meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 自動車・バイクレース | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ: 自動車・バイクレース


    ステファノドメニカリ(Stefano Domenicali, 1965年5月11日 - )は、イタリア出身の自動車企業マネージャー。 長年F1コンストラクター、スクーデリア・フェラーリの管理職を歴任し、同チームの代表も務めた。退任後はフォルクスワーゲングループに移籍し、アウディやランボルギーニの…
    8キロバイト (680 語) - 2023年1月14日 (土) 08:48
    仁川でのF1開催復活に期待しています!韓国のレースファンにとっても素晴らしいニュースですね。

    1 昆虫図鑑 ★ :2024/04/16(火) 17:48:56.89 ID:AIuadx9Y
     韓国で再びF1を開催するための取り組みが始まっており、F1のCEOを務めるステファノ・ドメニカリは、実現に向けて協力していきたいと語った。

     仁川は、韓国GPの復活に向けたF1のお気に入りの開催地のようであり、仁川市長のユ・ジョンボク氏はドメニカリの主賓として日本GPを訪問していた。ふたりは、F1の韓国のパートナーであるテファ・ホールディングスのカン・ナヨン会長も出席した会議において、仁川がF1のストリートレースを開催するための5年間の契約に向けた基本合意書を締結したとされている。

     最初の韓国GPは、首都ソウルから車で約4時間かかる霊岩郡で開催された。その最寄りの都市である木浦では、訪れたファンたちは言うまでもなく、F1コミュニティにとっても宿泊施設が大幅に不足していたが、一方の仁川は首都から目と鼻の先にあり、韓国最大の国際空港がある地域だ。

     ジョンボク市長は次のように説明した。

    「仁川空港や仁川港などの交通網があり、複合カジノリゾートなどの高級宿泊施設も多数ある仁川は、F1を開催するのに最適な場所だ」

    「仁川でF1を開催するための本格的な議論を間もなく開始する」

     ドメニカリはジョンボク市長と彼のスタッフのために鈴鹿の施設をすべて案内する見学会を設け、F1がグランプリを開催するにあたって必要なものを把握するための手助けをした。

    「ユ・ジョンボク市長が日本GPを直接訪問し、F1誘致の意向を積極的に表明してくれたことに感謝したい」とドメニカリは次のように述べた。

    「F1仁川GPに多くの注目を集め、成功裏に開催するために協力していきたい。私はできるだけ早く仁川を訪問し、フォローアップのための話し合いを行うつもりだ」

    https://www.as-web.jp/f1/1065757?all

    【仁川市、F1開催復活へ名乗り!日本GP視察で着々と準備進行中】の続きを読む

    角田 裕毅(つのだ ゆうき、2000年5月11日 - )は、日本・神奈川県相模原市出身のレーシングドライバー。RB・フォーミュラワン・チーム所属。 2000年、神奈川県相模原市にて生まれる。父親がジムカーナ競技をしていた影響で2005年、4歳の頃に中井インターサーキットで初めてカートに乗る。父親が…
    69キロバイト (5,465 語) - 2024年4月7日 (日) 11:20



    角田裕毅選手の10位入賞、おめでとうございます!素晴らしい走りを見せてくれましたね。

    【日本GPでのRB角田裕毅の10位入賞は〝極限の技術〟を見せた】の続きを読む


    マックス・エミリアン・フェルスタッペン(Max Emilian Verstappen, 1997年9月30日 - )は、ベルギー出身のレーシングドライバー。オランダとベルギーの二重国籍を有している。レース活動においては主にオランダ国籍で活動している。3回のF1ワールドチャンピオン(2021年・2022年・2023年)。…
    125キロバイト (12,729 語) - 2024年4月7日 (日) 07:25
    角田 裕毅(つのだ ゆうき、2000年5月11日 - )は、日本・神奈川県相模原市出身のレーシングドライバー。RB・フォーミュラワン・チーム所属。 2000年、神奈川県相模原市にて生まれる。父親がジムカーナ競技をしていた影響で2005年、4歳の頃に中井インターサーキットで初めてカートに乗る。父親が…
    69キロバイト (5,465 語) - 2024年4月7日 (日) 07:39
    フェルスタッペンの勝利は圧巻だったね!今シーズンは彼がチャンピオンになる可能性が高いと感じる。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2024/04/07(日) 16:03:18.23 ID:JgDHAphw9
    4/7(日) 15:59配信 motorsport.com 日本版
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7287f894eeeea67b56782489b4ebe922dc82a374

     4月7日、鈴鹿サーキットでF1第4戦日本GPの決勝レースが行なわれた。優勝を飾ったのは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンだった。

