meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 画家・イラストレーター・デザイナー | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 画家・イラストレーター・デザイナー


    『次世代デザイナー連載「私のマインドマップ」: No.8 スズキアイカ(Five year oldデザイナー)』についてTwitterの反応


    服飾日記 Fashionsnap.com, 2013年11月15日。 FASHIONSNAP.COM FASHIONSNAP.COM (@fashionsnap) - Twitter FASHIONSNAP.COM (@fashionsnap) - Facebook FASHIONSNAP.COM (@fashionsnapcom)
    4キロバイト (389 語) - 2022年5月17日 (火) 06:27


    次世代デザイナーですか😳
    どのようなファッションか気になりますね👚

    【次世代デザイナー連載「私のマインドマップ」: No.8 スズキアイカ(Five year oldデザイナー)】の続きを読む


    『「ロロ・ピアーナ」と藤原ヒロシがコラボ! 話題沸騰のカプセルコレクション』についてTwitterの反応


    藤原 ヒロシ(ふじわら ひろし、1964年2月7日 - )は、三重県伊勢市出身のファッション・デザイナー、ミュージシャン。fragment design主宰。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授。セツ・モードセミナー中退。父は競輪選手の藤原武である。 1964年、三重県伊勢市出身。高校時代か
    12キロバイト (1,263 語) - 2022年5月24日 (火) 13:20


    ロロ・ピアーナと藤原氏のコラボですか😳
    かなりのオシャレアイテムでしょうね✨👗👠

    【「ロロ・ピアーナ」と藤原ヒロシがコラボ! 話題沸騰のカプセルコレクション】の続きを読む


    仕事猫(しごとねこ)は、イラストレーターのくまみねによる、をモチーフにしたキャラクター。2018年頃から人気となったインターネット・ミームの現場(げんばねこ)を逆輸入したもの。このミームは工事用ヘルメットを被ったが「ヨシ!」と指差呼称をしている姿が基本形である。
    8キロバイト (1,064 語) - 2022年6月4日 (土) 07:32

    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    仕事猫は流行っていますね🐱
    仕事の安全の為に指差呼称は必要ですけど、熱中症も予防しないといけませんからね🥵
    安全と熱中症防止を両立に⛑️🚰

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/05(日) 00:10:14.00

    2022/06/03

    「額に入れて飾ってる」原作者全面協力

    神戸 郁人

    新緑の季節を迎え、気温が日々ぐんぐんと上がっています。そろそろ心配になってくるのが、熱中症です。予防について呼びかけるため、猫のキャラクター「仕事猫」を起用した啓発ポスターが、ネット上で話題を集めています。意外な組み合わせが実現した背景事情を、制作元に聞きました。(withnews編集部・神戸郁人)






    「こんなはずでは…」全身に汗かく猫

    ポスターは、事業主が行う労働安全衛生活動を支援している団体・中央労働災害防止協会(中災防)が、今年4月に発売しました。ヘルメットをかぶり、「ヨシ!」と指さし確認する姿でネット上での人気が高い、仕事猫とのコラボデザインです。

    「熱中症がねらう!」。ポスター上部を埋める、赤地に白抜き文字の手書きコピー。直下には「二日酔い」「食事抜き」「夜ふかし」「過信」と、熱中症を引き起こしうる行動が列記されています。

    合わせて描かれているのが、仕事猫のイラストです。赤ら顔でグラスになみなみとお酒を注いだり、深夜までスマホの画面を連打したり……。熱中症につながりかねない行動を、コミカルかつ分かりやすい表現で紹介しています。

    そして中央部に視線を移すと、工事現場と思われる場所でへたり込んだ、仕事猫の姿が目に飛び込んできます。「こんなはずでは…」。そう言いながら全身に汗をかく、つらそうな様子が印象的です。

    5月に入って以降、ツイッター上で関連画像が拡散されると、大いに注目を集めました。「明日は我が身だ……」「表情から熱中症の恐ろしさが伝わってくる」と、現在に至るまでコメントが引きも切りません。



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)

    中災防が今年4月に発売した、熱中症の予防を呼びかける、仕事猫とのコラボポスター。
    出典: 中央労働災害防止協会提供





    労災を起こすキャラに感じた適性

    仕事猫のルーツは、イラストレーター・くまみねさんが描いた、受話器を持つ「電話猫」にあります。これを基に、ネット上では、作業員風の外見の「現場猫」が生まれました。

    現場猫は多くの場合、作業時に指さし確認を行いながらも、慢心や不注意により労災を引き起こすキャラクターとしてイラスト化されてきました。これを〝逆輸入〟する形で、くまみねさんが公式に翻案したのが仕事猫です。

