meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 柔道 | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:スポーツ > 柔道


    山下 泰裕(やました やすひろ、1957年(昭和32年)6月1日 - )は、日本の柔道家、体育学者。学位は体育学修士(東海大学大学院・1983年) 。日本オリンピック委員会(JOC)会長。 東海大学体育学部武道学科 教授(1996年 -)、体育学部 学部長(2009年4月 - )、副学長(スポーツ・一貫教育担当)(2011年10月…
    60キロバイト (9,211 語) - 2023年11月3日 (金) 08:42
    山下泰裕さんの怪我が重体とのことで、本当に心配です。柔道の試合での怪我はつきものですが、首の骨を損傷するというのは本当に厳しいですね。早く回復されることを祈っています。

    1 名無しさん@涙目です。(Unknown) [US] :2023/11/06(月) 22:35:26.61 ID:wA2WsDj80● BE:784885787-PLT(16000)
    sssp://img.5ch.net/ico/fujisan.gif
    日本オリンピック委員会(JOC)は2日、山下泰裕会長(66)が転倒して頸椎を損傷し、
    手術を受け入院していると発表した。10月29日にプライベートでの行動中に負傷した。
    復帰の時期は未定で、当面は三屋裕子副会長が職務を代行する。

    1984年ロサンゼルス五輪で柔道男子無差別級金メダルの山下氏は、
    2019年6月にJOC会長に就任し、3期目。国際オリンピック委員会(IOC)委員も務めている。
    今年6月には負担の大きさなどを理由に全日本柔道連盟会長を退任した。

    https://www.sankei.com/article/20231102-KVWMQ6TPUBMZNCELXVTG6D7XBI/

    【柔道王・山下泰裕、受け身失敗で首の骨を損傷し重体に】の続きを読む


    世界柔道選手権大会(せかいじゅうどうせんしゅけんたいかい、World Judo Championships)は、柔道世界選手権大会である。通称“世界柔道”。国際柔道連盟(IJF)が主催する。 文字通り、柔道世界一を決定する大会である。かねてよりこの大会の権威はオリンピックと同格で、現在でもIJ…
    79キロバイト (2,035 語) - 2023年5月2日 (火) 20:30
    柔道ファンとしては絶望的な展開だった。試合の途中で中継が終わるなんて、テレビ局の体たらくとしか言いようがない。今回の放映権返上は当然の措置で、中継の再開を望む声が多いだろう。

    1 征夷大将軍 ★ :2023/05/09(火) 07:43:15.72ID:89V6eBYj9
    デイリー
    https://www.daily.co.jp/general/2023/05/09/0016330678.shtml
    2023.05.09

    「柔道・世界選手権」(8日、ドーハ)

     男子66キロ級が行われ、同時出場している東京五輪代表の阿部一二三(25)=パーク24=と、19、21年世界王者の丸山城志郎(29)=ミキハウス=が決勝戦を戦い、阿部が2年連続4度目の世界一に輝いた。延長戦の末、10分14秒での決着。フジテレビが生中継していたが、放送時間中に試合が終わらず延長戦の途中で中継が打ち切られたことから、SNS上がざわついた。

     中継終了直後からツイッター上には「めっちゃええ所で世界柔道の中継オワタ」「あり得ない」「中継突然終了は完全に抗議案件だわ」「もう世界柔道の放映権返上して」「視聴者を舐めている」など、柔道ファンの厳しい声が続出。ツイッターのトレンドには「世界柔道」に加えて「中継終了」も浮上した。

    【「放映権返上して!」世界柔道観戦中の中継終了に不満の声】の続きを読む


    ビロディド 世界選手権で連覇 毎日新聞 2019年8月26日 ^ 女子48キロ連覇の美女柔道家ビロディド「私の足はアナコンダ」 デイリースポーツ 2019年8月25日 ^ a b 注目の柔道選手! ダリアビロディド NHK 2018年11月30日 ^ 18歳の新星 ダリアビロディド 日本柔道を学ぶために…
    39キロバイト (4,217 語) - 2022年9月5日 (月) 09:53
    今日から世界柔道ですか😳
    ウクライナの選手もいるのですね💡
    ロシアにウクライナの強さを見せてくださいね🥋
    対戦が楽しみですね🥋

    1 ドナルド・マクドナルド(大阪府) [US] :2022/10/06(木) 19:55:59.40ID:AXTl/UVR0●


    (出典 i.ytimg.com)

    女子57キロ級、ダリア・ビロディド「ウクライナが強い国だということを示したい」母国への思い胸に再び世界の頂点へ【世界柔道】

    10月6日からウズベキスタン・タシケントで開幕する、2022世界柔道選手権。

    8日の57キロ級では特別な思いを持って出場するウクライナ代表の選手がいる。
    2018、2019年、世界選手権女王のダリア・ビロディド(21歳)だ。
    2018年の世界選手権では、48キロ級の最年少優勝記録を塗り替える17歳で世界女王に輝き、2019年には連覇も成し遂げた。

