meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 将棋 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:対局 > 将棋


    藤井聡太五冠が竜王防衛 敗れても評価される広瀬章人八段の“藤井研究”


    藤井聡太五冠が竜王防衛 敗れても評価される広瀬章人八段の“藤井研究”
     竜王戦七番勝負(主催・読売新聞社ほか)の第6局が12月2日から行われ、藤井聡太五冠(竜王・王位・叡王・王将・棋聖=20)が挑戦者の広瀬章人八段(3…
    (出典:デイリー新潮)


    広瀬 章人(ひろせ あきひと、1987年1月18日 - ) は、将棋棋士。勝浦修九段門下。棋士番号は255。北海道札幌市出身。 東京都で生まれ、埼玉県さいたま市で育つ。アマチュア強豪であった父と兄の影響から4歳ごろから将棋に興味を持つ。小学3年から6年の4年間は、父の転勤により札幌市南区に在住し、…
    28キロバイト (3,726 語) - 2022年11月11日 (金) 08:59


    広瀬八段、負けたけど更に藤井研究を積み重ねて今度の藤井竜王との対局で頑張ってください👆

    【藤井聡太五冠が竜王防衛 敗れても評価される広瀬章人八段の“藤井研究”】の続きを読む


    見逃された千日手 藤井竜王が竜王初防衛 第35期竜王戦七番勝負第6局


    見逃された千日手 藤井竜王が竜王初防衛 第35期竜王戦七番勝負第6局
    …藤井聡太竜王に広瀬章人八段が挑戦する第35期竜王戦七番勝負(主催:読売新聞社)は、第6局が12月2・3日(金・土)に鹿児島県指宿市の「指宿白水館」で…
    (出典:マイナビニュース)


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立した。その後、最年少一般棋戦優勝・タ…
    218キロバイト (27,206 語) - 2022年12月4日 (日) 09:33


    藤井竜王、初防衛おめでとうございます🎉
    今後も頑張ってください👆

    【見逃された千日手 藤井竜王が竜王初防衛 第35期竜王戦七番勝負第6局】の続きを読む


    「盤石の先手番」勝利で藤井聡太竜王が初防衛。藤井竜王を後手番で崩すにはどうすればいいのか?


    「盤石の先手番」勝利で藤井聡太竜王が初防衛。藤井竜王を後手番で崩すにはどうすればいいのか?
     3日に2日目が指し継がれた第35期竜王戦七番勝負第6局は、藤井聡太竜王(20)が挑戦者の広瀬章人八段(35)に113手で勝利し、通算4勝2敗として…
    (出典:遠山雄亮)


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立した。その後、最年少一般棋戦優勝・タ…
    218キロバイト (27,206 語) - 2022年12月4日 (日) 09:33


    藤井竜王は先手番が得意でしょうかね🤔
    後手番だと負ける確率が高いとか…❓️

    【「盤石の先手番」勝利で藤井聡太竜王が初防衛。藤井竜王を後手番で崩すにはどうすればいいのか?】の続きを読む


    藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。杉本昌隆八段門下。棋士番号は307。愛知県瀬戸市出身。 2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立した。その後、最年少一般棋戦優勝・タ…
    218キロバイト (27,182 語) - 2022年12月3日 (土) 11:27
    藤井聡太竜王が最高峰タイトル初防衛おめでとうございます🎉
    凄いですね😳
    今後も頑張ってください👆
    お疲れ様でした👆

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/12/03(土) 17:25:24.88ID:+TCapNYi9
    12/3(土) 17:17配信
    ABEMA TIMES


     将棋の藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、20)が、12月2、3日の両日に行われた第35期竜王戦七番勝負第6局で挑戦者の広瀬章人八段(35)に勝利し、最高峰タイトル・竜王位の初防衛を決めた。シリーズ成績は4勝2敗。この結果で、通算タイトル獲得数を11期に伸ばした。

     藤井竜王が、シリーズ4勝2敗で最高峰タイトルの防衛に成功した。本シリーズは第31期竜王の広瀬八段を挑戦者に迎え、10月初旬から約2カ月にわたり、6局の激戦を繰り広げた。開幕戦は広瀬八段が快勝。深い事前研究で藤井竜王を上回り、4期ぶりの奪還を狙う挑戦者が勢いそのままに星を集めるかと思われた。しかし、第2局で先手番を持った藤井竜王がすぐに追いつくと、第3局は逆転勝利。第4局でも危なげなく連勝を重ねたが、第5局では逆転負け。藤井竜王にとっては七番勝負で初めて2敗目を喫した。しかし、第6局では得意の角換わりで王者の貫禄を見せつけ勝利。嬉しい初防衛を決めた。

