meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge" /> 魚・貝など | 令和のニュース・話題など

令和のニュース・話題など

新元号「令和」に代わるという事で令和のニュース・話題などを掲載していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

    カテゴリ:動物・昆虫 > 魚・貝など


    兎年にちなんで『ラビットフィッシュ』展示 長崎県 佐世保市 海きらら


    兎年にちなんで『ラビットフィッシュ』展示 長崎県 佐世保市 海きらら
    …長崎県佐世保市の九十九島水族館「海きらら」ではことしの干支・兎にちなんで『ラビットフィッシュ』と呼ばれる魚が展示されています。 『ラビットフィッシュ…
    (出典:NBC長崎放送)


    施設は「西海国立公園 九十九島水族館 海きらら」をメインに、遊覧船ターミナル、飲食店、土産物店が周囲に連なる。また施設は西海国立公園区域の一つ・南九十九島に面している。近隣には鹿子前海水浴場、西海国立公園九十九島動植物園(森きらら)、展海峰などの観光地がある。 遊覧船 - 九十九島
    8キロバイト (923 語) - 2022年11月4日 (金) 16:38


    ラビットフィッシュを展示ですか😳
    見に行きたいですね💡

    【兎年にちなんで『ラビットフィッシュ』展示 長崎県 佐世保市 海きらら】の続きを読む


    リュウグウノツカイ(竜宮の使い、学名:Regalecus russelli)はアカマンボウ目リュウグウノツカイ科に属する魚類の一種。リュウグウノツカイ属における唯一の種とされていたが、現在では2種が有効とされる。特徴的な外見の大型深海魚。発見されることがほとんどなく、目撃されるだけで話題になる場合が多い。…
    25キロバイト (3,431 語) - 2022年7月22日 (金) 01:07
    リュウグウノツカイを生きたまま捕獲ですか😳
    凄い発見でしょうね💡

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/11/12(土) 19:40:09.55ID:eFohC0fw9
    2022年11月11日(金) 19:00

    幻の深海魚といわれるリュウグウノツカイが11日朝富山湾で水揚げされ、生きて泳ぐ貴重な姿をカメラがとらえました。

    記者:
    「けさ岩瀬漁港では幻の深海魚リュウグウノツカイがなんと生きたまま水揚げされました」

    ギョロッとした大きな目にとがったアゴ。少し、ムッとしているようにも見えます。ゆらゆら揺れる赤色の背びれはまるでタテガミ…。体長4メートル近くもあるリュウグウノツカイです。

    リュウグウノツカイを捕獲した漁師:
    「真剣に網起こしとったら急にビヨーンって現れたからびっくりして。上に上がってきたような感じで、もうびっくりして。結構俺でかい声出しちゃった『なんかきた!』って」

    このリュウグウノツカイは11日朝、富山市の沖合にある定置網にかかっていたところを漁師が捕獲。そのまま、漁港のいけすに移しました。

    「もうだいぶ傷んできてますね」

    生きた状態で見つかることは珍しく、魚津水族館によりますと富山湾では1962年からの60年間でこれまで2例しか確認されていないということです。

    https://newsdig.tbs.co.jp/articles/tut/201957?display=1

    【【社会】 「急にビヨーンと現れた!」リュウグウノツカイ生きたまま捕獲…60年で3例目 長すぎる背びれ ゆらゆら揺れて 富山】の続きを読む


    タコ(蛸、鮹、章魚、鱆、学名:octopoda)は、頭足綱 - 鞘形亜綱(英語版) - 八腕形上目のタコ目に分類される軟体動物の総称。 英名 octopus は、直接的にはラテン語 octopus(オクトープースまたはオクトープス)の借用であり、その元は古典ギリシア語の「8本足」ὀκτώπους(o
    43キロバイト (5,715 語) - 2022年9月7日 (水) 09:50

    (出典 ecotopia.earth)


    タコの養殖だと何かに抵抗があるのでしょうかね🐙

    1 パリビズマブ(秋田県) [US] :2022/09/10(土) 05:18:06.08ID:qSso8Q2g0●

    タコ養殖事業が非難されるワケ
    しかしそんな画期的なタコ養殖事業に対し、大きな壁がそそり立っています。国際的な自然保護団体や研究者の
    間から「タコの養殖は非人道的である」という強い非難の声が上がっているのです。

    非難が巻き起こっている理由は、タコの知能がとても高いこと。彼らはその8本の足を使って餌の入っている
    瓶の蓋を開けたり、自然界でも貝殻を道具として用いるなどの行動が観察されており、
    無脊椎動物の中では屈指の知能の高さを誇るとされています。

