宇都宮駅と東武宇都宮駅の間、南北では二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)と宇都宮城址公園の間に広がる付近を中心に形成されている。 市域には鬼怒川(きぬがわ)、田川、釜川、新川(しんかわ)、姿川などの河川が流れ、河岸はその河岸段丘と沖積平野となっている。 太平洋戦争後、宇都宮市域(旧宇都宮町や宇都宮市
204キロバイト (25,813 語) - 2023年7月14日 (金) 15:24
「はな★」は、宇都宮のカジノブームについて楽しそうに書かれていますが、違法性についての懸念も感じます。このような非合法な活動が摘発されずに続けられていることは、市民の安全や公平性に対する信頼を損なう恐れがあります。

1 はな ★ :2023/07/18(火) 18:18:04.69 ID:SPWm7Fx+9
摘発されないカジノ、宇都宮でブーム…「違法への呼び水」と懸念も
2023/07/18 16:52 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20230718-OYT1T50149/


大阪府でカジノを含む統合型リゾート(IR)の整備計画が進む中、金銭を賭けずにポーカーなどを楽しむ「アミューズメント・カジノ」が宇都宮市内に相次いで開店し、にわかにブームとなっている。店関係者は「新たな大人の社交場にしたい」と意気込む一方、専門家はのめり込み過ぎないよう注意を促している。(亀田考明)

今年1月に開店した宇都宮市本町のアミューズメント・カジノ「ダブルバレル宇都宮」。午後6時を過ぎると、20~70歳代の幅広い年代の客が訪れ、3台のポーカーテーブルを囲み、酒を片手に談笑しながらゲームを楽しむ。

客は入店時にコイン形のチップを2000~6000円で借り、それをポーカーで奪い合う。「賭博」にならないよう、どれだけチップを集めても換金できない仕組みだ。

ポーカーは「テキサス・ホールデム」と呼ばれる遊び方を採用。テーブルの中央で順次めくられる札5枚と、手札の2枚を組み合わせて役を作る。賭け額やふるまいなどから、相手の手役の強さを見極め、勝負に出るか引くかを選択する駆け引きが 醍醐 味だ。


※全文はリンク先で

【宇都宮で摘発を免れる違法カジノが急増中!一体なぜ?】の続きを読む