    労災を引き起こしがちというキャラ設定が、かえって労災防止の意識啓発につながるのではないか――。

    そんな考えから、中災防はくまみねさんに連携を打診。2019年以降、仕事猫をあしらった、安全衛生にまつわる冊子や標語ポスターを制作してきました。

    熱中症予防の啓発ポスターも、この取り組みの延長線上にあります。中災防出版事業部企画開発課の岩田良子課長補佐が、手掛けた理由を語りました。

    「熱中症は誰でもかかる危険性があります。しかし、正しい予防方法を知って行動すれば防ぐことができます。そこで幅広い層の方々に注意を呼び掛けるため、職場でも人気が高い仕事猫を起用することにしました」



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)

    仕事猫が登場する労働安全啓発ポスター。
    出典: 中央労働災害防止協会提供





    原作者が協力、熱中症予防を自分事に
    https://withnews.jp/article/f0220603000qq000000000000000W08u10201qq000024784A


    【【社会】 熱中症招く「ヨシ!」じゃない行動は?「仕事猫」啓発ポスターが秀逸】の続きを読む


    『ヒメサユリの花の季節に渡邉美保子さんが描くヒメサユリ』についてTwitterの反応


    あらさわ保育園 三条市立図書館 三条市民球場 三条市体育文化会館 新潟県央基幹病院(開設予定) 新潟県済生会三条病院 三条総合病院 三條新聞社 越後ジャーナル社(2019年9月廃刊) NCT三条局 燕三条エフエム放送(ラヂオは~と) 市内を走るJR線全域(上越新幹線を除く)は新潟
    71キロバイト (7,588 語) - 2022年5月14日 (土) 03:42


    渡邉氏が描くヒメサユリですか😳
    キレイですね✨

    【ヒメサユリの花の季節に渡邉美保子さんが描くヒメサユリ】の続きを読む


    淡路市(あわじし)は、兵庫県南部の淡路島北端から中央部にかけて位置する。島の北側三分の一を占める。明石海峡大橋を通じて神戸と、明石海峡をはさんで航路で明石と、南部は洲本と隣接しており、神戸都市圏(1.5%都市圏)に含まれる。 旧・津名町から引き継いだ1億円の金塊や、兵庫県
    37キロバイト (3,370 語) - 2022年1月23日 (日) 06:18



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    東京から淡路島に移住したら魂を抜かれたような感覚ですか😱
    何か淡路島に行きたくないような感じですね😨

    1 樽悶 ★ :2022/02/03(木) 18:56:03.67

    壁一面に描いた作品=洲本市本町7

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


     東京から兵庫県淡路市に移住した若手アーティストの稲葉佳苗さん(33)が、同県洲本市本町7の飲食店「ごはん屋nana」の店内に壁画を描いた。オーナーの母娘をイメージしたという温かみのある色彩。「創作に没頭したくて淡路島に来た」と表現の場を求める。(内田世紀)

     稲葉さんは東京都渋谷区出身。父がイラストレーターで、幼い頃から絵に親しんだ。歯科衛生士の傍ら、アニメーションの作画や、即興で絵を描くパフォーマンス「ライブペイント」を手掛けるように。「雑踏から離れて絵を描きたい」との思いが強まった。

     2020年10月、知人と淡路島を旅し、国生み神話ゆかりの伊弉諾神宮(淡路市多賀)を訪れた。「魂を抜かれたような感覚。見えない何かに呼ばれて来たような気がした」という。2カ月後に仕事を辞めて引っ越した。「感情が動いた時に頭の中に流れる色彩を表現する」と、抽象画を中心に描く。

     昨年12月、食事に立ち寄った同店で真っ白な壁が気になった。会計の際、オーナーの近藤美香さんと長女の坂田那苗さんに「絵を描かせて」と提案した。作品の写真を見た2人は「明るい絵に好感が持てた」と快諾した。

     壁画は、近藤さんの印象を緑の花に、坂田さんをオレンジ色の太陽に重ねた。「色のコントラストがきれい」「店の雰囲気にぴったり」と母娘。稲葉さんは「店がいつまでも愛されるよう、思いを込めた。活動の幅を広げたい」と話す。制作依頼は、稲葉さんのホームページ「Artist佳苗」からメールで受け付けている。

    1/31(月) 10:00配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4ffbcfd2901491c10ea2ca274c37e9aa86507a9


    【【兵庫】東京から淡路島に移住した女性「魂を抜かれたような感覚。見えない何かに呼ばれて来たような気がした」】の続きを読む

    このページのトップヘ