    その美貌にも注目が集まり、モデルを務めることも。
    しかし華やかで、順風満帆だった彼女の生活が、ある出来事によって奪われた。
    ビロディドが自ら経験した壮絶な日々をフジテレビのカメラだけに語ってくれた。
    2022年2月ロシアによる侵攻ですべてを失った

    「私が寝ているとき、午前5時に母に起こされ『戦争が始まった』と急に言われ、すごく怖かったです。いつ*でもおかしくない状況で、ずっと泣いていました」

    2022年2月、ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻が始まった。
    すぐさまビロディドの自宅近くでも爆撃の音が聞こえてきたという。
    死と恐怖と隣り合わせの中、彼女は20時間かけてウクライナ西部へ避難し、友人とアパートを借りおよそ10日間を過ごした。
    しかしそこの町では、全ての施設が戦争によって閉じてしまい、練習もできない状態が続いた。
    「私が育ったキーウではスポーツや勉強など、何でもできたんですが、この町は違ったし、戦争で全てが閉まってしまい、
    練習もできませんでした。外は寒すぎたし、ジムは人々の避難場所として使われていたので
    、鬱(うつ)のような状態で何事にもやる気が起きず、体も頭も*だような状態でした」

    故郷を追われ悲しみにくれる中、ビロディドに声をかけたのは様々な国の柔道仲間たちだった。
    「一緒に練習しよう、一緒に暮らせばいい」
    そんな温かい言葉が、途方に暮れる彼女の心を突き動かした。
    母国を離れる苦渋の決断を下し、練習拠点を提供してくれるスペインのバレンシアへと渡った。
    「車で約3日間かけてスペインに来ました」
    決*避難をしてきたビロディドに、スペインチームは再び柔道ができる環境を提供。
    「良い場所とは知っていましたが、スペインチームの全員が全面的にサポートしてくれて、私にとってバレンシアは第2の故郷。
    本当の地元のように感じるし、自分のチームのように感じます。ここに来て良かったですし、今は思っていた以上に幸せです」

    生死をさまよう壮絶な体験をし、絶望的な状況にいたビロディド。
    そんな彼女に生きる活力を与えたのは、やはり「柔道」だった。
    https://nordot.app/949985443591225344?c=729912671989710848

    【きょうからフジ系列で世界柔道 美しき柔道家ダリア・ビロディド『プーチンよ、これがウクライナ魂だ』】の続きを読む


    『柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の大野将平は今何を思う?』についてTwitterの反応


    柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の大野将平は今何を思う?
    …柔道男子、五輪2連覇の大野将平(30=旭化成)はいま、何を思うのか。東京五輪からの復帰戦となった4月の全日本選手権で、あえて無差別の戦いで表現したか…
    (出典:日刊スポーツ)


    大野 将平(おおの しょうへい、1992年〈平成4年〉2月3日 - )は、山口県山口市出身の日本の柔道家。階級は73kg級。身長170cm。血液型はO型。組み手は右組み。段位は五段。得意技は大外刈と内股。現在は旭化成に所属。 柔道は7歳の時に松美柔道スポーツ少年団で始めた。道場の2年先輩には後に無
    74キロバイト (9,943 語) - 2022年6月1日 (水) 09:34


    大野選手、今後も頑張ってください🥋

    【柔道とは「2つ組む、投げる、打ち合う」苦悩、葛藤、使命感…五輪連覇の大野将平は今何を思う?】の続きを読む


    『古賀稔彦さんが東京五輪で後輩たちに託した〝平成の三四郎魂〟 弟分・吉田秀彦氏が秘話明かす』についてTwitterの反応


    古賀稔彦さんが東京五輪で後輩たちに託した〝平成の三四郎魂〟 弟分・吉田秀彦氏が秘話明かす
    …〝平成の三四郎〟の愛称で親しまれた1992年バルセロナ五輪男子71キロ級金メダルの故古賀稔彦さん(享年53)が亡くなってから、24日で1年がたった。
    (出典:東スポWeb)


    古賀 稔彦(こが としひこ、1967年11月21日 - 2021年3月24日)は、日本の柔道家(講道館九段)、医学者。学位は医学博士(弘前大学大学院・2012年)。古賀塾・塾長。元環太平洋大学・教授。元日本健康医療専門学校・校長。1992年バルセロナオリンピック柔道男子71kg級金メダリスト。
    15キロバイト (1,593 語) - 2022年3月23日 (水) 23:41


    今日は古賀氏の命日なんですね😓
    まだ若かったのですけどね😓
    ご冥福をお祈りいたします🙏

    【古賀稔彦さんが東京五輪で後輩たちに託した〝平成の三四郎魂〟 弟分・吉田秀彦氏が秘話明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