meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> ジャーナリスト | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > ジャーナリスト


    【台風に備えて】「賞味期限切れ」すぐ捨てないで 備蓄水や食料 災害時の命綱を確保するためには

    …hoo!ニュース個人、2021/7/10)賞味期限切れの備蓄の水や食料は地震などの非常時にはすぐ捨てないで!(井出留美、Yahoo!ニュース個人、20…
    (出典:井出留美)


    井出 留美(いで るみ)は日本の食品ロスジャーナリスト。株式会社office 3.11代表。 東京生まれ(2020.1.19にNHK第一で本人語る) 母のカップケーキ作りの影響で5歳で食に目覚め、早い時期に食物栄養の分野に進学することを決める(2020.1.19にNHK第一で本人語る)
    2キロバイト (289 語) - 2021年8月4日 (水) 08:26


    賞味期限が切れているからってその場で食べられない事はないですね😳
    非常食にも使えますし、捨てない様に…

    【賞味期限切れの備蓄の水や食料は地震などの非常時にはすぐ捨てないで!】の続きを読む


    立花 (たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年(昭和15年)5月28日 - 2021年(令和3年)4月30日)は、日本のジャーナリスト・ノンフィクション作家・評論家。執筆テーマは生物学、環境問題、医療、宇宙、政治、経済、生命、哲学、臨死体験など多岐にわたり、多くの著書がベストセラーとなる。そ
    41キロバイト (6,012 語) - 2021年6月23日 (水) 06:58



    (出典 www.j-cast.com)


    田中角栄研究などの立花氏が逝去ですか😱
    残念でなりませんね😢
    ご冥福をお祈りいたします🙏

    1 Egg ★ :2021/06/23(水) 05:53:20.01

    政治や経済、宇宙や医療など多岐にわたるテーマで多数のベストセラーを発表し、「知の巨人」として知られるジャーナリストで評論家の立花隆(たちばな・たかし、本名・橘隆志=たちばな・たかし)さんが亡くなった。

     1940年、長崎市生まれ。両親ともクリスチャンの家庭で育つ。教員だった父が赴任していた中国・北京で敗戦を迎えた。東京大文学部仏文科を卒業した64年、文芸春秋に入社し雑誌記者となるが66年に退社、フリーとなる。67年に東京大文学部哲学科に学士入学した。在学中から雑誌などにルポや評論などを発表。74年には月刊「文芸春秋」に「田中角栄研究 その金脈と人脈」を発表した。首相だった田中氏の政治手法を入念な取材と裏付け調査で明らかにし、田中氏退陣のきっかけとなった。同企画は「調査報道の先駆」「雑誌ジャーナリズムの金字塔」として高く評価された。

     その後は「日本共産党の研究」など政治をテーマとした執筆を続ける一方、米国のアポロ計画で月に渡った宇宙飛行士を取材し、その内面の変化をたどった「宇宙からの帰還」や、人の死、人が生きていくことの意味を問うた「脳死」「脳死再論」など科学分野でも多数の意欲作を残した。

     後進の育成にも力を入れた。東京大で非常勤講師や客員教授などを歴任。ゼミ出身者が作家や記者、編集者などになった。2007年にがんの告知を受け手術。以後自らの体験を雑誌に発表するなど、がんに関する取材・執筆を続けた。他の主な著作に「中核VS革マル」「農協 巨大な挑戦」「ロッキード裁判傍聴記」「シベリア鎮魂歌 香月泰男の世界」「天皇と東大 大日本帝国の生と死」「武満徹・音楽創造への旅」など。多分野に及ぶ活躍で菊池寛賞(83年)や毎日出版文化賞(87年)、司馬遼太郎賞(98年)などを受賞した。

    6/23(水) 2:00 毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3c390c7efcf383876620c1c97e868ef5c73aeedc

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【訃報】<立花隆さん死去> ジャーナリスト、評論家「田中角栄研究」】の続きを読む

    このページのトップヘ