     2024年は、初めて春に開催されることになったF1日本GP。3日間を通して22万9000人もの観客が鈴鹿に詰めかけた。

     決勝レースを制したのはフェルスタッペン。ポールポジションからスタートし、盤石のレース運びで今季3勝目を飾った。2位はチームメイトのセルジオ・ペレスでレッドブルはワンツーとなり、こちらも今季3度目であった。3位は*ーリのカルロス・サインツJr.が入った。

     そして自身3度目となる母国レースとなったRBの角田裕毅は、日本のファンを前に奮闘した。10番グリッドからスタートして10番手争いをリードすると、前のマシンに引っかかり始めていた中盤には、近くを走るライバル5台が同時にピットインとなったが、そこでRBのクルーが迅速なタイヤ交換をしたことで、その中の誰よりも早くコースに復帰して展開を有利なものとした。

     さらにその後はライバルを逆バンクで豪快に交わすシーンを何度も見せるなど、走りでも見せ場を作った角田。10位入賞で母国GP初入賞となった。

    【フェルスタッペンが圧巻のパフォーマンスで日本GP制す!】の続きを読む


    日本グランプリ(にっぽんグランプリ または にほんグランプリ、英語: Japanese Grand Prix)は、日本で開催される自動車レースの名称である。国内自動車レース界における最高位のレース(グランプリ)とされる。 1963年〜1969年(1970年は中止)…
    77キロバイト (6,142 語) - 2024年3月4日 (月) 15:30
    フェルスタッペンのスピード感はさすがですね!日本GPでも活躍してくれることを期待しています。

    1 愛の戦士 ★ :2024/04/05(金) 14:37:14.01 ID:fb7MIExp9
    motorsport.com
    4/5(金) 12:32

    F1セッションデビューを果たした岩佐
     F1第4戦日本GPのフリー走行1回目セッションが、鈴鹿サーキットで行なわれた。トップタイムはレッドブルのマックス・フェルスタッペンで、タイムは1分30秒056だった。

     2番手にはセルジオ・ペレスが続き、レッドブルのワンツー。3番手以下にはカルロス・サインツJr.(*ーリ)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、シャルル・ルクレール(*ーリ)と上位どころのドライバーが順当に続いた。

     RBの角田裕毅は1分31秒230というベストタイムで9番手。今回同じくRBのダニエル・リカルドに代わってFP1に出走した岩佐歩夢は、自身初のF1公式セッションとなったが、フロアの比較テストのために精力的に周回を重ね、ベストタイムは1分32秒103で16番手だった。

    motorsport.com 日本版
    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/574dde66089772fd3b8c630bd224dad7187b3838&preview=auto

    【【F1日本GP】フェルスタッペンがフリー走行1回目で最速タイム!】の続きを読む


    オーストラリアグランプリ(オーストラリアGP, 英: Australian Grand Prix)はオーストラリアで行われている自動車レースで、1985年以降はF1世界選手権の1戦となっている。 1985年から1995年まではアデレードのアデレード市街地コース
    68キロバイト (3,057 語) - 2024年3月4日 (月) 15:40
    やっぱり、レース終盤に大逆転があるとは思わなかった!最後まで目が離せない熱戦だったね!

    1 鉄チーズ烏 ★ :2024/03/24(日) 14:32:02.91 ID:iidB126D9
    3/24(日) 14:26配信 オートスポーツweb
    https://news.yahoo.co.jp/articles/040057dee03165c47383bb43e1c717bc0eb8678e

     2024年F1第3戦オーストラリアGPの決勝が行われ、カルロス・サインツ(*ーリ)が優勝した。2位はシャルル・ルクレール(*ーリ)、3位はランド・ノリス(マクラーレン)となっている。角田裕毅(RB)は8位だった。

    ■2024年F1第3戦オーストラリアGP決勝 暫定結果
    Pos/No./Driver/Team
    1/55/C.サインツ/*ーリ
    2/16/C.ルクレール/*ーリ
    3/4/L.ノリス/マクラーレン
    4/81/O.ピアストリ/マクラーレン
    5/11/S.ペレス/レッドブル
    6/14/F.アロンソ/アストンマーティン
    7/18/L.ストロール/アストンマーティン
    8/22/角田裕毅/RB
    9/27/N.ヒュルケンベルグ/ハース
    10/20/K.マグヌッセン/ハース
    11/23/A.アルボン/ウイリアムズ
    12/3/D.リカルド/RB
    13/10/P.ガスリー/アルピーヌ
    14/77/V.ボッタス/キック・ザウバー
    15/24/周冠宇/キック・ザウバー
    16/31/E.オコン/アルピーヌ
    NC/63/G.ラッセル/メルセデス
    NC/44/L.ハミルトン/メルセデス
    NC/1/M.フェルスタッペン/レッドブル

    【2024年F1第3戦オーストラリアGP決勝を制したのは誰だ?鉄チーズ烏★がレースを振り返る】の続きを読む

    このページのトップヘ