     決着局の舞台は鹿児島県指宿市の「指宿白水館」。羽生善治九段(52)が2017年度に永世七冠を達成した舞台としても知られている。前局で惜敗した藤井竜王の先手番で、戦型は「角換わり腰掛け銀」に。防衛への決意を表すように、早々に藤井竜王が仕掛けた。対局は竜王の攻め、挑戦者の受けで進行。形勢互角で2日目に突入すると、藤井竜王が意表の飛車切りから強い踏み込みを見せてリードを奪った。広瀬八段も約2時間の大長考から反撃の糸口を探るも、なかなか押し返すことができない。終盤では、復位への望みを託すように随所で勝負手を放ったが、絶対王者は揺るがなかった。藤井竜王は一貫して攻めの姿勢を貫き、圧巻の勝負術を見せつけて完勝を飾った。

     2022年の藤井竜王は、年頭の王将戦七番勝負で渡辺明王将(当時)を破り最年少五冠に。以降、叡王、棋聖、王位と3つのタイトル防衛に成功させ、獲得タイトル数を10期の大台に乗せた。本局の結果で最高峰タイトルの竜王位も2期目、通算タイトル獲得数を11に伸ばし、長期政権が目される「藤井時代」を盤石のものとしている。

     しかし、若き絶対王者に休まる間はない。12月8日には、年度内六冠獲得に向けて棋王戦挑戦者決定トーナメント敗者復活戦の羽生九段戦が予定されている。敗者復活戦から挑戦権獲得、さらには棋王初奪取を狙いたい。加えて、年明けからは初防衛を目指す王将戦七番勝負開幕も控える。挑戦者にはタイトル通算獲得100期を狙うレジェンド・羽生九段を迎え、将棋ファンならずとも大きな注目を集めることは必至だ。並行して行われている順位戦A級も4勝1敗の首位タイで前半戦を折り返し、名人初挑戦も視野に捉えている。師走から新年へ、ますます多忙な日々を送ることになりそうだ。

     ◆藤井 聡太(ふじい・そうた) 2002年7月19日、愛知県瀬戸市出身。中学2年生時の2016年10月に史上最年少で四段昇段、史上5人目の中学生棋士となる。2020年度の第91期棋聖戦でタイトル初挑戦。渡辺明棋聖(当時)を破り、17歳11カ月で最年少タイトルホルダーとなった。以降獲得と防衛を重ねて、竜王2期、王位3期、叡王2期、王将1期、棋聖3期の通算11期。棋戦優勝は6回。通算成績は293勝59敗、勝率は0.8323。趣味は鉄道、チェス。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8985e79b8e9bb57eb3b0057448adf8b2e841386

    【【将棋】藤井聡太竜王が最高峰タイトル初防衛 広瀬章人八段の挑戦を4勝2敗で退ける 通算獲得数は11期に/竜王戦七番勝負】の続きを読む


    羽生善治九段なら「マジック炸裂で藤井五冠に勝てる」と言われるワケ…AI適応で脳の若返り説も


    羽生善治九段なら「マジック炸裂で藤井五冠に勝てる」と言われるワケ…AI適応で脳の若返り説も
     11月22日。藤井聡太王将への挑戦権を争うリーグの最終局がおこなわれ、羽生善治九段(52)が豊島将之九段に勝利。結果、羽生は全勝で挑戦権を獲得した…
    (出典:SmartFLASH)


    羽生 善治(はぶ よしはる、1970年〈昭和45年〉9月27日 - )は、日本の将棋棋士。永世竜王、十九世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖の資格保持者、および名誉NHK杯選手権者の資格保持者。二上達也九段門下。棋士番号は175。国民栄誉賞受賞者。埼玉県所沢市出身。…
    149キロバイト (21,237 語) - 2022年11月29日 (火) 19:00


    羽生九段はベテランだし藤井五冠に勝てる可能性有りでしょうね💡
    が頑張ってください👆

    【羽生善治九段なら「マジック炸裂で藤井五冠に勝てる」と言われるワケ…AI適応で脳の若返り説も】の続きを読む

    このページのトップヘ