である。ニックネームはレン。ポジションはガード。沖縄県出身。ドイツのアイスフォーゲルUSCフライブルク所属。 浜川小学校でバスケットボールを始め、北谷中学校で全国中学校バスケットボール大会優勝、中村学園女子高
    5キロバイト (368 語) - 2021年9月26日 (日) 23:16


    安間選手がブンデスリーガでファイナル進出ですか😳
    頑張ってください⚽️

    【Wリーグプレーオフ昨シーズンMVPの安間志織(元トヨタ自動車)が独・ブンデスリーガでファイナル進出】の続きを読む


    ワーデル・ステフェン・カリー2世(Wardell Stephen Curry II, ([ˈstɛfən] STEF-ən), 1988年3月14日 - )はアメリカ合衆国・オハイオ州アクロン生まれ、ノースカロライナ州シャーロット出身のプロバスケットボール選手。NBAのゴールデンステ
    93キロバイト (12,101 語) - 2022年2月22日 (火) 10:31



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    カリー選手、MVP獲得おめでとうございます🎉
    3P16本新記録は凄いですね😳
    お疲れ様でした🏀

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/02/21(月) 19:52:53.35

    2022年02月21日 13:05 バスケット
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/02/21/kiji/20220221s00011061274000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     NBAの第71回オールスターゲームが20日、キャバリアーズの本拠地でもあるオハイオ州クリーブランドの「ロケット・モーゲージ・フィールドハウス」で行われ、「チーム・レブロン」が163―160(前半93―94)で「チーム・デュラント」を下して5連勝。球宴新記録となる16本の3点シュート(試投27本)を決めて50得点をマークした「チーム・レブロン」のステフィン・カリー(33)が8回目の出場で初のMVPに輝き、「コービー・ブライアント・トロフィー」を授与された。

     カリーはオハイオ州アクロンの出身。“ディープ3”におけるこの日の最長距離はは37フィート(約11・3メートル)だった。同じくアクロン出身のレブロン・ジェームズ(37)は24得点。第4Qでは勝負を決める“ウイニング・ショット”を成功させた。

     「チーム・デュラント」ではジョエル・エンビード(27)が最多の36得点。キャプテン2人のドラフトによるチーム編成制度は今年で5回目だが、投票で最多ポイントを集めてすべてキャプテンとなっていたジェームズ自身は5戦全勝となった。

     今回はチーム・キャプテンでもあるケビン・デュラント(33=ネッツ)のほか、ジェームズ・ハーデン(32=76ers)、ドレイモンド・グリーン(32=ウォリアーズ)に加え、ドノバン・ミッチェル(25=ジャズ)も呼吸器疾患で直前になって欠場。“欠員”の多い中での球宴開催となった。

     12分の各クオーターで得点の多かったチームに寄付金の贈呈先を決める権利が与えられ、第3Q終了時点の合計得点でリードしている側に24点を加えたターゲット・スコアにどちらが先に到達するかで争われる試合形式。今回は3Qを終えた時点で「チーム・デュラント」が139―138としたため“最終目標”は163点となっていたが、ジェームズが最後のシュートを決めて試合を終わらせた。

     ハーフタイムではリーグ発足75周年を記念してメディア、選手、コーチ、球団幹部らの投票で決まっていた故コービー・ブライアント氏(元レイカーズ)を含む「NBA歴代ベスト75」の76人が紹介され(同点者2人)、マイケル・ジョーダン氏(59)、カリーム・アブドゥルジャバー氏(74)といったNBAを代表するレジェンドたちが一堂に会した。

     なお来年のオールスターゲームはジャズの地元ユタ州ソルトレイクシティーで行われる。


    (出典 Youtube)


    【【NBA】オールスターゲームでステフィン・カリーがMVP 3P16本は新記録 「歴代ベスト75」のレジェンドも出席】の続きを読む


    『八村塁の弱点だった3Pシュートが劇的に進歩。2歳年上の先輩のアドバイスは「考えるのをやめてアグレッシブに」』についてTwitterの反応


    八村塁の弱点だった3Pシュートが劇的に進歩。2歳年上の先輩のアドバイスは「考えるのをやめてアグレッシブに」
    …八村塁(ワシントン・ウィザーズ)はトップから打った3ポイントシュートがネットに吸い込まれるのを確認すると、舌を大きくペロリと出し、両手を叩いて喜びを…
    (出典:webスポルティーバ)


