meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 柔道 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > 柔道


    『柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の大野将平は今何を思う?』についてTwitterの反応


    柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の大野将平は今何を思う?
    …柔道男子、五輪2連覇の大野将平(30=旭化成)はいま、何を思うのか。東京五輪からの復帰戦となった4月の全日本選手権で、あえて無差別の戦いで表現したか…
    (出典:日刊スポーツ)


    大野 将平(おおの しょうへい、1992年〈平成4年〉2月3日 - )は、山口県山口市出身の日本の柔道家。階級は73kg級。身長170cm。血液型はO型。組み手は右組み。段位は五段。得意技は大外刈と内股。現在は旭化成に所属。 柔道は7歳の時に松美柔道スポーツ少年団で始めた。道場の2年先輩には後に無
    74キロバイト (9,943 語) - 2022年6月1日 (水) 09:34


    大野選手、今後も頑張ってください🥋

    【柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の大野将平は今何を思う?】の続きを読む


    『古賀稔彦さんが東京五輪で後輩たちに託した〝平成の三四郎魂〟 弟分・吉田秀彦氏が秘話明かす』についてTwitterの反応


    古賀稔彦さんが東京五輪で後輩たちに託した〝平成の三四郎魂〟 弟分・吉田秀彦氏が秘話明かす
    …〝平成の三四郎〟の愛称で親しまれた1992年バルセロナ五輪男子71キロ級金メダルの故古賀稔彦さん(享年53)が亡くなってから、24日で1年がたった。
    (出典:東スポWeb)


    古賀 稔彦(こが としひこ、1967年11月21日 - 2021年3月24日)は、日本の柔道家(講道館九段)、医学者。学位は医学博士(弘前大学大学院・2012年)。古賀塾・塾長。元環太平洋大学・教授。元日本健康医療専門学校・校長。1992年バルセロナオリンピック柔道男子71kg級金メダリスト。
    15キロバイト (1,593 語) - 2022年3月23日 (水) 23:41


    今日は古賀氏の命日なんですね😓
    まだ若かったのですけどね😓
    ご冥福をお祈りいたします🙏

    【古賀稔彦さんが東京五輪で後輩たちに託した〝平成の三四郎魂〟 弟分・吉田秀彦氏が秘話明かす】の続きを読む


    山下 泰裕(やました やすひろ、1957年(昭和32年)6月1日 - )は、日本の柔道家、体育学者。学位は体育学修士(東海大学大学院・1983年) 。日本オリンピック委員会(JOC)会長。 東海大学体育学部武道学科 教授(1996年 -)、体育学部 学部長(2009年4月 - )、副学長(スポーツ・一貫教育担当)(2011年10月
    58キロバイト (8,935 語) - 2022年3月3日 (木) 14:51

    (出典 pbs.twimg.com)


    小学生の柔道全国大会が廃止は残念ですね😨
    それに代わる大会が始まれば良いですけどね🥋

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/03/19(土) 05:55:12.71

    3/18(金) 9:35配信 朝日新聞デジタル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/56ec21a0613d324023f6049f8b1d2c7a9056e47c

     全日本柔道連盟(全柔連)が、毎年夏に開催していた全国小学生学年別大会を2022年度から廃止することが分かった。

     1月の理事会で報告され、今月14日付で都道府県連盟宛てに廃止を通知した。通知には「行き過ぎた勝利至上主義が散見される」と理由が書かれている。

     04年度から始まったこの大会は、全柔連がただ一つ単独主催する小学生の全国大会。5、6年生が対象の個人戦で、重量級と軽量級に分かれて争われる。

     関係者によると、指導者が子どもに減量を強いたり、組み手争いに終始する試合があったりした。判定を巡り指導者や保護者が審判に罵声を浴びせることもあったという。全柔連幹部は「大人が、子どもの将来ではなく、眼前の勝敗に拘泥する傾向があった。見つめ直す契機にしてほしい」と話す。


    【【全柔連】小学生の柔道全国大会廃止 「行き過ぎた勝利至上主義が散見される」】の続きを読む

    このページのトップヘ