    そのため、密集させて育てることの多い商業養殖は「倫理的に問題がある」のではないか、という懸念が挙げられているのです。

    スペイン同様にタコの大消費国である我が国でも、タコの養殖に関する研究が進められています。そのため今後、
    この問題は我々にとっても無視できないものとなっていくかもしれません。

    https://article.yahoo.co.jp/detail/da2671267204a31771e20c46ca9d5a3357beac40

    【スペイン「タコ採れないから養殖すっぞ」自然保護団体「タコは賢い生き物だから止めて」】の続きを読む


    『閉館間際に壁に集合して“寝る”コバンザメが話題…なぜ?不思議な生態を海遊館に聞いた』についてTwitterの反応


    閉館間際に壁に集合して“寝る”コバンザメが話題…なぜ?不思議な生態を海遊館に聞いた
    …ジンベイザメなどの大型魚にくっついているイメージがある“コバンザメ”が、壁の一角に集まり、仲良く“寝ている”様子がTwitterに投稿され、驚きの声…
    (出典:FNNプライムオンライン)


    コバンザメ (小判鮫、鮣、Echeneis naucrates) はコバンザメ科に属する魚類の一種。 サメの名がついているがスズキ目に属し、軟骨魚類のサメ類ではなく近縁でもない、全く無関係な種である。 コバンザメ属 Echeneis は、全世界の熱帯・亜熱帯域に分布し、最もよく見られるコバンザメ類であるEcheneis
    4キロバイト (563 語) - 2022年4月8日 (金) 01:55


    コバンザメの事は、知らなかったですね😅
    海遊館などが閉館間際に壁に集合して寝るとはね💤

    【閉館間際に壁に集合して“寝る”コバンザメが話題…なぜ?不思議な生態を海遊館に聞いた】の続きを読む


    西オーストラリア州(にしオーストラリアしゅう、英: Western Australia、略号:WA)は、オーストラリアの西部、東経129度線よりも西側を管轄するである。同国最大ので、本土面積の3分の1を占める。しかし人口はオーストラリア国内の11%程度の約250万人で、その92%は
    15キロバイト (749 語) - 2022年1月28日 (金) 22:54

    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    かなり残酷な映像ですね😱
    サメが60匹も居るなんて🦈

    1 ハーフネルソンスープレックス(東京都) [JP] :2022/05/21(土) 02:34:42.11


    【映像】海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす
    5/20(金) 19:12
    配信
    ニューズウィーク日本版

    <映像が撮影されて間もなく、ビーチにはザトウクジラの死骸が打ち上げられた>

    【映像】海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

    (出典 i.imgur.com)

    ABC Australia-YouTube

    オーストラリア沖で数十匹あるいはそれ以上のサメが1頭のクジラの死骸に群がり、屍をついばむ映像がドローンによって撮影された。

    【ドローン映像】死骸に群がる無数のサメ
    https://www.instagram.com/reel/Cdjz0whFxwn/

    この映像は、ジョン・クロークとパートナーのインディ・クリミンズが旅の様子を発信するインスタグラムのアカウント(@jindys_travels)によって投稿されたものだ。

    上空から海を見下ろす映像からは、海面に浮かぶ体長約15メートルのクジラの死骸とその周囲を漂う多くのサメの姿が確認できる。

    西オーストラリア州アルバニー近くのノルマンズ・ビーチでキャンプをしていた2人は、釣り中に白い塊が遠くに浮かんでいるのに気付いたという。もっとよく観察しようとドローンを使って撮影したのがこのビデオだ。

    彼はABCオーストラリアに対して「かなりたくさんいた」と述べるも、正確な数は分からないと回答している。

    「映像を止めて数えてみると少なくとも60匹はいた」

    今回“ごちそう“にありついたサメの種類は不明だが、西オーストラリア州の海にはホホジロザメを含む複数の種が一年を通して生息している。

    この映像が撮影された直後、ザトウクジラの死骸がノルマンズ・ビーチに打ち上げられた。地元のニュースサイト「パース・ナウ」が報じたところによると、打ち上げられた死骸は海水浴客に発見され、サメに食べられていたことを野生動物保護官が確認したという。

    この死骸が今後も捕食動物を引き寄せるとして、西オーストラリア州の生物多様性保全観光資源局(DBCA)はこの地域にサメ注意報を発令した。安全を確保するため、ノルマンズ・ビーチは一時的に立入禁止となった。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a48a94de25f8d060e8953a252d3ee26d8cec3ffb


    【反捕鯨国オーストラリア海岸で「サメ注意報」クジラの死骸に60匹のサメが群がる クジラ増えすぎ】の続きを読む

    このページのトップヘ