meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 弁護士・裁判官 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:テレビ・メディア・映画 > 弁護士・裁判官


    橋下 (はしもと とおる、1969年〈昭和44年〉6月29日 - )は、日本の弁護士(大阪弁護士会所属 登録番号25196)、政治評論家、タレント、政治家。東京都出身。豊中市在住。 大阪府知事(公選第17)、大阪市長(第19代)、総務省顧問(鳩山由紀夫内閣)、大阪維新の会代表(初代)、日本維新の会…
    330キロバイト (49,207 語) - 2022年12月3日 (土) 14:47
    少子化対策で橋下氏などの考えがあるでしょうけど、景気・男女それぞれの結婚観・人それぞれの貯金などを何とかしないと少子化を解決するのは無理かもですね👶
    子育ても金かかりますからね💰️
    追記 サル痘の問題も

    1 フォーエバー ★ :2023/01/08(日) 16:53:14.06ID:ksfPNScZ9
    1/8(日) 11:04配信

    スポニチアネックス
    元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏

     元大阪市長で弁護士の橋下徹氏(53)が8日、フジテレビ「日曜報道 THE PRIME」(日曜前7・30)に出演。岸田文雄首相の“異次元”の少子化対策について言及した。

     岸田首相は4日の年頭会見で「異次元の少子化対策に挑戦する」とし、児童手当など経済的支援、幼児教育・保育サービス・育児休業制度などの強化に努めると表明。6日には、関係省庁による検討会を設置するよう小倉将信こども政策担当相に指示した。月内に初会合を開き、3月末をめどに「たたき台」の取りまとめを目指す。

     橋下氏は、自身の“異次元の少子化対策”は「大学卒業までの教育費を全部タダ」だと言い、梅津弥英子アナウンサーが「この全部というのは何を含むんですか?」と聞くと「塾に通うお金の助成、そして、場合によっては海外留学費も。ほとんどの助成も含めて、僕は全部タダに。これはできます」ときっぱり。「僕は(立憲民主党の)長妻(昭)さんの見解にも賛成です。住宅政策が必要だ、賃金も上げる、これも当然必要だと思うんですが、ただ、今、少子化対策ということで考えれば、長妻さんが言われるようなベースの部分の住宅とか賃金とかをしっかり支援していくというのも重要なんですけど、少子化対策で若い親御さんたちの生身の声を、ぜひ長妻さん、(自民党・政調会長代行の)新藤(義孝)さん、たぶん支援者の方からいろいろ言われていると思うんですけど、1番みんな困っているのが教育費ですよ」とし、「これはいろいろな統計で出ていますけれど、大学卒業するまで私立で2000万とか3000万円くらいかかる。国立だと1000万円切るとかあるんですけど。とにかく日本人は子供に教育させたい、自分たちの生活、親の生活よりまず子供の教育だという国民性があるので、教育費が出せなかったら皆子供を控えるというのが今現実なんですよ」と指摘した。

     ここで梅津アナが「できるんですか?」と疑問視すると、「できます。これはかつて数年前、国会での議論の中でもありましたけれど、大学までタダにするのに追加予選で4・7兆円くらい。これに塾の費用とか海外留学費足しても、まあ6兆円くらいあれば、私立も含めて大学まで全部無償にできます」と言い、「6兆の財源が何かといえば、改革とか国債発行というのもあるかも分かりませんが、消費1%2・7兆円、これを国民の皆さんにお願いして、地方の改革ですよ。地方交付税交付金が年間で16兆円くらいの予算があるんですが、そのうちの3兆くらいは地方に改革を迫って、教育の方に回してもらう」と説明。「実際に、大阪や東京もそうですし、地方の方で私立の高校無償化している所もあるし、大阪府立大学、市立大学も無償化に入ってます。地方にも改革をさせて、地方にもお金を出させる。消費税が1%で2・7兆円、それに改革とか国債とか合わせれば、これくらいできる。これくらいのメッセージを政治に出してもらいたい」と自身の考えを述べた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d2d57c713828eab40dba4e7199301491192c53b9

    ★1:2023/01/08(日) 12:02:20.94 前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1673146940/

    【橋下徹氏 自身の“異次元”の少子化対策は「大学卒業までの教育費を全部タダにする」6兆円の財源も説明】の続きを読む


    スーパーが突如閉店、ポイントカードの残金は取り戻せるか? 弁護士が解説


    スーパーが突如閉店、ポイントカードの残金は取り戻せるか? 弁護士が解説
     スーパーマーケットなどでは、独自のポイントやプリペイドカードを発行するところも少なくない。しかし、突如お店が閉店してしまうことにより、ポイントやチ…
    (出典:マネーポストWEB)