    八村 (はちむら るい、1998年2月8日 - )は、日本のプロバスケットボール選手。富山県富山市出身。NBAのワシントン・ウィザーズに所属している。ポジションはパワーフォワードまたはスモールフォワード。日本人初のNBAドラフトで1巡目指名され、2020年にはNBAオールルーキー・セカンドチームに選出された。
    44キロバイト (5,174 語) - 2022年2月23日 (水) 11:02


    八村選手の弱点の3Pシュートが進歩ですか😳
    上達頑張ってください🏀

    【八村塁の弱点だった3Pシュートが劇的に進歩。2歳年上の先輩のアドバイスは「考えるのをやめてアグレッシブに」】の続きを読む


    『ジェイソン・テイタムが昨季オールNBA入りを逃して3000万ドルの“収入減”に言及「モンスターイヤーを過ごした自負がある」』についてTwitterの反応


    ジェイソン・テイタムが昨季オールNBA入りを逃して3000万ドルの“収入減”に言及「モンスターイヤーを過ごした自負がある」
    …ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムは、NBA入り時に結んだ「ルーキースケール契約」が終わり、2021-22シーズンは2810万ドル(約3…
    (出典:NBA Rakuten)


    ジェイソン・クリストファー・テイタム(Jayson Christopher Tatum, [ˈteɪtʌm]; 1998年3月3日 - ) は、アメリカ合衆国・ミズーリ州セントルイス出身のプロバスケットボール選手。NBAのボストン・セルティックスに所属している。ポジションは主にフォワード。
    30キロバイト (2,969 語) - 2022年2月4日 (金) 01:37


    昨季NBA入りを逃して3000万ドルがもらえなかったのですか😱
    今季は2810万ドルをもらえたのですね😳
    かなり高額ですね💰️
    それだけもらえたのだからその分頑張ってください🏀

    【ジェイソン・テイタムが昨季オールNBA入りを逃して3000万ドルの“収入減”に言及「モンスターイヤーを過ごした自負がある」】の続きを読む


    川崎ブレイブサンダース (かわさきブレイブサンダース、英: Kawasaki Brave Thunders) は、日本のプロバスケットボールチーム。ホームタウンは神奈川県川崎市。B.LEAGUE所属。前チーム名は東芝川崎ブレイブサンダース。 母体は東芝小向事業所男子バスケットボール部。全国タイトル
    41キロバイト (3,799 語) - 2021年12月6日 (月) 02:47



    (出典 basketballking.jp)


    川崎、先勝良かったですね😃
    今後も連勝頑張ってください🏀

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/12/24(金) 21:28:23.66

    https://basketballking.jp/news/japan/b1/20211224/351737.html?cx_top=newarrival

    (出典 basketballking.jp)


     12月24日、B1リーグ第13節が開催され、川崎ブレイブサンダースが大阪エヴェッサと対戦した。

     直近5試合で4勝1敗、第12節終了時点でB1東地区2位につける川崎は、好調そのままに序盤から大阪を攻め立てる。藤井祐眞が続け様に3ポイントを沈めると、マット・ジャニングもそれに続き、試合開始から約5分の間に2人で3本ずつ3ポイントを記録。ニック・ファジーカスも追従し、第1クォーターを30-19と11点リードで終えた。

     続く第2クォーターは堅いディフェンスで相手の得点を容易に許さず、オフェンスではパブロ・アギラールを中心に得点を伸ばしていく。大阪の木下誠による連続得点や、ディージェイ・ニュービルの3ポイントで点差を詰められる場面を作られるも、前半終盤にかけて再び突き放し、48-30で後半へ。藤井は前半だけで16得点を記録した。

     しかし、第3クォーターは大阪による怒涛の反撃にさらされることに。ニュービルに10分間の間に16点を奪われ、チームとしても32失点。一時は2点差まで迫られるも、篠山竜青の3ポイントなどで逆転は許さず。69-62で最終クォーターへ。

     最後の10分間は拮抗した展開となるも、川崎は大阪に追い付かせないまま時間を進め、リードを譲ることなくタイムアップ。最終スコア90-81でGAME1を制した。

     川崎はファジーカスが23得点、藤井が21得点、試合終盤には特別指定選手の米須玲音が今シーズン初出場を果たし、出場時間わずか10秒ながらラストシュートを決めて、初得点を記録した。

    ■試合結果
    川崎ブレイブサンダース 90-81 大阪エヴェッサ(@川崎市とどろきアリーナ)
    川崎|30|18|21|21|=90
    大阪|19|11|32|19|=81


    【【バスケット】B1 川崎が大阪の猛追を振り切り先勝…藤井が21得点、米須も今季初出場初得点を記録】の続きを読む

    このページのトップヘ