    ポイントを記録するための媒体(ポイントカードなどの専用カードや会員証など)にポイントを記録して蓄積する。蓄積されたポイントは、(多くの場合)次回以降の商品・役務の購入時などに利用したり、一定数量のポイントを商品券に引き換える。小売業やサービス業(専門店系チェーンストアや、ホテル、クレジットカード
    33キロバイト (4,790 語) - 2022年8月9日 (火) 03:01


    スーパーが閉店して、ポイントカードの残額があるとスーパーから返してもらわないとですね💳️

    【スーパーが突如閉店、ポイントカードの残金は取り戻せるか? 弁護士が解説】の続きを読む


    相続手続きにある「時効」と「期限」の違いとは 一覧で注意点を弁護士が解説


    相続手続きにある「時効」と「期限」の違いとは 一覧で注意点を弁護士が解説
    …相続手続きを行うにあたっては、さまざまな種類の時効と期限があることに注意しなければなりません。早い段階でスケジュールを立て、それに沿って着実に相続手…
    (出典:相続会議)


    相続開始前には、推定相続人といい、被相続人の死亡による相続開始によって確定する。なお、相続人となり得る一般的資格を相続能力といい、法人は相続能力を持たないが、胎児は相続能力を持つ(886条)。 被相続人の血族は次の順位で相続人となる(887条・889条)。 被相続人の子 被相続人の直系尊属 被相続人の兄弟姉妹…
    32キロバイト (5,409 語) - 2022年10月20日 (木) 23:14


    相続手続きで時効と期限の違いがあるのですか😨
    早めに手続きする事ですね💡

    【相続手続きにある「時効」と「期限」の違いとは 一覧で注意点を弁護士が解説】の続きを読む


    「クビだ! あしたから来なくていい」…日本の企業で「マスク流」解雇はできる? 弁護士に聞く


    「クビだ! あしたから来なくていい」…日本の企業で「マスク流」解雇はできる? 弁護士に聞く
    …の後、一部の社員を呼び戻しているといった報道もありますが、日本の企業で「クビだ! あしたから来なくていい」と社長に言われて、解雇されるという事態は起こ…
    (出典:オトナンサー)


    阿部由羅(あべ ゆら、1990年11月1日 - )は、日本のオセロ選手、囲碁選手、将棋選手、トライボーディアン選手、弁護士。 埼玉県さいたま市(旧大宮市)で育ち、開成中学・高校を経て東京大学文科一類に進学。 2013年東京大学法学部卒、2015年東京大学法科大学院修了。同法科大学院在学中の2014年に、司法試験に合格している。…
    5キロバイト (599 語) - 2022年7月31日 (日) 06:06


    アメリカだと労力が無い従業員などに容赦なく解雇出来る様ですからね😨
    日本の企業にアメリカと同じ様な解雇の仕方になるとね…

    【「クビだ! あしたから来なくていい」…日本の企業で「マスク流」解雇はできる? 弁護士に聞く】の続きを読む


    【速報】「1票の格差」訴訟 7月参院選は「違憲状態」 選挙の無効は認めず 大阪高裁


    【速報】「1票の格差」訴訟 7月参院選は「違憲状態」 選挙の無効は認めず 大阪高裁
    …あった7月の参院選は憲法に違反し無効だと弁護士グループが訴えた裁判で、大阪高裁は14日、憲法違反の状態との判断を示しました。一方で、選挙の無効は認めませんでした。
    (出典:読売テレビ)


    較差」「投票価値不平等」とも表現されている。 一票の価値が小さい選挙区では、価値大きい選挙区で当選した候補者以上を得ていても落選するような事態が、一票の格差象徴的事例ように取り上げられることがある。一票の格差が大きいほどある選挙区で当選した候補者以上
    94キロバイト (9,871 語) - 2022年10月14日 (金) 03:21


    7月の参院選で違憲状態は認めたけど、選挙の無効は認めなかったとはね😨
    納得出来ないでしょうけどね🤔

    【【速報】「1票の格差」訴訟 7月参院選は「違憲状態」 選挙の無効は認めず 大阪高裁】の続きを読む

    このページのトップヘ